FC2ブログ

夏休み最後の日に想う(そしてフルートの音で少し遊びました)

みなさまこんにちは。
多くの方にとって今日は夏休み最後の日だと思います。僕もそうです。
今日はいかがお過ごしですか?

今年の盆休みはひときわ暑かったですね。
というか、先週までが少し涼しかったせいか、こたえますね。

今週の最初のほうは、こちらでは最高気温が35℃を超えなかったこともあり、昼間は窓を全開にして扇風機だけで過ごしました。
するとわかったことは、部屋の中の温度が最高になるのは、なんと夕方5時前なんですよ。もう日が大分傾いた頃です。
そして思ったのです、これって熱中症の危機だな、と。
こんな夕方は気温が下がっていると思ってしまうので、暑さ対策がおろそかになるのではないでしょうか。
建物が暖まるのに時間がかかるのでしょうね。この「タイムラグ」は要注意だと思いました。

もう一つ思ったことは、32、3℃くらいは扇風機だけでもまあまあ大丈夫なんです。(とはいえ、なるべく冷房をかけましょう)
僕らが子供の頃(昭和3、40年代)は、最高気温ってせいぜい32、3℃くらいで、35℃超えなんて滅多になかったですから、扇風機だけで過ごせました。
けど、今週分かったのですが、35℃超えの日(=猛暑日)は、さすがに扇風機だけでは無理でした。
皆が冷房をつけるので、都市の気温はさらに上昇するのですけどね。
でも、それは仕方ないでしょう。それによって地球全体が高温になるほどの”軟い”地球ではないと信じます。

今日茨城で、超久しぶりにクマゼミの鳴き声を聴きました。
こちらはクマゼミの生息域の北限に近いので、お相手(=メス)もほとんどいないでしょうけどね。

この夏休みは、ある勉強をやる必要があり、また仕事もそれなりにやりました。
今日はそのご褒美に、早めの時間からビール飲みながら、涼しい部屋でこの記事を書いています。

僕は、必ず一定周期で多重録音をやることにしています。
一つはボケ防止ですね(^^♪
普段使わない頭を使うからかもしれません。(というか、普段も全然使っていない頭を少しは使う、というのが正解でしょう)

それと、ある楽曲の編曲全体に触れることで、音楽の奥行の深さを知ることでしょうか。
また、子供の頃からの”いたずら精神”みたいなものがくすぐられる気がします。

そこで今回は、ビートルズのThe Fool on the Hillをやってみました。
この曲、昨年の10月に既にアップしました。あの時は、ピアノとボーカルのみでした。
そこで今回は、フルートとリコーダーを加えてみました。
ついでにボーカルも録り直しました。

実は、この曲、昨年、プロのフルート奏者である上松明代さんと合奏させていただいたことがあるんです。
せっかく一流の上松さんの演奏でしたのに、僕のほうがガタガタに乱れてしまいました。よって、その時の演奏の音源は公開には忍びません。
多重録音はいくらでもやり直し可能ですが、生の合奏は一発勝負です。僕は、生の合奏は圧倒的に場数が不足していると実感しました。

で、昨日、昨年10月のピアノの録音の上に、フルートとリコーダーとボーカルをかぶせました。

実はですね、耳コピ専門の僕でしたけど、次第に楽譜も使うことを始めました。
この先、何歳まで生きられるかわかりませんが、残された時間がそう多くはない中(注:病気という意味ではありません)、耳コピだけだと時間を食うし、楽譜から得られる感動とのバランスで、楽譜もやることにしました。

今回のThe Fool on the Hillでは、フルートのみ楽譜を見ました。ピアノ、リコーダー、ボーカルは耳コピです。
残念ながら、実際の楽器ではなく、シンセサイザーです。

僕のシンセにおいては、フルートは結構、実際の楽器に近い音が出ました。
ビブラートも出ます。
また、スタカートを効かせると、「プッ、プ」のような跳ねる吹き方の音も出ますし、どうやら息遣いさえ出ます。
実際の音色を録音してICに取り込んでいるのでしょうね。

それに比して、リコーダーの音はかなりイマイチでした。
おそらく、このシンセのメーカー(ヤマハ)として、フルートはばっちり音作りをして、リコーダーは手を抜いているのでしょうね。
先日のLove Me Doで聴いていただいたように、ハーモニカもNGでした。

ついでに、僕のシンセにおいて、バッチリ音作りがされている楽器は、ピアノ、ベース、ドラム、ストリングス類ですね。
特にピアノは、ありとあらゆるタイプのピアノの音が出せますし、そう簡単には本物と見分けがつきません。
ベースもなかなかですが、スラップ奏法(チョッパー)とかは苦手です。

そして、シンセにおいて何と言っても苦手なのがエレキギターです。
エレキギターは究極のアナログ楽器ですので、これを鍵盤に落とし込むのには無理があります。
きっと今やAIがかなりのエレキギターの演奏をするものと思いますが、最後までAIも手こずるのではないでしょうか。

でも、バイオリンだってフルートだって、究極の演奏はシンセでは代用できないことはよくわかっています。
こうした楽器の壁をシンセがどこまで乗り越えるかですね。

最後に。
このThe Fool on the Hillですが、フルートやリコーダーが印象的な曲として有名ですが、アルバム「アンソロジー」を聴いてみてください。
ピアノ一丁でポールが弾き語っています。
その後のレディ・マドンナ、ヘイ・ジュード、レット・イット・ビーなどにつながるポールの”ピアノ世界”の息吹を感じさせるピアノです。

では、拙録にて失礼します。

テーマ : THE BEATLES
ジャンル : 音楽

人の飲みっぷりを参考にさらに発展する我が”酒呑み道”

みなさまこんばんは。
いやあ、すごいことになっておりますね。

技術系の人間の日日の仕事は、物事の起こる確率を「桁」で捉え、リスクを見積り、効果とリスクの比較を「桁的」に行い、何かをやることのGOまたはNGを判断します。
そこから言うと、今の日本での感染者数の桁と、罹った場合の危険度などを考慮すると、今のマスコミの言っていることや、この度の政府の判断は、ものすごく奇異に感じます。
もちろん、新型であるがゆえ、想定できぬリスクに備え、安全サイドであることには越したことはありませんが、それにしてもです。
ならば、例年のインフルのリスクはそもそもどうなのだ? 車を使う利便性を優先し一定の交通事故死を受け入れている今の社会の判断はそもそもどうなのだ? 
これらと比較すれば、今回の騒ぎと判断はいかに特別のものかがわかるでしょう。

少なくとも、今回の騒ぎとか政府の要請は、よほどのリスクがある場合でしかありえないことです。
患者数と罹った場合の危険度からだけでは到底バランスが合いません。

ということは、2つ考えられます。
1つは、マスコミや政府が、一般大衆の考える力をどんどん下げようとしていること。
近い将来に、今回のことよりももっと極端な行動規制を国民に強いることを予定しているために、今回その予行演習としたこと。
もう1つは、実は今回のウイルスは、我々一般国民が知らないところで、とんでもない危険性があることがわかったこと。
例えば、一旦流行が収まったとしても、猛烈に死亡率の高いウイルスに変異する性質があるとか。
単に流行を収めればよいだけではなく、なりを潜めて次の年まで存在し、変異して狂暴にさせてはいけないので、今のうちに完全に撲滅させておきたいとか。

ま、それはさておき、3月頭から学校が休みで、会社や役所も在宅ワークや有休になるとは、なんともすごいことですね。
よいこともある反面、お子さんがお家にいることで大変なことも多いでしょうね。特に小学生のお子さんがいる家庭で共働きのお家とか。
しかし一方で、これまで働き過ぎにより日本国を黒字にしてきた我々として、この機会に骨休みするのも手かもしれませんよ。

今回はすっかり前置きが長くなってしまいましたm(__)m 
では本題です。

さて、言うまでもなく僕は酒呑みである。
いくつになっても「自分は酒のために働いている(生きている)」と言いたい。
そのために僕は、酒を飲む曜日を週2回と決めている。(ただし飲み会は別扱い)
体にいいこともやっているつもりだし、なるべくいろんなことに好奇心を持とうとしているつもりではある。(つもりだけかもしれないが・・・(笑))

そんな僕だが、長年呑んでいると、どうしてもマンネリになってくる。
新しい酒呑みの感動というものがだんだん出なくなってくる。
せっかくの一度だけの人生だから、なるべく多くの酒呑みの感動を得たいものだ。

僕は、父の影響もあり、焼酎というものを長年飲んで来なかった。
日本酒の方が格の高い酒だと思っていたし、焼酎を飲むと悪酔いしがちだった。
しかし年齢を重ねるうちに、自分の苦手なものというのは自分の修行が足りないのではないか、と思い始めたのだった。
人がよいと言っているものを素直に自分も憧れてみたらどうなのか? 世の中でよいと言われているものが自分だけ合わないというのも変ではないか?
そんな考えの転換を30代後半くらいから始めていた。

そんな中、40歳ちょうどころ、次のようなことがあった。
江戸川女子大学の教授の方が主宰する「東京湾クラブ」というのに僕は入っていた。
地理とか地質とか地勢とかのことをやるのかと思ったら、歴史的なことや文化的なことが中心だったので、やや期待はずれだった。
でもフィールドワークをたくさんやったり、その後飲み会をしたりなどして、結構楽しかった。

ある飲み会の席で僕はその先生の横に座った。
先生は無類の焼酎好きだった。僕はビールスタートで日本酒に移行するのが定番だった。
宴もたけなわになった頃、先生がおもむろに言った。
「ねえST君、僕はね、この焼酎のお湯割りに梅干しを入れて飲むのがよくてねえ。もう永遠に行けるかと思うほどいい気持ちで飲めるよ」と。
それを聞いて僕はなぜかすっかり魅了されてしまったのだ。
人が「すごくいい」と言う様を目の当たりにし、それをすごく共感できる瞬間は人生のうちでもそうは多くない。

そこで僕は、次に家で飲む機会に早速試してみた。そしたら、ほんとに先生の言う通りだった。
とにかく憧れてかかること。それが重要だと思った。
これで僕は一気に焼酎愛好家となった。
今では苦手な酒は一つもない。

そして、最近のもう一つの出会いを紹介しよう。
vat(バット)さんというyoutubeでキャンプの様子を紹介している方がいる。
おそらく50ちょうどくらいの方のようで、主にソロキャンプの様子を動画で紹介している。

僕はキャンプはほとんどやったことがないが、いろんなアウトドアはいっぱいやってきている。キャンプまではなかなかできなかった。
vatさんの動画はほんとに素晴らしい。あたかも自分もそこでキャンプしているような感覚にさせてくれる。

そして僕はvatさんを気に入っている理由の大きな一つが、vatさんは「酒」を基軸にしているということ。
vatさんのキャンプ動画に酒はつきものだ。いろんな瞬間にいろんな酒が登場し、いろんな喜びを与えてくれる。
だからと言って、vatさんは酒に飲まれているわけではない。
無類の酒好きだけど、節度あり上品な呑み方だ。とても好感が持てる。

そして、vatさんの動画において、先述の先生と同様に、とっても影響される瞬間がある。
例えば、下記のリンク先の動画をご覧いただきたい。

https://youtu.be/wCCBJJIhV_4

1分02秒あたりから、「まだ早いので・・・」という前置きで始まる昼間の時間のちょい呑みのシーン。
「金宮」という焼酎をエナジーコーラで割り、つまみがあられミックス。

このシーンにはめちゃめちゃノックアウトされ、早速真似してみようと思った。
まず、金宮。
初めて聞いた名前だった。サトウキビから造る焼酎であり、三重のメーカーだ。
やまやで買うことができた。
エナジーコーラというのも初めて聞いた。どうもその辺では売っていないようで、アマゾンとかでしか買えないかもしれない。
そこでまずは普通のコーラを買った。
そして、あられミックス。
vatさんが食べていたのは、岐阜のだるま製菓というメーカーのものであり(ブランド名は「谷汲あられ」)、関東では買える場所はとても限られているようだ。メーカーに電話すれば送ってくれるようではあった。
そこでまずは、代用品としてやまやででん六製の「北海の味」という袋詰めのミックスのあられを買った。

で、早速vatさんよろしく試してみた。
金宮を普通のコーラで割ったら甘過ぎて合わなかった。
そこで、氷を入れ水で少し割って飲んでみた。そしたら、とても旨かった。
滑らかでとても飲みやすい焼酎だ。
氷水割だけでも十分にぐいぐい行ける。
そして、北海の味とすごく合った。
金宮と北海の味。大正解であった。

そしてここ数週間、本飲みの前の前座で、金宮と北海の味で、とても気持ちよくほろ酔い加減になる。
ありがとうvatさん。

まだまだ発展するよ、我が酒呑み道。

テーマ : その他
ジャンル : その他

孫について

みなさまおはようございます。
とても暑い日が続きますね。
お元気でしょうか?

孫というか、人間の誕生についてはなかなか自らは言いにくいので、これまでほんの少ししか書いてこなかったのですが、
さすがに一度はちゃんと書いておこうと思い、今日記事にしました。

実は、4月に初孫が生まれ、そして間もなく2人目の孫が生まれる予定です。

もちろん可愛いですよ。

STまもなく62歳。
体力と知力をさらに鍛錬して、この世に捧げてまいります。

今後ともよろしくお願いします。

PS
さて全くの蛇足ですが、
誰かの芸術を「下手」だとは思う必要はないと思います。
例えば、とても小さい子の奏でる音楽や歌の中にも、いいなあと思える芸術性を見出すこともあります。

自分の子や自分の部下を「だめだなやつだな」などと言わなくてもいいのと似ています。
技量の劣るのを無理やり目をつぶるとかのことを言っているのではありません。
それを指摘する必要があれば指摘すればいいのです。
そうではなくて、「下手」とか「だめ」というフォーカスを結ぶ必要はないと考えます。

テーマ : その他
ジャンル : その他

ちょっと近況

みなさまこんばんは。
最近、頻繁に訪問いただいている方を訪問しようとしますと、真っ白だけの画面になってしまいます。
「学問・芸術・文化」のジャンルの方で、ブログタイトルはKで始まる方です。
かれこれ2週間くらい、そうした状態が続いています。
ぜひ一度、ご確認ください。

最近もまた超へこんだり、そしてまた回復したり、あるいはまた超よいものをいただいたり、つかんだりと、相変わらず大きく変動する人生であります。
そのようなギザギザな状態を自ら招いている人生なのだから仕方ありません。
次の一生くらいは平坦な人生を選びましょうか。

前にも書きましたが、僕の好きなユーチューバーを3人挙げろと言われたら、武田邦彦さん、立花孝志さん、さゆふらっとまうんどさんです。
(ところで、3人とも純粋なユーチューバーではありません。武田さんは(技術に立脚した)現代思想家、立花さんは今や政治家、さゆさんは社会活動家(自称も)。
「何、STはこんな連中を好きなの!?」と、正直思われる方が結構いるに違いありません。
結構アンチが多いし、事実、結構過激な部分も多いし、僕としても彼らの全てが好きというわけではありません。

好きなところはズバリ「考え方」です。
僕がこのブログで何度も書くように、自分の立ち位置、考える枠組みと軸、といったものを常に明確にし、言論を展開することです。
共通しているのは、悪い意味で現代社会に根付く既成概念をぶち壊し、新たな枠組みを提唱し、国民を発展、豊かにするものです。

3名ともかなり言いたいことを言い、話し方も特徴ですので、攻撃される場合も多いです。
また、3名のyoutubeに限りませんが、youtubeへのコメントというのは、誹謗中傷とか上っ面のこととか、感覚的なものが多いですね。

僕はこのブログでは、誰かのyoutubeをそのまま貼り付けることはほとんどないのですが、今日は特別に、3名それぞれの印象的な動画、音声を紹介します。

武田邦彦さん


経済とは本来どうであるべきかについて語っています。こんな核心を平易に語れる人は多くないでしょう。
(なお武田さんは、朝日新聞社のことを「朝日情報操作会社」と呼ぶなどの、超過激な発言もあります。)

立花孝志さん


「NHKをぶっ壊す」の掛け声の元、NHKから国民を守る党を率いる立花さん。
法律の専門家ではありませんが、数々の裁判等の経験から法律の本質を平易な言葉で語ります。それだけでもむちゃ勉強になります。

さゆふらっとまうんどさん


渾身の不正選挙摘発行動、千葉県警による揉み消し事件への抵抗など、体を張った取材や相手を黙らせる論法などが特徴。
理系から見るとやや決めつけが多いかな。でもそんなことを度外視しても筋は通っています。
最近、立花さんの方針が「NHKをスクランブル化すること」というのを聞き、「結局立花さんも、考えない大衆を率いて権力側に迎合しようとしているのではないか。NHKという放送局を本来どうすべきが国益になるのか」のような質問を立花さんに投げかけています。
それに対し立花さんはずっと沈黙しています。
これだけさゆさんが国民を代表して質問しているのだから、立花さんは答えるのがよいと思います。

テーマ : その他
ジャンル : その他

ご先祖様には挨拶を

みなさまこんばんは
いよいよ春本番の陽気になってきました(^^)/
今年の冬はなんか、寒いと感じましたよね。
お元気でしょうか?

今日の記事の要約
・要約を書くほどでもないので、ノーヒントです。

続きを読む

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード