FC2ブログ

若い頃のスキーの思い出

みなさまこんばんは。
ウイルス大変です。
でも、そもそもウイルスというのは突然変異をするのが仕事です。
今回のウイルスは人工物だという説がありますが、そもそもウイルスは時々刻々変わるものです。
今回のウイルスが特別致死率が高いものでないのなら、過度な騒ぎはやめましょう。

では本題です。

今年は例年になく雪が少ない。
スキー場など商売上がったりとかいう報道が結構ある。
でも、高齢の方の雪下ろしがないなどのよい面もあるので、喜んでもいいと思う。

さて、その昔は冬の遊びと言ったら、とにかくスキーだった
若者のほぼ全てはスキーに傾倒していたと言っても過言ではない。
スキーの上手い奴は確実にモテた。

この僕も20代はスキーにかなりのエネルギーを割いた。
でも結局上手くはならなかった。
そこで、オフゲレンデで勝負したのだ。(つまり、雪道の運転やチェーンの装脱着や宴会などで)

そんな僕だったが、スキーで思い出深いこと2つがある。

1つは日帰りスキー。
学生の時は僕は京浜東北線の与野に住んでいた。
学生だからお金がないので、そうそう宿泊のスキーにも行っていられない。
そこで上越のスキー場まで日帰り。よく一人で行ったものだ。

大宮を朝の6時頃出る各駅でまず高崎に向かう。まだ暗い。
スキーを網棚かフックに引っ掛ける。これがまた旅情満点。
高崎で上越線の各駅に乗り換える。
沼田あたりからぼちぼち雪が見え始める。気持ちが高ぶってくる。
ループ式の清水トンネルをくぐる。
途中、地下の土合駅。谷川岳の登山口だ。なんとも不気味な地下駅。

そして電車は清水トンネルを越えると、一面の銀世界。まさに川端康成の世界だ。
そして10時に電車は越後中里駅に着く。そこで下車。
なんとそこは、改札口の前がそのままゲレンデだった。
駅舎そのものが、スキー場の施設。更衣室、コンロッカー、貸スキー、貸靴などが完備。
リフトの1日券を買って、10時に即スキー開始だ!

昼飯と数回の休憩のみで、滑りまくり、6時くらいに上がり、上り電車で大宮に向かう。
究極のコストダウンスキー! しかもたっぷり練習できた。
友人とも何回かこのコースで日帰りした。
中里の雪質はやや悪かった。
一時期あまりにやり過ぎて胸が痛くなった時もあった。

ところで、清水トンネルを抜けて最初の駅は土樽という。
そこは中里より標高が高いのでパウダースノーだ。
小規模なリフトが1基とロープトゥが1基だけの土樽スキー場があった。
土樽ユースホステルというのがあって、僕はそこに泊まって土樽スキー場でスキーをしたこともある。
そこのスキー学校は評判がよかった。僕は受講したことはなかったが。
僕が行った時には、そのスキー学校は、山回りターンをさんざん教えていた。

もう1つの思い出は1984年の関東の大雪。
1~3月に毎週のように雪が降った。しかも、何回かは30cmを超える大雪。
当時、千葉に会社があったので、仲間と車で千葉からチェーンを巻いて万座まで行ったこともあった。帰りも大雪。

僕らが若い頃は、スキーの上達のためのステップとして、プルークボーゲン→シュテムクリスチャニア→パラレルクリスチャニアというステップで教わった。
でもこれはよくないように思う。
そのあたりは、2017年6月14日の記事「シュテム・クリスチャニアの矛盾」で書いたのでご覧いただきたい。

それにしても、若い頃のスキーの写真が全然ないんだなあ。
なんでだろ。ま、いいか。
スポンサーサイト



テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

駅伝とマラソンは別物である

ちょうど444,444人目の訪問をされた方はぜひ教えてください。

みなさまこんにちは。
正月休み明けの”魔の1週間”が無事終わりました。
みなさまお疲れ様でした!
僕も疲れました。

では本題です。

今年の正月も箱根駅伝で沸いた。
区間新がいくつも出たし、数々のドラマも生まれた。
この記事が予約投稿される2時半には都道府県対抗全国女子駅伝がデッドヒートを演じていることだろう。
駅伝は日本人の心に打つものがある。

今日のテーマである駅伝とマラソンの比較をする前に、なぜ僕がランニングを始めることになったのかを少しお話ししよう。
30を少し過ぎた頃、僕は自己を全否定してしまうほどの挫折感を感じていた。それまで自分が培ってきたことなど何の役にも立たないと思ったのだ。
これを打破するには、普通の人がやれないことをいくつかやり遂げれば、どうにかなるのではないか、とおぼろげながらに思ったのだった。
それまでの読書において、糸川英夫さんとか、竹村健一さんとかの主張とか、当時勤めていた会社の上司の発言などで、人間はやろうと真剣に思ったことは大体やれる、ということに心が動かされていた背景があった。

そして、やるべきこととして、主に4つを挙げたのだった。
当時金もなく時間もない中での4つだった。
今から思うと全く若気の至りの発想である。しかし、だからこそよかったのかもしれない。
4つのうち一つがフルマラソン(42.195km)を完走することだった。

当時、スキーをよくやっていて、そのためのトレーニングとして走ってみようと思うのだが、家の前の坂を数百m走るだけで息が上がってしまっていた。
テレビで中継があるようなマラソンの選手というのは、特別な才能の持ち主であって、全く別世界の人だと思っていた。
そんな中、出会ったのが丘みつ子さんの「そよ風に誘われて」(正式な題名は少し違うかもしれませんm(__)m)という著書だった。
当時(1988年くらい)は、芸能人でフルマラソンに出たなどという人は聞いたことがなく、普通の人がフルマラソンを走れるようになるなんて思ってもみなかった。
丘さんの本は、マラソンへの誘(いざな)いとして素晴らし過ぎる本であり、一気に虜になってしまった。
そして、さらにいろんな本などを読んでみると、市民ランナーでフルを目指している人も結構いることを知った。

以上をもって、30歳を少し過ぎた時点で、フルマラソン完走を目標にすることを決めた。
他の3つも併せて制覇すれば、おそらくは自信をもった人生が送れるのではないか、というなんとも荒唐無稽で若気の至りに満ちたものだった。
(ちなみに残り3つは仕事、自己啓発、学位に関することであり、一応、4つとも制覇した。)

ランニングを本格的に始めてからは、ひたすら我ながら研究熱心、計画的で練習意欲に満ちたものだった。
毎日1%ずつ階段を上がるような粘り強いことは自分に向いていることを発見し、その道程も楽しいものだった。
大体5年先をフルマラソン完走の射程に置いて、少しずつ距離を伸ばしていった。

まずは5kmの完走、そして10km、そしてハーフマラソンというステップアップだった。
結論から言うと、普通の人間であれば30km程度の完走は割とすぐにできるように感じた。
もちろんそのためには自分なりの創意工夫と努力が必要なのはもちろんだ。

こうしたステップアップの過程で、いろんな市民マラソンの大会に出たり、会社でランニングクラブを作ったり、地元の体育施設のジムのインストラクターさんらや、そこに集まる仲間と交流したり、などの楽しみが増えてきた。
そして、会社のクラブやジムの仲間で駅伝チームを作って、大会に出たりした。
市民の駅伝なので、1区間は数kmで、せいぜい5km程度である。
駅伝といのはマイペースで走れなく競争なので、まるで無酸素運動のような走りになってしまい、”死ぬほど”しんどいのである。(詳しくは、カテゴリ「スポーツ・冒険・山」の中の駅伝の記事を参照されたし)

2002-7-16(3)_-_繧ウ繝斐・_convert_20140318200851
写真は、前の会社で皇居を6人で2周する駅伝に出た時のもの。

市民マラソン大会の10kmやハーフマラソンの部、そして駅伝大会に出ながら、フルマラソンの練習もこつこつとしていた。
まずはタイムは度外視で完走のみを目標とした。
休日などに30km程度のロングランをするのは楽しかった。

最初のフルマラソンの挑戦は、35歳くらいの時、佐倉朝日健康マラソン。
記録は4時間16分。35km過ぎを歩いてしまった。

35kmには魔物がいる。そんな感じだ。
エネルギーが一気に切れる感じだ。
専門家によると、フルマラソンの終盤のエネルギーの使い方は通常のランニングではだめで、特別な訓練が要る、と。
まさにそれは自分でも感じた。

そこで、1年後の同大会に向け、35km過ぎ対策を徹底的に研究した。
僕なりの結論としては、水分や栄養を走りながら摂った上での練習を何回か重ねて、体を順化しないといけないようだった。
しかも、大会数か月くらい前から食生活や規則正しい生活に心掛け、精神面も整えなければならないようだった。
マラソンのスタートは、スタートの数か月前から始まっているようだった。
マラソンは単純に「走る」だけと思われがちのスポーツだが、実は”人間性”を最も問われるスポーツのように思える。

1年後の佐倉朝日健康マラソン、ついに本当の完走をした。一歩も歩かなかった。
でも記録はなぜか4時間15分。1分しか縮まなかった。
35km過ぎは、1kmがあたかも5kmもあるように感じるしんどさだった。

ついに目標達成した。
しかし、タイムが遅かった。
その理由は、スピード練習をしなかったからだ。
僕は10km、ハーフののベストタイムはそれぞれ、45分、1時間45分だった。
そのシーズンはマラソン対策のみしていたので、10km、ハーフを48分、1時間55分程度のスピードしかなかった。

そこで次の年は、スタミナとスピードの両方の練習をした。
そして、4時間3分。
要するに、ハーフくらいまでを走ることと、フルマラソンを走ることは別物だということ。
フルマラソンのタイムを上げるには両方の練習をすべきであること。

そして次の年は4時間1分。
これが僕の公式のフルマラソンのベストタイムだ。
しかし、当時はICチップをつけていなかったので、マンモス大会の後ろのほうからスタートした僕は、実質は4時間を切っていたことになる。(言い訳がましいけど)
なお、練習時の非公式なタイムでは3時間55分くらい。

さてここでようやく箱根駅伝へ話題を戻す。
箱根駅伝で活躍した選手がフルマラソンを目指すのが普通の考え方になっている。
古くは瀬古利彦選手、谷口浩美選手、最近では藤田敦選手、設楽悠太選手など、素晴らしい選手が箱根からフルへ移行していった。

しかしながら、箱根で大活躍した選手でもフルでは活躍できなかった選手は多い。
ハーフマラソン程度の距離を速く走れることは、フルマラソンにはプラス要素であるが、それだけではだめということ。
35km過ぎのエネルギー切れに対する創意工夫と努力、そして生活態度。
そうした全ての要素を研究し尽くし実践した者こそフルマラソンの勝者となる、と考える。

ちなみに、僕は50歳を過ぎてからはランニングはやっていなく、主に歩くことをやっている。

では最後にクイズを出します。
何年も前のことですが、NHKのEテレでの番組で、ある研究グループが、なぜケニアの人がマラソンが速いのかを徹底的に研究した結果を放映していました。
そしてその結果、ある1つのことにおけるケニア人の特徴が唯一の理由である、との結論になりました。
その「1つのこと」とは何でしょう?
ヒントは、ケニア人と言うよりもアフリカ人は大体当てはまります。アフリカ系以外の人たちと比べての話です。
当たった方には何も差し上げられませんがm(__)m、お祝いを申し上げます。
あくまで、その番組が言っていたことでして、どの程度定説になっているかは定かではないことをお断りしておきます。

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

三浦雄一郎さんの気質

みなさまこんばんは。
ほんとに寒いですね。
いかがお過ごしですか?

今日の記事の要約
・三浦雄一郎さんの最近のニュースの紹介と、三浦さんの考え方、魅力について僕の言葉で語ってみた。
・僕の考え方や行動について、三浦さんから影響を受けたことを書いてみた。

続きを読む

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

駅伝の魅力(その2)

みなさまおはようございます。
お正月いかがお過ごしでしょうか?
喪中ですのでお祝いムードではありませんが、ゆったり過ごしております。

今年も多分、毎週水曜の記事更新のペースになると思います。
正月休みだけは例外的に少し頻度多めに書いてみます。
前回は気合の記事でしたので、今日はゆったりめで書きます。

今年もニューイヤー駅伝、箱根駅伝。華やかですね。
今年の箱根駅伝は、青学の4連覇、中央の復活など見どころが多いですし、母校も去年同様、よい位置につけているので、応援にも力が入ります。
駅伝というのは日本国民に愛されているスポーツですね。

最近は空前のランニングブームです。
ところが、駅伝をやったことがある人はかなり少ないのではないでしょうか?
普通の長距離走と駅伝は、全く違うと言ってもよいスポーツです。

このブログでは、駅伝プレイヤーとしての実体験に基づいて、一般の方にはあまり知られていない、駅伝の魅力とかレア情報なんかを何度か記事で書いてきました。例えば下記です。

2015年1月2日「嗚呼、駅伝」

2014年1月3日「駅伝の魅力」

ぜひご覧になってください。過去記事の引用という安易な手法でスミマセン(笑)

駅伝が普通の長距離走と違うことを一言で言うなら、まるで”無酸素運動”とも思えることです。
箱根はそれを20kmやるのですからね。倒れ込むのもわかります。
そして、だからこそのチームの達成感です。

写真は、90年代前半の皇居周回駅伝の時のものです。

2002-7-16(3)_-_繧ウ繝斐・_convert_20140318200851

皇居2週を6人。ですから、一人約1.6kmです。
1.6kmを全速力。死ぬかと思いました。

テーマ : 箱根駅伝
ジャンル : スポーツ

シュテム・クリスチャニアの矛盾

みなさまこんばんは。
梅雨ですが、今のところ普通の梅雨っぽくないですね。

サッカー日本代表。
アウェイであの暑さでドローは立派なもんだ!
・・・と言いたいところですが、本音は残念!

今日の要約
・スキーの旧来の教え方に一石を投じます。
・しかし、一種の言葉の遊びのようなものですので、スキーの教え方を改革する、のような話ではありません。

続きを読む

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード