FC2ブログ

右と左の謎(チコちゃんの番組から)

みなさまこんにちは。
社会とメンタルに関するとても大事な記事を書いていたのですが、先ほどNHKのチコちゃんの番組で、超メチャメチャおもしろい問題を取り上げていたので、予定を変え急遽記事にします。

右と左の謎については、前々回の記事をはじめ、当ブログでたびたび扱っている一生のテーマです。

ではまず、先ほどの番組の内容を簡単に紹介します。
「鏡に映ったものが左右逆に見えるのはなぜか(例えば、自分が右手を挙げた場合、鏡に映った自分は左手を挙げているように見えるなど)」という問題をチコちゃんが出しました。
答え=まだよく分かっていない。
よく分からないことが分かった人は頭がいいと言っていました。
この問題はソクラテス以来、2000年も難問であり続けているそうです。
僕のブログで取り上げている問題と関連もありそうで、とても興奮しました。

番組では大学の先生(お名前を忘れてしまいました)が出てきて、解説をしていました。
左右というものは、上下の方向と前後の方向が決まって初めて決まるものだ、と。
例えば、立って南を向き、東の方向が左である。
鏡に映った自分というのは前後が逆になっているから、左右が逆に映って見える、と先生は説きます。

人間だから上下と前後が決まるのです。
実物の自分と鏡に映った自分では前後の向きが逆になっているので、左右反転したように見える、と。
これがもし茶碗や鉛筆(削ったもの)のようなものなら前後が決まらないので、鏡に映ったものは左右反転したようには見えない、と。

ところが、いろんな人にアンケートを取ってみると、約3、4割の人は右手を挙げている自分が鏡に映っている姿は、右手を挙げているように見えるそうです。
その理由として、脳内での変換が人により違うのようなことを言っていました。
例えば、車のバックミラーに映る後ろの車が右ウィンカーを出して右車線へ進路変更していった場合、ミラーに映るウィンカーは左ではなく右に見えるように、人の状況により左右の捉え方は違うのだろう、とのこと。

まさにこのあたり、右と左は相対的なものでしかない、あるいはまた主観的なものでしかないかもしれない、と当ブログで書いたことと似ています。

以上が番組で言っていたことです。
そしてここから先は僕が考えたことです。

鏡に映っている自分は左右反転しているように見えるのは、多分に、人間というものが左右対称にできているからではないでしょうか。
鏡に映る自分が、もし内臓まで透けて映ったとしたら、鏡の中の人間は心臓が右にある人物です。ここまで掘り下げると、人間は左右対称ではなくなります。
自分が右手を挙げたとして、鏡の中の人物は心臓のない方の手を挙げているので、それは左手と認識できない場合が出てくるように思います。
あるいはもっと極端な場合、人間がもし右の肩にすごく目立つ角(つの)のようなものがあったとして、その角をもって右手だと認識するような脳の回路が一般的だった場合は、鏡に映る人間が挙げている手は、角のあるなしにより判断することになるでしょう。

そしてさらに掘り下げて、以下のように考えてみました。

鏡に映る自分は左右反転した自分?
そうじゃなくて、上下反転した自分でもいいんじゃないのか?
だって、鏡には上下と左右を識別する能力なんてないでしょ。

人間が勝手に上下を決めているのであるから、左右が反転しているように見えるけど、もし左右というものが絶対的に決まっているのなら、鏡に映ったものは上下が反転するように見えるはずではないでしょうか?

多分ですね、人間の構造というものが左右のみ対称であり、上下には対称ではないことが、上下というものを絶対視してしまっている根本原因だと考えます。
ここで言う「下」とは重力が向く方向ということになります。

実際にはあり得ないことですが、次のようなことを想像してください。
もし人間という生き物は、足を常に東の方向に向けて、横向きに浮遊した状態で暮らすとします。
地面の方向の手を下の手、空の方向の手を上の手と呼びたいのですが、それは人間がどっちを向くかにより定義が異なりますね。
そこで、北を向いた場合に地面の方向を下の手、空の方向を上の手、などと定義できます。

このような人間が、自分の姿を鏡に映した場合、もし上の手を挙げたなら、鏡の中の人間は下の手を挙げているように見えることでしょう。
ところが、今現在の常識から見てしまうと、寝ている状態であろうとも、右手を挙げたのが左手で挙げているようにしか見えません。

このように、鏡に映っているものがどう見えるのかというのは、絶対的なものではなく、脳内でどのように処理して認識するかの領域であることが分かってきます。

科学的には鏡面対称とは何であるかははっきり分かっています。
しかしながら、鏡に映ったものがどう見えるか、そしてさらには右と左とはそもそも何なのかは、哲学的、社会的なことも含めて奥が深いと言えます。

しんどいことも多い今日この頃ですが、土曜の朝によい番組を観てとてもよい気分になりました。
何かと話題の多いNHKだけど、今日においてはありがとう!
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

今度の台風を全知全霊をかけて予想する

10/12(土)午後1時追記

11時現在、台風19号の中心気圧は945hPaまで弱まりました。
気象庁の雲の画像のHP(←クリック)を見ると、先ほど台風の目がはっきりしなくなりました。
今後衰えてくると予想します。そうだとすると風はそんなには大したことはないでしょう。(とはいえ、これまで強い勢力できているので、もちろんそれなりの強風は吹きます。進路の右側に当たる神奈川の東端や東京都心や千葉では風の警戒は必要です)

それより、雨の方を気を付けるべきでしょう。
なぜなら、雨は中心気圧が高くなる(=台風の勢力が弱くなる)こととあまり関係ないからです。
昨日夕方の時点では、雨雲のすごい発達はあまり観測されていませんでした。昨日の夜半ごろから台風の北西側に非常に強い雨雲が発達し始めました。
特に静岡県、神奈川県の河川に近い方は早めの避難がよいかもしれません。


みなさまこんばんは。
台風19号が明日上陸ないしかすめる見込みだ。

僕の千葉の家は、前回15号では損壊しなかったと思ったら、後で業者に見てもらったら、結構屋根がやられていたことがわかり、現在応急処置を施してある。ブルーシートを張るような大規模な損壊は免れた。
しかしまた19号。
またしても予想進路は東京湾ないしは房総半島直撃か、かすめる。
ここ数年の台風の進路予想はものすごく正確になった。だから、今回も間違いなく最大の風が吹くのは千葉だ。
台風の進路の右側の方が左側よりも風が強い。そして中心に近いほど強い。でも中心そのものは目なので無風だ。
だから、、中心より数十km右側あたりが最も風が強い。
よって、今回も千葉だけ特別な風が吹き、ほとんどの陸地は左側なので、それほど大したことはないだろう。
 
嗚呼、なんて神様は無常なのだろう。
被災地が今回も最も風が強いなんて。

今現在、19号の中心の気圧は925hPa。
TVなどでは、経験したことのないような風が吹くと言っている。

ではではでは。
小学生の時から台風をとても個人的に研究しているこの僕が、全知全能で予測してみる。
もし間違った結果だったら、このブログで謝罪することにする。
そして、今回の記事では細かい所には誤りがあるかもしれないが、そこは追及しないでほしい。大枠の話として聞いてほしい。細かいデータなどを確認しているヒマなどないからだ。

進路予想=気象庁、各予報士が予想している通りだろう。つまり千葉が最も強い風が吹く。(残念だが、受け入れるしかない)
上陸時の強さ=970hPa程度
被害の程度=普通の台風程度(風的には大したことないが、雨はたくさん降るだろう)

風は大したことないとは言っても、もちろん普通の台風並みの被害は出るので軽んじてはいけない。

今回、昨日まで915hPaというかなり低い気圧を示していたので、大騒ぎしているが、実はそれほど珍しくはない。
たいていの台風は北上し、そして陸地に近づくと衰えるのが普通だ。

台風が勢力を発達または維持するためには、主に水蒸気の活発な供給がないとだめ。
水蒸気が活発に供給されるには、台風の下が海でないといけないし、周囲も海の方がいい。つまり大海原である必要がある。
それと海水温。

南海上でいくら900hPa近い勢力があっても、日本列島に近づくにつれどんどん弱まるのが普通だ。
しかも10月だから日本近海の海水は9月よりは低くなっている。

前回15号では、とても普通じゃないことが起こった。
日本近海に近づく頃には965hPaまで弱まったが、上陸直前に相模湾あたりで955hPaまで発達してしまったのだ。
この955という数字が千葉にあの強風をもたらした。

なぜ陸地の間近で発達したのか?
僕はその理由として、海水温の急な上昇と台風のサイズが小さかったことだったと推定している。

気象庁の海水温のHP(←クリック)を見てほしい。
15号が上陸せんとしていた9月8日は日本南岸沿いの海水温が30℃近く、しかも、その前の数日よりも急に上がったことが見て取れる。
しかも台風のサイズが小さかったので、台風の雲が陸にかかっていた割合も少なかったのであろう。
ピンポイントで発達してしまったと考える。
さらに、推測だが、まだ幼年期の台風だったために、発達する素性があったのかもしれない。

それに対し、今日現在の日本沿岸の海水温は25℃くらいである。
今現在、まだ北緯30度よりも少し南にいるので、海水温は28℃くらいだろうから、勢力は維持しているけど、もう少し進むとどんどん弱ってくるものと思う。
しかも今回はサイズが大きいので、陸に近づいて衰え方の程度も大きいだろう。

マスコミは責任回避のために、やたらに大げさな発言をしており、誠意がない。

以上である。
どうか予想が当たってくれ。そうでないと困る。

テーマ : 天気
ジャンル : ニュース

地球温暖化について僕の意見

みなさまこんばんは。
今回は記事を2つ同時に上げました。
次の記事もぜひよろしくお願いします。
なお、この記事の要約は省略させていただきます。

続きを読む

テーマ : 地球温暖化
ジャンル : その他

緊急記事: とんでもない宇宙科学のトピックが飛び込んで来た!!!!!

明日からまた月曜の仕事が始まるので、日曜の最後にのんびりTVを観ていたところ、とんでもなく興奮し、びっくりし、大事なトピックを目にしたのだ。
従って急遽記事にする。

先ほどのNHKスペシャルの宇宙の特集で、ブラックホールを取り上げていた。
ブラックホールそのものの解説も素晴らしかったが、僕が注目したのは、それよりも人間の起源についてだ。

人間、あるいは動物、の主たる構成物質はタンパク質であり水だ。
でもそれだけでは人間の機能を現すことはできない。
鉄、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム....という様々な元素がないと人間の機能が出ない。

炭素とか酸素とか水素とは違って、こういう重い元素は星の中でしか作られない。
だから、地球上に生命が生まれる頃に、ちょうど運よく近くで超新星爆発が起きたのだ、というのがこれまでの定説だった。
そうでなければ、このような重い元素の数々は得られないから。


ということは、太陽系以外のいろんな恒星を周回する惑星として地球に環境の近いものがあったとしても、超新星爆発が近くでタイミングよく起きなければ地球的な生命は誕生しないとされてきた。

ところが今日のNスぺではとんでもない新しい発見が紹介されていた。
なんと、全宇宙に漂うガスや物質を構成する元素の分布は一様だというのだ!!!!!!!!!!!!!!
全くめちゃめちゃ興奮する!!!!!!!!!!

そしてその状態にさせたのが、太古に存在したブラックホールの周辺から噴き出すガスのジェットだというのだ。
この超強力なジェットにより、太古の宇宙では元素の分布がかき混ぜられたとのこと。

従って、現在全宇宙に存在する銀河は皆、同じ元素の構成を持っている。

番組では言わなかったが、ならば、地球と環境が似た惑星でありさえすれば、地球的生命が生まれる可能性はめちゃめちゃ高まるではないか。しかもタイミングなんて考えなくてもよいのだから。
めちゃめちゃというよりも、これまでよりも何兆倍も、いやもっと高まることだろう。


N国党の言い分もわかるが、やはりNHKは素晴らしい面もある。

それはともかく、とんでもないトピックだ。
今日は絶対に寝られない。

もうめちゃめちゃ驚くべきことだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

(注: 番組で言っていたこと自分のこれまでの理解をごっちゃにするとわかりにくいと思い、自分のこれまでの理解に下線を引いた。さらに太字は番組を観ての僕の結論)

テーマ : その他
ジャンル : その他

後発(ジェネリック)薬は必ずしも信用できない

みなさまこんばんは。
ようやく暖かくないましたね。
でもまた明日あたりから寒いですよ。
どうか暖かくお過ごしください。

今日の記事の要約
・後発薬を化学屋の観点から書いてみた。
・あくまでご参考までに。

続きを読む

テーマ : その他
ジャンル : その他

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード