平常に戻りました

みなさまこんにちは。
大分ご無沙汰し、失礼しておりました。
父の葬儀およびその周辺の関係は、昨日で一通りを終えました。
まだまだやることはたくさんありますが、今日から一応、平常に戻りました。

この1週間はとても忙しかったですし、思うこともいっぱいありました。
でも、父に関しては昨年11月にしっかり文字に残しましたので、思い残すことはありません。
ただ、ずっと介護を続けてきた姉が、自分の落ち度で死期を少し早めてしまったのではないか、とか、最後に入院した病院がもう少し適切にしてくれたらあと数か月は生きられたのではないか、としきりに悔いていました。
僕としては、十分過ぎる天寿に感謝の気持ちでいっぱいです。

この1週間に得たことはまた折を改めて書きます。
今日は、今週特に憂えたことを書きます。

今週の5日間は忌引きを取りました。
しかし、仕事は全然休めませんでした。
その理由は、一言で言うと、数回前の記事に書いた通り、電子・通信技術の発達により、人は日や時間や場所や状況にかかわりなく、休むことができなくなってしまったからです。

まず、電子承認。
いろんな文書を社外に出したり、その他諸々の稟議書の類において、僕が承認をさぼったら、そこで業務はストップしてしまい、関わる多くの人を巻き添えにし、社外、社内のビジネスを停滞させることになります。
あるいは、即刻急ぎではない案件にせよ、重要案件はたくさんあり、2日も3日も放置しておく訳にはいきません。
だから、休みだろうと何だろうと常に、最低30分おきくらいには、業務メールをチェックするためのモバイル機器をチェックしないといけません。
簡単な対応であれば電話か携帯メールで済みますが、ノートPCを立ち上げて操作しないといけない場面も少なくありません。

では、最低やるべきことをやれば落ち着くのででしょうか?
そんなことは全くありません。

すごくはっきり言うと、ゴールは「無限大」なんです。
今の電子・通信技術は、物事の量も質も種類も、無限大の容量まで回せるのです。
律速段階は人の能力と力とやる気です。
だから、どんな人も「ここまでやったから十分だ」という満足など得られないのです。

たいていの人は過労働ですね。心もすさんでいます。
ましてや、1週間も休めば、最低限のことをやったとしても、マイナス面ばかりが気になります。
30分ごとのモバイル機器のチェック、それは毎度暗雲たる気持ちですね。

数回前の記事でも書きましたように、やはり人間は、できない状況にいる時はできないようにしないといけませんね。
技術やサービスは向上してもいいんですが、人間のキャパを無視した状況は全くいけませんね。
記事でも書いたように、昔に後戻りはできませんから、何等かの仕組みを機械に課すか、ロボットに託すかですね。

人間はやはり、人間らしい心と主体を持つべきであり、決して人間律速にはってはならないと思います。

心理面からのもう一つの側面としては、以前、メンタルヘルスのカテゴリの一つとして記事にも書きましたが、ゴールが無限大だと、どんなに途中達成しても、分母が無限大なので達成度はゼロにしかならないのです。
従って、ゴールは絶対に有限でなくてはならないと思います。

これらのことは、仕事上のマネジメントにおいては十分に考えるべきことですし、社会全般においても、対策を真剣に考えるべきことだと思います。

さて、今日はお天気が素晴らしくよいので、布団カバーを替えて布団を干し、掃除をして気持ちよくなりました。
これで午後は頑張れそうです。

英文ブログA new sound of business(←クリック)も時々更新しておりますので、よろしかったらどうぞ。
スポンサーサイト

テーマ : メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

引き続き失礼しております

みなさまおはようございます。
とても寒い日が続いていますが、お変わりありませんでしょうか?
このところ、失礼しており申し訳ありません。

実は、父が息を引き取りました。
最近は大分弱りながらも自宅で過ごしてきましたが、年が明け調子が悪くなり入院し、一時は回復したものの、また悪くなり旅立ちました。
内臓の働きが全般に悪くなるという老衰でした。97歳でした。まさに天寿を全うしたのだと思います。

昨年11月に父のことを記事に書いてよかったと思います。
父にも通じたのかもしれません。

先週末より大変忙しく立ち回っています。
まだしばらくは失礼いたすことになります。
落ち着いたらまたじっくり記事を書きたいと思います。

みなさまにおかれましては、ぜひお体をご自愛の上、よい日々をお過ごしください。

あいさつ・・・補足編(最近はまずい傾向である)

みなさま、こんばんは。
実は、急用ができてしまいまして、しばらくはほとんどPCも開けられないような状態になるかもしれません。
みなさまに失礼をしてしまう可能性がありますので、予めお詫びしておきます。
落ち着きましたら、またじっくり書きます。
よろしくお願いいたします。
1月21日に日が替わって少し経った頃にて。ST Rocker


昨日、今日はまだまだかなり寒いのに、その前が鬼のように寒かったので、暖かく感じますね。
お変わりありませんでしょうか?

今日の要約
・あいさつは大事である。しかしだからと言って、あいさつをする人が報われ、しない人が淘汰される世の中ではない。
・その背景は、アメリカ型の「少数支配」のマネジメントスタイルの影響が大きい。
・あいさつをよくすることは、人間の正直度のバロメーターだ。
・だから、人々はあいさつを駆け引きの道具として、計算ずくになる。
・正直者は自己を高められる人である。だから最後には正直者が勝つ。とは言っても、正直者に自己改革を望む一方では酷だ。
・日本型のマネジメントを導入しよう。

後半はジョンとポールの話と、若干の録音を載せました。

続きを読む

テーマ : その他
ジャンル : その他

あいさつをしない人の数学勘定

みなさまこんばんは。
年が明けたかと思ったら、あっと言う間に1月も中旬です。
本当に、ジョン・レノンがTime flies so quickly.と歌ったようですね。

昨日から今朝にかけて日が替わる頃、累積訪問者数が20万人に達しました。
これもみなさまのご愛顧のおかげと、感謝いたします。
先ほど、ちょうど20万人目に訪問された方に対し、心の中で「ありがとうございます」とお礼を言わせていただきました。

続きを読む

テーマ : その他
ジャンル : その他

いよいよアメリカ型マネジメントと決別する時が来た

みまさま、遅れましたが、明けましておめでとうございます。
昨年も大変ご愛顧をいただき、ありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
お正月はいかがお過ごしでしたでしょうか?
今日からお仕事の方もいらっしゃいます。本当に頭が下がります。
僕は明日からなんですが、明日、明後日とめちゃ忙しいんです。

今日の要約
・戦後70年の”日本の反省”の一環としてアメリカ式企業経営方式が導入された。
・僕が以前いたアメリカ系企業でも、象徴的なことがいくつかあった。
・アメリカ式企業経営とは、強い製品を力づくしで売るための、販売方式と社内的マネジメントを行うこと。
・それに対し日本式の考えは、和の精神とボトムアップで総力を結集し製品を作り上げること。
・アメリカにとっては日本式の考えが増えては困るが、逆に日本としてもアメリカ式マネジメントは結局日本人に合わないため、決別する必要がある。
・若い人は、力のマネジメントなどには興味を示さず、日本式マネジメントを牽引してほしい。

続きを読む

テーマ : その他
ジャンル : その他

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード