真の想定とは?

こんばんは。

涼しい日が続いていますね。
薬が四日前にようやく終えました。
でも、体内の薬はそう簡単には抜けないと見えて急には楽にはなりません。
しかしおかげさまで、乗り切れた喜びはとても大きいです。

さて、今回の震災とか原発問題に対しては、「想定外」という言葉は使ってはならない、というのが我が国の今の主な論調になっています。
しかし私が思うに、想定外という言葉は正しく理解し、正しく運用することで、むしろ積極的に使うべきではないかと考えます。

私がこれまでこのブログで主張してきたことは、ある事象(起こる事柄)が起こることを真に理解し予測するためには、確率で論じることが何より重要ではないかということです。
しかもその確率はどういう条件で起こるのかを理解することも重要です。

そもそも事象というものは絶対ある、ない、ということは全く言えず、確率の議論でしか捉えられないものなのです。
ですから地震とか津波などの対策においても絶対の議論ではなく、こうこうこういう条件でこの確率なのだから、こういう対策を打つ、というプロセスがより重要なのです。

しかし今の主な論調は、とにもかくにも想定外という言葉を排除する一方的な流れになってしまっています。
これでは真に有効な対策、しかもケースバイケースでの、を打つことはできません。

もう一つ重要な点は、どんな場合でも、マイナーな意見には敢えて弁護してその立場から考える視点も持たないといけません。
これもブログで申し上げてきたことです。

今週、大前研一氏の書いた「日本復興計画」という本を読みました。
大前氏は東京工業大学、マサチューセッツ工科大学、日立製作所で原子炉の設計をやってきたプロ中のプロです。
この本で氏は、今回の福島第一原発の事故を原子炉設計者の目から実に詳細にかつ明快に解説し、問題点を指摘しています。
原子力関係の設計者側の意見は今弾圧される傾向にある中、氏は論調に流されることはなく、自分の意見をはっきりと言っています。

中でも私が大いに共鳴したのは、氏も確率をベースにした堅固な論旨を展開していることです。
例えば、今回のようなレベルの地震や津波が原発を襲う確率をよく理解して、確率論で原発の安全対策を打つのは決して間違いではないと主張しています。
ただし実際に今回起きてしまったのだから、確率論を処理する過程で誤ちがあったのだと、氏は考えています。

一方、海外各国は、福島原発の事象が同様に自分たちの国でも起こると考え始めています。
でも、これは確率論から言えば、明らかに間違っている、と氏は説きます。
一部の国、地域を除いては、外国での福島レベルでの地震、津波が起こる確率は十分に小さいので、福島同等の対策は打つ必要がない、ということです。
要は、条件の違う場所で同様の確率をあてがうことが間違いである、と。

従って氏は、日本はこのあたりの条件の違いをしっかり外国に説明し、日本バージョンの対策と外国バージョンの対策の二通りがあることを明確に説明する責任があるのだというのが氏の主張です。

私も基本的な氏の主張には賛成です。
結局あらゆる事象は定性的な議論だけではなく、定量的な議論も重要だと私は考えます。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

Coffee Break Beatles No.105 「ベースで演ってみたい曲」

こんばんは。

ベースはこれまで借りていたフルアコースティックタイプ(グレコ製、ピックアップ付き)で演っていましたが、今度はソリッドであるジャズベースを使いたく思っています。
演奏したい曲を挙げてみます。

ビートルズ(挙げればきりないが、次の曲が上位に入るでしょう)
I Saw Her Standing There・・・ピックで。もちろん歌いながら。
She's a Woman・・・歌いながら
All My Loving・・・ギターと合わせながら。歌いながら
The Night Before・・・草原で歌いながら
Day Tripper
All You Need Is Love・・・指弾きで
While My Guitar Gently Weeps・・・和音で
Lady Madonna
The Long and Winding Road(Nakedバージョン)・・・三角形理論に基づき編曲しながら。
Don't Let Me Down(Nakedバージョン)
Get Back
I've Got a Feeling・・・歌いながら
Dear Prudence
Something

解散後ポール・マッカートニー
Hi Hi Hi・・・歌いながら
Mrs. Vandebilt
Rock Show・・・歌はピアノを弾きながら
Silly Love Songs

シカゴ
Low Down

カシオペア
Sunny Side Feelin'
Domino Line・・・チョッパーで

荒井/松任谷由実
中央フリーウェイ・・・指弾きで。ベースの能力を最高に引き出した名作の一つ。
12月の雨

キャロル
ファンキー モンキー べイビー・・・歌いながら

ピンクレディー
ペッパー警部

こんな感じです。

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

テーマ : ビートルズ関連
ジャンル : 音楽

朝まで生テレビ!

こんにちは。

先週土曜日未明に「朝まで生テレビ!」を初めて観ました。
原発問題に関する討論でした。

田原総一朗さんという人を私はこれまであまり知りませんでした。
今回長々と拝見してよくわかりました。
田原さんは、日本人独特のうやむやな発言を嫌い、きっぱり筋とか事実関係を問い正します。
これにより真の議論が導かれやすいと感じました。
ひとつのリーダーのあり方だとも思いました。

それと共に、意味のある討論はある程度長い時間が必要だと思いました。
ゴールデンアワーのテレビではほんの上っ面しか言えないと思いました。

福島第一原発ではなぜ全電源喪失という最悪事態を回避できなかったのか。
朝まで生テレビ!を通しで観た上での印象は、少なくとも技術的には十分予測はされていて、それに対する危機意識もあったと感じました。
そして外国との間にも安全に関する共通認識はあったようです。
では、何故有効な対策を打たなかった(あるいは打てなかった)というとどうも、東電と経産省のコンビが、横並び意識が強く、福島だけ特別な対策を実施できなかった、という一つの見方が出てきました。

田原さんは、適当にごまかすような発言には鋭く切り込み、逆に本当は情報や考えを持っているのに躊躇している人にはそれを引き出させ、さらには論点がはっきりしない人にはそれを解きほぐす、そういうやり方で番組中論点が整理されてきた、と私は見ました。

ただ、弁護がやや不足しているかな、とも思いました。
数週間前に書いたように、弁護が不足すると結論を見誤ります。

一方、今や時の人である古賀茂明さんの本も読みました。
大変な暴露本であると同時に、様々な新しい知見を与えてくれます。
省庁と内閣の関係と動力学は大変複雑ですし、官僚は思った以上に大きな力を持っていることがわかりました。
官僚の実質的権力と行為はとても組織論のレベルではないな、と感じました。

では、日本の国家公務員制度に何か大きな欠点があるのかどうか、ネットで各国の制度を調べ比較してみました。
すると、むしろ日本の制度はきちんとしているし、国家公務員の怠惰や権力志向を他国に比べはびこり易いようには見えませんでした。
他国は概ね国家公務員数は単位人口に対して多いし、ストなども結構あります。
しかし日本のような強大な官僚による権力は見られません。

なぜ日本の官僚はこんなに覇権にこだわるのか。
私の目下の推測は「給料の多さ」です。
正直、国家公務員の上位職は給料が多すぎます。(外国の国家公務員は日本ほど高くありませんでした。)
そして、省内に残れず外郭団体や天下りした人間に対してもほぼ同等の給料を与えるような不文律があります。
そのことがdriving forceになっているために、今のシステムを死守するのかもしれません。

公務員を公僕として捉えるなら、「やや少な目の給料で安定している」くらいがいいと思います。
「高い給料で安定している」のは異常です。
企業は高い給料もあり得る一方、安定していません。
Low risk - low returnかHigh risk - high returnのどちからが人間の生きる道でしょう。

古賀さんの本によれば、経産省は、福島第一の非常用ディーゼル発電機が屋外にあったことの危険性を認識していた。しかし、それを改善してしまうと先輩のやり方に反することになりできない、と。

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

Coffee Break Beatles No.104 「ビートルズの英語の間違い」

こんばんは。

電車の中のマナーというのは永遠のテーマですね。
時代が変わるとその内容も変わる気がします。
ひところはイヤホンの音漏れがすごかったです。
朝の満員電車でディスコ音楽のようなドラムのシャカシャカいう音はとても不快でした。
でも今は大分減ったようです。イヤホンの構造の変化でしょうか? それともマナーの向上でしょうか?
逆に、リュックを背負った人とか、席を譲らないとか、新たな問題も出てきたようです。

さて、今日はビートルズの歌詞の英語をチェックしてみます。
ビートルズの英語は全般に素晴らしく、時に韻を踏んだりして高度でもあります。
でも英語の間違いがあるのです。
その例を少し挙げてみましょう。

Get Back
Get back. Get Back. Get back to where you once belonged.
元いた所に帰れ、という意味ですが、"belong"は他動詞はありませんので、前置詞"to"が必要です。
正しくはGet back to where you once belonged to.です。

Let It Be
For though they may be parted, there is still chance that they will see.
When the night is cloudy, threre is still light that shines on me.
Chanceとlightに冠詞がありません。
これらは不可算名詞で使われることもありますが、ここでは加算でしょう。
従って、正しくは"a chance"、"a light"です。

She's a Woman
My love don't give me presensts.
I know that she's no presents.
Only ever has to give me, love forever and forever.
"Don't"は歌いやすくするためにわざとそうしたのでしょう。
3行目の英語は間違っているというより、略し過ぎて何が何だかわかりませんね。

以上、おそらくは知っててやったことだと思います。
英文の正確さより語感でしょうから。

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

テーマ : ビートルズ関連
ジャンル : 音楽

学問の融合

こんばんは。

今回の台風は大変珍しいコースを取りました。
こちら関東では、結局風雨も大したことなく、北東風によるありがたい冷気をもたらしてくれました。

さて、私の夢は、我が日本の戦略や国策に影響を与えるシンクタンクを作ることです。
ただし、その発想はトップダウンではなく、国民皆の意識を醸成していって、積み上げていくスタイルを築きたいと思っています。
いわば「草の根」の活動から発展させたいと思います。
すでにこのブログの活動がその一つです。

もう一つの私として重要なキーワードは「学問の融合」です。さらに踏み込んで言えば、「異種の学問の融合」です。
これまでは全然交わることのなかった異種の学問を融合させることにより、全く新しい発想やベクトルが生まれ、人々を幸せにしたり、新たな政治力、外交力が生まれる可能性があると考えています。

例えば、政治と国語、政治と理科、政治と数学(論証等)、環境と歴史などなど、いくらでもあり得ます。
このブログでも既に、音楽と理科を融合させていますし、政治力を強めるために数学や理科の力を融合させようと新しい発信をしています(しているつもりです)。

一つの最重要課題である「エネルギー&資源」の部分をまずはしっかり理解し、基本的戦略を立てます。
その上で日本人の財産である強みを生かした戦略を持ちます。

私の考えでは、まず家庭や会社などの身近な場所での問題を解決し、希望を持って働き、十分な収入を保証し、そして国策を持てるための土壌を形成します。

イスラエルが一つの参考になります。
人口数百万でありながら大国ほどの国力をもっています。
その基礎はユダヤ教と人々の基本的暮らしにあります。
少数の国民のほぼ全てが国策に関与できるほどの、豊かさ、精神的安定、主体的志があると言っていいでしょう。

学問の融合というのは、新たな世界を築きます。
そして他国には容易には追随されないでしょう。
是非トライしましょう。

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

作為抽出と無作為抽出

いやあ、なでしこJAPANすごかったですね。
個人技もチームプレイも、精神力も。
一部に、「あれは日本の女性を象徴しているから、最近の日本の女性はすごいんだ」とういう論調がありますが、私はそれには少し反対です。

その理由を述べましょう。

よく選挙の出口調査とか、電話による世論調査があり、その結果は国民総意を保証しないまでも、凡そ総意に近い結果になります。
それは何故かと言うと、無作為抽出だからです。
調査対象の人の人選には手心は加えず、結果としてその人たちの構成が国民全体の構成に近くなるようにしているからです。

それに対して、なでしこJAPANは故意に選手を抽出した「作為抽出」です。
もし、なでしこJAPANが日本女性の中から無作為に抽出した人から構成され、それが勝ったというなら、日本女性全体の特性が反映されます。
でも実際は違い、さらに練習方法も日本的でないものを取り入れていたかもしれません。

ですから、「日本の女性が勝った」というよりも、「この特定のチームが勝った」ということで賞賛する方がいいと思います。
その意味で「なでしこJAPAN」はあまり適切なネーミングではありません。
「2011 JAPAN Women」とか「佐々木JAPAN」とか「The Sawa and Team」とか、何でもいいですが、このチームの特徴を表すネーミングがよいと思います。

今回のアメリカのチームだって、強いと言ってもそれはアメリカのspiritを代表しているわけでなく、あのチームとして強いのだと思います。
以前のオリンピックでアメリカのバスケットボールのチームが「Dream Team」と言っていましたが、まさに適切なネーミングだったと思います。(上とは別の意味で、アメリカンドリームを象徴していた。)
同様に、日本の野球の「サムライJAPAN」も不適切のように感じます。

話はスポーツに限らず、地球温暖化とか震災問題、あるいは医療実績のような、国運や人命を左右するような件においても、作為抽出と無作為抽出はしっかり分けて考えるべきだと思います。というか、そうした件ではなおさら考える必要があると思います。
最近のマスコミの傾向としては、本来作為抽出なのに無作為抽出であるかのような論調が目立ちます。
断片的な現象を取り上げて、それがあたかも全体の流れを代表しているが如くの発言が目立ちます。

何事も一度はこの観点から考え直すのもいいのではないでしょうか。

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

Coffee Break Beatles No.103 「ジョージのハモり」

こんばんは。

この3連休は結局、症状がよくなったり悪くなったりを繰り返し、なんとか乗り越えました。
まだまだ平常に比べればしんどいんですが、少しはよくなりました。
これからよくなる方向に行きますので、なんとか頑張ります。
それにしても症状をよくする原動力になったのが、なでしこJAPAN。そして音楽。
感謝です。

さて、そんな中音楽を聴きまくった中で、ちょっと気付いたおもしろいことを今日は紹介します。

ビートルズのハーモニーの中心はジョンとポールですが、時々ジョージも加わります。さらに時々リンゴも加わります。
3人(ジョン、ポール、ジョージ)のハーモニーと言ったらI Feel Fine、Nowhere Man、Becauseなどが有名です。(Beacauseは4人かな?)
そしておもしろいことに、映像で見るとジョージが歌っているシーンも結構あるのです。
例えば、She Loves Youなどのハモる部分でジョージが歌っています。(最初から明らかに3人で歌うとわかっている部分以外で)。
あれれ、レコードではジョンとポールだけだったのに、ジョージは一体どんなメロディーで歌っているの? という疑問が湧きます。

そしていろんな評論において、ジョージは隠し味的でかつ歌いにくいパートを歌ってビートルズの音に深みを与えている、と言われています。

今回、Don't Let Me Downにおいて気付いた点があります。
シングルカットされたテイクでのハモりではジョンとポールのみ歌っています。
一方、ルーフトップではジョージが加わっています。"Don't Let Me Down"と連呼する部分です。
そして聴くからにルーフトップのバージョンの方がサウンドに深みがあります。

音を分解してみました。
ジョンとポールは3度差で同じメロを歌っています。
ジョンはソ♯ファ♯ミファ♯、ポールはシラソ♯ラのパターンです。
ジョージのメロは結構変っているという最初の印象ですが、音を取ってみると意外にオーソドックスであることがわかりました。

ジョージは一番低音のパート受け持っており、ミミミド♯またはミミシド♯またはミミミシと歌っています。
ジョンとポールのメロディーとは異なり、キー音のミまたはその附属音をしっかり出しています。
仮にジョン、ポールと同じメロ(即ち、ミレド♯レ)ならどうなるか、ピアノで弾いてみたところ、非常に落着きのない音に聴こえました。

これまで3人によるハーモニーというのはほとんど真剣には考えたことがありませんでした。
3人が同じ度数差を保ちながら同じメロディーを歌うのではなく、そのコードのルート音をしっかり効かせる方が聴くに心地よいようです。

ジョージのパートはこの曲においてはオーソドックスでしっかり縁の下を支えているようです。
ポールのベースもミを中心にしっかり支えているようですので、ボーカル部分も同じ発想でしっかり支えようと思ったのかもしれません。
誰がどういう風に言い出したのか興味がありますね。

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

テーマ : ビートルズ関連
ジャンル : 音楽

ようやく少し回復です

こんにちは。

なでしこやりましたね!

少しご無沙汰してました。
実は薬の副作用で苦しんでいました。
最終クールの点滴を12日に打ったので、苦しい山場もこれが最後です。

最後だからいっそのこと苦しさを楽しもうと思いましたが、なんのなんの、
苦しみは今までで一番大きかったでした。
この連休はほとんど寝ていました。

子供の頃の病気を思いだしました。
はしかやおたふく風、そして扁桃腺。
40℃の熱が出て、寝ながらどこを向いても気分が治らない。
今回熱こそ出ませんでしたが、そんなしんどい状態になりました。
暑さも目いっぱいだったけど、節電でクーラーもそう十分にはつけなかったし。

病気っていうのは受け身の状態ではいつまでたっても治らない気がします。
そこで、音楽を必死に聴いたりしていました。それでもまだ不十分。
昨日は、つらい中、ギターやピアノの弾き語りを携帯に録画したりしました。
指も声も全然言うこと利かなかったけど、この主体的行動が症状の好転に利いてきたようです。
そしてなでしこ。さらに好転してきました。

そして今日。
まだまだしんどいですが、起きてブログを書くまでになりました。
頑張るゾ~!

テーマ : 生きることは学ぶこと
ジャンル : ライフ

Coffee Break Beatles No.102 「Every Little Thing」

お暑うございます。(この挨拶って死語でしょうか?)

ビートルズ来日45周年を記念してこの度、シングルレコード(A面=Rock and Roll Music、B面=Every Little Thing)が発売されました。
1965年2月に発売された同内容のシングルの復刻版だそうです。
昔と同じく45回転だそうなので、大きな穴に合わせるアジャスターを使うんでしょうね。
なつかしいなあ!

会社の人でビートルズの熱狂的なファンの人がいるのですが、先週、発売日にしっかり買ったそうです。

Rock and Roll Musicは有名なチャック・ベリーの作で、ジョンの忙しいボーカルです。
この曲は東京公演の1発目に演奏しました。
しかしレコードとは随分違うように聴こえ、そしてあまり上手くは聴こえませんでした。
その理由はまず、ギターの機種が前と変ったのとジョンとジョージが同じ機種なためサウンドが平たくなったこと、ギターとベースのチューニングを半音下げたこと、そして武道館のPAとトラックダウンの問題によるものです。
この当たりの話は拙書「技術系サラリーマンのビートルズ論」第1章をご覧ください。このブログの月間アーカイブの2009/11をクリックください。
最近になってAnthoogyの企画にて、最新技術による音質の改善により、随分きれいに聴けるようになりました。彼らは結構上手く演奏していました。

Every Little ThingはRock and Roll Music同様、アルバムBeatles for Saleに収められています。
今や日本の同名のグループの方がすっかり有名になってしまいました。
いかにもマイナーソングの感じがします(失礼!)が、実はポールはシングルカットを是非望んでいたようです。
ポールが結構一所懸命作ったようです。
ポール中心に作ったのに、リードボーカルがジョンなのは珍しいです。
しかし、盛り上がるハモる部分はしっかりポールがリードを取り、ブルージーな雰囲気を醸し出しています。
この曲の録音にジョージが遅れたので、ギターはジョンが録音したとのことです。
4人が揃わず録音した初めての曲だそうです。
隠れた名曲と言えましょう。

会社の近くの喫茶店でこのレコードをかけてもらえることになったので、来週聴きに行きます。

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

テーマ : ビートルズ関連
ジャンル : 音楽

不快指数(補足)

こんばんは。

昨日の記事「不快指数」に関して、ぷぃぷぃ虫さんから「ドライ運転は果たしてどの程度エコなのか、あるいはもしかして冷房運転の方がエコということはないですか」という大変鋭いご指摘をいただきました。
私もこの点とても気になっていましたので、取り急ぎネットで調べました。私の知識も少し交えて補足させていただきます。

普通のエアコンの「ドライ」というのは、特別な除湿装置が付いているのではなく、温度を下げることにより湿度を下げる、とのことです。

以下、専門的説明も少し含みますが、ご辛抱ください。

湿度とは空気中の湿気(=水蒸気)が、ある温度にて最大の水蒸気濃度(専門的には「飽和水蒸気圧」または「飽和水蒸気濃度」と言います)の何%まで達しているかの尺度で
す。(飽和水蒸気濃度まで達していれば湿度=100%となります。

飽和水蒸気濃度は温度が高いほど高くなります。つまり、温度が高いほど液体の水が蒸発して水蒸気になりやすい、ということです。

今、気温が仮に30℃だとして、ドライの25℃設定にすれば、部屋内の飽和水蒸気濃度は25℃の理論に従います。
よって、もし30℃での湿度が十分高ければ(例えば80%以上とか)、25℃まで下げれば、25℃での飽和水蒸気以上の室内の水蒸気は、水蒸気でいられずに液体の水として床や壁や天井に結露します。エアコンにおいては、水として結露する前に吸ってしまうのです。

なーんだ、なら冷房運転と同じやんけ、というご意見が聞こえそうです。もっともです。
確かに、ドライ運転も冷房運転も基本原理は同じです。
しかし冷房は設定温度まで一目散に到達し、その後もサーモスタットにより設定温度をしっかりキープします。
対してドライは、設定温度までゆっくり到達し、その後のサーモスタットの感度もゆるいそうです。
25℃設定では、例えば冷房は25±0.2℃くらいのコントロールならば、ドライは25℃プラスマイナス1℃、のような差なのでしょう。
よって、ドライの方が若干省エネです。

ここで疑問が生じます。
一つは、設定温度を現気温よりも同じないしは高く設定した場合は、ドライであろうと冷房であろうと、理屈上除湿はできないことになります。
よって、除湿をたくらむなら部屋を冷やす必要があります。

もう一つの疑問は、冷やして湿度を下げると言っても、冷やした温度での飽和水蒸気以下にはならないであろうことです。
エアコンが何ら主体的除湿をしていない以上、湿度は部屋の温度のみで規定されます。
よって、いくら時間をかけても湿度が減っていくことはないはずです。
さらに、冷やして湿度を減らすと言っても、十分に高い領域の範囲でわずかに減る程度でしょう。30℃で80%だったのが、25℃設定にして40%まで下がるなどということはありえません。

以上は「徐冷式ドライ」という方式です。
エアコンのドライにはもう一つ「再加熱式ドライ」というのがあるそうです。
例えば、25℃のドライ設定にた場合、再加熱ドライでは、一旦25℃よりも低温まで冷やして、湿度を25℃のそれより下げてから、25℃まで加熱するそうです。
これだと、確かに、冷房モードでいきなり25℃に設定するよりも、原理的に湿度は低くなります。
しかし、再加熱ドライでは、冷房よりも何倍か電気を食うそうです。

以上、「ドライ」というモードは誤解を生む名称なので、注意しないといけません。
「徐冷式」と「再加熱」は今のエアコンでは選べるのでしょうか?
このへんのこととか、実際の電気量や得られる湿度の有効性などは、直接メーカーに訊くのがよいでしょう。

まとめますと、
設定温度が30℃以下ならば湿度が低い方が快適なことは間違いありませんが、
「徐玲式」では湿度低下の効果はあまりなさそうです。
「再加熱式」はより湿度低下効果はありそうです。ただしその分電気を食う。

ならば、最初だけ再加熱にして十分湿度を下げてから、徐冷式に切り替える手もあるでしょう。
いずれにしてもエコと湿度はそう簡単には両立しない感じです。

テーマ : 電化製品
ジャンル : ライフ

不快指数

暑さはなかなかやみませんね。
その昔は「不快指数」という指標があり、テレビや新聞では「今日の東京の不快指数は80であり、全員が不快を感じるでしょう」などと必ず報道していた。
しかしある時、不快指数はパッタリと消え、気温のみが予報されるようになった。
でも実際は気温のみでは不快度は規定できず、湿度のファクターが大きいことは今も変らない。

節電をしなくてはいけないし、一方では副作用もあり、あまり寝苦しいと症状が悪化してしまう。
そこでここ数日、寝入るまでの数時間「ドライ」にしてみた。
ドライがどの程度省エネなのかは知らないが。
人間は寝ると自然に体温が下がるらしいので、敢えて冷房にしなくてもいいかな、と思った。
25℃以上は熱帯夜とは言っても、25℃で湿度が適度なら本来人間にとって好ましい条件であるはずだ、とも思った。

ドライをつけてみたら、何とも言えぬ快感が押し寄せてきた。しかもどこかで体験した感覚が蘇ってくる。
そうだ、この快感は欧米のホテルでバタンと横になった時のあの快感だ。
欧米は湿度が低いから、多少暑くても不快ではないのだろう。

Wikipediaによれば不快指数の定義は下記の通りである。
---------------------------
不快指数の求め方には何通りかあり、乾球温度をTd(℃)湿度をH(%)として、

0.81Td+0.01H(0.99Td-14.3)+46.3
あるいは
1.8Td-0.55(1-H/100)(1.8Td-26)+32

不快指数が75を越えると人口の一割が不快になり、80を越えると全員が不快になると言われている。 また、日本人の場合、不快指数が77になると不快に感じる人が出はじめ、85になると93%の人が暑さによる不快を感じると言われている。
---------------------------

上の式を用いて、代表的な例について計算してみた。

温度(℃) 湿度(%) 不快指数 不快感覚(筆者評)
--25----------40-----------70.7-----------○
--------------80-----------74.9-----------△
--30----------40-----------76.8-----------△
--------------80-----------82.9-----------×
--35----------40-----------82.8-----------×
--------------80-----------90.9----------××

大雑把に評しますと、35℃なら冷房にしないとだめですが、30℃ならドライでもある程度有効、25℃なら迷わずドライ、ってところであろう。

今日もドライ(オフタイマーON)で寝転がりながら古賀茂明さんの本を読み、そのまま寝入ることにしよう。

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

テーマ : 一般気象学
ジャンル : 学問・文化・芸術

「弁護」について

こんにちは。

相変わらずの猛暑が続いています。
これまで半年近く苦しんだ薬の投与がもうすぐ終わります。
明日、最後の点滴を打ち、そして2週間薬を飲めば終わりです。
回数を重ねるにつれ副作用が強まっており、今回は副作用が十分収まらないうちに次を打つことになり、少々不安です。
でも、この2週間、私は自分の持ち前のプラス思考を最大限発揮したいと思います。
ガンバルゾ~!!

最近、副作用による倦怠感を初めとした数々の不具合、そしてそれに伴う体力の低下。
比較的遠距離の電車通勤は堪えます。
入院前は席を譲りまくっていた私ですが、最近はなかなかそうは行きません。

今朝、改めて電車の中で人々の様子をつぶさに観察してみますと、やはり、女性の方が全般的につらそうです。
立ったまま眠ってしまう人、倦怠感で顔をしかめている人、など。
女性はおそらく血圧も低くまだ十分に目が覚めていない人もいるだろうし、貧血でフラフラする人もいるでしょう。
薬が終わったら、つらそうな人にはどんどん席を譲ろうと思います。
頑強な男性諸君、つらそうな女性を見かけたら是非席を譲ってください。もちろんお年寄りはじめ必要な人たちにも。

さて、前置きが長くなりすみません。今日は「弁護」の話です。
まずお断りしますが、私は誰かに肩入れがあるのではなく、あくまで一般論です。また、今日の場では、誰か、あるいはどこそこの集団の考え方の良し悪しを論ずるものではありません。

人が他人を容易に批判することはよくあります。
今も、政府、菅さん、東電、その他、批判の嵐です。
「まるでなっていない」「何も考えていない」などの批判の言葉をよく聞きます。

でもよくよく考えてみてください。
いい大人が、何も考えずに発言したり、幼稚な考え回しのみで発言することなどありますか?
よほどの悪人か変人でもない限りそんなことはないでしょう。
皆それぞれに、(程度の差こそあれ)十分に自分なりの考えを巡らせた上で発言するでしょう。

それなのに、安易に批判したらどうなりますか?
言われた当人が傷つくばかりでなく、物事の判断を見失うでしょう。
だから、批判される側に立った解析(つまり批判された人が何を考え何を言わんとしたか)、すなわち弁護が重要なのです。
たとえ殺人を犯した人間でも弁護が必要だというのは、上の考えに基づいていると思います。

私が少し前に松本前復興相の弁護をしたのもそのためです。
あの短いシーンだけ見て声高に批判するのでは、判断を見失うし、また同じ事が繰り返されるでしょう。
同様に菅さん批判においても、上面(うわっつら)の批判が多いです。
原発問題などで順番を間違えるなど、勿論要改善点はありますが、電力会社-政府-官僚間の癒着の関係を断ち切るには、菅さんのようなやり方しかないのかもしれません。(例えばの話です。)

弁護は必要だとはいっても、弁護に甘えてはいけません。
やはり、自分の考えをきちんと説明することがまず何より大事です。

最近のさまざまな事象に触れるにつけ、つくづく思うことがあります。
アイデアを考えること、ぞれを実行すること、それを判断すること、それを調整すること、その失敗に責任をもつこと、そしてそれを弁護すること。そうしたことが全てオールマイティで自分一人でやれればベストですが、どうも適材適所、分業して得意な人がやるべきのようにも思います。
少なくとも、そうした機能をきちんと分けて考えるべきでしょう。
何となく責任を取って辞任する、といった慣習にメスを入れないといけないと思います。

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

テーマ : 生きることは学ぶこと
ジャンル : ライフ

女性は席を譲らない?

こんばんは。暑いですね。

先日CBB(Coffee Break Beatles)は100回に達したと書きましたが、それ以外の記事を含めますと、今日にて202件目であることがわかりました。
このブログを開設したのが2009年9月でしたが、しばらく(2010年5月)は4件の記事しか出せませんでした。
2010年6月23日から本格的に書き始めました。それを実質的第1回とすれば、今日で379日目で198件目に当たります。
平均で1.91日に1回の記事。入院のブランクもあったので、ブログとしてはまあまあの更新頻度ですかね。

毎日、論文とまでは行かないまでも、一応新たな話題にて持論を展開することを心がけています。
不思議なことにネタは尽きません。
30代の頃に年間1,000冊近い読書をこなしていたのが、知らずのうちに知識や考え方の血になっていると思います。
それと公私にわたる様々な体験や苦労により、考えの幅も広がりました。
そして、ブログを頻繁に更新する習慣を身に付けることにより、さらに発想の訓練となり、感覚も研ぎ澄まされる気がします。
毎日いろんな方々に読んでいただき、ありがたいコメントをいただけるこそだと思います。
体力が比較的良好な時間帯を狙って書くことが、続くための秘訣だと思います。

さて、今日の話題は男女の特性の差についてです。

震災後のACのCMで、電車内で若い女性が妊婦さんに席を譲るシーンがありました。
しかし、私が冷静に客観的にこれまで観察してきた中では、あのようなシーンは稀です。
女性は電車内で他人に席を譲る例は男性より少ないです。(あくまで平均的に)

女性は、自分の前に譲るべき人が立った場合、寝てしまうことが多いです。
だからと言って、女性は人に席を譲りたくない、と結論付けてしまうのは性急です。
女性はおそらく体力がなく貧血の人も多いため、そう簡単には席を譲れないのかもしれません。

最近のテレビで、ある脳科学の専門家が、女性は利己的、男性は利他的(他人のために動く)と言っていました。
震災などの助け合いは男性がいないと成り立たない、と。
随分極端な意見ですが、私としてごくわずかうなずける点もあると思いました。

女性と話をしている(あるいはメールなどしている)と、女性はしばしば、自分にとって重要と思うことしか反応しないことがあります。そう簡単には自分の枠を広げないことが多いです。
これに対し男性は、自分にない考え方が示された場合は、興味深く聞き、場合により取り入れることがあります。

しかし、重要なことは、女性だから、男性だから、といって100%そうだとは全然限りません。
「男性的」な女性、「女性的」な男性は、確実にいるのです。
しかも、女性的な面を持っていてかつ男性的な面もある女性などもいます。

私の仮説では、DNA的には男女差は民族の違いもない気がします。
事実、人間のある部族や他の動物では雌雄間の差はほとんどありません。

先日も申しましたように、今の先進国では、女性は守られる立場の社会的位置にあるために、そして性差が女性が少ないために、女性はより自らを大切にするという傾向にあるのではないか、と私は推測します。
今のように、男女の差が比較的はっきりある方が幸せなのか、あるいはあまりない方が幸せなのか、よくわかりません。
もしかしたら、差がない方が幸せのような気もします。
今後の興味深い研究テーマだと思います。

そして、女性の方々にも是非意見を聞きたいと思っています。
よろしくお願いします。

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

Coffee Break Beatles No.101 「耳コピ」

こんばんは。

音楽以外のテーマの記事が続いてしまってスミマセン。
久しぶりにCBBを書きます。
また志を新たに200回を目指します。

ミュージシャンを目指す者は、コピー、すなわち楽曲を理解して同じように演奏すること、をいかにスマートにやるかがステータスの一つです。
昔は今のようなフルバンドスコアもなく、TAB譜もなく、あったとしてもコードネームを付したボーカル譜程度でした。
よって、「耳コピ」が基本でした。
耳コピができると自慢でしたし、モテました。
でも今や、それが耳コピによるものだと証明することができません。

私も耳コピは一時期随分傾倒しました。
ビートルズのコピーにおいては、完全な耳コピはせいぜい10曲くらいでしょうか。
一部楽譜のお世話になりつつ残りは耳コピしたとか、クラシックピアノプレイヤーの姉に教わったりして完成させたコピーとかも入れれば、かなりの曲数になります。

では、私のビートルズの完全耳コピの曲を紹介します。

まずはBlackbird。
音の数が少ないのでコピーはしやすい方でしょう。
しかも、ギターの音が基本的に2音(複音)ですので、音が聴き取りやすい。
絶対音はすぐ聞き取れたけど、どういうポジションで弾くのかがなかなかわからない。
考えぬいた末、基本は同じ弦を使ってローポジション~ハイポジションを行き来するんだろう、と考えなんとか完成。
先日、ポールのロンドン公演で演奏していたのを見て、自分のとほとんど同じだったので、すごくうれしかったです。

次はMaybe I'm Amazed。
'70のソロアルバムMcCartneyに収められている名曲です。
ピアノが主で、あと強烈なエレキギターのソロ。そして恐ろしいほどの高音(最高はF#)。
コード進行が定石を破ってものすごく多彩に変るので、コードの把握がまず第一でした。
でも、ルート音が半音ずつ下がるパターンが多いので、思ったよりも悩まなくてコピーできました。

後はMaxwell's Silver Hammer、Here Comes the Sun、Doctor Robert、Baby's in Black、I Shuld Have Known Better、Love Me Do、From Me to Youなどなど。
そんなに複雑でないコード進行なら大体は聴き取れますし、各楽器の細かいポジションを気にしなければ、まあまあのところまでは行きます。

あと、解散後のポールのYou Gave Me the AnswerやRock Showあたりですね。
シンプルかつカッコよいポールのピアノは、コピーしやすい上に超カッコいいです。
特に、Rock Showでのピアノのソロのところ。
何とも言えませんね、あのイカしたノリは。あんなの弾いたら超モテモテです。

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

テーマ : ビートルズ関連
ジャンル : 音楽

敢えて弁護するとすれば・・・

こんにちは。

松本龍前復興大臣の今回の一連のことには本当に驚きました。
辞任はやむを得ないと思いますし、言動や考え方に関する評論は大変多く出回っていますので、ここでは繰り返しません。

私は松本氏に肩入れがある訳ではありませんが、松本氏は自分の考えを持っていたはずですから、それを堂々と説明すればよかったのだと思います。
ところが、個人的理由での辞任だとか、性分の理由を持ち出したりするので、かえってわかりにくくなってしまいました。

そこで、私が弁護士になったつもりで松本氏の真意を代弁してみたいと思います。
繰り返しますが、松本氏の全てを肯定している訳ではありません。

松本氏の言葉、すなわち一人称、で語ってみます。では。

『まず、私が被災者のことを第一に思っていること、そして心情的にも近しく感じているのは紛れもない事実だ。
たしかに県知事や市長は被災者を代表しているが、今回彼らに檄を飛ばしたのは、その蔭に被災者がいることを意識してのことではない。純粋に復興対策のプロセスを最適化するために、強く彼らに影響力を与えようと思っただけだ。

具体的には、「おまえらがちゃんとやらなければ、こっちは何もやらないぞ」の真意は、「やらない」ことにあるのではない。
もちろん、私の使命は被災者に最有効(注;量とか質が最大限という意味ではない。最も効果的なものだ。)な物や事を最速で提供することにあり、私自身もそのことを心からそう思っている。

ここで重要なのは、下手なアイデア、あるいは下手な下地(準備など)の上に安易に宛がうのはかえって無為な結果と時間の浪費に終わるので、是非避けなければならない。

私および私のグループは既に有効なアイデアをいくつか持っている。
そして敢えて言わせてもらえれば、一部の地方自治体には十分な考えでまとめもせずに「ただ物が欲しい」ようなことを言う人もいる。

さらには、私達が有効な対策を早く取っているのに、政府首脳部の怠慢のため復興のアクションが遅れている。そして世論はそのことばかりに目が行ってしまっている。
本来政府はそれに対し反論や説明の責任があるにもかかわらず、泥仕合をやっている有様だ。

私は、こうした一部地方自治体の状況や政府の実体、そしてマスコミの誤解などに対し、事実をきちんと説明し、苦言を呈し、そして一部の人たちには敢えて檄を飛ばさせてもらった。
当事者の人たちに意識を植え付けることと、国民全般にわかってもらうためのパフォーマンスでもあった。
だから、あのテレビ放映場面は、具体的なことではなく、上記のように基本的考えを示し戒めを示す場であった。

結果として被災者の気持ちを台無しにしてしまったことはお詫びしたい。』

大体こんなもんでしょうか。
私個人として付け加えますと、松本氏のやり方は一部の商社(代理店)のやり方に似ています。
メーカーと代理店は協力し合うパートナーの関係であり、どちらかが客ということはありません。
でも、もし代理店が力を持っていたり、あるいは担当が十分な有効な情報や力などを持っている場合、その担当者がメーカーに対し松本氏のような威圧的な態度に出る場合があります。最近はあまり見かけませんけどね。
結果として両社の成果が上がれば、それもあり、というわけです。

仮にそれを許容したとしても、それはあくまで担当者間の問題であって、第三者に見せることではありません。どちらかというと私的な部分です。
松本氏の中に主従関係を自ら煽動させようというなら大きな問題ですが、そうでない場合、公私をきっちり分けていないことが問題のようですね。

それと、民主党という政党はイデオロギーの議論は盛んですが、民衆を愛す風土があるのかどうか。
自民党の伝統的陳情政治はある意味民衆に血の通ったやり方ですが、それだけでもいけない。
イデオロギーと民への奉仕。これを両立していただきたい。

もう一つの見方は、一部の場面だけ放映し、それをあたかも全体のように報道するマスコミのやり方です。
あの事業仕分けで名文句となった蓮舫さんの「1位じゃないとだめなんですか?」。
最近彼女自身が言っているのは「あれは全体の中の一つの流れに過ぎない。あれをことさら強調されては困ります。」と。
なるほど、言われてみれば、相手を肯定するディスカッションの中にもそのような言葉がありうると思います。

松本氏の出席する打合せの全場面を鑑みて報道すべきなのだと思います。

松本さん、頑張れ!
主張はしてください。

そして、政府、政党、自治体、マスコミの方々、上記に対し主張してください!

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

鏡の謎の解答

こんばんは。

引き続き暑いですね。
さて、昨日の問題は考えていただけましたでしょうか?

これに関して私は昨日から今日にかけ2つのことを知りました。

一つは、この問題は自分がこの世で初めて考えたと自負していたところ、古くからある問題であることがわかりました。
もう一つは、(私の調べた限りでは)、あまり正しい解答は見当たりませんでした。
よく見かけたのが、実は鏡に映った像は左右逆ではない、前後が逆なのだ、と。
これは言い換えに過ぎません。
鏡に映った自分は、右側に心臓を持つ「左右逆の自分」です。

では、私なりの解答をいたしましょう。
考え方の真髄はまさに昨日申した「上下」と「左右」の話です。
鏡に映った自分は「上下」は変らなく、「左右」が変る。
カメラはどうでしょうか。感光面には「上下」も「左右」も変る像が写される。(注;今のカメラは知りません。少なくとも昔のピンホールのカメラはそうです。)

ここで、「上下」と「左右」は人間が作り出した概念ですが、昨日も申しましたように、「上下」は変えても認識できないもの、「左右」は変えたら認識できるもの、です。
よって、何かの相対位置が逆転したと認識されたなら、その方向は「左右」、となります。
構造上等価で鏡面対象の関係にある時、それらは「左右逆」と言います。
カメラの感光面のような場合は、構造上も等価であり、かる左右も同じですので、全体的に全く同じです。

ここで注目すべきは、これらの関係を説明するのに「上下」の言葉は出てきません。「上下」はあくまで人間の都合による表現に過ぎず、物理的意味を成しません。
なにらや禅問答のようでわかりにくいと思います。では、もっと別の角度から説明しましょう。

もし仮に、人間というのは心臓が左にないと生きられない、とします(勿論事実はノーですから、大胆な仮定と捉えてください)。
その事がものすごく大事であり、それを成立させるために人間はいかなることもする、とします。

すると、鏡に映った自分は、足で歩くと心臓が右になってしまいますので、頭を下にして歩くべき、となります。
言葉を変えると、上下が逆になった自分が映っているわけです。

すなわち、「左右」の方向とは人間の主観によりどっちの方向かが決まります。
足で歩くことがあまりに当たり前になっているので、「上下が変らず、左右は変った」という見方をしているだけであり、「左右は変らず上下が変った」(注;ここで言う上下、左右は便宜的な表現であり、物理の本質ではありません)と見ても一向に差し支えないのです。同様に「前後が変った」と表現しても構わないわけです。

要するに、「左右」いう意味のある変換を成し遂げるのが鏡です。これが一言でいう解答です。
鏡に映し出される自分は思いのほか哲学的で深遠なものです。

L-アスコルビン酸しかビタミンCの働きをしないように、鏡に映った自分のキャラクターは自分とは全く違うかもしれません。
長年見てきた自分の顔は自分ではありません。
何かすごくいいことやいやなことがあった時に自分の顔の写真を撮るのは、自分を知るきっかけになるかもしれません。

いかがでしたか?
夏の夜の夢になりますでしょうか?

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

テーマ : 宇宙・科学・技術
ジャンル : 学問・文化・芸術

上と下、右と左

こんにちは

いや~、暑いですね。
気温はそう高くないんですが、湿度がすごいです。
節電のためクーラーもつけず。
最近だんだん、人災なのになぜ節電しなくてはいけないのか、少し疑問を感じ始めています。

東電の火力発電の遊休設備や民間の企業の発電などをなぜ活用できないのか。
再生可能エネルギーの検討などよりそっちの方が先だと思います。
お年寄りに節電をさせたり、労働者の方々を土日に働かせたり。
日本国民の我慢強さはポジティブな方向に活用してほしいですね。

そんな中、私の副作用もなぜか昨日から強まってしまい、辛い時間を過ごしています。
こういう時は科学の本質に迫るのが一番の清涼剤です。
1月の入院中もそうでしたから。

今日のテーマは「上と下、右と左」です。
シンプルかつ根源的なテーマほどおもしろいです。

上と下。
これは人間が勝手に作り上げた概念であり、本来の世の中(=宇宙)にはそんなものはありません。
我々は地球の北極の側を「上」と(勝手に)考えています。
しかし、地球のことを全く知らない宇宙人が、宇宙船で地球のそばを通りかかった時に、どこが上側などかはわかるはずもなく、そして意味もないことです。

同様に我々は、重力が向く方向を下と考えていますが、これも勝手な解釈であり、逆を下と考えても一向に差し支えないのです。

ところがであります。「右と左」は意味があるらしいのです。
もちろん相対的に右か左か、という意味です。(宇宙の中に絶対的な左右の方向はありませんから、ある二つの物(ないしは地点)を比べた場合、どっちが左か右か、という議論です。)

「上と下が意味ないんやったら、右と左も意味あるわけないやんけ!」(なぜか大阪弁)、という声が聞こえてきそうです。
もっともな疑問だし、若干禅問答的でもあります。でも、実例を挙げれば納得されるでしょう。

先の宇宙人が初めて地球のそばを通り過ぎる場合、どっちが上かは意味をなしません。
でも、例えば、日本列島と朝鮮半島を見比べた場合、日本列島の方が「右」に位置する、ことはわかるでしょう。
(注;見る立場からは日本列島の方が左に見える場合もあります。でもそれはここでは問題にしません。地球を上下反転させても全く等価(同じ)ですが、日本列島と朝鮮半島を入れ替えたら、その違いは不等価(違う)ことがわかるからです(地球のことを全く知らない宇宙人にとっても)。)
あるいは、また、その宇宙人が地球人を捕まえて調べたら、心臓の位置が左側にある、ということもわかるでしょう。

ビタミンCの化学構造は「L-アスコルビン酸」と呼ばれています。
L-アスコルビン酸に対して、元素構成と構造は同じながら、左右対称の配座をとる「D-アスコルビン酸」はビタミンCとしての機能を全然発現しません。地球上のどこへ行こうと宇宙のどこへ行こうとL-アスコルビン酸はL-アスコルビン酸として作用します。
このことは、自然界では右と左の違いを認識していると言っていいと思います。

昆虫などは上と下を認識しているではないか(例えば蝉は孵化すると地中(=下)に向かう)、という疑問も聞こえてきそうです。でも、それは、上下の認識ではなく、重力を認識してのことだと思います。

入院中に読んだ素粒子の本には、たしか、最近発見された素粒子には左右の違いを示す「大元」のような指示が書かれている、と書いてあったように記憶しています。しかもそれは、南部先生(ノーベル賞受賞)のような日本人が発見したと記憶しています。

どうでしたか、上下と左右の話。

では最後に皆さんに問題です。

「鏡に映る姿は左右は逆になるのになぜ上下は逆にはならないのか?」
さあ、この暑い夜に悩んでください。よい清涼剤になれば幸いです。

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

テーマ : 宇宙・科学・技術
ジャンル : 学問・文化・芸術

銀行で立っている人

業績が上がらなくても食っていける、というのはどんな感覚だろうか。
一度は味わってみたい。
毎日必死で新しいアイデアを考え、社内外でさまざまな軋轢に耐え、実行していく様は大変厳しいものがある。でもそれが食うための条件だと思って頑張ってきた。
でも、それが無くても食える職場にいたら、それは世の中の見方が随分違ってくるであろう。

具体例を挙げて申し訳ないが、日本の銀行は恵まれている。
国民の税金で立ち直ったのに、我々には金利ゼロでお金を借り、そしてサラ金並みの高利でお金を貸す。

時々お金を預けたり引き出したりしないといけないので、近くの支店に行く。
すると、必ず立っている行員が一人いる。
大抵は年配の人であり、男性であったり、女性であったりする。
声では「いらっしゃいませ」とは言っているけれど、表情は客を警戒している目だ。
少なくとも、「よくぞいらっしゃいました」と顔に書いてある人はいない。
何か質問でもしようものなら、感じ悪い対応で返ってくる。
一体、立って何をしているのだろうか?
一人が丸々、わかりにくい用で立っているのはコストの無駄使いだ。

大体、銀行の窓口はわかりにくい。
受付の窓口を一番左に設け、2、3人置き、用件を聞き、仕分け、簡単な用ならここでこなしてしまい、専門の用なら別の窓口に誘導する。
金融商品の購入や融資の相談などの時間のかかる用件は少ないはずだ。
あんな整理券を取らされて20分近くも待つようなことは、すぐ改善できるであろう。

窓口の行員さんも感じ悪い人が多い。
普通の民間であれば上司から叱られるような話し方をする人もいる。

信用関係には一日の長がある日本の銀行の諸君。
生まれ変わったつもりで、新しいサービスを始めてほしい。
それはあなた方のビジネスチャンスでもあり、我が国復興の大きな力にもなるのだから。

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

テーマ : マネー・貯金
ジャンル : ライフ

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード