FC2ブログ

星と同じで、ブログにも一生がある

みなさまこんばんは。
いよいよ明日から師走となります。
寒いですね。
お元気でしょうか?

僕がこのブログを始めたのは2009年です。52歳になる年でした。
最初は何をどう書いてよいかさっぱりわからず、システムもよく理解していなかったために、その前に本の出版のために書き溜めていたビートルズのエッセイをたまに記事にする程度でした。
本格的に記事を書き始めたのは2010年からです。

ブログを始めるまでは、年間に数百冊、一番多い年は千冊近い本を読んできて、あらゆることに関心があり、自分なりの考える枠組みを作っていく時期でした。
ブログにおいては、多くのテーマを書こうと思っていたものの、散漫になるといけないのでまずはビートルズに絞って書いて行こうと考えました。

そして実際そのように始めていったのですが、いろんなテーマで書きたい欲望は抑えきらず、ビートルズでない記事の方がどんどん増えていきました。
既に頭にあったことを書くということと、毎日新たな考えが湧いたものを書く、という両方でやってきました。

2010年から2014年の秋くらいまでは、毎日毎日、書きたいことが溢れてきて、書くのが追い付かないほどでした。
また、書いているうちに新たな思考体系のようなものも芽生えたりしてきました。
この間に書いた記事は、今読み返してみてもワクワクし、我ながら躍動感溢れ独創的なものが多いです

そして、次第に書いたものをカテゴリー分けし、しかも体系付け、関連付けを行うようになりました。
そしてさらに、それらのエッセンスをイベントで発表していこうという構想が芽生えました。
そしてそれが実現を始めたのでした。

イベント稼業は将来的にはもっと発展させ、「部会制」のような構成(例えば、科学部会、音楽部会、ビジネスアイデア部会、生き方部会、社会問題部会・・・のような)にして、それぞれの部会ごとにイベントを開いていくようなアイデアを持っています。

ブログに書く記事も、どんどんどんどん新しいアイデアが湧いていけばいいですけど、さすがに2010年以来書きまくったので、自分が考えていることはほぼ出尽くしました。
一応、自分の手帳にはブログ記事のテーマ案が50件くらいあるのですが、2010~2014年の頃に書いた「爆発期」の記事に比べると、躍動感に欠け、記事にするのを躊躇してしまいます。
もうほとんど限界といった感じですね。
2015年以降も、それなりにオリジナリティの高い記事も書けたのですが、頻度が減りました。

というわけで、ブログは星に似ています。
誕生→成長→爆発的成長→安定期→円熟期→壮年期→
そして、星は最期には超新星爆発を起こし粉々になり、そしてそれは新しい星の源になるのです。

僕のこのブログはまさに壮年期。さじずめ赤色巨星といったところでしょうか。
そして遠くないうちに爆発を起こし、新しい形態でビジネスを始めることになるのでしょうね。

決して、年取ったから淡くなり活動が鈍るとかではありません。
物事は必ず終焉を迎えるということです。
そして終焉は必ず次の何かの始まりにつながるのです。

こう考えると1つのビジネスモデル、あるいは資本主義そのものも、星と同じく一生があるのでしょうね。
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

今思っていること(瞬間的書き下ろし)

みなさまおはようございます。
出勤前の慌ただしい中、瞬間的かつ渾身的に綴ります。

いろんな人間関係が膠着して進展を見ない時がある。
向こうも意地になって態度や発言を変えない。
だからこちらも意地になりがちである。
そんな時は、自分が変るに限る。
相手が変らないのだから、自分が変る。
すると相手も氷解して、変わってくる。
自分が先に変ることで「負けた」なんていう小さな駆け引き根性は捨てる。
真の目的は、自分が成長し、相手も成長し、そして世の中も成長することなんだから。

先日62になった。
自分よりも年上の人を探すのが結構大変になってきた。
人間、死ぬまで勉強だというのは本当であり、この歳になっても思わぬことを学ぶこともある。
まだまだ自分の殻を破り、大きくしていかないといけない。
一方で、この歳の人間の使命として、世の中をよくすることに主体的に加担もしないといけない。
自分を役立てないといけないし、若い人を指導しないといけない。
割合としては、勉強をして自分を発展させていくことよりも、人へ影響を与えることを、歳とともに増やしている。
このバランスを考えるのはなかなか難しいけれども、やっていかないといけないと思ってる。

今日も山のような課題と難しいコミュニケーションを乗り越えないといけない。
「再雇用」という観点からだと全く処すことはできない。
自らを乗り切ることで精いっぱいになりがちだが、そこで甘んじないようにしないといけない。
若い人が未来に展望をもてる世の中にすることが最大の目的とすべきなのだから。

今日も苦しい日を乗り越える。
みんなも苦しい日を乗り越える。
本当によい日が来るまで。

テーマ : その他
ジャンル : その他

この時代に向けて短文でメッセージ

みなさまおはようございます。
時間がないので、今回は要点のみで短文で行きます。

今の若い人たちは、夫婦共働きでないと生きていけません。
そして、何から何まで、男性と女性が同じことができないといけない時代です。

この30年、日本は間違えましたね。
国家としては世界一の黒字を築きながら、労働者が受益するようにはならなかった。
労働者がひたすら身を粉にして、コストカットかつ高品質の製品やサービスを作ったにもかかわらず、その利益が労働者に回らなかったのです。
この問題を根本的に解決するには既存の政党、政治家では全くだめです。
まずはこの問題に国民全員が気付くべきです。
全体的なことを考えつつ、身近な問題もコツコツ改善していくべきです。
僕個人も、定年再雇用の問題で会社と対峙しています。

ブログのコメント。
このネット時代なんだから、自由に、どんなことをどのように書いてもいいじゃないか。
否定はしません。
でも、僕は少し違う考えを持っています。
こんな時代だからこそ、作者の言いたいことをよく読解し、作者の気持ちに沿い、その上で同意なり反意なりのコメントを書くのがよいと思います。
イメージとしては現代国語の問題を解くが如しです。「作者の最も言いたいことは何か」という問題がよくありますよね。
あるいは、誰かの講演会を聞いた後の質疑応答の如しです。
このようなコメントを書くことにより、人と人と真の交流が生まれると思います。そして、物事が建設的に発展していくと思います。
こんな時代だからこそ。

よい週末をお過ごしください。

テーマ : その他
ジャンル : その他

あの時の君の主張は正しかった(原発のこと)

みなさまこんばんは。
令和に入ってからは素晴らしい天気が続いています。
風薫る、まさに最良の連休ですね。
そんな夢の連休も終わりに近づきつつあります。
いかがお過ごしでしょうか?
引き続き、みなさまへの訪問ができておらず、失礼しています。

今日の記事の要約
30年近く前の逸話と、今得た情報に至る流れにおいて、原発のことを書いてみた。

続きを読む

テーマ : その他
ジャンル : その他

進退窮まる時は別の枠組みの導入により打破

みなさまおはようございます。
我々は令和の時代を無事にスタートすることができました。
この時期に国民一斉10連休を取ることが意義があると思います。
その一方で、ただでさえ祝日が多い日本が10連休により他国より遅れを取るのは確実であるため、どう挽回するかを真剣に考えなくてはいけないと思います。

前回の記事でも書いたように、人間のやれるべきことのキャパは驚くほど大きいのです。無限と言ってもいいほどです。
ただし、時間の使い方においては、残念ながら限界があります。
例えば、スーパーのレジを通過する時、僕はあらゆる知恵を絞って、店員さんとのコンビネーションにおいて物事をなるべく並列に行うよう努力します。
これにより、レジの通過時間は半分くらいにはなるかもしれません。でもそこが限界です。

時間というものは誰に対しても等しく与えられた「有限の足枷」とも言えるでしょう。
よって、時間が制限を加えるところの行いにおいては、何かを達成するために、何かを犠牲にすることが必要になってきます。

例えば僕の場合、数か月前までは、毎日とても多くのFC2会員さんを訪問していました。
僕は、多くの方を毎日訪問すること自体、とても意味があると思っています。
よく、「そんなに無理することないですよ」とおっしゃっていただいた方があり、ありがたかったですが、実は無理とかそういうことではないのです。
物事に与する時、全体をくまなく捉えるのか、概要だけ捉えるのか、自分が興味のあることだけ捉えるのか、について、それぞれのどれをも一度は真剣にならないといけない、という考えなのです。
それをどうバランスさせるかは、内容によりさまざまですけど。
それぞれをテキトーにやるのではなく、悩みぬいて真剣に取り組むのです。

ですからブログにおいても、多くの人を徹底的に訪問することをやれるだけやってみようと思いました。

でも、一方で時間の問題というのが立ちはだかります。訪問にはとても多くの時間が必要なのです。
そして、一方で、別の大事なことをやらなくてはいけない事態になった時、時間のキャパの制約がある以上、そこをどう考えるかです。

ブログにおいて多くの人を訪問することが惰性になっていなかったか、もうその目的は達せられたのか、を考えるとともに、別の重要なこととのバランスをどう考えるか、そのあたりを真剣に考えました。
そして、数か月前から毎日の皆さまへの訪問を省略させていただいています。

よく皆さまも書いておられるように、継続も意味があることだし、やめることにより別のものが見えてくる意味もあります。

ジョン・レノンが晩年のインタビューにこう答えています。
自分はこれまでずっと、ヒット曲を量産するという過酷な使命を続けることもできなかった(できないけど何とかやったという意味)し、やめることもできなかった。
まさに進退窮まっていたわけです。

もうどうしようもないしんどい状況ですね。
そんな時にヨーコという、別の枠組みを与えてくれる人が現れて、ジョンは救われたというわけです。

実は僕も今、会社の仕事において、続けることとやめることの2者選択ではよい結果をもたらさないような状況となった、と自己解析しています。
すなわち、別の枠組みの導入が必要と考えています。

テーマ : その他
ジャンル : その他

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード