FC2ブログ

苦境の時にこそ出会う仕事上の最大のパートナー

みなさまこんばんは。
4月も中旬になりましたけど、結構冷えますね。
お元気でしょうか?

コロナの問題を一言で言えと問われたならば、リスクの評価と対策を定量的に扱っておらず、十把一絡げで国民全体が最大のリスクに等しく対処するようなことになってしまっていることです。
具体的には、真の感染者の把握よりも圧倒的に大多数の人数を検知するPCR検査、感染メカニズムの序列を付けず一様な対策を取っていること、年齢的、地域的なリスクの偏りに対応していないこと、などです。
前回の記事で示したトイレの床を経由する感染経路と生活習慣の差異については、ほんの一例として、こうした”一様対策”を打破するためのきっかけとして書きました。

さて、前回の記事では、今会社の仕事は結構な苦境の中にあるけれども、一方でとてもよい人と出会っていることを書くことを予告しました。
今日はその人のこと、仮にAさんとします、を書きます。
自分の中ではとんでもなく大事なことだし、みなさまにも共有していただきたいことですので、1回ではとても語り尽くせませんし、そんなに簡単なことだとも受け取ってほしくありません。
そこで、今日はまず、基本的な部分のみ書かせていただき、あまり具体的なことは書きません。

Aさんとは1年くらい前からとてもよい関係にあります。
実際に仕事を一緒に遂行する関係でもあり、いろんな仕事上のディスカションをする関係でもあります。
仕事上の価値観、技術系の企業人としての価値観、当社は何をどうすべきかの価値観、マネジャーとはどうであるべきかの価値観、などなど、基本的な考えがとてもよく合いますし、不正や腐敗や保身を正し、困難だが理想な姿を描き目指し、アイデアが豊富であり、経営目線もあり、毎日毎日、問題に処することとと新しい戦略を練り、アイデアを出すようなディスカションをたっぷりやっています。まるで、当社の経営会議をやっているようで、ワクワクします。保身の上司や関係者の糾弾や日々の問題解決もよく話し合います。
一言で言うと、これまでの技術系企業人生で志向してきたものが、僕とほぼ同じであるということです。ですので、保身派の人間たちに悩まされるという超しんどい毎日にあっても、あたかもオアシスのような貴重な人間なのであります。

Aさんは僕よりも6つ下ですが、僕らの場合、年齢はほとんど関係ありません。

では今日は、僕がなぜAさんに惹かれるのかのとても基本的なポイントを挙げてみます。下記のポイントは、僕自身が既に体得できているかどうかは別として、まさに僕が追求してきたものと同じです。

1.目の前に起きた困難や人からの痛烈な指摘は全て意味があると捉える。そして自分が変われるためのありがたいきかっかけと捉えることができる。人生において、人は大きく変わらなければいけないいう節目は少なくとも数回はあるはずだ、という自覚がある。
2.会社人であるゆえ、上司の意向に基本は沿うべきではあるものの、常に「自分が社長のつもりでこの会社をどうするべきなのだ」という経営視点をもつべきであり、まずは自分の考えがあり、その中で会社の方針とどう融合するかという考え方である。場合により、上司の説得を必要とする。
3.いわゆる出世志向とか、上司に取り入るとか、保身の発想は全くない。達観とかではない。そんなことをしても実体面(自己も会社も)は磨かれず、結局は落ちぶれるだけである。
4.マネジャーとは、不可能を可能にする役割だと思っている。
5.技術や特許についての情報収集や研鑽に余念がなく、つねに当社を分析している。
6.もし上司が腐敗しているなら、かえってやりやすくなると考えている。上司は破綻し、自分に責任が回ってくるから。(注:僕はこの発想はありませんでした。最近、Aさんから学んだことです)

Aさんとは、大分前から一緒に仕事をする関係でしたが、1年前までは、今ほどの間柄にはなっていませんでした。
その理由の一つは、お互いにここ1年はとても苦境になったからでしょう。
Aさんも僕も、企業人としてはとても恵まれた時期もあり、また不遇な時期もあり、浮き沈みを繰り返してきました。
ここ数年はとても恵まれていないので、互いに感覚が研ぎ澄まされ、考え方がブラッシュアップされたのだと思います。

こう考えると、苦境はチャンスでもあると思います。
人生の最高のパートナーは苦境だからこそ出会うと言っても過言ではないでしょう。

実は、我が身を顧みますと、僕も保身型の人間(僕が今戦っている相手のような)になっていたかもしれなかったのです。
そんな僕を変えるきっかけとなったの一つとなった出来事がありました。
僕が、1982年に修士課程を卒業し、ある大手繊維化学メーカーに就職し、4月前半に全体集合研修を受けた後、全国の工場に散らばって工場実習を4か月受けることになりました。
僕は名古屋の臨海地域にある工場での実習でした。
その実習へ就くのに実家を出る際に、2つ上の姉が「この本読んでごらん」と言って差し出したのが、糸川英夫の「前例がないからやってみよう-不可能からの脱出」という本でした。
僕は当時、糸川英夫という人は知りませんでしたし、こうした本を読んだこともほとんどありませんでした。
工場実習が始まり、工場の寮で寝泊まりするうちに、空き時間にこの本を読み始めました。
すると、あっという間に僕は惹きこまれました。その後の人生が決定付けられたと言っても過言ではありません。
その意味することは、この本に書かれている具体的なことではありません。それまでの自分は、世間標準のレールに乗っていけば自ずと仕事ができて世の中に貢献できると考えていたのを、決定的に打ち崩され、自分が何かを築かない限り何の意味もないということを思い知らされたのでした。
姉としては、そこまで考えていたのではなく、社会人として挑戦的な人間になってほしく、肩をポンと叩くような気持ちでくれた本なのかもしれませんが、いずれにしても、大きなきかっけをくれたのでとても感謝しています。

Aさんとは、私生活の価値観は大分違うと思います。
でもそれはどうでもいいことです。

明日も会社ではしんどいシーンがいくつもあることは目に見えています。
しかし、Aさんとのディスカションはとても楽しみです。
まさに、人生のご褒美の1つと言えるでしょう。

ちなみに、Aさんは仕事上のパートナーですが、仕事以外にも僕は、とても大事な出会いをしていまして、それがどんなにありがたかったことかは言い尽くせないことです。
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

是々非々を貫くなら職場に改革を起こさないといけない

みなさまこんばんは。
改革は、少しずつ、一山二山を越えながら、どうにか進んでいます。
しかしまだなお、大きな困難が待ち受けています。

その改革の動機はひとえに「是々非々」であります。
あまり最近では使われなくなった言葉です。
敢えて意味を言うなら、「よいものはよい、悪いものは悪い」です。
私利私欲や誰かを貶めることが目的ではありません。

改革の過程で嫌な思いをする人たちは必ずいます。
しかし僕は、そういう人たちを敵対しているのではありません。
改革の結果、その人たちも今より必ず幸せになり、充実した日々を過ごせるはずだと確信します。

今回の改革には同志が2人います。
僕よりもずっと意志が固く、ブレません。
いわゆる”友達”ような居心地のよい間柄というわけではありません。むしろしんどいことのほうが多いです。
でも、改革を成し遂げるには、この人たちと行いを共にするしかない、という判断をしました。

正しい行いであると確信しているし、自分の力も生かせていると思うので、その意味では充実しています。
しかし、改革の実行の過程で、抵抗勢力から受ける心的エネルギーには時としてくじけそうになります。
特別精神が強靭というわけではありませんから。
毎日1日1日が終わることを夢見て、必要以上に先を見過ぎて悲観しないようにしています。
また、抵抗勢力とは言っても、その方々は同じ人間ですし、僕にないよい所を一杯持っているし、よい行いもしているので、学ぶべきことは学び、楽しくやることは一緒に楽しくやるようにしています。
たまたま、ある「部分」に限っては(ま、そこがすごく大事なんですけどね)、僕の考えをなんとしても貫きたいというわけです。

本当は「改革」なるものの内容をお話しできればわかりやすいのですが、それはできないため、このような書き方になることをお許しください。

僕は、今回のことを通じて、「ある人」と重ね合わせるようになりました。
2011年に僕と相対した、車のディーラーの営業担当者の方のことです。
その方は、断固として職場の改革を行うべきでした。まさに是々非々で。
なお、僕が今やろうとしていることとは内容も質も違います。事の重大さは同じか、その方のほうが大きいかもしれません。
その方は、当時50くらいの男性です。以降は「彼」と呼びます。
彼は、あの時、N社の販売店(ディーラー)に勤めていました。かつてのトップが最近、海外に逃亡したあの会社です。
と言えば誰でもおわかりなので、社名をぼかす必要もないかもしれませんが、一応、気を遣ってぼかします。

2011年に僕は彼から車を買いました。
もう9年を超え16万km以上走りましたが、未だにほとんど問題もなく使っています。
製造はS社なのですが、OEMでN社のブランドで売られていました。とてもいい車です。

僕は、そのディーラーから2世代、車を買っていたので、彼とも既に顔なじみでした。
しかし、2007、8年頃からでしょうか、いろんな問題がそのディーラーや彼に起るようになってきました。
そして、ディーラー全体がなんとなく感じ悪く、いい加減になるようになってきたのでした。

多分その頃は、既にあのトップにより、N社は激しいコストダウンを断行していました。
僕の大学時代のサークルの友人は、その頃、N社のある事業所の購買の責任者をやっていましたが、これまで付き合いがあるというだけの理由でその業者を採用することは一切禁止という指示が来て、あまりにやり過ぎというか、メチャクチャなので、もうどいしようもない、と言っていました。
僕は、あのトップのことが全てだめと言いたいわけではありません。問題は、歯止めをかける仕組みが全然ないように思えたことです。

あのトップの指示が、個々の販売店のどれくらいまで及ぶのかはわかりませんが、今にして思うと、2011年やその数年前あたりは、大分極端な指示があったのかもしれません。
そんな中で、忘れもしないあの”事件”が2011年9月に起ったのです。

僕はS社製でN社販売の新車を契約し、ディーラーまで取りに行くことにしました(自宅まで納車ではなく)。
車の説明が一通り終わり、彼は言いました。「一番近いスタンドでガソリン入れてください」と。
そこで僕は、ディーラーから2km弱離れた自宅の直前にスタンドがあるので、そこで入れることにしました。
そしたらですね、なんとなんと、スタンドの直前でガス欠になっちゃたんですよ。
しかし何とか惰性で進み、かろうじてスタンドまで入れました。もう冷や冷やでした。
というか、新車引き取り時に2kmも走らないうちにこんなこと起きるなんて、あまりのショックでした。

ガソリンを入れ、まずはちゃんと自宅まで納めた後、もちろん彼に大苦情の電話をしました。
怒鳴ったりせずおだやかに話しました。相手が平謝りするに決まっていますから、今後のことを考えて。

そしたらですね、そこから先に起きたことのほうがさらに驚きでした。そして、車がガス欠したことよりもはるかに問題でした。

僕の苦情電話に対する彼の応答は次の通りです。
詫びも何も全くせず、淡々と次のように話したのです。
「だから、『一番近いスタンドで入れてください』って言いましたよね。一番近いのはうちの裏にあるスタンドですよ。それに、STさんに車の説明をした時にもエンジンをかけましたし。」

2分程度の説明をするのにエンジンをかけ、2km弱を走るだけでガス欠になるガソリンの量ってどれだけだよ!?
どうすりゃそこまで減らせるのかよ。
とは、あとで思ったことであって、電話の返答にはあまりにあきれて、僕は何の反駁も思いつきませんでした。
おそら組織の問題だろうと思ったこともあり。

こんなことが彼の一存なのか、ディーラーその店の方針なのか、あるいはそのディーラー系列の一斉の指示なのか、わかりません。

その後も、彼とかそのディーラーにはおかしなことが何度か起ったので、そのディーラーとの付き合いはやめ、T社の販売店に替えました。
さらにその後、リコールのため、彼がいたN社のディーラー以外のN社のディーラーにもお世話になったことが何度かありますが、やはり少しよくなかったことがありました。

一事が万事のようなことは言いたくありませんが、やはりトップが会社全体に与える影響力は大きい場合が多いでしょう。
銀行などでも、特定の会社の支店はどこへ行っても感じ悪いといったこともありますし。

まあ、それはともかく、彼は職場の改革をすべきだったと思います。

さて、今日の多重録音は、Penny Lane。
フルートは、プロのフルーティスト・上松明代さん(←クリック)にお願いしました。
ピアノは、100年くらい前に製造のドイツのベヒシュタイン。ドイツらしい職人肌のピアノです。一つ一つの鍵盤の幅が微妙に違います。
フルートとピアノ弾き語りで生音で録音し、その後、いろんな楽器と補助ボーカルを付けたしました。

テーマ : 思うこと
ジャンル : その他

対談本はまず買わない

みなさまおはようございます。
前回の記事では、コメントのお返事や、本文への追記において、失礼な書き方にもなったかもしれず、お詫び申し上げます。
前回の記事の場合、そのことを強調せずには記事を書いた意味がなくなると考え、敢えて書かせていただきました。

さてここ数日、忙しくてみなさまへの訪問ができておらず、失礼しています。
また、今回の記事も超手抜きで失礼します。

仕事上の厳しい状況は続いています。
しかし、基本、自分の考えは誤っていなかったのだと確信しています。
自分をサポートしてくださる方の意見をよく聞いて、物事を進めています。
単に自分の努力だけなら何ら苦労はないのですが、人の行動や考え方を改める(職務上)必要があり、そこが大変ですね。

50代の途中まで読書の虫であった僕ですが、対談本というのを買ったのは1冊か2冊しかありません。
図書館で借りる場合でさえ、対談本はぐっと優先度が下がります。
対談本というのは、AとBという人が会話したことをそのまま本にすること。(もちろん若干の編集はあるのでしょうけど)

理由は至極シンプルです。
会話というのはアドリブですので、行き当たりばったりだから、本当によい議論ができたのか、あるいは本人らが主張をちゃんと言えたのかが不明なこと。(これにしても、若干の脚本はあるのかもしれませんが)

対談と言ってもいろんなタイプがあります。
Aという専門家の話を、Bという単なるインタビュアーが聞く場合。
AもBも専門家であり、意見をぶつけ合う場合。
AとBは専門分野が異なり、異分野であるからこそ、議論により何か新しいものが出るかもしれないのを期待する場合。
などなど。

対談だからこそ、よい本になることはあり得えます。
でも、Aという専門家の主張を正しく、効果的に理解したい場合、確率からすると、Aが単独でまとめた本の方がはるかに期待値は上です。
だから、基本は単独著者の本、そしてもし何等かのコラボが期待できそうな場合は、対談本も読まなくもない、というのが僕のスタンスです。

ユーチューブでも僕は、基本、対談は好きではありません。
誰かの主張に対し、単に相手をしているだけなどは、情報量が半分なってしまいます。話も折れますし。

そんな中、和佐大輔さんと木坂健宣さんの対談は大変価値があると思います。
それぞれが、とても考える力があるところ、対談ではそれが掛け算になるからです。
下手な対談は、単独で話すことの半分の価値にもなりかねませんが、和佐・木坂対談は掛け算になると思います。
「コロナ解体新書」あたりでググってください。
コロナの話題はすでに時期が過ぎたかもしれませんが、物事を考えるというのはこういうことか、ということを与えてくれると思います。

テーマ : その他
ジャンル : その他

絶滅してはいけないこと

みなさまおはようございます。
最近、私の琴線に触れるブログさんを見つけましたので、思い切ってコメントを差し上げましたところ、とてもご丁寧でありがたいお返事をいただきました。

挨拶があり、全体を理解し感想を言い、その上で自分の関心事について意見を言い、そして場合により持論も少し添える。
本来、コメントもその返事も、こうしたやりとりが当たり前であるはずなのに、すっかり絶滅しようとしている今のこのネットの世界。

断固として訴え続けなければいけないと、思いを新たにしました。

テーマ : その他
ジャンル : その他

星と同じで、ブログにも一生がある

みなさまこんばんは。
いよいよ明日から師走となります。
寒いですね。
お元気でしょうか?

僕がこのブログを始めたのは2009年です。52歳になる年でした。
最初は何をどう書いてよいかさっぱりわからず、システムもよく理解していなかったために、その前に本の出版のために書き溜めていたビートルズのエッセイをたまに記事にする程度でした。
本格的に記事を書き始めたのは2010年からです。

ブログを始めるまでは、年間に数百冊、一番多い年は千冊近い本を読んできて、あらゆることに関心があり、自分なりの考える枠組みを作っていく時期でした。
ブログにおいては、多くのテーマを書こうと思っていたものの、散漫になるといけないのでまずはビートルズに絞って書いて行こうと考えました。

そして実際そのように始めていったのですが、いろんなテーマで書きたい欲望は抑えきらず、ビートルズでない記事の方がどんどん増えていきました。
既に頭にあったことを書くということと、毎日新たな考えが湧いたものを書く、という両方でやってきました。

2010年から2014年の秋くらいまでは、毎日毎日、書きたいことが溢れてきて、書くのが追い付かないほどでした。
また、書いているうちに新たな思考体系のようなものも芽生えたりしてきました。
この間に書いた記事は、今読み返してみてもワクワクし、我ながら躍動感溢れ独創的なものが多いです

そして、次第に書いたものをカテゴリー分けし、しかも体系付け、関連付けを行うようになりました。
そしてさらに、それらのエッセンスをイベントで発表していこうという構想が芽生えました。
そしてそれが実現を始めたのでした。

イベント稼業は将来的にはもっと発展させ、「部会制」のような構成(例えば、科学部会、音楽部会、ビジネスアイデア部会、生き方部会、社会問題部会・・・のような)にして、それぞれの部会ごとにイベントを開いていくようなアイデアを持っています。

ブログに書く記事も、どんどんどんどん新しいアイデアが湧いていけばいいですけど、さすがに2010年以来書きまくったので、自分が考えていることはほぼ出尽くしました。
一応、自分の手帳にはブログ記事のテーマ案が50件くらいあるのですが、2010~2014年の頃に書いた「爆発期」の記事に比べると、躍動感に欠け、記事にするのを躊躇してしまいます。
もうほとんど限界といった感じですね。
2015年以降も、それなりにオリジナリティの高い記事も書けたのですが、頻度が減りました。

というわけで、ブログは星に似ています。
誕生→成長→爆発的成長→安定期→円熟期→壮年期→
そして、星は最期には超新星爆発を起こし粉々になり、そしてそれは新しい星の源になるのです。

僕のこのブログはまさに壮年期。さじずめ赤色巨星といったところでしょうか。
そして遠くないうちに爆発を起こし、新しい形態でビジネスを始めることになるのでしょうね。

決して、年取ったから淡くなり活動が鈍るとかではありません。
物事は必ず終焉を迎えるということです。
そして終焉は必ず次の何かの始まりにつながるのです。

こう考えると1つのビジネスモデル、あるいは資本主義そのものも、星と同じく一生があるのでしょうね。

テーマ : その他
ジャンル : その他

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード