FC2ブログ

日本語は同意/反対を確認する言語、英語は肯定/否定を確認する言語

みなさまこんにちは。
暖かくなったり寒くなったり大変ですね。
いかがお過ごしですか?

コロナは、日本よりも欧米のほうが段違いに罹患者が多いのはみなさまご存知の通りです。
生活習慣の違いとか、変異種の違いとか、いくつかの理由が取り沙汰されています。

僕はこれまでの仕事で、アメリカ人、ヨーロッパ人(特にドイツ人)と多く関わってきたので、欧米人の考え方、感覚に少し思い当たることがあります。

コロナが流行るずっと前から、日本人は冬になるとマスクをする人が多かったでした。
友人のアメリカ人などは、「あのマスクは一体何なんだ!?」と、よく言っていました。
なぜなら、マスクというのは医療関係か、防疫関係の人しか着けないから。
もし自分が思い病気に罹ったなら、まずは自宅で休むのであって、マスクを着けてまで仕事になんて行かないから。
風邪なんて罹る時は罹るんだから、と。
一方で彼は、「冬に生足の女性が多いのも何なんだ!?」と。これはもっともです。

また、ある年配のドイツ人は、「マスクなんてただの紙だろ? スカスカなんだからウイルス通るから意味ないじゃないか!?」と言っていました。
「確かにウイルスそのものは通過する場合もあるかもしれないけど、少なくとも飛沫は防げますよ」のように答えたのですが、ほとんど通じませんでした。

どうも欧米人というのは、感染症というものへの感覚が日本人とはかなり違うようです。
自分の努力で防ぐべきもの、という感覚がこれまで備わってこなかったのでしょうね。

さて今日のお題です。

1991年、34歳になる直前、僕がまだアメリカへの出張が3度目くらいで、アメリカのことや英語のことをよく知らなかった時の話です。
ミシガン州の出張先の24歳で修士課程卒業したばかりの技術者の人に、シカゴまで1泊、車で連れて行ってもらったのです。
道すがらいろんな話をしました。
ライブハウスに連れていってもらうことになったのですが、彼曰く「日本にはこんな場所はないでしょ?」。
なぜそんなことを訊くのかと思って、いろいろ話をしたら、日本では今でも明治時代のような服をきた人が闊歩しており、西洋式の文化はないと思っていたようなのです。

とにかくびっくりですが、ま、それはともかく、アメリカと日本の違い、英語と日本語の違いなどについていろんな話をしました。
その一つとして、僕は、否定疑問文に対する返答のことを話しました。
「日本語では否定疑問に同意する場合は、『はい、違います』と答えるのだよ」と話したら、「ええっ~!!」とずっこけんばかりに驚いていました。全く理解不能だったようです。

それ以来、僕の中には、なぜ英語では否定疑問に同意する場合、Noで答えるのか、あまりはっきりした結論を導かれずに今に至っています。

例えば、「あなたは、東京オリンピック・パラリンピックは今年開催されるべきとは思わないですよね?」という疑問文に対し、日本語では、「はい、そう思いません」と答えます。
ところが英語の場合は、
Don't you think that The Tokyo Olympic and Paralympic Games should be held this year, do you?
No, I don't.
です。

日本人的には、Noなんて言うと、「おまえの考えには同意できないぞ!」と突っぱねるみたいなニュアンスなので、とっても違和感があります。
しかし、英米人にしてみたら、Noの響きは、「東京オリンピックを開くなんて考えはとても賛成できない」の意味が込められている、と考えればよさそうです。

すなわち、日本語は同意/反対を確認する言語、英語は肯定/否定を確認する言語、という違いがありそうです。
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

みなさまありがとうございます

みなさまこんばんは。
まだまだ終息を見ないコロナ禍の中、いかがお過ごしでしょうか?

ブログ開設以来の累積ご訪問者数が50万人となりました。
2009年開設ですが、実際のやり始めは2010年なので、10年強での達成です。
これもひとえにみなさまのおかげです。
心より感謝いたします。

正確にはまだ到達していなく、あと間もなくと思われます。
僕の場合、カウンターの設定は、同じ人が同じ日に複数回訪問しても1回のカウントとしています。
50万人という数はどう意識したらよいのか、自分でもわかりません。
しかし、少なくとも読者のみなさまに多大なる感謝の気持ちがとめどもなく沸いてきます。

このブログは、心情を吐露したり、交友を深めるためのものではなく、実際に形となって世の中で活動するためのものでした。
2012年の頃に、イベントの構想ができて来まして、それを実現することができたことが一番の収穫です。
お世話になった方には特に感謝申し上げます。

と同時に、非常に多くの読者様の考え方や雰囲気を通じて、世の中はこういうものだということについて、多いに勉強させていただきました。

これからは自分の勉強というよりも、自己実現のための方法に特化していきます。
もちろん、それなりの遊び的なことや心情の吐露も全くしないわけではありません。

今日は記念の日にちなんで、イエスタデイを多重録音しました。
2020年10月3日の記事「イエスタデイの冒頭の音はソではなかった!」にあるように、フラットさせて歌いました。
一応、完コピを試みたものの、自信はなしです。



次は100万人を目指す、と言いたいところですが、無理でしょう。

テーマ : その他
ジャンル : その他

攻撃は最大の防御なり (その2)

みなさまこんばんは。
お正月はいかがお過ごしで(したで)しょうか?
どうぞ今年もよろしくお願いします。
なんだかんだで2020年も終了し、2021年が始まりました。
よい意味での転換の年としたいですね。

今年は年賀状は、メールで出す人とか、来年から年賀状をやめるという人も少しずつ出始めています。
なんか寂しいですね。

さらに今年の場合は、喪中の人がかなり多かったでした。
友人や知り合いの親御さんが90歳くらいで亡くなったことが相次ぎました。
ちなみに、僕の母は、僕が43歳になったとたんに76歳で早々亡くなりましたし、父は4年前に97歳で亡くなりました。
僕は、遅い子だったので、親との別れを普通の人より早く体験することになりました。

さて、今日(4日)からお仕事の方もいらっしゃると思います。
いきなり月曜スタートなので、とても大変だと思います。頭が下がります。
僕の会社は6日からです。
先日の記事で「会社と真っ向から戦った」と書きましたように、6日からの仕事はまだまだ平坦ではありません。
自分を信じての戦いはまだまだ続きます。
「戦い」とは言っても、純粋なスポーツのような「フェアプレイ精神」でやるのではないので(注:少なくとも僕はアンフェアなプレイはしませんよ(^^)/)、心的なマイナスのエネルギーもかなり使います。

僕に限らず、現在仕事が大変な人は多いことでしょう。

僕は、「悩み」というものをどう解消するのか、自分なりに随分研究してきました。我が身の人体実験を通じて。
すると、僕なりの結論は「攻撃は最大の防御なり」です。
同名のタイトルで2015年1月30日に記事(←クリック)を書きました。是非読んでみてください。
今回は「その2」としました。

悩みを和らげるには、やるべきことの負担を減らし、周囲と同化し、安らぎや癒しを得て、精神を落ち着けるのが大事なことは言うまでもありません。
ところが、自分が何かに貢献したり生み出しているという充足感が減っていき、場合によりかえって落ち込むことがあるのと、世の中の生産性は下がり発展がなくなる方向になってしまう、という別の側面もあります。

「攻撃は最大の防御なり」は、やや劇薬的なものであり、大失敗の可能性もそこそこありますが、うまく行けば悩みを吹っ飛ばす効果は絶大であり、自分も含めて、関わる人たちと、その集団の発展が期待できます。
世の中では、この格言はスポーツや戦争の場合に象徴的に使われますが、僕がここで言うのはもっと意味が広く、必ずしも相手を打ちのめすことではありません。

相手がいようといまいと、悩みが深い場合に、その悩みに「よしよし」するのはなく、自らが何か積極的で前向きなことに打って出るのです。
必ずしも、その悩みそのものに対峙することでなくてもよいのです。

例えば、上司から自分の考えを否定されまくって八方塞がりの時は、まずは上司の考えのもとにざっとこなして安心させた後、自分の考えに基づいた検討をやって、その結果を突き付ける。
むしろ上司が困っていることに対し、行く先を示してあげる位の気持ちでこちらがリードする。
そもそも問題上司というのは、考える力がないので、逆にこちらが上司のつもりでリードするのがよいと思います。

あるいは、超問題児がいたとして、敢えてその人間と同盟を組み、困難な課題を解決する。

さらにあるいは、もし会社にすごい悩みが今あるなら、それよりももっとしんどいことを自分に課す。今日は5kmを22分以内に走れなければ、明日の仕事では部下からさんざん突き上げられるぞ、とか。
すると、会社での悩みが取るに足らなくちっぽけなものに思えてくる。

以上の例は、これまで僕が体験して大きな効果を得たもののほんの3例です。
要は、ここで言う「攻撃」の意味するところは、「悩み」というマイナスの事柄のマイナスの程度を小さくすることではなく、何かのプラスのことで打って出るということです。(必ずしも”ガチバトル”ということではありません。)
これをやる過程あるいは結果で、脳内に快感物質が放出されるようで、とってもワクワク感になり、さらに意識が高揚します。
そして、悩みが客観的、有限的に思えてきます。
さらには、自分も相手も集団も発展します。

こういう僕の考え方というのは、実はメジャーじゃないんだ、と最近ようやく気付き始めたところです。
確かに、僕とて誰からも教えられたものではなく、あまりに苦しかった20代~40代に、もがきながら必死に編み出した術なのですから。

たまに人から「STさんはマゾみたいだ」と言われます。
最初は「ひどいな」と思いましたが、「言い得て妙」とも思っています。
ま、「マゾ」は極端にしても、苦しいことを何種類か極めることで、心技体の極限状態を司る脳の部分がうまく作用して、悩みを鎮めるようです。
だから、マラソンを完走するような極限の体験をする人は、悩みを克服できる力が少し大きいように思います。(あくまで私感ですが)

テーマ : メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

会社員を40年近くやってみて

みなさまこんばんは。
今年も残すところ1日強となりました。
いかがお過ごしでしょうか?

僕は63のおじさんです。
1982年にマスターを卒業して製造業の会社に入社しずっと技術職として働き、2005年に今の会社に転職し、やはり技術に軸足をおいた仕事をし続けています。
60過ぎてからは再雇用で働いています。
普通は仕事ぶりはフェイドアウトする存在ですが、何回か前の記事に書いたように、会社と真っ向から戦いました。ひとえに「是々非々」からです。
結果は1勝1敗。
この”自らの人体実験”の結果も採り入れながら、このブログベースの発信活動を続行し、さらにはそれを形のあるものへまとめて行きます。

今日は、年末ということもあるので、これまでの40年近い会社生活を振り返りつつ、日本の会社というものはどうなってきたのか、について僕なりに総括してみます。
そして、会社で苦労されている方々へ、若干のメッセージを書いてみます。

まだ日本の高度成長のなごりがあり、好景気であった時に入社し、その後、破竹のニッポン半導体攻勢で湧いた時期を迎えました。
好景気であった頃の日本の会社というのは、基本的に市場が青天井であり、進むべきベクトル(方向)もほぼ自明であり、ゆえに、真面目で頑張り屋であれば誰でも報われました。
もちろん、人間の所業として、保身、画策、搾取といったものはその頃から存在はしていましたが、度が過ぎる人間は自然淘汰されたと思います。
そんな中、基本は真面目で頑張り屋であり、さらに多少のリーダーシップがある人がマネジャーになり、そして出世していきました。

その後、日本はバブルの崩壊が起こり、そして、低成長時代へと向かっていきます。
低成長へ向かった原因はいろいろありますが、一つは、日本型の加工的な産業が頭打ちになってきたことが挙げられるでしょう。
もっと言ってしまうと、日本に限らずですが、技術の進歩は、人間の生活パターンを革命的に変える種類のもの(かつての例言えば、自動車、石油化学製品、コンピュータ/ICなど)が出にくくなっているため、社会全体の大きな流れで牽引するようなものが最近は出ていないことが挙げられます。

そうなってくると、各会社の方向性を定めるのは難しくなります。
もし国全体が、ほぼ同じ方向に成長しているなら、そこで頑張った会社は、そして頑張った社員は、それに見合った利益が得られるでしょうし、そこから生産した物は、次の会社なり人の元手となって、さらなる利益を生み出していくでしょう。
しかし、全体がゼロ成長となると、そのような好循環で回る部分は全体の中の全てではなくなります。
場合により、どこかの会社の利益は、別のどこかの会社の損益に基づく場合があるでしょう。
会社内でも同じことが言えます。会社全体が健全に伸びていればいいですが、会社の方向が錯綜している場合は、誰かの社員の飛躍は別の誰かの社員の不幸に基づく場合があり得るでしょう。

こうなってくると、かなり強力な戦略とリーダーシップを持っている社長による会社でないと、会社内で社員たちが健全に働けず、保身、画策、搾取といったものがはびこりがちになるでしょう。
そして、その流れに余計に拍車をかけたのが、欧米式の実力主義の導入だと考えています。
(やや脱線ですが、欧米各国は早くから日本の労働の美徳や協力精神、チームプレイというものに危機を覚え、個人主義、点数主義、結果主義という欧米流の考え方を日本に押し付けたと思います。
僕が前にいたアメリカ系の会社でも、上役にかわいがられた30歳そこそこのスマートでパワポを使いこなしてプレゼンする人が目立っていました。
もちろん、中には実力のある人もいましたが、困るのは、見掛け倒しの人もいっぱいいるということです。)

要するに、今の時代は、会社で働く人にとっては、昔の好景気の時代よりも厳しくなってきていると思います。
「ならばどうするのですか?」という問いに応えようとしているのが、このブログであります。
はっきり言って、その応え方は何通りもあります。
まずは、現状を是認するのか、変えるのかだけでも、根本から二分します。
そしてそこから先の考え方も何通りもあります。

これまで、少しは考え、発信してきましたので、ご興味のある方は、カテゴリの「メンタルヘルス」、「社会」、「考え方」などを見てください。

少しだけ書いておきますと、かつての日本のような成長産業を再燃させるなんてほぼ無理です。
低成長またはゼロ成長をある程度受け入れる中で、少しでも優れた技術やサービスを考えるのがまず一つでしょう。

そしてこのへんで、そろそろ、そもそも人間は、好景気自体にマッチした「ピラミッド型組織」ものから離れる視線を持ってもよいのかもしれません。
誰もが生き生きと、幸せに生きられる組織。会社でも役所でも学校でも何でも。
そういうことを我々シニアが考えて、若い人たちに少しでも道筋をつけたいと思います。

最後に、会社で苦労されている方へ、少しでもご参考になればと思い、僕がかつて会社での苦労をどうやって解決、克服または低減したかを書こうかと思いました。

しかしですね、僕の場合、悩み症なんですが、どうもそこから先が頑丈みたいんなですよ。つまり、なかなか壊れない。
24歳以来、とんでもない会社の苦労をしてきているんですが、土壇場で乗り切れちゃうし、しかも「くそ~!」と思って、却って自分なりに頑張ってしまうのです。
だから、もしかしたら、あまり参考にならないかもしれません。

もし、ご興味のある方は、ぜひカテゴリの「メンタルヘルス」、「社会」、「考え方」などの記事を読んでください。
最後に、悩みを脱するポイントだけ下記しておきます。

・心技体のバランスを取ること(特に休日)(僕の場合は、手足に計5kgを付けての1~2時間の歩行訓練と多重録音。これでどんな悩みの時でもでも、日曜の夜を乗り切られます)
・悩みを客観視すること(絶対に主観視しない)、有限として捉えること(絶対に無限の悩みとしない)。
・全く違う立場の違う人たちとの交流の場を持つこと(僕の場合は、かつては、地元のスポーツクラブ的な人との交わり、今は、素晴らしい友人)
・会社でも親友をもつ。(しかもできればマネジャーの力があるけどマネジャーではない人)
・絶対に人には負けないものを持つこと(できれば複数)

では、よい大晦日をお迎えください。

テーマ : 心と身体
ジャンル : 心と身体

年末に想う

2020-12-25 21:20に、記事の最後にOh! Darlingの多重録音載せました。

みなさまこんばんは。
今年もまもなく終わろうとしています。
まさに、光陰矢の如し、であります。

今年はジョン・レノンの生誕80年、没後40年というとで、とても節目の年でした。
毎年、この12月というのは、何かとジョンの話題が多くなります。
僕も、12月にはジョンの曲を録音したり、ジョンへの語りかけを録音したりしていたのですが、この節目の年には何もできませんでした。
その理由は、超忙しかったというのもありますが、ジョンへの思いとうのは、節目だからと言って特別なものではないからです。
多重録音をやるようになってから、詞もメロディーも編曲も、作者の目線がよくわかるようになりました。
ジョンの詞や音楽やメッセージの味わいは、まだまだ開拓中です。

さて、今、木星と土星が最接近しています。
最接近と言っても、地球からの見え方がも最も近いという意味です。
もっとも、地球→木星→土星がほぼ一直線上にあるのですから、実際の距離も最接近に近いのでしょうね。
今週の月曜(21日)が一番近くなりました。
ここまで近づくのは、何と397年ぶりとのこと。前回は1623年7月17日、すなわち江戸幕府3代目家光の代が始まる1か月前とのことです。
なんとも感慨深いですね。

月曜には、日没後1から2時間くらいが見頃というので、会社帰り、車を見通しのよい所に停めて南西の空を観てみました。
すると、一目瞭然でした。
2つの星がびったりくっついている光景は一種異様でした。
なんとなく飛行機か、何らかの飛行物体のようにも見えますが、動かないのですぐに分かります。
江戸時代の初期の頃の人達もあんな光景を見たのだな、と思うと何とも言えない気分になりました。
次回のこれほどの大接近は60年後だそうです。
若い方は人生で二度観られる可能性ありますね。
ところで、土星の輪を観察したことはありますか?
おもちゃの望遠鏡でも輪があることがわかります。
ちなみに、金星は地球の内側、火星は外側なので、大接近どころか接近しないようにも思えますが、実は大接近はあります。
太陽系の図を描いてみればすぐにわかります。
太陽系の惑星たちは地球の兄弟姉妹のようなものですので、愛着が湧きますね。
ただ、小惑星にまで広げると、またちょっと違う感情が生まれますね。

では、楽しいクリスマスと、よい年末をお過ごしください。

2020-12-25 21:20追記

みなさま、クリスマスいかがお過ごしですか?
クリスマスの曲かジョンの曲を載せようと思いましたが、いいのがないので、ビートルズのOh! Darling(オー ダーリン)の多重録音を載せます。
この曲はポールの超高音ボーカルで有名な曲です。

ええとですね、実は僕は、すごく高い声が得意なんです。ラとかシしとかの。
一時期、それ命にもなっていた時期がありました。
ここ数年アップしている多重録音は、バラードが多く、高音の絶叫系が少ないのですが、その理由は、絶叫系はアップテンポなので多重録音が難しいんです。
中音域の僕の声はガラガラ声でして、人はよく「ハスキー」と言ってくれたりしてありがたいのですが、僕的には劣等感です。
ところが、高音、しかも超高音になるとやや声質が澄んでくるので、自分は高い声のほうが好きです。
ちなみに、普段の話し声は高くなく、しかもガラガラ声です。

では、Oh! Darlingです。
2015年6月の録音なので、多重録音を始めたばかりであり、その意味ではかなり未熟です。

Oh! Darling(2015年6月録音)

ついでに、先月のPenny Laneも載せておきます。

Penny Lane(2020年11月録音)


さらに、もう1曲。

Color My World(2017年11月録音)

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード