FC2ブログ

今の政治のあり方は僕ら世代の責任

みなさまこんばんは。
豪雨で被災された方々へ心よりお見舞い申し上げます。

まだまだ会社では戦いが続きます。
それにしても、上司というのは部下に気を遣わせてはいけませんね。

岩手県で感染者ゼロは疑わしいと思います。
単なる感覚で言っているのではありません。
通常、ウイルス検査においては、本当は感染者ではないのに陽性と出る確率が一定数あります。
通常、その確率は1~2割と言われています。
新型コロナにおいてはまだその確率は明らかになっていませんが、ゼロというのはあり得ません。
岩手県でのこれまでの新型コロナに関するPCR検査の実施数は、県のウェブサイトによれば、7/9まで1,078件となっています。
1,078件続けて陰性が出るのは、天文学的に低い確率です。

そもそもウイルスの検査というのは目安あるいは確認のためのものであって、その結果だけをもって唯一無二の判断根拠にするのは誤りなのです。
首相の言う「真の感染者数はその10倍とも20倍とも考えられる」は一面の真実ですし、あるいは逆に、「陽性者数のうち、真の感染者数はその8割とも考えられる」という言い方も一面の真実だと思います。
そろそろ検査の陽性者数で一喜一憂するのはやめ、患者数(もっと言うと重症患者数)の推移で論ずるべき局面に入ってきていると思います。
また、一人置きに座るとか、ステイホームとかは、本来期限付きの対策であったにもかかわらず、これが新しい時代のトレンドであるが如くに、新しい勝ち組を張りたいマスコミや一部商業家にすっかり乗せられてしまっているのが大多数の国民です。

もともと日本人は、個々が本質的なことを考えるのが苦手な民族でした。
しかし、頭がよく、勤勉で、和を重んずる日本人は、”集団智”(僕の造語です)とも言えるべき優秀な全体成果を出してきたのでした。

戦後、高度成長が起こり、半導体や自動車に象徴されるように”ジャパン・アズ・ナンバーワン”となったのです。
そして大きな貿易黒字を上げました。

そして1985年にプラザ合意となるのです。
すなわち、アメリカは日本と西ドイツに円高(マルク高)を強く求め、日本はそのようにしました。
そして、バブル崩壊、そして今に至るまで、低(ゼロ)成長が今に至るまで続きます。

これにより日本は貿易で利益を上げることはできなくなりました。
そこでどうしたかというと、コストダウン。
いい意味でのコストダウンだけではなく、サービス残業や派遣労働も。

世界一のコストダウンと品質管理により、しばらくはいい意味で日本は隆盛を続けてきたのですが、やがて中国はじめ第3国の台頭が起こり、日本でのコストダウンも底がつきました。

そしてその後、日本ではこれ以上のコストダウンはできないし、新しいビジネスを生む力もなくなってきました。
こうなってくると、日本人はどんな傾向になってきたかというと、他者をだまくらかして貶め、自分がその分吸い上げるというものです。
いわゆる格差社会というものができ始め、そこには”勝ち組”、”負け組”という存在ができ始めました。

そして、勝ち組のやり方というのは、ただでさえ個の考える力が弱い日本人を、さらに考えなくさせ、一定の方向に導き、それを礎として自分は新しい(悪の)ビジネスモデルを立ち上げ甘い汁を吸うものです。
悪平等としての男女が全く同じことをやらないといけないという考え。
派遣労働。
アメリカ流の成果主義。
これらは、今になって考えると、安易に導入すべきではありませんでした。

日本人というのはこれだけゼロ成長になってもなお、頑張って生き働き、コストダウンに協力し続けています。
政治とかマスコミは、上記したような風潮で”弱い民”をコントロールしています。

以上、誇張して書きました。
これが全ての見方というわけではありません。
けど、日本人がなぜ考えない民族になってしまったかのかということを考察するには、おそらく誤っていない見方だと確信しています。

そして思うのです。
僕らの世代がもっとちゃんと考えていればよかったのです。
安易にコストダウンせず、サービス残業などすることなく、製品は高くてもよいので適正な価格で売り、余暇を犠牲にすることなく、安易にアメリカ流成果主義に乗らず、派遣労働の設立には合意せず、そして悪平等の男女同等には賛同しなければよかったのです。
まさに僕らが一番いけないのです。

せめて死ぬまでの期間、できる限り、今からでも考えてみたいと思います。

例えば、向こう10年くらい、次のようなことをやってみたらどうかと思います。
・残業をやめる(多くても毎月20時間以内)
・終身雇用とし、アメリカ式成果主義の廃止
・夫婦の一人だけでも十分暮らせる給与に上げる
・派遣をやめ全員正式雇用
・企業の内部留保を減らし従業員に還元
・以上を実施した企業には政府から多額の補助金の給付
・各家庭にも毎年100万程度の給付金

今なお、多額の政府の資産として黒字計上されているお金を切り崩してもらいましょう。
日本人のことだから、上記対策を実施したところで、そこそこのコストダウンはできるし、それこそ集団智により優れた物を生産し続けることでしょう。
すると、かつてのジャパン・アズ・ナンバーワンにはならなくても、余裕で世界5位以内くらいのリッチな国であり続けることでしょう。
10年くらい試行してもいいのではないでしょうか。
ただし、強力なリーダーシップが必要になりますね。

さらに言うと、対外収支が赤字になってもいいのです。
アメリカのように真っ赤でも、強味を生かして存在し続ける国もありますから。

要は、今こそ、日本人が本質から考えることをするべき時期なのではないか、と思う次第であります。

それでは今日のオマケは、2018-12-1に多重録音したビートルズ初期の傑作の一つNo Reply。
最近、リバイバル品ばかりですみません。
どうにも忙しくて、なかなか新しい多重録音に取り組めません。もう少ししたら必ずやります。

このNo Replyの録音は超手抜きでかつ荒っぽくやり、しかも途中リズムが乱れまくっているし、高音の声がかすれてしまったり、と散々な出来でしたので、酷評されるべき作品でした。
しかし、予想に反して思わぬ高評価をいただいたのでした。
ハートだけは伝わったかもしれません。

さて、今回これをリバイバルする理由の一つは、当時はまだyoutubeをやっておらず、BLESTARという再生プレイヤー機能を提供するサービスを利用していました。
そのサービスは再生サービスだけを提供するので、音源はどっか別の所に置く必要がありました。
そこで、FC2に無料で置かせてもらっていました。みなさまが画像を置くのと同じことです。
無料で置く場合の容量制限が1ファイル2MB。
楽曲の場合の2MBって、mp3の場合、まともな音密度ではせいぜい2分までですよ。
No Replyの場合は3分近かったので、大幅に音密度を落とさずを得ませんでした。
そのBLESTARは、最近どうもサービスを終了したようで、使えなくなりました。

そこで今回は、音密度を十分上げた状態でオリジナル音源からmp3を書き出し、youtubeに投稿しました。
では、駄作ながらお楽しみください。

スポンサーサイト



テーマ : これからの日本について
ジャンル : 政治・経済

日本と韓国の違い(僕なりの体験談)(補足)

2019-8-17 06:42追記
お盆休み終盤のごあいさつとして、2年前のお盆休みにアップした、即興的なLet It Beの録音を再貼りします。
ピアノ弾き語りに加え、コーラスを初めて付けてみました。

Use head phones.
みなさまこんにちは。
お盆はいかがお過ごしでしょうか?

僕にとって2人目の孫ですが、予定日を過ぎましたが、まだ生まれません。
初産のため少し時間がかかると思われます。

前回の記事で、「このような高品質の材料や製品を作る力は、やはり日本が長けていると言わざるを得ない。日本人はそのことを誇りに思ってよい。」と書きました。
このことで少し補足します。

確かに誇りに思ってよいとは思いますが、では、日本人の民族としてその能力が優れているかというと、そうではないと思います。
日本人が一丸となって、そのような風土のもと、一致団結した結果によるものと考えます。
ですから、能力というよりも、”魂”的なことと、団結力、勤勉さによるものだと考えます。
もっと言うと、他国でもやろうと思えばできた、とも言えましょう。

実は、日本以外の国は、日本が高品質で安い製品を作ってきたことを、日本人が思うほど尊敬していません。
それどころか、「フェアでない」と思っている人が少なからずいるのです。

どういうことかと言うと、そうした製品を作り出せた理由は、単に優れた技術力だけではなく、長時間のサービス残業とか、個人の自由よりも全体思考とか、顧客の言われるがままに妄信してしまう、といったことが挙げられます。
日本人はこれらを美徳と考える向きもありますが、実はこれらのことは、今の日本のデフレの原因になっているばかりではなく、他国の自由競争をも阻害するようなことにもなってしまっている、という現状があります。
(簡単に補足すると、コストを度外視した高品質製品を作ってしまったことにより、国内外の健全な経済活動に悪影響を与えてしまったと言えます)

要は、高品質で安い製品を作ればいい、というものでもないこと。
前回の記事で書いた、韓国人は、性能はそこそこにし、リスクはあるけど、世界的にマーケティングがうまく行きそうな材料を選択したわけですが、そうしたことをもっと評価すべきと考えます。

これからの日本は、普通の人が自由な考えを持ち、無理しない範囲で、競争力をもつ製品なりを作っていくことが一つでしょう。

テーマ : 韓国
ジャンル : 海外情報

日本と韓国の違い(僕なりの体験談)

みなさまこんにちは。
お盆休みに突入しました。
西日本の方は台風が心配ですね。
お元気にお過ごしでしょうか?

今回の記事は英文ブログ(←クリック)でも同内容で同時公開です。
(ちなみに、英文ブログは現在トップに固定記事を掲載していまして、通常記事は2番目に更新していますので、ご注意ください。英文ブログでは、どうもみなさま2番目に通常記事を更新していることに気付いておられないようですので、ぜひよろしくお願いします!!

今回は、僕が前の会社で半導体高集積回路用の材料の開発と技術サービスに従事していた時期、1991~2003年、に感じた日本と韓国の違いについて書いてみる。
あくまで僕なりの体験談である。

当時は、日本の半導体王国としての時代が終わり、バブルも弾け、サムソンをはじめとする韓国の企業が台頭を始めかけていた。
僕は、アメリカ系の企業にいたこともあり、アメリカ人、韓国人、その他の外国人との付き合いが多く、彼らの考え方を直接的に知る機会が多かった。

韓国は日本に似た文化や風習があるため、企業人としての考え方が似ていることも多い。
しかし、僕が半導体業界にいた時代は、まさに日本と韓国の差が如実に出て、そしてそれがその後の両国の運命にもつながって行ったと考える。

日本が半導体王国であった時代には、日本の半導体製造企業は、まさに日本人のよさを100%開花して優れた品質の半導体製品を作った。
その機動力となったのが、「お客様は神様です」という風土と、集団で連携してよい仕事をするスタイル(僕はこれを”集団智”と呼ぶ)、だったと考える。
半導体製品を作る会社も、その会社へ原料の材料を納める会社も、一様にこの日本人の特性を生かして、高品質のものを作ったのである。
最近、韓国への輸出をストップしている高純度のフッ化水素などもその一例である。

このような高品質の材料や製品を作る力は、やはり日本が長けていると言わざるを得ない。
日本人はそのことを誇りに思ってよい。

しかし、日本のバブルが弾けるころ、この構図が変化を見せ始める。
韓国人は日本人と似た特性を持っているとはいえ、日本人ほどの「お客様は神様です」の精神はない。
韓国の人口は日本の半分もないので、国内市場は限られている。
従って、製品を輸出することに主眼を置かなければならなかった。
そこで、高品質一辺倒の日本とは異なり、外国へ目を向けマーケティングを強化し、リーダーシップやグローバリズムを強化した。
アメリカの強いところを徹底的に学んだのだ。

僕はその頃、アメリカサイドが開発した半導体層間絶縁材料を国内外に売り込む仕事もしていた。
そのアメリカの材料は新しいコンセプトであり興味深いが、半導体製品に組み込んだ場合の歩留まりが今一歩だったのと、半導体工場にとって新しいプロセスの導入になるので、日本の半導体製造企業からはなかなか受け入れられなかった。

そこで、アメリカが目をつけたのがサムソンを筆頭とする韓国企業。
韓国企業は、多少歩留まりが悪くても、リスクがあっても、新しいコンセプトのこの材料を積極的に導入した。
これをきっかけに、韓国企業の破竹の勢いが始まるのである。

韓国企業の強みは、高品質というよりも、グローバル思考であり、マーケティングであり、リーダーシップであり、リスクテイクであると言える。
日本人は、このことを冷静に評価しないといけない。

そして蛇足だが、1990年代には日本の多くの半導体技術者が小遣い稼ぎのために、韓国企業のために内緒で技術を教えていた事実がある。
週末ともなると行き帰りの飛行機の中は、知った顔でいっぱいだったと言う。(これは実際に聞いた話)

我々日本人は、過去の反省すべきところは反省し、韓国のよいところは冷静に評価し、過去の強みに固執せず、そして、今後我々は何ができるかを真剣に考えなければならない。

テーマ : 韓国
ジャンル : 海外情報

改革に燃える者でも長い物に巻かれることだってあり得る

みなさまこんばんは。
もうすっかり酷暑になりましたね。
お元気でしょうか。
ビールが上手いですけどね。

今日の記事の要約
・全くタイトルの如し。
・N国党立花孝志さんのことも書かせていただいた。

続きを読む

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

明日上司に仕えるみなさまへ

みなさまこんばんは。
まだまだ雨が降ったり止んだりですね。
そして結構暑くなってきました。
お元気でしょうか?

前回紹介させていただきました大西つねきさん。
今回れいわ新選組で出ましたけど、もともとフェア党という政治団体を持っておられます。
とても素晴らしい考えを展開されておりますが、一方で一つ一つ検証も必要です。
ケチをつけたいと言う意味ではなく、どんな考えも避けて通れない道だからです。

少なくとも、今の自民党政権も、あるいはいかなる政党も、大西さんの考えに対しきちんと議論できない限りは存在価値がない、と僕は思っています。
僕が多分正しいと思う大西さんの考えの一つは、財政の赤字というものは、政府の浪費のせいでも税収の不足のせいでもなく、国債の利子を補填するためにさらに国債を発行するからだ、ということ。
やり方がよいとか悪いとかではなく、現在のお金の発行の仕組み(誰かが借金をすることでしかお金は発行できない)が本質的に行き着く当然の状態である、と。

この考えをまず白黒つけないと、税金の意味、そして消費税の問題をどうするかの議論は空転します。
大西さんは消費税の本質についても実に素晴らしい考えを述べておられますので、URLを下に貼っておきます。

https://youtu.be/ZBAfbU1wB5g
(「日本一丸」というのはフェア党の旧名称です)

僕はこのブログでつねづね、今は自分のプラスは他人をマイナスにすることで相対的に優位に立つことが横行している、と書いています。
そしてその理由として、経済がゼロ成長になているから、と書きました。

でも大西さんの言うように、この世の中のお金の総和は借金の総和と同じ、すなわち、お金とは全体的にはゼロなのです。
だから、お金的に成功している人は必ず誰かのお金的にマイナスの人の存在あればこそなのです。

従って、この金融経済のもと、誰かが誰かを支配するなんてことは、経済がゼロ成長になろうがなるまいが、そもそも虚構に過ぎないわけです。
例えば、会社なんてものも、組織があり、役職があり、契約があり、と、いかにも人が人を支配しています。
けど、そもそも人間の価値はお金などで測れるものでなく、そんな虚構のために多くの時間と労力を割き、精神が蝕まれているとしたら、何たる人生の無駄ではありませんか。

昨日の宮迫さんと田村さんの会見を見てもそんなことをちらっと思いました。
明日上司に仕えるみなさまも、ぜひ魂まで売らないでください。
この国のことを真剣に考えませんか。

テーマ : このままで、いいのか日本
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード