FC2ブログ

便利な世の中になったはずなのになんか変だよな

みなさまこんばんは。
最近なんか暖かいですね。
お元気でしょうか?

かなり奥手なんですけども、ようやく音声入力を覚え、この記事はそれで書いています。
まだまだかってがわからなくて、手入力に比べてそれほど合理的には成っていない現状です。
どうやらわかってきたことは、せっかく音声入力をやるからには、早口でドバーっと長い文章を一気に入力するのが効果が高いようです。
それと、少しでも発音が悪いとちゃんと聞き取れませんので、話し方の訓練にはなります。

さて前回ちょろっと書きましたPCR検査の問題。
大橋先生の懸念されるところの、今世界標準になっている検査対象のウイルスは本当に新型コロナウイルスなのかという問題の他に次のようなことがいえそうです。
PCR検査というのはウイルスを増幅させて数を増やしてから検査するのですが、現在日本でやっているPCR検査はあまりにも増幅回数が多くて、検体の中にたかだかウイルスが1つか2つ居たとしても陽性と検知してしまうようです。たとえそのウイルスが不活性であったとしても、あるいはまた活性ではあっても発症させるに充分でない量だったり他人に伝染させるに充分でなかったとしても極端に増幅されて陽性と判断されてしまうことになります。
ある人間の鼻孔内または口腔内に1つでも新型コロナウイルスがいたとして、それが感染者だなんて言えるのでしょうか?本当の感染者ならば確かに陽性にはなるでしょう。しかし陽性の大半は事実上の感染者または人に伝染させる能力がある保ウイルス者ではない可能性が考えられます。

だからといって私はPCR検査が無意味だと言いたいのではありません。
真の感染者ではない人までも陽性と判断する可能性は高いだろうにしても、一応PCR検査陽性者数の増減は新型コロナの流行の推移を表しているだろうと考えます。
すなわち、陽性者数の絶対数はあまり意味がないと考え、ああまた流行が始まったなとか流行がおさまってきたななどという大まかな状況判断にはなるのではないでしょうか。

現在の日本のPCR検査方法による陽性者が、事実上の非感染者、あるいは感染はしていたとしても問題にならない状態(自らの症状はないまたは他者に移さない)の人を大幅に含む以上、PCR陽性をもって患者扱いする現在の仕組みを大幅に改善する必要があると考えます。
ある事業所で一人でも陽性者が出たら一定期間(2週間とか)事業所を閉めるなんてリスク判断を誤っていると思います。

新型コロナは、一部の人は重篤化しやすい疾病であるので、そういう人たちをどう守るのかに特化すべきであり、誰でも彼でも等しく恐がって極端な自粛をするような現状況を早く改善するべきと思います。

話は変わり、おなじみ池上彰さん。
最近のYouTube界隈では、池上さんは間違ったことを言っていると炎上しています。
そして「池上彰のニュース、そうだったのか」をもじって「池上彰のニュース、うそだったのか」などと言われています。
実は僕もかねがねから池上さんは間違ったことを時々言うと記事に書いてきました。
たとえば池上さんは、政府の借金のことを国の借金といい、日本国は次の世代に1人当たり8百何十万の借金を残している、などといっています。また、内債と外債の区別をしていないようで、このままだと国家破産を招くなどと言ったりもします。税金の解釈なども違うことがよくあります。さらには現代貨幣理論も理解してないようです。
それと地球温暖化ですね。しかも炭酸ガスによる温室効果説を全面に出しての。
地球温暖化は諸説あるので、必ずしも今NHK等で言っている説は誤りと断言はできませんが、いろんな異なる主義主張があるので、解説者は多面的に解説すべきです。ところが池上さんは地球温暖化は既成事実、しかも炭酸ガスによる温室効果説は疑う余地もなく当たり前のこととして解説しています。
新型コロナの問題も、あまり問題点を多面的に指摘するようなことは言いません。

“国の借金”、地球温暖化、新型コロナ。これらの問題は基本的にはマスコミはほぼ同じ論調を展開しています。
池上さんはこれらの点に関して全くテレビ等のマスコミの論調に全く逆らわない解説をしています。個人的には本当は別の考え方があるのかもしれません。でも、もしそうだったとしても、池上さんはテレビで生きている以上、テレビの方針に逆らってでも自説を言うような人ではないのかもしれません。

しかしですね。このように池上さんは誤ったことを言っていたとしても、誰に対してもとてもわかりやすい解説をする人として存在価値はなおあるものと思います。もちろん正しいこともたくさん言っているのだと思います。
でも今の日本というのは、何か人の悪いところを見つけると徹底的に叩く風潮がありますね。
それは好ましいことではないと思います。
中田敦彦さんなんかも同様に叩かれ過ぎていますね。

一方で、言論の自由というものもあるはずなのですが、YouTubeあたりでは、そのこともやや危ういですね。
結構鋭い論法を展開しているユーチューバーたちが、YouTubeの規約に違反したということでチャンネルがbanされることが最近多発しています。
Googleという私企業なのだからどう運用しようと勝手なのではありますが、今や空気のような自由媒体になったYouTubeがそのような状態となると、事実上の言論統制をされているのとあまり変わりない気もします。

やはり昔ながらの出版社あたりが、真の言論自由媒体なんですかね。
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

買い物スーパー マル秘トリビア集

みなさまこんばんは。
今年の冬はすごく寒いと思っていたのですが、このところ結構暖かいですね。
お元気でしょうか?

徳島大学名誉教授の大橋眞先生という方をご存知の方も多いと思います。
ご存知ない方のために、ごく簡単に先生の主張を紹介します。
ウイルス専門の先生です。
今世界中で、新型コロナのPCR検査が検査対象としているウイルスとは一体何なのか。
事実としては、ある研究者が、新型コロナに罹っていると思われる中国の肺炎患者から採取した液体を解析し、それを解析した遺伝子配列の情報をネイチャーという雑誌に投稿し、その情報を元に世界中がPCR検査を行っています。
先生によれば、まず、ネイチャーの審査が極めて短期間なので疑わしいのと、その遺伝子情報をもつウイルスは本当に新型コロナウイルスのものなのか、もっと言うと、存在するするかどうかも全く分かっていない、と。
そして先生は、新型コロナに限らず、ウイルス感染症の感染の判断をPCRでするのは極めて不適切、と説きます。

僕は、こうした大事なことは、自らが理解し納得しないと信じないので、先生の動画を理解しようとするのですが、正直難しいです。
柔らかな話し方をされ、比較的分かりやすい話し方だとは思いますが、とにかく理解が難しいです。
自分自身でもう少し勉強してから、理解し、さらに自分自身の考察も加え、何か意味のある解説記事が書けそうになったら、書いてみます。

さて、いずれにしてもまだまだコロナ禍が続き、好む好まざるにかかわらず、今後もスーパーを頻繁に利用していかなければなりません。
みなさま、スーパーはうまく利用していますか?
そこで、今回は、トリビア的な話で恐縮ですが、少しでも合理的にスーパーを利用するためのマル秘情報をいくつか書いてみます。

まず時節柄、コロナ対策としては、接触感染をできる限り減らすために、一番上または一番前に置かれている商品は取らず、少し下または奥の物を取ります。
一番上や前は、いろんな人が何度か手に取っては戻しをやっているからです。
しかしこれをあまり露骨にはやらないほうがいいですね。ほどほどに。
駐車券の発行ボタンは、指の腹でなく関節で押しましょう。
買い物かごを手で持つのは仕方ないので、店を出る時にシュッシュをしっかりやっておきましょう。

スーパーの惣菜などの食品は、保存料などの添加物が山ほど入っていると思うので、基本おいしくないし体にも悪いと思うので、できれば個人商店かデパ地下あたりで買いたいですが、そうばかりも言っていられません。
そこで、この食品に関してはここのスーパーがよいなどの、物によってスーパー毎の得意不得意を見極めることが大事だと思います。
また、野菜や魚、肉などは、スーパー毎に様々な生産者と契約しているので、コストと品質をいかに最大限に上げるかがスーパーの腕の見せ所です。それを見極めるのです。

なるべく食べ物に添加物を入れないという意味では、よい野菜、魚、肉を素材で買って自分で調理することです。
しかし、それが面倒なムキにはレトルトがお勧めです。
なぜかと言うと、レトルトは添加剤を使わないで、温度と圧力だけで殺菌が可能だし、完全密封なので、菌が発生することもありません。余計な化学的添加剤もなく、健康にもいいはずです。
また、最近はレトルトの味と内容の豊富さは格段に上がっています。

そしてレジ。
もし世の中に、”スーパーレジ打ち選手権”なるものがあれば、結構上位に行く自信ありです。
レジ打ちの奥義は、これまで何度も書いたので、さすがにこれ以上繰り返すのは野暮なんですが、1つだけ繰り返しますと、セルフレジではまず、硬貨をドバっと一気に入れることです。
財布の中の硬貨の全部を、何も考えずに全部。
そして、足りなければ札を入れる。
最初札を入れ、次に硬貨を数えながら入れるなんて時間を大きくロスします。
硬貨は機械が一瞬のうちに数えてくれますし、釣りは最小の枚数で出てきますので、財布の整理になるんです。

最後になりますが、スーパーのちらし。
ちらしで宣伝されている品物を狙い撃ちで買いに行き、2、3軒はしごすると結構安くなるようです。
僕は、そこまでは面倒なのでやりませんけど。

以上です。
お粗末さまでした。

テーマ : その他
ジャンル : その他

受験の話は意外におもしろい

みなさまこんばんは。
このところ急に寒くなりました。
しかし、今日は日も差して少し暖かくなりました。
どうもここ数年、すごく過ごしやすい秋の日が減ったように感じてなりません。

ついに茨城やりました。
万年最下位を脱し、42位に。
栃木が最下位はかわいそうです。
ちなみに、「いばらぎ」ではなく「いばらき」です(笑)

再雇用の僕ですが、このところすごい試練に見舞われています。
自ら仕掛けたのですから、仕方ありません。

そんな最近の僕ですが、毎日いろんなyoutubeを楽しんでます。
自分の関心に合うユーチューバーに出会うのは無常の喜びです。
どうも最近、AIによるものなのでしょうか、おすすめ欄には自分の関心のある動画が出てくるようになったと感じます。

最近、意外にもおもしろいと思うのは、受験に関する動画なんですよ。
天才的な受験生とかすごい努力家の受験生の話もおもしろいのですが、もっとおもしろいのが、「**列伝」と言われるような存在になっている、いわゆる「変わった人」の話です。

例えば、東大理Ⅲ(全員が医学部に進学する科類。日本で最高難度)に9浪で入ったルシファーさんという人は超変わっています。
超受験校の”筑駒”(筑波大学付属駒場中学・高校)に中学から入りますが、高1の時に、周囲になじめず、退めてしまいます。勉強はとてもできました。
その後すぐに大検を取ります。
現役の時に自信満々で理Ⅲを受けますが、あと2点届かず落ちてしまいます。
あまりのショックで、その後7年も何もしない時期が続いてしまいます。

7浪目に、親の勧めで東大理Ⅱ(主に農学部や薬学部に進学するコース。医学部にも10人行ける)を受け、楽々受かります。
入学して授業は受けますが、医者になりたい気持ちが強く、いわゆる”仮面浪人”で理Ⅲを再度受けることに。
8浪目は失敗し、9浪目でようやく受かりました。

このルシファーさん、数学ができるので有名で、偏差値95を出したことがあるそうです。
その後、東大医学部を卒業しましたが、何とですね、国試(医師国家試験)を2度も落ち、現在2浪です。
ルシファーさんは、アスペルガー症候群と診断されたことを自ら公表しています。

このルシファーさんの動画の何がおもしろいかと言うと、常識に捉われない独自の論旨の展開です。
数学を解く力は、他の科目を解く力になるとか。
国試は、受験者の9割も合格するのに、なぜルシファーさんには難しいのか、彼自身も悩みつつ、独自の解析をしています。
難しい数学の問題を解くことと、択一式のやさしい問題を解くことの違い、興味深いですね。僕は国試の問題を知りませんが、社会性を問われる問題もあるのでしょうか。
ルシファーさんの生き様に対し、中には批判をする人もいます。
どう評価するかは人次第です。

受験系の話題でおもしろいユーチューバーは、ベテランちさん、しがない数学徒さん(いずれも灘卒)、などです。
開成卒の小林尚さんの主宰するチャンネルもおもしろいです。

テーマ : その他
ジャンル : その他

関東vs関西 おもしろ話

みなさまこんばんは。
今回の台風、前回に引き続き、またまた大大大大幅に予想コースから外れてしまいましたね。
ここ数年の台風の進路予想技術はめざましく、ぼぼ予想中心コースの上を進むほど正確になったのですが、この2回の台風は、最も確率の低い端っこの線をさらに外れるコースとなりました。
気象的に何か特別の事情があるに違いありません。
今後時間に余裕ができれば、そのあたり勉強してみたいと思います。

さて。
僕は根っからの関東人です。
さいたま市に生まれ、さいたまで育ち、東京の中学~大学院で学び、その後、千葉、東京、千葉、茨城と住んできました。
正直、関東が大好きです。

大阪には僕をとてもかわいがってくれた叔母がいて、その後身寄りがなくなったので、僕が葬式を上げました。
関西弁や関西の人の気質を少しは知っていましたが、圧倒的に関西の理解はこれまで不足していました。

十代(1977年まで)まではいろんな情報に接することが不足しており、ネット社会でもありませんでしたので、関西に関わる情報が圧倒的に不足していました。

大阪万博(1970年の夏、12歳の時)の時、新幹線で新大阪まで行き、ローカルの電車に乗り換えたら、車内ではみんなすごい大声でけたたましく話をしているではありませんか。
これにはびっくり。あちこちで大ゲンカをしているのかと思いました。東京の電車では、あり得ません。電車の中では人は黙っているものと思っていましたから。

二十歳頃になって、ようやく知った関西のこととしては、関西には納豆を食べる習慣がないこと、関西では地震がないこと(その後阪神大震災によりその常識は崩れました)、とか。
大学生の時、サークルの同期が岡山出身なのですが、「散髪に行ってきたよ」と言うのです。
一応、「散髪」という言葉は知ってしましたが、なんで「床屋」と言わず「散髪」と言うのか謎でした。
関西では散髪と言うことを知ったのは大分後になってからです。

最初に就職した会社で、名古屋での実習が終わり、千葉へ配属された時、大阪出身の同期が言いました。
「首都高を運転したんだが、譲り合いの精神があるのでびっくりしたよ。阪神高速では、基本は、他車の進路変更は阻止し、自車は割り込むのだ。ある4車線くらいの所を端から端まで移動する場面があるのだけど、そこはいつもすさまじいクラクションの鳴らし合いだよ」と。
僕はそれを聞いて、「そんなことあるわけないじゃん」と思ったのでした。
ところが、今から15年くらい前ですが、初めて京都へ車で行ったのですが、京都市内の車の大半はそんな感じでした。
脇道から本道へ合流する際、本道の車の流れがゆるやかになれば、本道の車は脇道の車に道を譲るのが関東の常識でしたが、京都ではほぼ100%その期待が裏切られました。
ロマンスグレイの初老の紳士を含めて、ほぼ100%が目も合わせず、脇道からの僕の車の合流を猛然と阻止します。
とても悲しい体験でした。
関西は今でもこんなでしょうか?

毎日2回訪問してくださる、僕より5歳上の大阪の先輩ブロガーさんは、関西と関東の違いをよく書いてくださるので、いろいろ知ることができます。
例えば、関西では松の内は7日までではなく、15日までとか、灯油缶は青だとか。

大阪の叔母のキップのよさは別格でしたが、基本的に僕は関西弁は苦手でした。
関西の方には申し訳ないのですが、基本的に「ねちっこい言葉」、「相手をやっつける言葉」という印象がありました。
物事をハスに見て、ひねくれて、相手をけなし合う。そんな感じでした。
でも、けなし合いながらも、相手を心底けなしているわけではなく、結局友情が芽生えるみたいな。

だから、ハッピーエンドではあるものの、ガラはよくない言葉、という印象でした。

ところが最近、関西弁の理解がやや変わるできごとがありましした。

TV番組「新婚さんいらっしゃい」に出演したカップルで、だんなさんは関東人、奥さんは関西人でした。
その奥さん曰く、「だんなは、『知らんけど』(何かを話した後に締めくくる言葉)、『なんでやねん?』という言葉が感じ悪いと言うのだけど、私こそだんなの『なんで?』と言う言葉は冷たくて好きではない」と。

「知らんけど」というのは、僕はこれまで、喧嘩を売っている言葉だと思っていました。多くの関東人は好意的に受け取らない言葉だと思います。
でも、その奥さんの話を聞いて認識を新たにしました。
よく訪問いただく関西のブロガーさんも、「知らんけど」をよく使われているので、認識を新たにしたところです。

「なんでやねん?」という言葉はとてもねちっこい言葉だと思っていました。「なんでお前はそんなアホな考えをするのか?」みたいな。
しかし、正しくは優しい言葉だったんですね。

してみると、関西弁の誤解はまだまだありそうですね。

今からでも関西の認識を新たにしようと思っています。

テーマ : その他
ジャンル : その他

嗚呼PC、会社の仕事、今、昔

みなさまこんばんは。
「暑さ寒さも彼岸まで」というのはその通りなんですが、どうも10年くらい前から、酷暑からいきなり寒いくらいの気温に突入してしまう感があります。
「やや暑い」くらいから「ちょうどよい」へ、徐々に移行してほしいものです。

ところで今回の台風。
超超思いっきり進路予想から外れました。
こんなんにとんでもない外れは、おそらくここ30年くらいでは初めてでしょう。

23日に社長(外人)とアポを取っていました。しかも外部の人を招いてです。
ところが台風のため、社長の一時帰国が1日早まり、23日の予定がキャンセルになりました。
結局、台風は飛行機には全然影響がありませんでした。

今朝、私用PCのマウスが突然動かなくなりました。
ブルートゥースで使っています。
ブルートゥースの設定が変になってしまったとか、いろいろ考えました。
ところがなんと、ブルートゥース自体が消えてしまっているではありませんか!
デバイスマネジャーにもないんですよ。

そこで、ネットで調べてみたところ、完全シャットダウンをやってから起動したらブルートゥースが復活したとのこと。
コメント欄に同様体験をした書き込みが多かったので、やってみたところ、復活しました。
本当にネット様様ですね。
最近は、エクセルとかパワポの操作法とかも、ネットだとほぼほぼ解決してくれますね。
変なマニュアルとか、ソフトのヘルプ機能なんかよりも、ネットで検索する方がよほど確実です。

さてさて。
今の時代というのは、ほぼ全世代がPCを使えますし、電子媒体で連絡が可能です。
ところが、僕の世代が若い頃には、年配の人たちは使えませんでした。
職場にPCや電子媒体が導入されても、頑なに紙で書き続ける人もいました。
僕らがワープロを使うと、「おまえらは暇だ、とか、遊んでいる」と言われたことがありました。
あるいは、ワープロというのは、紙に書いた下書きを清書するもの、という認識の人もいました。

前の会社で、僕が40歳ちょっとの頃、間もなく定年になるという僕の上司が、記念のプレゼンをすることになり、パワポで資料を作ることになりました。
その人はPCが苦手であり、ほとんど紙に書いてきた人でした。
たまたまその時、僕はその人の隣に座っていたので、パワポの操作法をさんざん訊かれました。
しかもその人は、基本的なWindowsの操作、例えば、コピペ、ドラッグ、とか、テキストとかの用語もほとんど知らなかったので、もうほんとに手取り足取り教えることになりました。

ひとしきり教えて差し上げると、「ありがとう!」と言ってやり始めるのですが、10分も経たないうちにまた、「ST君、度々悪いんだけど教えてくれない?」と。
そんな感じが1月くらい続き、全く仕事になりませんでした。

また、今の会社に入ってから、僕が56歳くらいの頃でしたが、2つ上の先輩が、これまたパワポをやったことはない状態で発表会で発表することになりました。
エクセルくらいは少しはやったことのある程度でしたが、基本的にPCが苦手な人でしたので、これまた手取り足取りで、数週間が仕事になりませんでした。この方も隣に座っていたので。

前回も書きましたように、僕は、老人とはむしろ実質価値は上がっていくものと考えています。
しかし、もし上で書いたように、努力をしないで、結局人の世話になるような老人である場合は、非難されても仕方ないと思います。

それにしても、若い頃は、PCがなかったので、書類も報告書も全部手書きでしたね。
しかも、書類書きや報告書は仕事ではないと思われていた(製品を開発したり生産したりする行為ではない)ので、サービス残業や休日家で書くものとされていました。
いろんな意味で懐かしいなあ。

テーマ : その他
ジャンル : その他

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード