FC2ブログ

日本と韓国の違い(僕なりの体験談)(補足)

2019-8-17 06:42追記
お盆休み終盤のごあいさつとして、2年前のお盆休みにアップした、即興的なLet It Beの録音を再貼りします。
ピアノ弾き語りに加え、コーラスを初めて付けてみました。

Use head phones.
みなさまこんにちは。
お盆はいかがお過ごしでしょうか?

僕にとって2人目の孫ですが、予定日を過ぎましたが、まだ生まれません。
初産のため少し時間がかかると思われます。

前回の記事で、「このような高品質の材料や製品を作る力は、やはり日本が長けていると言わざるを得ない。日本人はそのことを誇りに思ってよい。」と書きました。
このことで少し補足します。

確かに誇りに思ってよいとは思いますが、では、日本人の民族としてその能力が優れているかというと、そうではないと思います。
日本人が一丸となって、そのような風土のもと、一致団結した結果によるものと考えます。
ですから、能力というよりも、”魂”的なことと、団結力、勤勉さによるものだと考えます。
もっと言うと、他国でもやろうと思えばできた、とも言えましょう。

実は、日本以外の国は、日本が高品質で安い製品を作ってきたことを、日本人が思うほど尊敬していません。
それどころか、「フェアでない」と思っている人が少なからずいるのです。

どういうことかと言うと、そうした製品を作り出せた理由は、単に優れた技術力だけではなく、長時間のサービス残業とか、個人の自由よりも全体思考とか、顧客の言われるがままに妄信してしまう、といったことが挙げられます。
日本人はこれらを美徳と考える向きもありますが、実はこれらのことは、今の日本のデフレの原因になっているばかりではなく、他国の自由競争をも阻害するようなことにもなってしまっている、という現状があります。
(簡単に補足すると、コストを度外視した高品質製品を作ってしまったことにより、国内外の健全な経済活動に悪影響を与えてしまったと言えます)

要は、高品質で安い製品を作ればいい、というものでもないこと。
前回の記事で書いた、韓国人は、性能はそこそこにし、リスクはあるけど、世界的にマーケティングがうまく行きそうな材料を選択したわけですが、そうしたことをもっと評価すべきと考えます。

これからの日本は、普通の人が自由な考えを持ち、無理しない範囲で、競争力をもつ製品なりを作っていくことが一つでしょう。
スポンサーサイト



テーマ : 韓国
ジャンル : 海外情報

日本と韓国の違い(僕なりの体験談)

みなさまこんにちは。
お盆休みに突入しました。
西日本の方は台風が心配ですね。
お元気にお過ごしでしょうか?

今回の記事は英文ブログ(←クリック)でも同内容で同時公開です。
(ちなみに、英文ブログは現在トップに固定記事を掲載していまして、通常記事は2番目に更新していますので、ご注意ください。英文ブログでは、どうもみなさま2番目に通常記事を更新していることに気付いておられないようですので、ぜひよろしくお願いします!!

今回は、僕が前の会社で半導体高集積回路用の材料の開発と技術サービスに従事していた時期、1991~2003年、に感じた日本と韓国の違いについて書いてみる。
あくまで僕なりの体験談である。

当時は、日本の半導体王国としての時代が終わり、バブルも弾け、サムソンをはじめとする韓国の企業が台頭を始めかけていた。
僕は、アメリカ系の企業にいたこともあり、アメリカ人、韓国人、その他の外国人との付き合いが多く、彼らの考え方を直接的に知る機会が多かった。

韓国は日本に似た文化や風習があるため、企業人としての考え方が似ていることも多い。
しかし、僕が半導体業界にいた時代は、まさに日本と韓国の差が如実に出て、そしてそれがその後の両国の運命にもつながって行ったと考える。

日本が半導体王国であった時代には、日本の半導体製造企業は、まさに日本人のよさを100%開花して優れた品質の半導体製品を作った。
その機動力となったのが、「お客様は神様です」という風土と、集団で連携してよい仕事をするスタイル(僕はこれを”集団智”と呼ぶ)、だったと考える。
半導体製品を作る会社も、その会社へ原料の材料を納める会社も、一様にこの日本人の特性を生かして、高品質のものを作ったのである。
最近、韓国への輸出をストップしている高純度のフッ化水素などもその一例である。

このような高品質の材料や製品を作る力は、やはり日本が長けていると言わざるを得ない。
日本人はそのことを誇りに思ってよい。

しかし、日本のバブルが弾けるころ、この構図が変化を見せ始める。
韓国人は日本人と似た特性を持っているとはいえ、日本人ほどの「お客様は神様です」の精神はない。
韓国の人口は日本の半分もないので、国内市場は限られている。
従って、製品を輸出することに主眼を置かなければならなかった。
そこで、高品質一辺倒の日本とは異なり、外国へ目を向けマーケティングを強化し、リーダーシップやグローバリズムを強化した。
アメリカの強いところを徹底的に学んだのだ。

僕はその頃、アメリカサイドが開発した半導体層間絶縁材料を国内外に売り込む仕事もしていた。
そのアメリカの材料は新しいコンセプトであり興味深いが、半導体製品に組み込んだ場合の歩留まりが今一歩だったのと、半導体工場にとって新しいプロセスの導入になるので、日本の半導体製造企業からはなかなか受け入れられなかった。

そこで、アメリカが目をつけたのがサムソンを筆頭とする韓国企業。
韓国企業は、多少歩留まりが悪くても、リスクがあっても、新しいコンセプトのこの材料を積極的に導入した。
これをきっかけに、韓国企業の破竹の勢いが始まるのである。

韓国企業の強みは、高品質というよりも、グローバル思考であり、マーケティングであり、リーダーシップであり、リスクテイクであると言える。
日本人は、このことを冷静に評価しないといけない。

そして蛇足だが、1990年代には日本の多くの半導体技術者が小遣い稼ぎのために、韓国企業のために内緒で技術を教えていた事実がある。
週末ともなると行き帰りの飛行機の中は、知った顔でいっぱいだったと言う。(これは実際に聞いた話)

我々日本人は、過去の反省すべきところは反省し、韓国のよいところは冷静に評価し、過去の強みに固執せず、そして、今後我々は何ができるかを真剣に考えなければならない。

テーマ : 韓国
ジャンル : 海外情報

改革に燃える者でも長い物に巻かれることだってあり得る

みなさまこんばんは。
もうすっかり酷暑になりましたね。
お元気でしょうか。
ビールが上手いですけどね。

今日の記事の要約
・全くタイトルの如し。
・N国党立花孝志さんのことも書かせていただいた。

続きを読む

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

明日上司に仕えるみなさまへ

みなさまこんばんは。
まだまだ雨が降ったり止んだりですね。
そして結構暑くなってきました。
お元気でしょうか?

前回紹介させていただきました大西つねきさん。
今回れいわ新選組で出ましたけど、もともとフェア党という政治団体を持っておられます。
とても素晴らしい考えを展開されておりますが、一方で一つ一つ検証も必要です。
ケチをつけたいと言う意味ではなく、どんな考えも避けて通れない道だからです。

少なくとも、今の自民党政権も、あるいはいかなる政党も、大西さんの考えに対しきちんと議論できない限りは存在価値がない、と僕は思っています。
僕が多分正しいと思う大西さんの考えの一つは、財政の赤字というものは、政府の浪費のせいでも税収の不足のせいでもなく、国債の利子を補填するためにさらに国債を発行するからだ、ということ。
やり方がよいとか悪いとかではなく、現在のお金の発行の仕組み(誰かが借金をすることでしかお金は発行できない)が本質的に行き着く当然の状態である、と。

この考えをまず白黒つけないと、税金の意味、そして消費税の問題をどうするかの議論は空転します。
大西さんは消費税の本質についても実に素晴らしい考えを述べておられますので、URLを下に貼っておきます。

https://youtu.be/ZBAfbU1wB5g
(「日本一丸」というのはフェア党の旧名称です)

僕はこのブログでつねづね、今は自分のプラスは他人をマイナスにすることで相対的に優位に立つことが横行している、と書いています。
そしてその理由として、経済がゼロ成長になているから、と書きました。

でも大西さんの言うように、この世の中のお金の総和は借金の総和と同じ、すなわち、お金とは全体的にはゼロなのです。
だから、お金的に成功している人は必ず誰かのお金的にマイナスの人の存在あればこそなのです。

従って、この金融経済のもと、誰かが誰かを支配するなんてことは、経済がゼロ成長になろうがなるまいが、そもそも虚構に過ぎないわけです。
例えば、会社なんてものも、組織があり、役職があり、契約があり、と、いかにも人が人を支配しています。
けど、そもそも人間の価値はお金などで測れるものでなく、そんな虚構のために多くの時間と労力を割き、精神が蝕まれているとしたら、何たる人生の無駄ではありませんか。

昨日の宮迫さんと田村さんの会見を見てもそんなことをちらっと思いました。
明日上司に仕えるみなさまも、ぜひ魂まで売らないでください。
この国のことを真剣に考えませんか。

テーマ : このままで、いいのか日本
ジャンル : 政治・経済

「国家経営」の革命的考えだ!!

みなさまこんばんは。

まだまだ梅雨寒が続きますね。
3連休はいかがお過ごしでしょうか。

昨夜、ネットからとんでもない収穫があった。

みなさまは、れいわ新選組の比例区から立候補した大西つねきさんという方をご存知だろうか?
僕は大西さんの名前は前から知ってはいた。でもどんな人かは知らなかった。
最近ユーチューブを観ていると、右のプレビュー欄に盛んに大西さんの動画が出てきていたので、「こりゃひとかたならぬ主張をしている人なんだろうな」と思っていた。
そこで昨夜、まずは1つ動画を観てみた。
そしたら、超超超感動。

まずはとにかく、知的興奮である。
知的興奮というのは、人間のあらゆる興奮の中で最上位に属すと断言する。このブログで何度も書いてきた。
もし知的興奮の醍醐味を味わないで一生を終えるとしたら、とても味気ないことだ。

この大西さんという方。
何が知的興奮かと言うと、国家の経営ということについて、すごく上の方から俯瞰して、全く新しい考えを展開していることだ。
人の活動・幸せとは何か、経済活動とは何か、日本のやり方とか何か、税金とか何か・・・について、「お金」ということを基軸に、革命的な国家の経営について考えを展開している。
そして、それを新しい政治に展開しようとしている。

物事というのは、個別具体的なことも重要だが、一般的なこと、すなわち上の方から俯瞰したことの方が、より貴重のように思える。(このブログでも書いた)

科学で言えば、相対性理論、とりわけ一般相対性理論が尊いことと似ている。
科学の究極の一般化は、宇宙とは何かについて一言で表現することである。
アインシュタインの一般相対性理論とても完全ではない。
宇宙を完全な一つの式で表現する、いわゆる”神の数式”こそがゴールだ。

僕は大西さんの考えをほぼ理解できた。もしうまく回るなら、社会を一気に幸せにする可能性があるだろう。
大西さんの言うことの部分的なことのそれぞれは、既に見聞きしたことがある。
評論家のうち何人かは、大西さんの取り上げているいくつかの個別具体的なことについて、大西さんと似たような新進的な発言をしていた。しかし、なぜその評論家がどのような考えの背景からそのことを言うのかがよくわからなかった。

大西さんの素晴らしいところは体系化にある。しかもとても上位概念の体系化だ。しかも、ある程度の詳細部分も固めている。
金融の出身ということもあり、お金の本質を基軸にまとめている。
大西さんの言うことは難解ではない。中学生でもわかると思う。
着想と体系化が素晴らしいと言える。

ただし、である。
だからと言って、安易に流されてはいけない。それは、1つ前の記事で書いた通りである。
確固たる時分の考えを持って聞くべきである。

僕は金融の専門家ではないので、1つ1つの詳細は本当に正しいかどうか、確信的には判断できない。
大西さんの考え方は、専門家とか政治家とか、議論を戦わせる必要があると思う。
そのうえでなお筋が通っているなら、これはかなり有望な国政の先鋒となるだろう。

最後に、大西さんの最近の講演会の動画のURLを貼っておく。
2時間45分は決して無駄にならないどころか、3連休の最高の知的興奮になることは保証する。

https://youtu.be/Pj_j09RqO1g
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード