FC2ブログ

考えさせられた動画2本

みなさまこんばんは。
フルウィークしんどいですね(>_<)
最近祝日が多かったりするので、丸々5日の出勤は堪えます。

よく、アレルギーは器から物が溢れるように、ある日突然発症すると言われます。
おそらく、アレルゲン(アレルギー物質)に対する耐性は一定のキャパがあるということでしょう。

民間、公務員問わずサラリーマン稼業のしんどさは、アレルギーと似てます。
サラリーマン生活で直面する諸々の嫌なことは、自分のどこかの穴から抜けていくのではなく、溜まっていくようです。
僕の場合、24歳でサラリーマン生活を開始して以来、嫌なことは器に溜まっています。
そして、間もなく溢れそうです。

もし、サラリーマンをあと20年続けろと言われたら、発狂しますね。

では本題。

僕はブログにおいて、人の動画や記事をそのまま引用しただけの記事を上げることはまずありません。自分の考えを展開することにこだわっています。
しかし、昨日、考えさせられた動画を2本観ましたので、その掟を破り紹介します。

まず1本目は勝山安次郎さん。
偶然行き着いた動画でして、昨日初めて拝見しました。
人気ユーチューバーのみずにゃんさんを批判しています。
まずは観てください。



これを拝見して僕ははっとしました。
こういう話は、僕が若い頃は結構よく聞かされたものです。
勝山さんは多分僕より年配の方だと思います。
勝山さんが言っていることはもっともなことだと思いました。

僕らが若い頃はこんな話を年配の人から随分言われたものです。
今はこんな話をする人はほとんどいなくなりました。

そして次はみずにゃんさん。
登録者数18万人の人気ユーチューバーです。
勝山さんが批判していた対象の動画を次に貼ります。



勝山さんの言うことは、「少し」当てはまると思います。
でも「少し」です。僕の意見では、大半は当てはまらないと思います。

確かに、みずにゃんさんのような生き方はかつてはあり得ませんでしたが、このような生きる仕組みを若い人に提供したのは勝山さんの世代でしょう。
それに、みずにゃんさんの他の動画のいくつかを拝見したところ、結構、人気がうなずけるものも感じました。

あるいは、勝山さんはそのことを知っての上で、敢えて苦言を呈するというエールを送ったのかもしれません。
スポンサーサイト



テーマ : 動画
ジャンル : その他

既存体制をぶっ壊す!

みなさまこんばんは。
今日は雨でしたけれども、このところ素晴らしい天気が続きました。
お元気でしょうか?

60を過ぎても常にクリエイティブでありたい。
無から有を生み、困難を乗り越えたい。
自分がアップし、そして人々を幸せにしたい。

そんな気持ちで少しずつ生きています。
手応えはあります。
人々の喜びや感動、そして感謝を真に受けます。
つらいことも多いけど、得られるものが多いから、自らの困難に挑戦することができるのです。

「NHKをぶっ壊す」の掛け声で有名なN国党党首の立花孝志さん。
そして、N国党の”アンチ枠”で参院選千葉選挙区から立候補し、その後考えを少し修正してN国党シンパになり、地方選を狙う、さゆふらっとまうんどこと平塚正幸さん。

この2人の魅力的なユーチューバーのことは、今年7月12日の記事「立花氏と平塚氏、圧巻の政見放送(!?)」で書きました。
2人とも、とても魅力的ではあるけれど、一方では型破り過ぎて、普通の集団や人の和の中にそのままうまく入っていくタイプの人ではありません。
平塚さんは、少し前からN国党の中の数名の人たちと激しいバトルを繰り広げており、それをyoutubeで公開しています。
一体どうなることでしょうか・・・。

世の中が既にゼロ成長になってから久しいです。
資本主義は、基本的に市場が青天井でないと成立しないと考えます。
だから、資本主義そのものが再考の時期に来ているのです。

根幹的な解を考えるはもちろん重要ではあるけれど、その一方で一つ一つの矛盾した「体制」をぶっ壊さないといけません。
例えば、僕の例で言えば、会社の再雇用制度。

60~65の社員を”お払い箱予備軍”として、給料を半分にし、役職も与えない制度です。
でも僕の場合、60までの仕事の内容と責任と期待は全く変わっていません。それどころか、さらに大きくなっています。

ですので僕は、10歳下の上司をたまに吊し上げ、人事にも意見を言っています。

ではみなさま、立花さんや平塚さんのように叫びましょう。
さあ構えて!
「既存体制をぶっ壊す!」

テーマ : その他
ジャンル : その他

台風19号総括

みなさまこんばんは。
台風19号は大変大きい水害をもたらしました。
被害を遭われた方に対し、心よりお見舞いを申し上げます。

前回の記事で僕が予想した台風19号に関してのことと、結果とのギャップについて考察してみます。
要点だけを下記します。

・正直、雨については考えが及ばなかった。勢力と風のことばかり予想していた。
・南海上遠くにある時から、中心気圧に比して最大風速が弱いことに注目しており、それほど風の被害はないであろう予想は的中した。
・上陸時には970hPa程度まで弱まる予想だったが、結果は955hPaだった。僕の予想より弱まらなかった何らかの理由が存在する。もっと勉強せねば。
・元々目のはっきりしない台風であったうえに、上陸前に目が消えた(実際には目はあっただろうが、気象庁の衛星写真では目は消えたの意味)ことから、15号のような「小さくて切れ込んだ」構造ではなく、「大きくてなだらかな」構造だったと思われる。この意味でも予想はあたり。だから、中心付近で特別風が強いこともなかった。
・南海上で915hPaまで気圧が下がっただけで、「歴史上例を見ない台風」とか「狩野川台風並みの被害を予想」とかのマスコミの予想や、「命を守る行動を取ってください」などのマスコミの呼びかけが目立った。大きな水害が起こったのだから、これらのマスコミの発言が正当化されるのではいけない。これらの発言は、今回の雨のパターンを予測しての発言ではなかったからだ。これらのマスコミの発言で、実際に被害を受けた人が効果的に行動ができたわけでもなく、そして、全然被害を受けなかった人が余計な心労と動きをしたことにもなった。そんな訳のわからぬ誘導ではなく、台風の特徴をいち早く正確に伝え、視聴者とともに考える体制を作らないといけない。
・僕は南海上にいる時に「雨台風」だと気付いた。でもテレビではあまりこのことを強調していなかった。「風は大したことはない。雨台風なので雨に集中して備えろ」と言えばよかったのだ。

千葉に関していえば、今回は風はあまり大したことはなかったのと、東京湾よりは西のコースを通ったので、ほとんど問題はなかった。

話は変り、先日の弾き語り録音のThe Fool on the Hillの音の処理とバランスを再調整しました。
1967年のポールの”早すぎるピアノ弾き語りの完成”にどれだけ迫れるかにトライしたものです。
(今回も声への注目はかんべんしてね(^^)/)



それと、2番目の位置にアップした記事というのは、いかにしてもなかなか読まれませんね
なんかいい方法はないのかな。

テーマ : その他
ジャンル : その他

今回の台風について

2019-9-16(月) 19:30追記。

みなさま、こんばんは。
いよいよ3連休も終わりですね。
お元気でしょうか?

昨日午前9時頃に、ブログ開設以来43万人に達しました。
これもみなさまのおかげです。本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
ちょうど43万人目にいらした方は、Sさん(ブログタイトルはPで始まります)です。
Sさん、ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。
-------------------------------------------------------


みなさまこんばんは。
今回の台風で被害に遭われた方々へ心からお見舞いを申し上げます。

僕の千葉の家はたまたま損壊を受けず、停電もすぐに復旧しました。
全くたまたまに過ぎず、根本的ないろんな問題を感じました。

千葉県というのは元々災害の少ない所です。
台風は時々来ますが、今回のようなものすごいのは珍しいです。

今回の大規模の停電被害。
仕方ない部分はあるにせよ、建物や送電線鉄塔の耐風基準とか、電線にかかった倒木の除去の作業についての東電と自治体の事前合意とか、これまで災害の少なかった県だけに対策が不十分であったかもしれません。
その点については、専門の方にお願いするとして、この記事では台風そのもののことの解説と、純粋な気象災害の観点から今回の問題点を述べてみます。

ちなみに僕は、子供の頃から気象、特に台風について興味がありました。
小学生の頃に、母親に専門書をねだったりしていました。

みなさまご存知のように、台風の強さと被害を与える大きさの最も重要な尺度は中心の気圧です。
中心気圧が低いほど台風は強く、大きな被害を与えると言ってほぼ間違いありません。

とても大雑把に言えば、日本に上陸する時の中心気圧が960hPa(ヘクトパスカル)を割るような台風は、メチャメチャ甚大な被害を与えると言えます。例えば去年の関西を襲った台風21号のように。
ちなみに、去年の21号は上陸時は955hPaでした。
950台という数字は非常に警戒するべきです。960台との差はとても大きいです。
もちろん960台でも警戒すべきですが、結構頻繁にある数字ですので、災害と程度は予測しやすいです。
ところが、950台以下で上陸する台風は滅多にないので、特別な警戒をすべきです。
ましてや、940台とか930台で上陸しようものなら、伊勢湾台風(1959年)並みの警戒が必要です。

さて、今回の台風15号。
割と日本の近海で発生し、速攻で日本にやってきました。
接近してきた時の中心気圧は965hPaでした。そして小型でした

この時点でテレビなどでは、去年の21号と同様の甚大な被害の恐れがある、と言っていました。
この言い方は正しくありません。通常台風は陸に近づくとともに勢力が弱まり、上陸するとさらに弱まるからです。
よって、15号は上陸時には970hPa、東京あたりを通過する時は975程度、そしてさらに内陸に行くに従い980程度まで弱まると予想されました。

ところが、ところが、ところがです。
何と、むちゃむちゃ不思議なことが起こりました。
15号がまさに上陸せんとして相模湾を進んでいた時、955hPaに発達したのです!!!!!!!!
こんなこと、常識的には全くあり得ません。
その後、955のまま上陸し、しばらくその勢力を保ち、千葉県を抜ける頃ようやく960になり、茨城を通過して東方海上に抜けた時、ようやく965になりました。

なぜこんなことが起きたのか。
気象庁や気象予報士は少しは予測したのでしょうか。
もし想定外だったなら、その原因を徹底的に解明すべきです。
相模湾の海水温が異常に高かったか、暖かい気流が流れ込んだか。
僕は、あの台風はまだ発生から時間の経っていない”幼年期”だったため、発達しやすい状況があったように想像します。

原因はともかく、僕が今回の台風15号において、大問題と感じたのは、上陸直前に中心気圧が955hPaへ発達したことの脅威を十分に、あるいは全然?、視聴者に伝えなかったことです。
だって、通常の台風と違うことが高い確率で起こるはずですから。

みなさまは、台風の進行方向の右側のほうが風が強いことをご存知でしょうか?
台風は左回りの風が吹きます。よって、進行方向の右側、すなわち東側は北向きに風が吹きます。右側では台風そのものの進む速さが風に加わるので、より風が強くなるのです。
逆に進行方向の左側、すなわち西側は南向きの風が吹くので、台風の進む速さが引かれ、むしろ風は弱めになります。
このことはとても大事なことなのに、テレビではほとんど解説をしません。

そして、台風は中心に近いほど風が強くなります。
ただし、中心そのものは目なので風がほとんど吹かないため、中心のすぐそば(数十kmあたり)が最も風が強いのです。

したがって、台風の進路の向かって右側で、中心から数十kmあたりが最も風が強く、最も大きい被害を与えるのです。

15号は、東京湾の真ん中あたりを進むことが、結構前から予想できていました。
したがって、中心気圧が955hPaに発達した時点で、中心の右側数十kmあたりにめちゃめちゃとんでもない被害が出ることがわかったはずです。
そしてそこが千葉県というわけです。

15号は台風のサイズ、すなわち暴風域や強風域は狭かったでした。
要するに、”コンパクトで深い”台風でした。
だから、甚大な被害は千葉に集中して起こることは予想できたはずです。

建物や設備の強度を突然増すなんてことはできません。
でも、上陸直前の955に発達した時点に、千葉県民に備えを訴えることはできたはずです。
例えば、水を汲み置いたり、食べ物を確保したり。

それだけでもかなり違っていたのではないでしょうか。

テーマ : 台風
ジャンル : ニュース

運転に慣れない人は軽自動車を運転しない方がよい

みなさまこんにちは。

今回の記事の要約
・軽自動車の特徴をまとめ、運転者の目線で、現状の問題点と提案を書いた。

続きを読む

テーマ : その他
ジャンル : その他

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード