FC2ブログ

Coffee Break Beatles No.200 「200号記念はやはりThe Long and Winding Road」

みなさまこんばんば。
陽性者数はようやく目に見えた減少傾向に転じましたね。
しかし、長引く自粛生活、みなさま本当にお疲れさまです。
僕もご多聞に漏れず、今週火曜(4/21)から在宅勤務です。
在宅でできる仕事も多いけど、しょせんテレビ会議など人間のコミュニケーションじゃないです。
正直な人間も、策を練る人間も、リモートでは真意が伝わりにくいので、ストレスが溜まります。

前回の記事では、数学のお遊びで書いた訳ではないのです。
あのような論理思考に立たないと、物事の判断などできようがないと考えます。特に今回のような混迷を深めた状況では。
そのための一般教養の一つとしての「数学Ⅰ」(今は何て呼ぶのか?)だったのです。

さて、おかげさまをもちまして、Coffee Break Beatlesが記念すべき200号目となりました。
ビートルズのトリビアとか情報とか、リラックスした雰囲気で読んでもらうシリーズです。
最初の頃は打ち出の小槌のようにテーマが出てきたのですが、さすがにここ数年は出なくなってきました。

200号目に何を書くか考えたあげく、このこだわりの曲にしました。
前回の記事で、黒鍵だらけだけど、好きなE♭のキーの曲だと書きました。

あのフィル・スペクターがオケのオーバーアレンジをしたのを、ポールが激怒した曲として有名です。
映画レット・イット・ビーで演奏したあのシンプルな演奏(アルバム「ネイキッド」にも収録されています)を聴くと、ポールの言いたかったことがわかります。
アルバム「アンソロジー」のテイクもいいですね。

僕はシンプルバージョンがこれまで好きでした。
でもだんだんフィルのアレンジにも興味が湧いてきています。
そこで今日は、過去に録音した多重録音に、ストリングスを入れてみました。
まだまだテキトーです。頭にあるものを入れただけですので。
ついでに、これまでのボーカルを今日、入れ替えました。
よって、今回の多重録音において、今日の録音はストリングスとボーカルだけです。
それ以外は、以前の録音です。

この曲の多重録音のゴールは遠いです。まさに「長くて曲がりくねった道」です。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Coffee Break Beatles No.199 「For No One(フォー・ノー・ワン)を多重録音してみた」

みなさまこんばんは。
しばらくシリアスな記事が続いたので今日はリラックスした記事を書きます。
タイトルにもあるように、コーヒーブレークしてください。
このシリーズCoffee Break Beatlesもついにあと1回で200回目を迎えます。
何か特集記事やらないと。

ただでさえ土日は心技体のバランスを図ることを心がけていますが、このコロナ禍ですもの、さらに意識的にバランス図らないと。
僕に限って言えば、先週会社でかなりいやなことがあり、こだわり過ぎるとかなりヤバい状況でしたので、意識的に発想の転換を図る必要がありました。

僕は若い頃からギターやピアノの弾き語りを趣味としています。
それだけでも十分よい趣味だと思いますが、さらに広く、深く極めようと思って、多重録音をやっています。
自分一人で何から何まで録音することもありますし、誰かとコラボする場合もあります。そのやり様は様々です。

質の高い作品を発表できればいいですが、なかなかそうもいかないので、作製過程を楽しむことにしています。
左脳も右脳も使うようです。
喩えれば、子供が何かのいたずらをするようなワクワク感ですね。
終わった後は必ず爽快な気分になります。

今、この記事は、「コロナビール」を飲みながら書いています。
「コロナをやっつけろ!」ってね(笑)
1987年に僕が初めて仕事で海外に行ったのがハワイでした。学会があったんです。
その時、アメリカ人からコロナビールを紹介してもらいました。メキシコのビールです。
燦燦と輝く太陽の下、コロナビールの飲み口にレモンを差して、岩塩もちょろっとつけて、ぐいっとやるんです。
あれ以来僕は病み付きになりました。
あの頃は日本ではほとんど売っていませんでしたが、今は酒屋ならどこでも売ってるでしょう。



今日の多重録音は、ビートルズのFor No One(フォー・ノー・ワン)を一人で全パート録音しました。
1966年の名アルバムRevolver(リヴォルヴァー)の中の1曲です。

ビートルズというのは、アイドル曲やロックな曲を書く一方、時々とんでもない名曲を初期のうちから出していました。
例えば、This Boy、If I Fell、Yesterday、I've Just Seen a Face、Here There and Everywhere、そしてこのFor No Oneです。
これらの曲は、あたかも過去に専門の作曲家が作ったスタンダード曲のような感じです。
でも、100%完璧なスタンダートではなく、どこか素人っぽい部分が見られ、そこがまた魅力でもあります。

実はこのFor No Oneは、結構若い時に、大体は耳コピしていました。
でも、ピアノやギターでは弾き語りしにくかったので、ほとんどやっていませんでした。
キーがB(ロ長調)なんです。
ピアノでもギターでも弾きにくいです。
それにあの独特なリズム。
そして、この曲の見せ場は、サビの部分で、駆け上るようなベースと、アルプスの牧場にこだまするかのような美しいホルンです。
たとえ、ピアノやギターで弾けたとしても、この曲の魅力を表現するのは難しかったのです。

キーがBの曲というのはとても珍しいです。
ビートルズでは、この曲以外だと、One After 909ぐらいでしょうか。
ローリング・ストーンズではJumping Jank FlashがBです。
山根康広のの愛を贈りたいから~Get Along TogetherもBです。
あと、いすゞのトラックのCM(♪ど~こ~までも・・・)もBです(笑)
とにかく少ないですよ。
Bの曲をピアノで弾くと#だらけになってしまい、なぜかあまり好きでないです。
黒鍵が多いなら♭だらけのほうがいいですね。例えばThe Long and Winding Road(キーE♭)なんか弾くの好きです。

For No Oneの詞は結構大人です。
ポールの甘いボーカルと、あののどかなホルンの響きからして、のほほんとしたストーリーと思いきや、そんなことは全然ありません。
結構複雑なシチュエーションを描いた詞です。
サビは暗い雰囲気を醸し出していますし、"Cried for no one"と歌詞からして虚しいloveを歌っているのです。

主にポールが作った詞なのでしょうけど、ジョンもきっと「おいポール、なかなかの詞を作ったな」と言ったに違いありません。
大人な詞ですけど、意外にヒヤリングしやすいです。
だから、若い頃からドライブ中に歌っていました。

そして、今日ようやく多重録音の運びとなったのです。
コードとメロディを耳コピすること自体は結構簡単でしたが、それぞれの楽器とボーカルにおいて、あの雰囲気を出すのはとても難しかったです。
ただやるだけだと、すごく変になってしまいます。
(っていうか、結局変なものしかできなかったけど)

では、拙録ですが、お楽しみください。

Coffee Break Beatles No.198 「名曲過ぎてなかなかヒットしなかったストロベリー・フィールズ・フォーエバー」

みなさまこんにちは。

数週間前の池上さんの番組で、「マスクの表裏を知らない人が多い」とのことでした。
池上さん曰く、「紐が外側にして装着しないとだめだ。そうでないと脇が盛り上がってしまい飛沫を吸い込んでしまうから」。
その後、いろいろ調べてみたところ、メーカーの考えは必ずしもそうとは限らないようです。
表側に「おもて」とか「OUT」とか書いてあるマスクがあります。紐が内側にあるマスクもありました。
メーカーの指示に従えば、表側の襞(ひだ)は必ず下向きになります。ホコリや花粉が溜まらからのようです。
数年前にドイツ人から言われました。「日本人はなんでどいつもこいつもマスクしてるんだ。あんなのスカスカの紙だろ(?) ウイルスなんて全然防げないではないか」
確かにウイルスそのものの通過は防げませんが、飛沫は防げるでしょう。一定の効果はあるはずです。

人間は歳を取るに従い、脳細胞や肉体そのものは次第に衰えてきます。
しかし努力をして知識や考える枠組みとか経験に基づく物事の対処とか、そういうものは脳細胞や肉体の衰えにもかかわらずむしろ進化する、と僕は考えます。
何も努力せずのほほんと過ごせば確かに60以上は役に立たなくなるので、お払い箱でもいいですが、逆に努力した人間はむしろ60代こそ最も活躍できる年代です。
丙午生まれの9歳下の保身型上司とこのあたり数年前からやり合っていますが、一般論しか返ってきませんね。
そんな上司も、コロナ対策により”社内営業”(欧州親会社も含め)に行けず、来る日も来る日も隣の机に座っています。
僕をお払い箱にしたい割には、60前の仕事以上の難しくかつ責任のある仕事をさせかつ若手の教育と指導までさせるので、昨年の春には上司にかなり強い意見を言いかつ人事にも協力してもらって少しだけ改善を勝ちとりました。
しかし今また問題が起きており、もう一度意見を言わなくてはいけない状況になっています。もう背水の陣で臨まないといけないのではないか、と。
平日はいろんな意味で闘いが続きます。
土日はできる限りリラックスし、心技体のバランスを図ります。

さて本題です。

ビートルズの名曲と言えば普通はメガヒットしたものが挙げられます。
メガヒットというのはあらゆる人に共通に受け入れられた名曲と言えましょう。
しかし、真の名曲というのはなかなか評価されないものではないでしょうか。
アインシュタインの相対性理論がしばらく評価されなかったように。

そんな名曲として一番芸術的に優れているのではないだろうかと思うは、ストロベリー・フィールズ・フォーエバーだと思います。
普通のポップな曲を聴いた時の快感ではなく、神秘性、創造性を掻き立てるコード進行のようであり、楽器の演奏であり、ジョンのボーカルであると思います。
また、リンゴのドラムはとても奥深くてこの曲を多いに盛り立てています。
この曲は最初はバンドの録音とオケの録音が別々に録られていました。
ジョンの強い希望により、これらを融合しようということになりました。
2つの録音はテンポもピッチも違っていたのですが、何とかうまく合わせたのです。
今でこそ、CPソフトによりテンポもピッチも一瞬で合わせられますが、当時はテープの速度とかを変えるのに機器へ与える電圧を変えるなどして合わせたそうです。
プロデューサーのジョージ・マーティンや録音技師たち、あっぱれです。
そして、このアイデアを思いついたジョンの感性もすごいです。
ストロベリー・フィールズ・フォーエバーはの音の解析をできればしてみたいと思います。

ストロベリー・フィールズ・フォーエバーは、初めてプロモ(プロモーションビデオ)を発表した曲と言われています。
初めてにしてはとてもよくできていると思います。
今でも十分に通用するのではないでしょうか。
画面の縦横比さえ変えれば昔の映像とは気づかないでしょう。



もう一つ動画を紹介します。
昨日見つけました。
ヨーコさんのサイトのようです。
これを観るとジョンとヨーコは素晴らしい芸術家だと感じます。
でも現実から乖離しているのではなく、現実で生きていなかがら芸術性を醸し出す。そのあたりが永遠に人々を惹きつけるのだと思います。

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

Coffee Break Beatles No.197 「左手で奏でる音楽とは?」

みなさまこんにちは。
師走に入り早くも1週間が過ぎました。
今日はとても寒いですね。お元気でしょうか?
今日の記事は、お気に入りのコーヒーでもすすりながら気楽にお読みください。

先日、ブロ友さんと、ある絵画を左右反転させた画像は、オリジナルと比して似て非なるもの、というようなお話をして、右と左のことをまた考えてみたくなりました。
右と左の問題。それは未だに未解明のことが多く、下手をすると我々の主観の中に存在する概念でしかない、とすら思ったりします。
詳しくは下記の過去記事をぜひクリックしてください。

2017年11月2日『再び、右と左とは? いよいよ法律学の出番か?』
2014年5月6日『「右と左」の件、私なりの考えを披露します』
2014年5月3日『「右、左」を宇宙人に説明できますか?』

身近な問題としては、いつも鏡で見ている自分の顔と写真に写った自分の顔は驚くほど違います。
こうしたことを考えたりするのもおもしろいですよ。
実はですね、英文ブログのプロフィールの僕の子供の時の写真は左右反転させたものなんです(^^)/

20191116_145552 - コピー

さて、自分のこれまでの人生の中で最も影響を受けた人は誰か?と問われたなら、僕はポール・マッカートニーを挙げます。
親兄弟、恩師、友人といった身近な人は除いての話です。
本当は、ジョン・レノンとポール・マッカートニーなのですが、ポールの方が存命期間がかなり長いので、結果的に影響が大きくなったのだと思います。
逆に言えば、もしジョンがずっと生きていたなら、どんな我が人生が繰り広げられたかは永遠の疑問です。

ポールファンならずとも、ポールが左利きなことをご存知の方は多いでしょう。
ポールは、ベースやギターの弦を張り替えて、あるいは特注のものを買って、右利きの人とは左右対称の恰好で奏でます。
結局左右反転しているだけなんだから右利きの人と一緒でしょ。と見るのか、いやいや何かが違うはずだぞ、あるいは全然違うはずだぞ、と見るのか。
人間の左右の脳の機能が違うことや内臓の配置が左右対称でないことを考えると、少なくとも全く同じではないことは確かでしょう。

ポールがピアノなどのキーボードを奏でる場合。
キーボードは左利き用に組み替えることはできません。
よって左右対称ではなくて、左利きの人が右利き用ギターを弾くようなものですね。
当然、サウンドへの貢献は大きいはずです。

今日は科学記事ではないので、雰囲気だけ書きました。
ポールの左利きとしての音楽的特徴は、これまである程度踏み込んで書いたことがありますので、よろしければ過去記事を見てください。

20191116_145646 - コピー

以下余談です。

ビートルズのドライヴ・マイ・カーという曲があります。
多くのビートルズの曲がそうであるように、この曲もジョンとポールの共作です。
この曲は、アイドル路線をそろそろ卒業しようという時期に作られた名作の一つです。

せっかくよい曲なのに、中学生以来ずっと聴き続けて、正直どうもパッとしない印象がありました。
なんか、室内音楽風に軽いポップな感じで仕上がっています。プロデュースが失敗したような感想も持っていました。



ところがです。
ポールが60代半ばも超え、ビートルズ時代の曲をオリジナルに忠実に、かつさらに改良した形でライブで演るようになってから、この曲の印象がガラっと変わりました。
例えば次の動画を観てください。



2009年、ニューヨークのシェアスタジアムで行われたコンサートで、ドライヴ・マイ・カーをオープニングで演ったのです。
僕は最初にそれを聴いた時、ぶっ飛びました。
まずは冒頭のくすぐるようなベース。
そして全般を支配するうなるようなベースとグルーヴ感。
これはオリジナルの室内音楽には全くないものでした。
ああ、ポールは本当はこの感じを表現したかったのだな、と思いました。

僕は2014年に友人からこのコンサートのCDを借りたのでした。
正直最初はあまり期待していなかったのですが、この冒頭のドライヴ・マイ・カーのわずか2、3秒でいきなりノックアウトされてしまいました。

最後はマニアックなことですが、以前行った東京ドームのコンサートでアリーナの、しかもかなり前の方で観た時、ポールの顔の皺の1本1本とか、手の皺や筋肉まで克明に見えたことがありました。
驚いたことの一つは、ベースを奏でる左手(ポールは左利きなので弦をピックするほうの手)の手の甲の筋肉にすごく力を入れているのが見て取れました。
手の甲と指の第2関節あたりまでの部分をきれいな四角形にガッチリ固定するような感じの力の入れ方なんです。
ああ、これがポールの安定したベースの秘密なんだなと思いました。
上に貼ったyoutubeでもそのことが少しわかりますよ。

テーマ : The Beatles(ビートルズ)
ジャンル : 音楽

Coffee Break Beatles No.196 「知られざるピアノ弾き語りの名曲 The Fool on the Hill」

みなさまこんばんは。
かなり久しぶりの1日2記事です。そして久しぶりのCBBです。

ポール・マッカートニーと言えば、あの独特のピアノ弾き語りのスタイルを確立した人です。
有名なのが、Let It Be、Hey Jude、Lady Madonnaあたりですね。

ビートルズ、特にジョンやポールはは意外に早くピアノを採り入れていました。
ロックの隠し味としてピアノを結構使いました。
そんな中でも結構粋なのが、初期のShe's a Woman、中期のGood Day Sunshineあたりでしょうか。

しかし、本格的にピアノ中心の曲というと、やはり1968年からと見るのが一般的です。
ところがです。なんと、1967年にもピアノ弾き語りのポールの名曲があったのです。
結構気付いていない人が多いと思います。僕も割と最近まで気付きませんでした。
はい、今日のテーマのThe Fool on the Hillです。(日本語には訳さないように)

なぜかというと、フルート、リコーダー、ハーモニカといった楽器を使った素晴らしい編曲が目立つので、ピアノが奥に引っ込んだ感じだからです。
そんな僕の脳天を直撃したのが、アルバム「ビートルズ・アンソロジー」。
ピアノだけのポールの弾き語りのテイクがフィーチャーされていました。

あれれ、この曲、ピアノだけでこんなに行けるんだ、と。
そして何よりポールの弾き語りが絶品なんですわ。
アクセント、間の取り方、表情豊かなタッチ、ボーカルとのコンビネーション。
もしかして、ポールのピアノ弾き語りの中でもナンバーワンかもしれません。
しかも、こんなに早く(1967年)にこのスタイルを完成させていたとは。
ポールあっぱれ。

この曲、コード進行も絶品です。
一見、のっぺらした曲にも聴こえがちですが、ジャズっぽいコード(減5度とか)も結構使います。
そして、詞がまた絶品ですね。
あのジョンをして、「ポールもついに一流の作詞家であることが証明された」と言わしめたこと。

今日は、あのすごく粋なピアノと、それを弾きながらの素晴らしいボーカルにどれだけ迫れるか、頑張ってみました。

ピアノと詞に着目してください。
(声は注目しないでね(^^)/)

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード