FC2ブログ

人々よ、現状維持で満足すること勿れ

みなさまこんばんは。
10連休、いかがお過ごしですか?

昨日は、あわや雪とも言えるほどの冷たい雨が降りしきりました。
でも今日は、気温こそ低めなものの、すがすがしい気候でした。
重り計5kgをまとっての”行軍”も気持ちよくできました。

今日の記事の要約
・今の日本の問題点をここにまとめました。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : このままで、いいのか日本
ジャンル : 政治・経済

テレビ局=勝ち組 の偏向報道の理由(わけ)

2019-4-27(土) 23:00 末尾に今日の弾き語り録音を載せました。

みなさまこんばんは。
すっかり暖かくなりました。
GW前、いかがお過ごしですか?
みなさま方への訪問ができておらず、失礼しておりますm(__)m

会社の仕事用のスマホの機種が替りました。
2年に一回ほどの頻繁な交換です。
機能も増え、便利にはなるものの、正直、面倒です。
差し込み口は、今度はType Cです。
よって、これまでのいろんなケーブルたちが一挙に不要になり、ガラクタの山となっています。
しかも、同じケーブルでも、充電とデータ送信のどちらかしかできないものもあり、混乱を極めます。

僕がスマホを嫌いな理由は、単にジイサンのひがみだけではありません。
もはやブログの読者の7割くらいがスマホの読者と思われますが、長い日本語の文章を読解するという現象がほぼ絶滅したことが理由です。
5年前にはスマホ読者はせいぜい3割程度、10年前は1割にも満たなかったので、PCで長文を読むことが主流でした。
ネットでのコミュニケーションの質がものすごい勢いで劣化していることに気付かなくてはいけません。

87歳の男性の運転する車が母子を死亡させました。
大変痛ましい事故であり、ご家族の悲痛はどれほどでしょうか。

しかしだからと言って、男性の過去の役職が当たり前のようにテレビで報道されたことは、とても違和感を覚えました。
これまで技術をずっとやってきた僕は、その方をとても存じていました。

国の重要な研究機関のトップを勤めたことと今回の事故の間にはどんな関係があるのでしょうか?
全くありません。
そのことを国民に報道したところで、どんな意味があるのでしょうか?
質の悪い井戸端会議的な意味しか感じません。

はっきり言いますと、日本では交通事故は確実に減っています。
人々の車の運転はおとなしくなる一方です。(最近あおり運転が増加しているような偏向報道がありますが、僕は認めません。むしろ減っています。少数の例を誇張して報道していると思います)
最近、ウィンカーを点けるやいなや適正車間に割り込むことが増えていますが、それはマナーが悪くなったのではなく、寛容なドライビング感覚になったからだと思います。
ドライバーたちは、他車に迷惑をかけまいとする努力よりも、甘えの精神を許容しようという、ある意味、理想的な環境になってきています。

高齢のドライバーはよくないという、これまた困った偏向報道があります。
もちろん、人間は高齢になるに従い、身体能力が落ちる部分もあります。
でも実際には、高齢者の事故率が突出しているわけではないし、最近高齢者の事故が特に増大傾向にある訳ではありません。

また、今回の事故に限りませんが、事故や事件の被害者の悲痛について、プライベートに踏み込んでの感傷的な報道が最近とても多くなっています。
昔は、もっと淡々と報道していました。

悪質な事件が報道され、被害者のことがプライベートに踏み込んで報道されますが、実は事件も最近は減っています。

まとめますと、今の世は実に安全で、人々がマイルドになり、事故も事件も減っています。
(ただし、職場や社会でのストレスは、また別の問題として存在します)

その意味では好ましい社会になっているわけです。
後は、GDPを成長させて国力を復活させることですが、これが今、全然できていません。

望ましくは、国民が現状打破のため、新しいアイデアを創出し、業を興すことです。
そのためには、いろんなことにこだわり、物事を発展させることです。

そこに立ちはだかるのが、現在の既得権益であるところの”勝ち組”です。
勝ち組は勝ち組であり続けたい。
一般大衆である国民が新しい仕組みを生み出してしまっては困るのです。

勝ち組の一つがテレビ局です。
偏向報道をし、感傷的、情緒的な思考形態を一般対象に植え付ける。
そして、考える力を付けさせない。客観的な判断力を付けさない。
皆、テレビを観ている限り安心する。

そんなことを、勝ち組であるテレビ局は企んでいる、と僕は考えています。

(だからと言って、テレビを観ないでネットを観ればいい、と考えている人が少なくありませんが、僕はそれも反対です。
テレビや新聞という、情報をバランスよく伝えるメディアの存在は本当は大事です。
ネットだけ観ればいいと考えている人は、それはそれで独りよがりの道まっしぐらの危険性も秘めていると考えます。
本来的には、質のよい、社会の使命としてのテレビの存在、プラス、自主的なネットによる情報収集。そんなことが理想だと考えます。
そのことはまた改めて。)

2019-4-27(土) 23:00 今日の弾き語り録音を下記に載せます。

テーマ : このままで、いいのか日本
ジャンル : 政治・経済

漢字変換についてちょっとコメント

みなさまこんばんは。
ようやく安定的な暖かさがやってきましたね。

3月後半と4月の前半が、真冬並みの寒さが続いたせいか、電気代が、前月よりも上がってしまいました。
でもこれからは下がるでしょう。

昨日会社で、5年に一度とも言えるような腹の立つことがありましてね。
自分がしたセッティングが失敗したと最初に思ったのですが、ある人間の本性を知ることができたという意味ではよかったと思いました。

それにしても、出世欲の強い人間というのは、会社や人がどうなってもいいもんなんですねぇ。

今日は、ちょっと漢字の変換について書いてみます。
「見る、視る、観る、診る、看る」の違い。「聞く、聴く、訊く」の違い。

みなさまいかがですか?

僕の理解では、
見る=see、視る=look at、観る=watch、診る=diagnose、看る=take care of、です。
そして、聞く=hear、聴く=listen to、訊く=ask、です。

そして、「効く、利く」、「写る、映る」、「明ける、空ける、開ける」も同様です。

僕の同じお歳の女性の方のブログはとても漢字の勉強になります。
ある日の記事では「電話を架ける」と書かれていました。
そう言えば「架電」っていいますものね。

ではみまさま、よい週末をお迎えください。

テーマ : その他
ジャンル : その他

法律家たる前に人間たれ!

みなさまこんばんは。

ブラックホールの直接的観測というビッグなニュースが飛び込んできた。
えっ、ブラックホールってまだ直接的に見たことはなかったの!?という純粋な疑問を抱いた方も多かったのではないか。
もうすっかり常識化したに見えたブラックホールも、これまでは間接的証拠に過ぎなかったのだ。
直接視るにはとんでもない解像度の望遠鏡が必要だった。

今回観測されたブラックホールは、太陽系をすっぽり包むような大きさとは言え、全宇宙の中ではささいな1点に過ぎない。
地球サイズの仮想望遠鏡という発想は、とんでもなくワクワクした。
次は、地球と月と火星の3点望遠鏡なんてことにもなるかもしれない。一体何が発見されるのだろうか。

よく言われることとして、「医者たる前に人間たれ」というのがある。
いくら高度な医療技術を駆使できる医者がいたとしても、その礎(いしずえ)であるとのころの「人間性」が未熟であれば、砂上の楼閣の如く、脆弱なものになる。
だから、人間教育を徹底している、という医学教育機関(大学の医学部をはじめとして)は多いのである。

このことは、医者に限らず、基本的に、「職業人たる前に人間たれ」と言われていると思う。

確かに、どんな職業でもこのことは言えるのだが、殊に、専ら法律を職業としている人間に対し顕著に言えることだと思う。
例えば、弁護士、裁判官、検察官、弁理士、などである。

こうした人たちは、法律を盾に人のある行いの良し悪しを裁いている。
人の「ある」行いであり、人全体ではないにせよ、人を裁くのである。
医者の場合以上に砂上の楼閣では困るではないか。

このことはまだあまり言われていない。
でも実はめちゃめちゃ大事なことであろう。

テーマ : その他
ジャンル : その他

61だけど

みなさまこんばんは。
みなさまへの訪問ができておらず、とても失礼をしておりますm(__)m
今日は真冬以上の寒さで、しかも雨。栃木、群馬では雪でした。

こんな日に限って都内へ出張でした。
今朝の通勤電車では、両脇がスレンダーな女性が座ったので、楽々でぐっすり眠れました。
今の電車のシートは狭すぎです。昭和30年代の日本人の体格に合わせて設計されたものですから。
今は身長も体重も、あの頃よりずっと発達したのですから、座席の幅はもっとずっと広くなくてはいけません。

さて、僕は61も半分を過ぎた。
いよいよおじいちゃん世代だが、そんな感傷に浸っている暇はなさそうだ(^^;

もちろん見た目には大分老けたけど、基本的には精神年齢も体力も10代の頃からほとんど進歩がない。
ロックに陶酔し、男としての感性は未熟者そのものだ。
一応、人生経験は積んだので知識もケーススタディも豊富になったので、それなりの円熟味は増しているかもだけど。
でも心の底辺にある感覚は全く若い時から変わっていない。

会社では再雇用であるが、幸か不幸か、質も内容もめちゃしんどいものを期待されている。
社内からも社外からも結構な抵抗や反駁も受け、その一方ですごく期待もされているので、苦しみもハンパでない一方、プラス面もあって、総合すれば、ほんのわずかプラスが上回ることで、どうにかこうにか生きながらえている。

会社を離れても、我ながらとてもしんどいチャレンジをいくつも課している。

もう、安らぎというのは全く縁のない生き様であり、60を過ぎてさらにその様相を深めている。
正直、しんどくてたまらない毎日であり、1週間をこなすのが、もうどうにかこうにかである。

でも結局、これでいいと思ってる。
一応、今の会社も、イベント興行も、発信も、どうにか進歩をしているし、余興としての多重録音、運動、酒とも、一定の枠を確保して楽しんでる。

こんな僕であるが、これからもよろしく!

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

日本語は結論から先に言う文化ではない

みなさまこんばんは。
みなさまのところへ訪問できておらず、誠にすみませんm(__)m

今日の記事の要約
・日本人のよさを日本人は誤解して全く違う方向に、指導者たちは持っていっている。

続きを読む

テーマ : その他
ジャンル : その他

これからのこと

みなさまこんばんは。
こちら茨城南部では、桜は8分咲といったところです。
明日あたり満開になるかもしれません。
それにしても真冬のような寒さです。

毎日のみなさまへの訪問が昨日からできずに、大変申し訳ありません。
数か月のうちにとても大きな挑戦をするので、さすがにそのための時間を大幅に取らないといけません。
僕は何かを犠牲にするのは嫌いなのですが、こればかりはやむを得ませんm(__)m

今日の記事の要約
・新元号の印象と、僕のこれからのことを書いた。

続きを読む

テーマ : その他
ジャンル : その他

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード