FC2ブログ

人間負けるのも大事なこと

みなさまこんばんは。
先日年が明けたばかりだと思ったら、間もなく1月も終わりですね。
全く時間が経つのは早いものです。
スーパーばかりが混んでいる状況も相変わらずですね。

前回の麻丘めぐみさんの記事で、追加で動画で載せたトーク・バラエティー番組のことが判明しました。
中京テレビ制作で、日本テレビ系列で放送された「ろみひー」という番組です。
1998年4月1日から2003年3月31日まで放送されました。
麻丘さんが出演した回はいつだったのかまではわかりませんでした。
僕の推測が当たり、約20年前ですね。
麻丘さんが42~47歳の間です。
曜日はいろいろでしたが、深夜の番組でした。
結構人気があったようです。特に、麻丘さんも出演した「芸能人マル秘履歴SHOW」というコーナーは人気で、後で本にもなりました。(ただし麻丘さんは載らず)

さて、2010年に本格的に記事を書き始めてから、しばらくは書きたいことには事欠きませんでした。
2013年頃は、朝の車の通勤30分の間に1本、帰りの30分の間に1本、頭に浮かびました。
ですので、1日に1記事をアップしても、書き残しが溜まる一方で、本当に困りました。
その後、浮かぶ頻度は落ちてはきたものの、2016年くらいまでは、まだまだ手応えのある記事を書けていました。
2019年頃までは、それでもクリエイティブ性は保たれていました。
しかしながら、去年頃からはついに、これ以上何かを考えるのが大変になってきました。
最近では、1週間経ったら何がなんでも更新するノルマを課しており、無理やり絞り出している状況です。
ついに泉も枯れた。そんな感じです。

しかし、憂えているのではありません。
これでいいのです。
むしろ満足です。
全て書き切ったからです。
よって、既に、書くよりも過去記事を有機的にまとめて発信する方に比重を置き始めています。

最近、会社などでご苦労をされている方々をよく見かけますので、今日は、自分の自信作の中でも特に手応えがあった記事を紹介しますので、是非ご参考にしてください。

2016年8月10日投稿 「負けるが勝ち」の本当の意味 ← クリック
   
僕の会社でも、どんなことでも、何から何まで勝ちたくて仕方ない人が何人かいて、もろに巻き込まれています。

では、よい週末をお過ごしください。
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

僕にとってのアイドルは・・・

2021-1-24(日) 15:15 最後に青字で追記しました。
麻丘めぐみさんの40代頃と思われるテレビ番組出演シーンの動画も新たに載せました。


みなさまこんにちは。
冷たい雨ですね。
これから雪になるでしょうけど、どのくらい積るでしょうか。

今年の冬は、昨冬とはうって変わって雪の多い日本列島です。
そして、今年少し変わった現象が起きています。
ふつう、冬型の気圧配置では、関東平野などの太平洋側はほとんど晴れなのですが、今年は結構雪が降ることがありました。
(今日のような太平洋側を低気圧が進むのではなく、冬型の場合の話です)
太平洋側で2種の季節風がぶつかる所で雪雲が発生する、という説明がテレビでありました。

世界的にガソリン車を撤廃してEV(電気自動車)やHV(ハイブリッド車)に全面移行する流れとなっています。
僕は、基本反対です。
エネルギーというものは、形を変える(例えば熱エネルギーから電気エネルギーへ)と大きなロスが生まれます。
そして、この世の中の電気というものは、基本、石油を燃やして作っているものです。
したがって、電気を使って何かの仕事をすることは、石油を燃やして直接仕事をするよりも、トータルとしてたくさんの石油を使います。
EVやHVそのものは二酸化炭素を出しません(またはごく少量出す)が、EVやHVに電気を供給することで、地球全体としてはガソリン車を使うよりもたくさんの二酸化炭素が出ます。
EVやHVは、特定の地域の排気ガス対策などの限定的な用途のみに使うべきです。
ただ、EVやHVの電気使用効率が格段に上がり、ガソリン車の燃費より比べ物にならないくらい有利になれば、検討する価値は出てくるかもしれません。

さて、アイドルのお話です。
ここで言う「アイドル」とはとても狭い意味でのアイドルです。
つまり、憧れる対象の歌手、または芸人さんです。
(中学生の頃、映画「十戒」を観た時、ユダヤ教は偶像(idol)を崇拝するとえらい目に遭う、というシーンがあり、印象深かった思い出があります。あのアイドルではありません)

僕にとって、後にも先にも、メロメロに憧れたアイドルは、たった一人です。
麻丘めぐみさんです。
なぜか、その後、今に至るまで、麻丘さん以外にも気に入った歌手や芸人さんはたくさんいましたが、いわゆる「アイドル」としてメロメロになってしまう人はいませんでした。
もちろん、音楽的とか芸風で感動した人はたくさんいます。

麻丘さんは、近年の日本でふつうに「アイドル」と言われているタイプの歌手としてははしりではないかと思います。
麻丘めぐみさんは、1972年、16歳の時、「芽生え」でデビューします。
その前年に、1つ年上の南沙織さんが「17才」でデビューしました。
南さんも魅力溢れる歌手であり、アイドルと言えるでしょうけど、麻丘さん以降のアイドルの雰囲気とはやや違うと思います。

麻丘さんがデビューの時、僕は14歳でした。
なんてマセたガキだったことでしょうか。

では、「芽生え」の動画です。
めぐみさん、なんとも魅力的です。
https://youtu.be/4SXaTVtDL24

ついでは、1973年の「わたしの彼は左きき」。
僕が高1の時、武蔵野線が開通したので、与野から松戸の友人の家まで遊びに行きました。
すると、松戸のデパートの店内でかかっていた有線放送で、突然この曲が流れたのでした。僕は初めて聴いたのです。
すると、なんともイカしたベースライン。
これまたマセたガキですね。
筒美京平さん、作曲、編曲、お見事です。
そして、「左利き」というテーマ。
僕も、よくある男子のように、自分も左利きになりたいなあ、などと思ったものです。
https://youtu.be/jUC6W77bMtc

次は、テレビの1シーンです。
当時はこういうステージの放映が多かったです。
茶の間で家族でテレビを観たものです。
https://youtu.be/gClN1upJqSI

そして、現在(正確には1年前)の麻丘さんです。
https://youtu.be/LNCs7ofxiFc

では、よい土日をお過ごしください。

2021-1-24(日) 15:15、以下追記。

昨日のアップ時には、麻丘さんの17歳の時の動画からいきなり64歳まで飛びましたので、その中間の年代の動画を載せます。
この番組は、おそらく20年くらい前のもの、つまり麻丘さんが40代頃のものと推測します。
僕がこの番組で麻丘さんが話していることにとても感銘を受けるのは、自分の意志とは違うところでデビューした、戸惑いといろんな気持ち、といったものをとてもステキに語っておられることです。
あの当時、麻丘さんに憧れたのは、あの時の心情が垣間見られて、ふてぶてしいアイドルとは対極の繊細な存在であったからかもしれません。
そして思うのは、麻丘さんの話し方、言葉使いといったもので、麻丘さんは知性のある方でいらっしゃると思います。
https://youtu.be/8xUlFCJnWYY


余談ですが、僕はあの頃、こういうバラエティー番組を全く否定していました。
40代の頃の僕は、角(かど)がとってもある人間で(いまでもあるだろ!?って。はいその通りです(^^)/)、視聴率が上がることをいいことに、放送局は国民から考える力を奪うとはけしからん!と考えていました。
しかし今、この動画を観ると、麻丘さんが素敵なこと以外に、ヒロミさんてなんて名司会なんだろうと思います。
そして、飯島愛さんが出ています。あの頃はまだ調子よかったのでしょうね。とても残念です。
出川哲朗さんも出ていて、ポテシャルを感じます。

テーマ : その他
ジャンル : その他

自我を確立するためのすさまじい半生

みなさまこんばんは。
かなり久しぶりの週途中での更新です。

前回の記事で、2002年44歳の時、前の会社での苦労を書きました。
自殺をも考えるほどの大きな苦労だった、と書きましたが、僕の場合の苦労は、僕をいじめる人への恨みではありまぜん。
僕自身が社会的にとてつもなく未熟かもしれないという、自信喪失から来るものでした。

前回コメントを寄せていただいたNewOrderさんのお言葉にあったように、僕の成人以降は「自我の確立」とのすさまじい闘いでした。

自分の親のことを前回のコメントで少し書きましたが、決して親を恨んでいるとかではありません。むしろ感謝しています。
ただ、客観的に見て親は僕に自我を形成するための育て方はしませんでした。

父親は機械系の会社の重役、母親は教育ママでした。
社会的な規範で子供(僕と2歳上の姉)を教育し、他人もその規範で評価していました。

ほんの一例ですが、近所に変なおじさんが住んでおり、ある意味味わい深いのですが、両親にしてみれば失格人間です。
本当は、親としては子に対し、「あのおじさんは変わっているけど、**のところはなかなか大したものだよ。」のような教育こそ大事なのですが、そういったことは皆無でした。

僕が人生を歩む過程でいろんなことが起きました。
その時々で僕は真剣に物事をやってきたのですが、親は社会標準でしか評価しませんでした。決して、「なるほどおまえならではのことだな」などと言ったことは一度もありません。

一方で不思議なのは、姉も僕も、子供の頃から親の言うことには反発し、「本当の教育とはこういうものだ」のようなことを悟り始めます。
しかしながら、それを実際にどう自分が努力したらよいのか皆目わかりません。
そこで、姉も僕も自らそれを求めて途方もない旅に出かけるのです。

2002年44歳の時の前の会社でのことは、まだまだ自我を確立していない時のことです。
その後僕は、47歳で転職しました。
人数が一桁少ない同業他社へです。

行く末は個人事業をめざし、そのために、人数の少ない会社へ行き、いろんなことを切り盛りし、自我の確立を目指したのです。
一方で、公私を通じて、「人を丸ごと飲み込む」という処世術を身に付けます。詳しくは過去記事で検索してください。
とにかく、人の価値というのは社会標準の物差しなんかでは測れない。まずは人を丸呑みしてから、自ら人の価値を知る「軸」を形成すべし、というわけです。

こうしたことで僕は、55歳くらいでほぼ自我を形成しました。
「自分が相手からどう見られている」ではなく、「自分は何をしたい、何をすべきか」への転換です。

それまで、すさまじい喧嘩を続けてきた父親ともようやくその頃和解できました。

そうこうするうちに、自我の形成は、なんとなく普通の人以上に大きくなっているかもしれないと感じるようになりました。
別に、他人と比較するのが目的ではありませんけど、客観的にそう思えるようになったのです。

そして大事なことは、そう思えるようになると、親への見方も厚くなってきたのです。
50代前半までは悪いところしか見えてこなかった親ですけど、だんだんありがたいこともたくさん見えてきたのです。
母親は異性ということもあって、父親よりは愛情を感じやすかったのですが、父親に関しては「頭がよくて頑張り屋で真面目」という以外に、愛情を感じたことはありませんでした。

ところが最近は父が夢に出てきて、幼い頃に忙しい中に遊びに連れて行ってくれたことや、教育にお金をかけてくれたことなどが、とてもありがたく、そしてとてもほんわかした感情に包まれます。
世間の普通の男性が父親に持つほんわかとした感情はこういいものだったんだ、と、60過ぎてからようやくわかった次第です。

僕がこの半年くらい、今の会社で試みた改革の苦労は、2002年のその時と全く異質です。
むしろ、自我を形成していない人たちとの闘いでした。
自我を形成していない人たちは、自分の保身をどうしても最優先に考えてしまいます。
自分にとって、会社にとって、本当は何が一番大事なのだ! という問いかけに他ならなかったのです。
今回の同志の一人は、並外れた力がある一方、個性が強すぎてお相手がとても大変な方です。その方と同盟を組むかは、自我がないことにはとうてい判断できません。

テーマ : 思うこと
ジャンル : その他

素晴らしいユーチューバーとの出会い続く

みなさまこんばんは。
ここ数日は実によい秋晴れでしたね。最近の日本では珍しいと思います。
お元気でしょうか。

コロナ対策として始まった在宅勤務ですが、いつの間にか「在宅の時代」と言われるようになってしまいました。
コロナを機会に在宅のことを真剣に考えることは悪いことではありませんが、コロナ対策と在宅本来論はきっちり分けて考えるべきだと思います。
最近よくありがちな意見は、「我々は在宅でも仕事ができることがわかった」というものです。
これについては、そう簡単に結論を出してはならないと思います。
メールによるコミュニケーションが始めって30年近くなろうとしているけど、未だにメールでの仕事や交流の良し悪しが整理解明されていないのと似た話だと思います。

前回の記事から申していますように、大きな仕事の賭けに出ています。
とても大きなリスクを取り、まさに生きるか死ぬかです。
これまで63年と1か月生きて来てつくづく思うことは、自分という人間は、臆病で人に気遣いする部分は多いにせよ、結局は、リスクを取り、冒険をし、自分を追い込むことにどうしてもなるようです。
(ただし、冒険と言っても、世の中の立派な冒険という意味ではなく、あくまで自分にとっての冒険です)
「オール、オア、ナシング」の世界ですね。
仕事でも遊びでもプライベートでも、結局こうなります。
そのような遺伝子なんでしょうね。
今、親しくさせていただいている友人は、内容こそ違いますが、皆、大きな苦難を乗り越えようとしている方です。
そして大事なことは、その苦難に押しつぶされてはいけないので、アホなこと、非合理なこと、楽しいこと、道楽なことも併せてやらないといけません。
土日とかは、そうしたこともたくさんやって、心技体のバランスを取らないといけません。

前回も書きましたように、灘高卒のユーチューバーの勢いが最近増しています。
ベテランちさんという方が牽引しています。
そのベテランちさんと中学時代からの親友である今井さんという方は、実に興味深いです。
以下、ベテランちさんと今井さんご本人が実際に言っていることです。
今井さんは、天才的な頭脳の持ち主(特に数学、理科で)にもかかわらず、勉強はせず、灘では落ちこぼれでした。が、その破天荒な生き様により、人気がありました。
特に英語は壊滅的にできませんでした。
ところが何と、東大理Ⅱに現役で合格したのです。
東大入試での英語の問題は、ほぼ何もわからず、勘だけで解いたと言います。
国語の試験時間を実際よりも20分短いと勘違いして試験に臨み、当日、丸々20分余ったとのこと。
こうして理Ⅱに入学して大学生活を送るも、大学はつまらないし、英語の授業は全く分からないわで、3年留年してしまい、放校処分となりました。
単なる落ちこぼれではなく、一般の社会規範では測りきれない魅力をもった今井さんに対し、ベテランちさんはユーチューバーになることを勧めます。数か月前のことです。
そして今。今井さんは、「今井チャンネル」を立ち上げ、既に登録者は2万人を超えています。
人は社会でどう生きるべきなのか。
今井さんの生き様は、これまでの社会規範からしたら失格なのかもしれませんが、この魅力溢れる青年の行く末を暖かく見守りたいと思います。

実は僕の趣味の一つは英語なんですが(お時間のある方はカテゴリの「英語」の記事をご覧ください)、英語に関して魅力あるユーチューバーさん2人を紹介します。
お一方は、Engslish Boot CampのYumiさん。
もうお一方は、ケンペネEnglishのケンペネールしずこさん。
単なる英会話の先生ではなく、英語の文化とか社会性といったもののお話もたっぷり聞けます。
僭越ながら、僕のブログで書いている英語の話とも少しは通じるものがあります。もちろんレベルは全然違いますが。

そしてもう一方。
美容整形外科医の高須幹弥さん。
前々から医学関係の動画は拝見していましたが、最近、ユーチューバーとしての高須さんの動画をよく観るようになりました。
とても面白いです。
医療関係では活躍の高須さんが、カッコつけるわけでもなく、あるいは妙にストイックになることもなく、敢えてアホなこと、非合理なこと、楽しいこと、道楽なことのパフォーマンスもやる。
まさに人間そのものです。
高須さんの専門的な話のみならず、人間として心技体のバランスを取る高須さんの動画からは得るものが大きいです。

テーマ : 生きること
ジャンル : 心と身体

ありがとう、我が友よ!

我が友よ、いつも好意をくれ、そして僕をとても正直に評価してくれてありがとう!
君がいつも僕を応援してくれ、僕にとても助けになる提言を頻繁にくれるおかげで、僕はこの困難な時を生きていける。
僕は君から学ぶことがとても多い。
言わせていただきたい、君がいるおかげで僕は幸せだ、と。

僕は君の心意気を決して忘れない。
そして僕は君のよりよい人生を祈っている。

どうか自分を大事にして、そしてよき日を送ってほしい。

心を込めて
ST Rocker

テーマ : ♪人生・生き方♪
ジャンル : ライフ

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード