FC2ブログ

Coffee Break Beatles No.197 「左手で奏でる音楽とは?」

みなさまこんにちは。
師走に入り早くも1週間が過ぎました。
今日はとても寒いですね。お元気でしょうか?
今日の記事は、お気に入りのコーヒーでもすすりながら気楽にお読みください。

先日、ブロ友さんと、ある絵画を左右反転させた画像は、オリジナルと比して似て非なるもの、というようなお話をして、右と左のことをまた考えてみたくなりました。
右と左の問題。それは未だに未解明のことが多く、下手をすると我々の主観の中に存在する概念でしかない、とすら思ったりします。
詳しくは下記の過去記事をぜひクリックしてください。

2017年11月2日『再び、右と左とは? いよいよ法律学の出番か?』
2014年5月6日『「右と左」の件、私なりの考えを披露します』
2014年5月3日『「右、左」を宇宙人に説明できますか?』

身近な問題としては、いつも鏡で見ている自分の顔と写真に写った自分の顔は驚くほど違います。
こうしたことを考えたりするのもおもしろいですよ。
実はですね、英文ブログのプロフィールの僕の子供の時の写真は左右反転させたものなんです(^^)/

20191116_145552 - コピー

さて、自分のこれまでの人生の中で最も影響を受けた人は誰か?と問われたなら、僕はポール・マッカートニーを挙げます。
親兄弟、恩師、友人といった身近な人は除いての話です。
本当は、ジョン・レノンとポール・マッカートニーなのですが、ポールの方が存命期間がかなり長いので、結果的に影響が大きくなったのだと思います。
逆に言えば、もしジョンがずっと生きていたなら、どんな我が人生が繰り広げられたかは永遠の疑問です。

ポールファンならずとも、ポールが左利きなことをご存知の方は多いでしょう。
ポールは、ベースやギターの弦を張り替えて、あるいは特注のものを買って、右利きの人とは左右対称の恰好で奏でます。
結局左右反転しているだけなんだから右利きの人と一緒でしょ。と見るのか、いやいや何かが違うはずだぞ、あるいは全然違うはずだぞ、と見るのか。
人間の左右の脳の機能が違うことや内臓の配置が左右対称でないことを考えると、少なくとも全く同じではないことは確かでしょう。

ポールがピアノなどのキーボードを奏でる場合。
キーボードは左利き用に組み替えることはできません。
よって左右対称ではなくて、左利きの人が右利き用ギターを弾くようなものですね。
当然、サウンドへの貢献は大きいはずです。

今日は科学記事ではないので、雰囲気だけ書きました。
ポールの左利きとしての音楽的特徴は、これまである程度踏み込んで書いたことがありますので、よろしければ過去記事を見てください。

20191116_145646 - コピー

以下余談です。

ビートルズのドライヴ・マイ・カーという曲があります。
多くのビートルズの曲がそうであるように、この曲もジョンとポールの共作です。
この曲は、アイドル路線をそろそろ卒業しようという時期に作られた名作の一つです。

せっかくよい曲なのに、中学生以来ずっと聴き続けて、正直どうもパッとしない印象がありました。
なんか、室内音楽風に軽いポップな感じで仕上がっています。プロデュースが失敗したような感想も持っていました。



ところがです。
ポールが60代半ばも超え、ビートルズ時代の曲をオリジナルに忠実に、かつさらに改良した形でライブで演るようになってから、この曲の印象がガラっと変わりました。
例えば次の動画を観てください。



2009年、ニューヨークのシェアスタジアムで行われたコンサートで、ドライヴ・マイ・カーをオープニングで演ったのです。
僕は最初にそれを聴いた時、ぶっ飛びました。
まずは冒頭のくすぐるようなベース。
そして全般を支配するうなるようなベースとグルーヴ感。
これはオリジナルの室内音楽には全くないものでした。
ああ、ポールは本当はこの感じを表現したかったのだな、と思いました。

僕は2014年に友人からこのコンサートのCDを借りたのでした。
正直最初はあまり期待していなかったのですが、この冒頭のドライヴ・マイ・カーのわずか2、3秒でいきなりノックアウトされてしまいました。

最後はマニアックなことですが、以前行った東京ドームのコンサートでアリーナの、しかもかなり前の方で観た時、ポールの顔の皺の1本1本とか、手の皺や筋肉まで克明に見えたことがありました。
驚いたことの一つは、ベースを奏でる左手(ポールは左利きなので弦をピックするほうの手)の手の甲の筋肉にすごく力を入れているのが見て取れました。
手の甲と指の第2関節あたりまでの部分をきれいな四角形にガッチリ固定するような感じの力の入れ方なんです。
ああ、これがポールの安定したベースの秘密なんだなと思いました。
上に貼ったyoutubeでもそのことが少しわかりますよ。
スポンサーサイト



テーマ : The Beatles(ビートルズ)
ジャンル : 音楽

Coffee Break Beatles No.196 「知られざるピアノ弾き語りの名曲 The Fool on the Hill」

みなさまこんばんは。
かなり久しぶりの1日2記事です。そして久しぶりのCBBです。

ポール・マッカートニーと言えば、あの独特のピアノ弾き語りのスタイルを確立した人です。
有名なのが、Let It Be、Hey Jude、Lady Madonnaあたりですね。

ビートルズ、特にジョンやポールはは意外に早くピアノを採り入れていました。
ロックの隠し味としてピアノを結構使いました。
そんな中でも結構粋なのが、初期のShe's a Woman、中期のGood Day Sunshineあたりでしょうか。

しかし、本格的にピアノ中心の曲というと、やはり1968年からと見るのが一般的です。
ところがです。なんと、1967年にもピアノ弾き語りのポールの名曲があったのです。
結構気付いていない人が多いと思います。僕も割と最近まで気付きませんでした。
はい、今日のテーマのThe Fool on the Hillです。(日本語には訳さないように)

なぜかというと、フルート、リコーダー、ハーモニカといった楽器を使った素晴らしい編曲が目立つので、ピアノが奥に引っ込んだ感じだからです。
そんな僕の脳天を直撃したのが、アルバム「ビートルズ・アンソロジー」。
ピアノだけのポールの弾き語りのテイクがフィーチャーされていました。

あれれ、この曲、ピアノだけでこんなに行けるんだ、と。
そして何よりポールの弾き語りが絶品なんですわ。
アクセント、間の取り方、表情豊かなタッチ、ボーカルとのコンビネーション。
もしかして、ポールのピアノ弾き語りの中でもナンバーワンかもしれません。
しかも、こんなに早く(1967年)にこのスタイルを完成させていたとは。
ポールあっぱれ。

この曲、コード進行も絶品です。
一見、のっぺらした曲にも聴こえがちですが、ジャズっぽいコード(減5度とか)も結構使います。
そして、詞がまた絶品ですね。
あのジョンをして、「ポールもついに一流の作詞家であることが証明された」と言わしめたこと。

今日は、あのすごく粋なピアノと、それを弾きながらの素晴らしいボーカルにどれだけ迫れるか、頑張ってみました。

ピアノと詞に着目してください。
(声は注目しないでね(^^)/)

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

Coffee Break Beatles No.195 「映画"Let It Be"完全版、アップロードさる」

2019-1-15(火) 5:45AMに末尾に青字で追記しました。

みなさまこんにちは。
3連休最終日いかがお過ごしですか?
また明日からしんどいですね。
頑張りましょう。

今日の記事の要約
・映画"Let It Be"完全版がどなたかによりアップロードされました。かなり珍しいです。すぐに削除されてしまうでしょう。
・これを機にこの映画をトリビア的に紹介してみます。ただし、他でいくらでも 紹介されているものは除きます。 

続きを読む

テーマ : The Beatles(ビートルズ)
ジャンル : 音楽

Coffee Break Beatles No.194 「”No Reply"を多重録音しました」

みなさまこんにちは。
ついに12月になりました。
毎年のことながら、目標に実績が追い付いていないことを痛切に感じる時期です。
死ぬまでこの傾向が続くのだろうか?

超忙しい合間に一息入れて、今日、多重録音をやってみました。
ジョン・レノンの命日が近づいてきたこともありまして、ジョンの曲を取り上げます。
"No Reply"という1964年後半に発表された"Beatles for Sale"といアルバムのオープニングを飾る曲です。

ビートルズ時代のジョン・レノンとポール・マッカートニーは常に「作詞・作曲=John Lennon and Paul McCartney」としてクレジットしました。
五分五分に共作よりも、たいていはどちらかが主体で作り、もう片方がアドバイスする感じが多かったです。
No Replyはジョン主体の曲です。

ビートルズは1964年初頭にアメリカ上陸を果たし大成功を収めました。
そして、アルバムを年に2作という過酷な要求を課されました。
No Replyはそんな渦中に作られた曲です。

想像ですが、そんなに時間をかけることなくシンプルに作った感があります。
そんな中にもジョンの魅力がさく裂した曲だと思います。

僕が高校1年くらいの時(1973年)、ビートルズのハーモニーを耳で聴き分ける趣味に走っていました。
ラジカセのテープが擦り切れるほどReview and Cueの機能を駆使して。
ジョンのすごさの一つは耳で聴き分けられないほどの素晴らしいハーモニーを作りかつ実演することにあります。

そんな中、このNo Replyは比較的聴き取りやすかったです。

アイドル的な要素もあったこの頃のビートルズですが、アイドルの中にもジョンの魂が既に23歳の時点で現れていると感じます。
若者の魅力と男の魅力と、そしてやや憂えた魅力
、といったところでしょうか。

英語としてもrealizeとかcomprehendなんかも出てきて、高1の僕には結構難しかったでした。
Telephone(電話する)というイギリスでしか使わない表現が出てきたり。

最高音はポールの出しているラでして、高校生当時の僕には出せませんでした。しかも思い切り引っ張りますから。
その後数十年もかかって自己流のトレーニングを重ね、シまで出るようになりました。
しかし最近は高音の歌をあまり歌っておらず、今日は久しぶりだったので、ラを引っ張るのはしんどかったです。

今日は、多重録音といっても、ギターピアノと手拍子だけです。
ドラム、ベースは今日はパスです。時間もないので
楽器数は少ないですが、幾重にも音を重ねました。

できればイヤホンでお聴きになり、音の左右の広がりをお楽しみください。

テーマ : The Beatles(ビートルズ)
ジャンル : 音楽

Coffee Break Beatles No.193 「急にがむしゃらにYesterdayを弾き語ってみたくなった」

みなさまこんばんは。
サッカー、本当に残念でした。でも、よくやってくれました。監督も選手たちも、お疲れさまでした。
台風がゆっくりなので、南海上からの湿った空気が流れ込む日が続き、蒸し暑いですが、まもなく解消されるでしょう。

実は今日は夜も家で仕事をしないといけないのですが、こんな時に限ってギターを手に取ってしまいます。
この悪い癖は高校の時の定期試験の前日と全く同じです。困ったものです。
最近のギターはBlackbirdの完成ばかり狙っていたので、気分転換に急にがむしゃらにYesterdayを弾き語ってみたくなったのです。
しかも、ご丁寧に全音下げたチューニングで。

そろそろ61になるST Rocker。思い切り切なく、そしてセクシーに歌ってみました。


例によりイヤホンで聴いてください。スマホの方はぜひPCで。
今日の録音は簡易機器にて。

やばい、仕事やるぞ。

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード