Coffee Break Beatles No.191 「嗚呼弾き語り・・・Lady Madonna」

みなさまこんばんは。
超久しぶりのCBBです。
今日は息抜きに録音しました。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

Coffee Break Beatles No.190 「同じ演奏は二度としない」

(2016-10-9 11:20追記)
今日はジョン・レノンの誕生日です。
生きていれば76歳です。本当に今でも残念でなりません。
そして今日はジョンの息子のショーン・タロー・オノ・レノンの41歳の誕生日でもあります。
ショーンさん、おめでとうございます。


みなさまこんばんは。
今年の春ごろから始めたことにより、ブログをあまり書けなくなりまして、毎週水曜の飲み曜日に書くのみというスタイルがずっと続いています。
しかし考えてみましたら、ビートルズのブログを標榜していながら、ビートルズ記事を大分ご無沙汰してしまいましたので、今日は番外として書きます。

先ほど何気なくネットを探検しておりましたら、Yahooにて「ジョンとポール 歴史的出会い」と検索したら、なんと4番目に僕の記事が出てきました。

Coffee Break Beatles No.181 「Maggie Mae少し紹介・・・ジョンとポールの歴史的出会い」

大変光栄なことです。
みなさまもよかったら見てください。

クォーリーメンというバンドを率いていた時のジョンはすごくカッコいいですね。
そして、ジョンとポールの歴史的出会い。
このNowhere Boyのシーンを観るといつも胸が熱くなります。

さて、そんなビートルズ。
歌とか演奏の一つ一つを取り上げれば、もっと上手いバンドはいくらでもいます。
しかし、4人が集まった時の音楽性の高さは目を見張るものがあります。

昔で言えば海賊版、今なら種々動画。
こうしたものを観聴きすれば、同じ曲でも二度と同じ演奏はしないビートルズを発見できるでしょう。
また、正式録音版ではない自由なテイクでは、4人ぞれぞれの音楽性の高さを発揮しています。
そんな感じがよく出ている2つの動画を紹介します。

一つはHey Judeのショー番組での演奏。
本演奏前のアドリブがニクいです。


もう一つは、1963年11月4日 のロイヤル・バラエティ・パフォーマンスへの出演。
まだ若い頃ですが、早くも将来性を思わせる演奏です。

テーマ : The Beatles(ビートルズ)
ジャンル : 音楽

Coffee Break Beatles No.189 「ジョンとポールのピアノ名曲10曲メドレーに挑戦」

みなさまこんばんは。
今日もよい天気ですがすがしかったですね。
でもちょっと涼しかったかな。

実は僕、明日、あることをしないといけないんです。

僕はこれまでの人生において4つほどの大きな試練がありました。
2つはスポーツに関すること、1つは学術に関すること、もう1つは病気です。
病気を除く3つは自分で勝手にやったことです。
4つとも我ながらよく乗り越えたなと思います。

明日のことも誰にも強制されないで自分の好きでやることです。
これから将来やりたいことに関することの一つです。
好きで始めたとはいえしんどくて、ここ数日は憂鬱でした。
明日1日で終わるのではなく、3年計画くらいで成し遂げたく思っています。
これまでの4つの試練に匹敵する努力が必要そうです。

これからの人生ではさらにまだまだ試練が予想されます。

そんななので、今日は家で明日の準備をしようとしていたものの気が滅入って全然できませんでした。
そこで外に出てウォーキング。iPodにある全曲をランダムで聴きながら歩きました。

その後録音したのが今日のタイトル。
通しで10曲録音したのは初めてです。
それぞれの1曲はかなり省略してあります。
ベースもちょっと入れてみました。
通しで録音したのですが、容量の関係で4分割します。






そして先ほど、久しぶりに料理を作ってみました。
今日、ある過去記事(←クリック)を見ていたら、我ながら旨そうな料理を見つけました。
初夏を思わせるズッキーニの炒め物。豚肉と。
スパイスは柚子胡椒で締めます。
そして冷奴とノンアルビール。


元気出ました。

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

Coffee Break Beatles No.188 何故か出にくい「be」の音・・・Let It Be

みなさまこんばんは。
ここ数日バタバタしておりまして、なかなか訪問できずにごめんなさい。
また、今週の月火は研修ですので、さらに少しばかり失礼します。

ビートルズのLet It Beはとても有名な曲です。
シンプルなコード進行ながらポールのピアノの表情は実に奥深く、
またそのボーカルは登坂をダッシュするようなきつさがあります。

ボーカルの最高音はラです。"Let It Be"と4回繰り返すところの2回目の"be"がラです。
ポールとしてはそれほど高くない「ラ」なんですが、これがものすごく難しい。
僕の意見では、be(ビー)という「イ」の音なので口と喉を閉めるからだと思います。
レリビーではなくレリバーやレリブーやレリベーやレイボーなら出やすいのですから。
あるいは、Don't Let Me Downのシなら楽に出るのですから。
またあるいはMy Loveで突き上がるラも楽に出るのですから。

Let It Beを弾き語り始めてから43年目。
この「ラ」だけは最後の難関だった。(それ以外はOKというわけでもないけど。)
この「ラ」は見せ場ですから。
自己流に研究すること43年。
最近何かが掴みかけてきた。

鵜飼の鵜が魚を呑み込むように上を向き、食道から口にかけを一直線にしてなるべく広く開けるようなイメージで歌うとどうにか出るようになってきた。
でもまだまだ。
スポーツと一緒で「できる」イメージを持つと実現しやすいように思う。

立ちはだかるbe(ラ)問題。
死ぬまでには楽に出るようになるのかな。

また、今回はポールのLet It Beのピアノの左手の動きにも迫ってみました。

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

Coffee Break Beatles No.187 「たまには絶叫ロックをやってみた」

みなさまこんばんは。
ようやく暖かさが安定してきましたね。
相変わらず週の出だしはしんどいですね。

そんな時には絶叫するに限りますよ。

続きを読む

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード