FC2ブログ

苦境の時にこそ出会う仕事上の最大のパートナー

みなさまこんばんは。
4月も中旬になりましたけど、結構冷えますね。
お元気でしょうか?

コロナの問題を一言で言えと問われたならば、リスクの評価と対策を定量的に扱っておらず、十把一絡げで国民全体が最大のリスクに等しく対処するようなことになってしまっていることです。
具体的には、真の感染者の把握よりも圧倒的に大多数の人数を検知するPCR検査、感染メカニズムの序列を付けず一様な対策を取っていること、年齢的、地域的なリスクの偏りに対応していないこと、などです。
前回の記事で示したトイレの床を経由する感染経路と生活習慣の差異については、ほんの一例として、こうした”一様対策”を打破するためのきっかけとして書きました。

さて、前回の記事では、今会社の仕事は結構な苦境の中にあるけれども、一方でとてもよい人と出会っていることを書くことを予告しました。
今日はその人のこと、仮にAさんとします、を書きます。
自分の中ではとんでもなく大事なことだし、みなさまにも共有していただきたいことですので、1回ではとても語り尽くせませんし、そんなに簡単なことだとも受け取ってほしくありません。
そこで、今日はまず、基本的な部分のみ書かせていただき、あまり具体的なことは書きません。

Aさんとは1年くらい前からとてもよい関係にあります。
実際に仕事を一緒に遂行する関係でもあり、いろんな仕事上のディスカションをする関係でもあります。
仕事上の価値観、技術系の企業人としての価値観、当社は何をどうすべきかの価値観、マネジャーとはどうであるべきかの価値観、などなど、基本的な考えがとてもよく合いますし、不正や腐敗や保身を正し、困難だが理想な姿を描き目指し、アイデアが豊富であり、経営目線もあり、毎日毎日、問題に処することとと新しい戦略を練り、アイデアを出すようなディスカションをたっぷりやっています。まるで、当社の経営会議をやっているようで、ワクワクします。保身の上司や関係者の糾弾や日々の問題解決もよく話し合います。
一言で言うと、これまでの技術系企業人生で志向してきたものが、僕とほぼ同じであるということです。ですので、保身派の人間たちに悩まされるという超しんどい毎日にあっても、あたかもオアシスのような貴重な人間なのであります。

Aさんは僕よりも6つ下ですが、僕らの場合、年齢はほとんど関係ありません。

では今日は、僕がなぜAさんに惹かれるのかのとても基本的なポイントを挙げてみます。下記のポイントは、僕自身が既に体得できているかどうかは別として、まさに僕が追求してきたものと同じです。

1.目の前に起きた困難や人からの痛烈な指摘は全て意味があると捉える。そして自分が変われるためのありがたいきかっかけと捉えることができる。人生において、人は大きく変わらなければいけないいう節目は少なくとも数回はあるはずだ、という自覚がある。
2.会社人であるゆえ、上司の意向に基本は沿うべきではあるものの、常に「自分が社長のつもりでこの会社をどうするべきなのだ」という経営視点をもつべきであり、まずは自分の考えがあり、その中で会社の方針とどう融合するかという考え方である。場合により、上司の説得を必要とする。
3.いわゆる出世志向とか、上司に取り入るとか、保身の発想は全くない。達観とかではない。そんなことをしても実体面(自己も会社も)は磨かれず、結局は落ちぶれるだけである。
4.マネジャーとは、不可能を可能にする役割だと思っている。
5.技術や特許についての情報収集や研鑽に余念がなく、つねに当社を分析している。
6.もし上司が腐敗しているなら、かえってやりやすくなると考えている。上司は破綻し、自分に責任が回ってくるから。(注:僕はこの発想はありませんでした。最近、Aさんから学んだことです)

Aさんとは、大分前から一緒に仕事をする関係でしたが、1年前までは、今ほどの間柄にはなっていませんでした。
その理由の一つは、お互いにここ1年はとても苦境になったからでしょう。
Aさんも僕も、企業人としてはとても恵まれた時期もあり、また不遇な時期もあり、浮き沈みを繰り返してきました。
ここ数年はとても恵まれていないので、互いに感覚が研ぎ澄まされ、考え方がブラッシュアップされたのだと思います。

こう考えると、苦境はチャンスでもあると思います。
人生の最高のパートナーは苦境だからこそ出会うと言っても過言ではないでしょう。

実は、我が身を顧みますと、僕も保身型の人間(僕が今戦っている相手のような)になっていたかもしれなかったのです。
そんな僕を変えるきっかけとなったの一つとなった出来事がありました。
僕が、1982年に修士課程を卒業し、ある大手繊維化学メーカーに就職し、4月前半に全体集合研修を受けた後、全国の工場に散らばって工場実習を4か月受けることになりました。
僕は名古屋の臨海地域にある工場での実習でした。
その実習へ就くのに実家を出る際に、2つ上の姉が「この本読んでごらん」と言って差し出したのが、糸川英夫の「前例がないからやってみよう-不可能からの脱出」という本でした。
僕は当時、糸川英夫という人は知りませんでしたし、こうした本を読んだこともほとんどありませんでした。
工場実習が始まり、工場の寮で寝泊まりするうちに、空き時間にこの本を読み始めました。
すると、あっという間に僕は惹きこまれました。その後の人生が決定付けられたと言っても過言ではありません。
その意味することは、この本に書かれている具体的なことではありません。それまでの自分は、世間標準のレールに乗っていけば自ずと仕事ができて世の中に貢献できると考えていたのを、決定的に打ち崩され、自分が何かを築かない限り何の意味もないということを思い知らされたのでした。
姉としては、そこまで考えていたのではなく、社会人として挑戦的な人間になってほしく、肩をポンと叩くような気持ちでくれた本なのかもしれませんが、いずれにしても、大きなきかっけをくれたのでとても感謝しています。

Aさんとは、私生活の価値観は大分違うと思います。
でもそれはどうでもいいことです。

明日も会社ではしんどいシーンがいくつもあることは目に見えています。
しかし、Aさんとのディスカションはとても楽しみです。
まさに、人生のご褒美の1つと言えるでしょう。

ちなみに、Aさんは仕事上のパートナーですが、仕事以外にも僕は、とても大事な出会いをしていまして、それがどんなにありがたかったことかは言い尽くせないことです。
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

多重録音・・・最大の精神状態好転法(僕の場合)

みなさまこんばんは。
早くも桜は盛りを過ぎましたが、みなさまお元気でしょうか?

スーパーのセルフレジは財布の中の小銭の整理に最適、と書きましたが、最近、小銭をとても入れにくい型のセルフレジ機が登場しました。
最初に全部の小銭をドバーっと、何も考えずにブチ込むのがいいのに、1枚か2枚ずつくらいでないと入れにくい投入口です。
それでも小銭を全部入れたほうがいいです。
まさか、僕のブログを読んだひとがこぞって小銭の整理に走ったために、スーパーに小銭がたまり過ぎたので、改良したりして。

さて、メンタルヘルスのためには土日には心技体のバランスを取るのがいいのです。
運動や芸術はいいです。
しかし、さらに言うと、自分が圧倒的に主役になることをやる方が効果的です。

たとえば、何か好きなことをやってもいいのですが、受動的な楽しみの場合は、時としてかえって落ち込むもこともあったりします。

僕の場合、メンタルヘルスの決定打は多重録音です。
やり始めると、とても大きなワクワク感が出てきて、全ての悩み因子がプラスの向きに好転します。
幼少時のいたずらとか、小学生の時に秘密基地を作ったりした時のあのワクワク感です。

多重録音の欠点は、やり始めの取っ掛かりがやや面倒なことです。
大好きな趣味の一つでありながら、正直、ちょっと面倒くさいのです。
メンタルの調子が悪い時は特に面倒です。
しかし、やらないとさらに面倒になっていきます。
そこで、定期的に自分のお尻を叩いてやるようにします。
すると、やり始めるとあっと言う間に面倒くささが飛び去り、圧倒的なワクワク感が支配します。
そうなればしめたもの。

そうは言いながら、このところ新しいことを始めたので忙しいので、今日は簡単な多重録音にしました。
Hey Judeは高校の時からピアノ弾き語りしていますが、マンネリ化してしまっていました。
いつかはフルバンドで録音してみたいけど、今日は初めてコーラスの部分と、ジョンのパートを録音しました。ジョンのパートは以前も少しは録音したことがあるのですが、今日は初めてきちんとやってみました。
楽器は今日は時間もないこともあり、ギター1本にしました。



本当は今日は、会社の最大の友人のことを書く予定でした。
会社には考え方が違うし会社を傾けてしまうと僕が思う人がいて毎日が闘いですが、仕事上素晴らしい間柄の人もいます。
(先日書いた、”劇薬”のような同士とは違います。)
次回書くことにします。

ではみなさま、よい土日をお過ごしください。

テーマ : メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

引き続き忙しい毎日

みなさまこんばんは。
桜も満開だし、いよいよ年度替わりですが、お元気でしょうか。
引き続き、ブログにあまり時間が取れず失礼しています。
今回も超手抜き記事で失礼します。

実はここ数週間、口内炎で苦しみました。
口内炎はかなり久しぶりだったんです。
実は、食事中に舌を激しく噛んでしまい、どうもそれを契機に口内炎ができたようです。
最初は舌の側面にでき、奥歯と常に擦れるので、話すこともままならず、食事が苦痛でした。
飲み込む度に涙が出るほど。
おまけに歯まで痛くなりました。虫歯ではなく、歯茎の炎症です。
食事がこれほど苦痛に感じたのは切なかったですね。
1つが治りかけるとまた次のができ、と、全部で3回できました。
その3つ目がようやくほぼ完治しました。幸い4つ目は出てきていません。
お口の万能薬イソジンで口を頻繁にゆすぎましたが、治るのに時間がかかりました。
それにしても、舌というものは口の要ですね。
体で言えば腰のようなものでしょう。
いかに大切なものかが身に染みてわかりました。

先日TVで、1年前にコロナが集団で発生したクルーズ船の衛生管理を担当していた方が出ていました。お医者さんか研究者か忘れましたが。
その方が言うには、船の中で一番ウィルスがたくさんいたのはトイレ(個室)の床だったそうです。
ウィルスは便の中にもいるので、水を流す時舞い上がって、床に落ちるそうです。
だから、トイレの床を拭くことが大事だ、と。

それを聞いて僕は「あっ」と声を上げたのです。
これこそがクルーズ船内の驚くべき感染の主因だったのか!と。
靴の裏にウィルスをいっぱい付けた乗客が船室に靴のまま入り、あるいはレストランや宴会場に行き、絨毯などにウイルスを運ぶ。
ウィルスは密閉された室内で舞い上がり浮遊し、乗客が時間をかけてその空気を吸う。

そしてさらにすぐに思いを馳せました。
ああこれだ、欧米の人が感染が多いのは!
トイレに入った人が、その靴のまま自宅に上がり込む。
クルーズ船というのは欧米の生活様式の凝縮ではないでしょうか。

それにしても、トイレの床にウィルスが一番多いことを既に1年前に知っていたのなら、なぜそのことが国民全体にすぐに広まらなかったのでしょうか?
有効な対策を打てたのではないか、と悔やまれます。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

悩みを減らすとはどういうことか

みなさまこんにちは。
新しいことはそれなりに順調ですが、まさまだ忙しく、なかなかみなさまの所へは伺えず、失礼をしています。

今年は桜が早いですね。
桜と言うと4月のイメージですが、今年は入学式には散ってしまっていそうです。
毎年この時期に書くこととして、全てのソメイヨシノはクローンということです。
つまり、交配せず、接ぎ木でしか増えていかない、単一遺伝情報の木です。
温暖化だから桜が早いという論調が起こらないといいですが。

前回の記事では現状を総括しました。
63歳のこれまでの人生、多くの苦難がありました。
しかし、いくつかの出会いとそれに伴う発想の転換と努力、そして神様を信じたことにより、かろうじてその苦難を上回るポジティブなことを得ることができました。
ネガティブなことがとても多く、ポジティブなことも多い、そんな波乱万丈の人生です。
淡い感じでゆったりと生きる人生とは全く異なります。
とにかく疲れる人生ですが、そうしかできず、生まれ持ったものなのだろうと思います。
僕は実年齢よりも10歳くらい若く見られることが多く、一昨日も初対面の人からそう言われました。
若く見られるのがいいかどうかはわかりませんし、精神年齢の低さなのかもしれません。
しかし、物事に立ち向かう気持ちのようなものはまだあまり衰えていないように感じますので、その点で人様に参考になることによりお役に立てないかと考えています。

みなさまもそうだと思いますが、僕においても、職場その他で、ありとあらゆる苦労をしてきました。(もちろん僕が人に与えた害も大きかったことでしょう)
それを乗り越えるために、あらゆる発想の転換とかカウンター対策とか、そういった”人体実験”をやりまくって、50代になってようやく少しは自分らしいものを確立した感じです。
とはいえ、まだまだ完成とは言えず、人体実験と自己改革はまだまだ続き、そして現在も悩みの真っ最中です。

そんな僕が、自分の体験をベースにした悩み解決のための考え方を、これまで記事にしてきました。主にカテゴリ「メンタルヘルス」にあります。たまにプレゼンもしています。
詳しくは読んでいただきたいですが、大きなポイントが2つあります。
1.悩みの大きさを無限大にしないこと。
2.悩みを客観視すること。

これをしないためには、一言で言うと、自分の中に自分独自の”考える軸”を形成することです。
自分を含めて、社会規範に沿うように期待されて育った人ほど、悩みを絶対視してしまい、かつ悩みの大きさを無限大にしてしまいます。
詳しくは読んでください。
決してノウハウ本のまとめではありません。

さて、コロナの件ですが、そろそろこの状態を打破しなくてはいけなのではないでしょうか。
発症しない人や軽症の人が多く、若い人はほとんど罹りませんし。
PCR検査は、わずか数個ウイルスがいるだけで陽性としてしまうし。(発症するには最低1万個は吸い込む必要があると言われています)
未だに新規感染者が今日は何人と大々的に報道していますが、真の患者数はそれよりもずっと少ないはずです。
インフルエンザが流行する時の1日の新規感染者数はどれくらいか知りませんが、日本で1シーズンで1千万人くらいですから、東京都では1日あたり1万人以上でしょう。もしPCRのような検査を実施したら、大多数の国民からインフルのウイルスが検出されることでしょう。
新型コロナの真の患者数はそれだけ少なくて、さらにはリスクの高い人は限られるので、国民全体が等しい対策をする必要があるかどうかです。
そろそろ、リスクの低い群(若い人)と高い人(高齢者または持病のある人)の対策を分けて講ずる検討を始めてもよいのではないでしょうか。

テーマ : メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

現状を総括

みなさまこんばんは。
震災10年を迎えたので、特集の記事を書きたいところですが、このところ時間が取れないので、今後余裕ができれば少し書いてみます。

実は最近、新しいことを始めたので、毎日一定の時間を充てています。
そのため、みなさまへの訪問やブログに関することの時間が取れず、失礼しています。
この記事も手抜きですが、ご了承ください。

僕は今63歳です。
数年前から会社の仕事以外の仕事や活動にシフトし始めていました。
ところが、会社のマネジャーや新しく入った人が問題の言動を取り始めた(あくまで僕にとってそう思えたということですが)ので、社内の同志と社外のパートナーとで同盟を組んで、会社の改革をすべく闘ってきました。
社長への直談判も含め、マネジャーたちへの働きかけをしてきましたが、結局彼ら彼女らは会社発展や自己の改革には関心がなく、自己の保身を優先させました。
60過ぎの人間は若い人に機会を譲るという一般的な考えには協力しますが、社長以下、各マネジャーが、あまりに自己保身を優先するあまり、会社が斜陽することが明白なほどの考え方しか持っていないのを見るにつけ、そこは改革を訴えないわけにはいきませんでした。

というわけで、思わぬことにここ1年くらい会社のために時間と労力を使いました。
そして、残念ながら会社とマネジャーたちの問題は解決できませんでした。
もっとも、向こうから見れば、僕が問題児だったことでしょう。

ここまでやったので、僕は会社には見切りをつけます。
自分が所属した会社がこんなことになっているのは残念ですが、仕方ありません。
そこで、ようやく、会社以外の仕事や活動にシフトを思う存分やっていきます。

この1年は苦しかったし、まだまだ苦しいのですが、同志との同盟を少しずつ解いて、自分のやりたいことを優先していきます。
そして、苦しかった1年も決して無駄になっていません。得るものも多かったのです。例えば、隠された自分の力とか、同志の考え方とか。
ところで、余談ですが、反発も苦しいですが、同盟関係というのも緊張ですね。苦しいことも多いです。
きっと外交というのはこんな感じだと思いました。
また、苦しい1年、愚痴を聞いてくれ、相談に乗ってくれた友人に絶大なる感謝です。

それにしても、人の所業というものをいやというほど味わった1年でした。
まさか60歳を超えてからこんな社会勉強をするとは夢にも思っていませんでした。
そんな中、必ず1週に一度のブログの執筆、しかも何回かに一度は必ず多重録音、毎日曜の手足に計5kgの重りをまとっての1~2時間の歩行、そして年に一度のイベントの実行、これまで書いたブログ内容の取りまとめ化、を確実にやってきて、心技体のバランスを図ってきたのがよかったのだと思います。

しかし、最近始めた新しいことで、これらに少し影響がありそうです。
全体のバランスを崩さないよう、頑張るつもりです。

テーマ : その他
ジャンル : その他

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード