FC2ブログ

年末に想う

2020-12-25 21:20に、記事の最後にOh! Darlingの多重録音載せました。

みなさまこんばんは。
今年もまもなく終わろうとしています。
まさに、光陰矢の如し、であります。

今年はジョン・レノンの生誕80年、没後40年というとで、とても節目の年でした。
毎年、この12月というのは、何かとジョンの話題が多くなります。
僕も、12月にはジョンの曲を録音したり、ジョンへの語りかけを録音したりしていたのですが、この節目の年には何もできませんでした。
その理由は、超忙しかったというのもありますが、ジョンへの思いとうのは、節目だからと言って特別なものではないからです。
多重録音をやるようになってから、詞もメロディーも編曲も、作者の目線がよくわかるようになりました。
ジョンの詞や音楽やメッセージの味わいは、まだまだ開拓中です。

さて、今、木星と土星が最接近しています。
最接近と言っても、地球からの見え方がも最も近いという意味です。
もっとも、地球→木星→土星がほぼ一直線上にあるのですから、実際の距離も最接近に近いのでしょうね。
今週の月曜(21日)が一番近くなりました。
ここまで近づくのは、何と397年ぶりとのこと。前回は1623年7月17日、すなわち江戸幕府3代目家光の代が始まる1か月前とのことです。
なんとも感慨深いですね。

月曜には、日没後1から2時間くらいが見頃というので、会社帰り、車を見通しのよい所に停めて南西の空を観てみました。
すると、一目瞭然でした。
2つの星がびったりくっついている光景は一種異様でした。
なんとなく飛行機か、何らかの飛行物体のようにも見えますが、動かないのですぐに分かります。
江戸時代の初期の頃の人達もあんな光景を見たのだな、と思うと何とも言えない気分になりました。
次回のこれほどの大接近は60年後だそうです。
若い方は人生で二度観られる可能性ありますね。
ところで、土星の輪を観察したことはありますか?
おもちゃの望遠鏡でも輪があることがわかります。
ちなみに、金星は地球の内側、火星は外側なので、大接近どころか接近しないようにも思えますが、実は大接近はあります。
太陽系の図を描いてみればすぐにわかります。
太陽系の惑星たちは地球の兄弟姉妹のようなものですので、愛着が湧きますね。
ただ、小惑星にまで広げると、またちょっと違う感情が生まれますね。

では、楽しいクリスマスと、よい年末をお過ごしください。

2020-12-25 21:20追記

みなさま、クリスマスいかがお過ごしですか?
クリスマスの曲かジョンの曲を載せようと思いましたが、いいのがないので、ビートルズのOh! Darling(オー ダーリン)の多重録音を載せます。
この曲はポールの超高音ボーカルで有名な曲です。

ええとですね、実は僕は、すごく高い声が得意なんです。ラとかシしとかの。
一時期、それ命にもなっていた時期がありました。
ここ数年アップしている多重録音は、バラードが多く、高音の絶叫系が少ないのですが、その理由は、絶叫系はアップテンポなので多重録音が難しいんです。
中音域の僕の声はガラガラ声でして、人はよく「ハスキー」と言ってくれたりしてありがたいのですが、僕的には劣等感です。
ところが、高音、しかも超高音になるとやや声質が澄んでくるので、自分は高い声のほうが好きです。
ちなみに、普段の話し声は高くなく、しかもガラガラ声です。

では、Oh! Darlingです。
2015年6月の録音なので、多重録音を始めたばかりであり、その意味ではかなり未熟です。

Oh! Darling(2015年6月録音)

ついでに、先月のPenny Laneも載せておきます。

Penny Lane(2020年11月録音)


さらに、もう1曲。

Color My World(2017年11月録音)
スポンサーサイト



テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

近況報告です

みなさまこんばんは。
結構ご無沙汰してしまいましたm(__)m
前回記事以降、結構忙しかったでした。心技体としてです。
よろしければ英文ブログも見てください。

例のヤバい挑戦は続いています。
本当に生きるか死ぬかのせめぎ合い。
でも、よかれと思ってやっています。
おじさんの余生をつつがなくこなすという世界とは180度違います。
全く、運命ですね。
今週月曜に、ある一山を越えました。

いろいろ話題を呼んだ米大統領選ですが、みなさまはご存知ですか?
実は、大統領候補はバイデン、トランプの2名だけではないことを。
実は、あと13人もいるのですよ。
各州のバイデン、トランプの得票率を足しても100%になりません。97とか98。
残りの数%を13人で分けているのです。
アメリカの場合、あまりにも2大政党の力が大き過ぎるので、第3党が政権を取るのはほぼあり得ません。
でも、アメリカにもいろんな政党があるのですよ。中には禁酒党なんてのもあります。

昨日、TV番組「ありえへん∞世界」を観ていて、思ったことを書きます。
東京の府中と言えば、真っ先に思い浮かべるのは3億円事件なのですが、府中の住民の多くはそのことを自慢しているのだそうな。
ところでみなさま、あのモンタージュ写真は、実はモンタージュではなかったことをご存知ですか?
当時警察は、なんとかモンタージュ写真を作って発表しないといけないと焦りますが、誰も犯人の顔を覚えていません。
しかし警察は、なんとか沽券にかけてもモンタージュを出さないといけないと考えます。
ならばテキトーに作っていまおうかともしましたが、テキトーに作ることで実在の誰かに似てしまったらかえってまずい。
ならば、実在の人物で死んでしまった人の顔を出せば、そんなトラブルもない、と。
ということで、既に亡くなっていたある人物の実際に写した顔写真が採用され、それに警官のヘルメットをかぶせて、あの”モンタージュ写真”になったのでした。
このことは文藝春秋がスッパ抜きました。
あまりにもヤバい事実なので、TVなどは決して言いません。

さらに、同番組を観て驚いたことが一つ。
武蔵村山市には鉄道の駅がないそうです。初めて知りました。
これはめちゃ可哀そうです。
やはり市には駅がないと。
無理してでも作るべきです。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コロナ疲れ

みなさまこんばんは。
寒くなりましたね。
今日で10月も終わりです。

もうかれこれマスクを付ける状況が1年近くになろうとしています。
会社では、ただでさえインフル対策で、マスクの着用が義務付けられていたところ、コロナにより春夏秋冬マスクになってしまいました。

毎朝出社すると、体温を測り、共用エクセルファイルに記入します。
たまに記入を忘れると、気の利いた若い人が「STさん、何度でしたか?」と訊いてくれ、自分の分と合わせて記入してくれます。
僕は、ジジ臭い言葉を使わないようにいつも心がけているのですが、つい「6度4分(ぶ)だったよ」などと言ってしまいます(笑)

実は僕は、新型コロナに関しては、いろいろ考えがあるのですが、行動はどうでもよいというわけではありません。
マスクとか、人への迷惑になることは平均以上に気を遣っています。
それにしても、こう長期間になると、疲れてしまいましたね。

こんな時は音楽でも。

以前このブログでも紹介しましたBlack Areionさん。Hey Bulldogの演奏の動画を掲載させていただきました。
今日はDay Tripperの演奏を載せさせていただきます。
とてもうまいし、魅力的です。
この曲は、60年代半ばにあっては革命的なベースです。
普通はこの曲は、手首を固定してロックンロールギターのような指使いでベースを弾く場合が多いと思うのですが、Black Areionさんはお手が小さくていらっしゃるので、手首を動かして演奏されています。にもかかわらず安定した演奏がすごいですね。


ついでに僕の録音も載せておきます。
2018年と2019年の録音を合わせたものです。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

食欲の秋

みなさまこんばんは。
マスクをすることがすっかり定着してしまいました。
大体のことは慣れたつもりでしたが、今日、仕事で長時間にわたり話した時、息が切れてとてもつらかったでした。

今、テレビで「大食い女王決定戦2020」という番組を観ながら、この記事を書いています。
実は、大食い番組って嫌いじゃないんですよ(^^)/

2017年の1月に97歳で他界した父は、元気な頃、大食い番組について「一体なんでこんな番組があるんだ!?」と憤っていました。
大事な食べ物をなんで弄ぶのだ!?ということを言いたかったのだと思います。

その父も実は大食いでした。
僕が子供の頃は、毎日夕食ではどんぶり飯を3杯食べていました。
ただ、父の場合、生まれつきの筋肉質であり、基礎代謝が大きかったのでしょう。太っていたことは一度もありませんでした。

そしてこの僕。
父の血を引いてか、大食いだったのです。
40くらいまでは、ファミレスの一人前のメニューでは全然足りず、いつもに2メニュー注文していました。
当時マラソンをやっていたためか、肥満になることはありませんでした。
父ほどの筋肉質ではないため、運動量が減ると太りました。

アメリカへの出張は僕はありがたかったでした。
だって、十分な量が出てくるのですから。
スポーツバーのような所でも、量は決して犠牲にならないのがうれしいですね。
よくアメリカ人からからかわれました。「アメリカ料理を平らげる日本人は初めてだ」と。

40過ぎるとさすがに2人前は食べなくなりましたが、50くらいまでは、とてもおいしい料理が少量よりも、少しぐらいまずくても量が十分な方がありがたかったでした。
ところが、運動量もそれほど多くなく、たくさん食べていると当然肥満になりますし、血糖値が上がります。
そこで、55くらいから、食べる量を減らし、しかもゆっくり噛むようになりました。
すると、少量でも満腹になりしかも長持ちするようになりました。体調もよくなりました。

そして60近くになってようやく、おいしいものなら少量でもよいと思うようになりました。
今の会社の仕出し弁当は、工場で働く人が満足する量になっています。
それを僕らが全部食べると太ってしまうので、残しています。

ところで、大食い番組に出る人たちは皆、痩せていますね。
なぜこんな華奢な人が?という人も多いです。
いやむしろ、痩せているから大食いが可能なのです。
太る体質の人は吸収をちゃんとやるので、胃袋にしっかり溜めます。だから胃袋が膨らむのです。
それに対し、大食い番組に出る人は、胃からどんどん出ていくのです。以前、その様子をX線で写していました。
とすると、その先どんな風に排出されていくのかは想像したくないですね(^^;

いずれにしても、食欲の秋ですね。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

季節もようやく移ろうようですね

2020-9-13(日) 20:50、記事最後に「バス通り」録音を載せました。

みなさまこんばんは。
ようやく少しは涼しくなってはきましたが、まだまだ暑いですね。

今日は脈絡もなく、思ったことを書きます。

少し前に63歳になりました。
この歳ともなると、当然、容姿や体力は衰えますし、健康上の問題点は山のように増えます。
しかし、感覚は10代のままです。
達観とか厭世とかが降臨しているわけではありません。

自分の性格上、困難を自ら背負い込むようです。
これまでの努力で自分自身は確実に成長していると思うけど、歳を追うにつれ、背負い込む困難はどんどん大きくなっています。

会社でも大きなバトルです。
派閥争いとかじゃないですよ。是々非々で訴えてるだけです。

そしてつくづく思うことが、大きな困難の中でも必ず強い味方がいてくれる方がいることです。何回か前の記事で書きました。
あなたよ、ありがとう!

前回の記事では、韓国は日本に比べて断然、自然災害が少ないことと、ミリタリーサービスのおかげで逞しい人が多い、と書きました。
ならば、日本の方が不幸なのかと言えば、全然そんなことはないと思います。
日本は自然は厳しい部分があるにせよ、ふんだんな自然の幸に恵まれています。
また、歴史的には、一時的にかなりな試練に見舞われこそしたものの、すぐに復興し、健全な思想のもと、明るく進歩を続けてきています。
(ただし、少し前の記事に書いたような、戦後の欧米化に伴う日本らしさの欠如の問題、現代社会の問題がありますが、ここでは省略します)

それに比べ、韓国は日本に比べ、歴史的に国として、民族としての大きな悲惨に見舞われました。
朝鮮戦争が象徴的な例です。
同じ民族同士で戦うという悲惨、多くの犠牲者とともに民族が分断するという悲劇に見舞われました。
また、対外的には非健全な論法をもって主張しないと生きていけないような部分もあります。

読者様の中には、個人レベルにおいても韓国人や中国人とは仲良くできない、という方もいらっしゃいます。
僕の場合は、国レベルでは構えますが、個人レベルでは仲良くします。

40歳頃のことですが、香港人でアメリカミシガン州に駐在している人が、僕と、韓国人と台湾人を家に招待してくれました。
アオウオのような魚の切り身と中国版小松菜(何て言ったっけ?)をバーベキューで振る舞ってくれました。
それを食べながら、4人は飲みながら英語で談笑します。
それぞれ異なる文化的背景を背負っている4人だけど、箸を使う点においては共通であること。その喜びをかみしめたひと時でした。

国の考え方が合わないとしても、個人レベルでは友情は存在し得る、と僕は考えています。

いよいよ本格的な秋を迎えるような気配ですね。
お元気でお過ごしください。

2020-9-13(日) 20:50追記
やはり、音楽のことを少し書かないと寂しいので、追記します。
甲斐バンドの甲斐よしひろさんは左利きで有名です。
が、甲斐さんが奏でるギターは右利き用に張ってあるってご存知でしたか? びっくりでしょ。
小さい頃、兄弟が多くなかなかギターを買ってもらえず、お兄さんたちの右利き用のギターを弾くしかなかったそうです。
そこで、「バス通り」を甲斐さんのように、1弦から6弦へ向けてストロークしてみました。ただし、4年前のGWの時の録音です。
少しは甲斐サウンドぽく聴こえるでしょうか?
バス通り(←クリック)

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード