FC2ブログ

「アポロ11」を観た

みなさまこんばんは。
「1週間」というのは本当に苦行ですね。
僕の場合は、24の時からもう2,000回近くも1週間を乗り越えるという苦行を重ねています。
月曜の朝、1週間なんてとてもじゃないけど乗り越えられないぞ、という絶望の淵からスタートし、こうしてどうにか水曜という中日を迎え、そしてどうにかこうにかめでたく金曜の夕方を迎える。
こうしたサラリーマン稼業をあと30年続けろと言われたら、それはもう地獄の沙汰ですね。

実は、最近、自分のネット環境では、ある程度の映画が無料で観放題であることを知りました(遅い!)
そこで、ならばそれを利用して少しずつネット配信の映画を観始めています。

では本題。

もはやジイさんの僕だけど、自慢できることが2つある。
前回東京オリンピックとアポロ11号をライブで観ることができ、マジで感動したことである。

最近も宇宙関係のトピックは多いけれど、やはり人類が初めて他の天体へ降り立つという快挙をライブで観ることができたのは幸せだった。
1969年7月のことだった。小学校6年だった。

その後も今に至るまで、アポロ11号にまつわるいろんな画像や動画を観る機会はあった。
でも、アポロ11号を通し観る機会はなかったので、今回のこの「アポロ11」を観るに至ったのであった。

で、観た感想だが、よい映画だと思った。
・・・というか、僕は映画通ではないので、映画を論評する力はない。
少なくとも感じたのは、アポロがどうやって月へ行き、どうやって帰ってきたのか、その仕組みを通しで知りたい人には、うってつけの動画だろうということ。
ただし、一つ難を言えば、全ての行程を均等の時間割で描いていいるのではない。例えば、地球を発射するまでの部分がやけに長い。

ところでみなさま、アポロ11号というのは一歩間違えれば大惨事だったことをご存知だろうか?
しかも、まさに月に着陸しようとしている瞬間という象徴的な場面において。

月着陸船イーグルが、静かの海に着陸するまでの一連の操縦は全てコンピューターによる自動で行われていた。
まさに着陸せんという大詰めにおいて、船内には原因不明のエラーメッセージが鳴り響いた。
そのエラーコードは乗組員もヒューストンの管制員も誰も理解できない。
警告音と意味のなさないイーグルとヒューストンの交信会話が続き、やがてイーグルは無事着陸する。

映画はそこで管制室を映し出す。
凍り付く表情でどうにか胸を撫で下ろす管制チーフの姿。室全体も凍り付いた雰囲気。
すると管制室のスタッフの一人がガッツポーズで喜びを表そうとするのをチーフが制するシーン。

要するに、とても喜んではいられないほどの超緊急事態だった。
多くの人は事の真相を知らない。映画もかなりぼかしている。
僕は、ある情報からそのことを知った。
真相はこうだ。
イーグルが静かの海の着陸地点に近づくと、月表面は思ったよりも凸凹があり、コンピューターは滑らかな地点を判断しようとするも処理が忙し過ぎて悲鳴を上げてしまった。
そこで、咄嗟にアームストロング船長は手動運転に切り替え難を凌いだというわけだ。燃料ななんとあと数十秒分残っていたのみ。

映画では、月に着陸しして少ししてから、手動運転に切り替えた旨の報告をアームストロングがヒューストンに向けて話すシーンがあった。落ち着いた口調だった。
映画ではヤバかったことは特別描いていない。
地球帰還後、11号の乗組員は、イーグルのコンピューターシステムを設計したGEに猛烈に抗議したそうだ。これも映画では描いていない。

映画では描かれていなかったアポロ11号関係の話がもう2つある。

1つは、最初に月に降り立つ(=the first man)をアームストロングにすべきかオルドリンにすべきかは相当揉めたそうである。
2人の間にもかなり確執があったようだ。

もう1つは、イーグルが月から離陸する時の危機一髪の話。
離陸のためのエンジンの点火のためのスイッチのレバーを、アームストロングかオルドリンのどちらかが、誤って体をぶつけて折ってしまったのだという。
多分、トグルスイッチのようなものだろう。
困り果てたオルドリンは、持っていたボールペンでスイッチをつついたら、めでたくスイッチが入ってエンジンが点火したとのこと。
これはオルドリン自身が後のテレビ番組で言っていた。
まあ、なんとも危なっかしい話ではないか。
着陸する時も離陸する時も絶対絶命のピンチ。
人類史上世紀の大事業が大惨事に終わる可能性がかなりあったということだ。

アポロ11号が失敗に終わった可能性が高かったわけであり、今のこの世の繁栄もどうなっていたかわからなかったとも言えよう。

なお、この映画を観ると、アポロ捏造説は否定したくなる。
やはり間違いなく月に行ったのだろう。
スポンサーサイト



テーマ : 最近観た映画
ジャンル : 映画

「美女と野獣」を観ました

みなさまこんばんは。
毎日蒸し暑いですね。
まだ真夏も序の口だというのに、寝る時に冷房を欠かせなくなってしまいました。
子供の頃は扇風機だけだったのに。
この夏を乗り越えられるか心配です。

みなさまはいかがですか?

ここ最近の仕事(本職)も趣味も、これからの起業的な準備も、どれもわりと快調ではあります。
もちろん、いろんな問題とか人間関係の難しさというものは常に付きまとっていまして、それなりに苦労も絶えないのですけど。
でも、総じて快調と言えましょう。

にもかかわらず、最近、なんとなく漠然とした不安感にかられることも多いのです。
そして仕事においても、ごく最近集中力が落ちてきました。
なぜだろう?とずっと考えてきたのですが、どうもよくわかりませんでした。
そんな中、今日、はっと気付きました。
「こりゃ左脳を駆使し過ぎとるわい!」と。

日頃、「心技体」の重要性を強調し、実践はしているつもりです。
でも、左脳、右脳のバランスを取ることは時として疎かになってしまうのです。

とにかく僕の場合は左脳を使うことのほうが好きなので、右脳は意識的に使うようにしないと、自然に使うことはどうしても左脳に後塵を拝してしまうのです。
そこで今日は、帰宅してから、左脳使いを一切やめ、映画を観ることにしました。

5/19にTVで放映した「美女と野獣」の実写版を録画していたので、一気に観ました。
すごくよかったですよ~!
そもそも美女と野獣ってあんなストーリーだとは知りませんでした。
単なるユーモラスなアニメかと思っていました。

これはもう、人間の性(さが)奥こそまで描き切った傑作に他ならないと思いました。
そして右脳がビンビンに刺激されました。

なんか今日は得るものが大きかったですね。
明日からは仕事に集中できそうです。

次回の記事は左脳を駆使した内容の予定です。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

その後映画鑑賞記

みなさまこんばんは。
1週間をこなすのはしんどいですね~
そして今日は夕方からとても寒くなりました。

ああ、映画です。

続きを読む

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

感涙にむせぶ・・・「レ・ミゼラブル」

みなさまこんばんは。
プチご無沙汰いたしました。
お元気でしょうか?
今週もほどほどに乗り切りましょうね。

久しぶりに映画観ました。

続きを読む

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

北北西に進路を取れ

みなさまおはようございます。
大掃除の話と合唱コラボにはたくさんの拍手およびコメントをいただき、どうもありがとうございました。

みなさまGWはいかがお過ごしでしょうか?
お仕事の方も少なからずいらっしゃることでしょう。本当にお疲れ様です。
僕は今週一杯休みなのですが、昨日は特別に本社に来客があったために、本社へ行きました。
来客を終えたらさっさと帰る予定でしたが、別件に巻き込まれ、1時間半も残業する羽目になりました(-_-;)

今日は映画のお話です。

続きを読む

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード