FC2ブログ

英語を全く使わない英語の話

みなさまこんばんは。
夏もついに盛りを過ぎました。
暑い日でもどこか秋風が匂うような感覚が出たりします。
お元気でしょうか?

さて僕の趣味の一つは英語です。
これを言うと「ええ~っ!!」とすごく驚く方がいます。
あんな嫌なもの、何で趣味なんかになるの? 金もらったっていやだ、と。

ま、わからなくもないですね。

最初に断っておきます。
僕は英語が上手いのではありません。
英語が好きなのです。
もっと正確に言うと、英語の中には僕の好きなことが見出せるのです。
英語の何から何まで好きなのではありません。英語のしんどい部分もあります。

例えば、英語という言葉のもつ性格がどう欧米人の人格や考え方に影響しているのか、とか、仕事の世界でも、政治の世界でも、あるいは遊びの世界でも、日本人と欧米人のどんなすれ違いがあるとか。
あるいは単にトリビア的な英語をたくさん知るのが楽しいとか。
またあるいは英語の歌にはどんな喜びがあるのか、とか。

こんな僕ですが、このブログを始めるまで、即ち50代の前半まで、英語が趣味という人は多いものだと思っていました。
ところが、ブログで英語の記事を書いたところ、ほとんど関心を得られなかったのです。
中には、英語の記事だとパスしちゃう、と言う方も少なからずいました。

なぜこんなことが起きているのだろう、と首をひねりつつ考えた末の結論。
それは、多くの人は「英語は上手くならないと意味をなさない」と考えているらしいことでした。

それは全くの誤解なのであります!
英語は上手い下手に関係なく(そもそもが「上手い」とか「下手だ」という言い方は好きではありませんが)、楽しめるものなのです。
それは、スポーツや音楽と全く同じなのです。

よく数学のおもしろさにはどうしても入れない人の感覚として、「だって数式はチンプンカンプンだもの」というのがあります。
英語もこれと同じで、いかに平易な英語のお話を書いても、そこに英文がある限り拒絶反応を示してしまう人は少なくないでしょう。

数年前に小室直樹氏が、数式を全く使わない数学の話(正式なタイトルは忘れました)、という本を出しました。
数学のおもしろさは数式を使わなくても伝えられる、という氏の信念がこめられた本でした。
僕も飛びついて買って読み、感銘を受けました。

ならば、英語を全く使わない英語の話だってできるのはないかと、ふと今日思ったのです。

今日は、この記事をここまで書くのに疲れてしまいましたので、ほんの少しお話を紹介するに留め、また機会があれば「日本語だけの英語の話」に挑戦したいと思います。

日本人が英語の最大の問題点は、日本語⇔英語を機械的に置き換えるという英語の教育をやり過ぎたことにあると思います。
単語とか文法、構文を徹底的にやり、ルールを覚えさせられました。

日本人が話す時の特徴は、「はい、はい、はい」と頻繁に相槌を打ちます。
また、二言目には「すいません」とか「申し訳ありません」を言います。
日本人の多くは、これらをそのまま英語にしてしまうのです。

英語を話す欧米人は、話す時はほとんど無言でじっと相手の話を聞きます。
でも日本人が英語を話すと、頻繁に「イエス・・・イエス・・・イエス」と言ってしまいます。
イエスというのは英語では結構重い肯定の言葉なのですが、一言話す毎にイエスと言われるのですから、日本人は最初すごく奇異に見られます。
サンキューの異様な多用も然りですね。

僕の職場にはよく外国から電話が架かってきます。
すると若い技術者の多くは、日本語と同じようなノリでソーリー(すみません)を言ってしまいます。
例えば、「ミスター・タナカはいますか?」という電話が架かると、
「ソーリー、彼は今ミーティング中です。」
「では、何時ごろ戻りますか?」
「ソーリー、11時ごろまでかかってしまうと思います。」
「分かりました。では、折り返し電話するようお伝えください。」
「ソーリー、お名前をもう一度お願いします。」
てな具合。
ソーリーも英米人にはここぞという時に使う重い言葉。これを連発する日本人はやはり奇異なのです。

それとか、文の最初に動詞が出てきて、それが原形なら命令文を意味する、と。
しかも全くの例外もないほどの明解なルールであるかの如くに習いました。
これも正しい理解ではありません
もちろん命令を意味することもあります。
原形が最初に出てきた時の正しい理解は、状況により変わるということです。
すなわち、敬語や丁寧語にもなるのです。

例えば、そこに椅子があって、相手に座ってもらいたい時は「シット・ダウン」で十分なのです。
あるいは、目的地までの道順を教える時なども、「ここをまっすぐに行って、あの角で曲がる」というような言い方も、通常、原形です。
ところが日本人は、「***ください」のところを全部「プリーズ」を使ってしまうのです。
プリーズは英語にとってそんなに乱発はせず、要所で「どうぞ」とか「お願い」の意味で使います。

日本人の英語はとにかく、イエス、サンキュー、ソーリー、プリーズ」を乱発しまくっているわけです。
一度これらの言葉を全く使わないで英語を話してみるのも手です。
そしたら、日本人の交渉力はもっと上がるかもしれませんね。

あるいは、そうした日本人の「心」を欧米人に知ってもらうことも考えてもいいかもしれません。
ただし、その場合は、欧米人の誤解を解くような努力も日本人はしなければいけないと思います。

もし英語に興味が湧いてきた方がいらっしゃいましたら、ぜひカテゴリーの「英語」の過去記事をご覧ください。
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

TX守谷-みらい平間 無電区間

みなさまこんばんは。
ついに盆休みも明けてしまい、しんどい1週間が始まっています。
お元気でしょうか?

さて、僕にとって2番目の孫ですが、日曜の早朝に無事生まれました。
母子ともに順調です。

盆休みは、たまに仕事上のよからぬメールをよこす輩に立腹しながらも、まあまあ休みらしく過ごせました。
いつ生まれるかわからなかったので、遠出とかはできないので、音楽をやったり、体を鍛えたり、神社巡りをしたり、勉強をしたりして過ごしました。

今日は鉄道のお話です。
よく、「乗り鉄」とか「撮り鉄」とか言われますけど、僕の場合に一番ぴったり来るのが「システム鉄」でしょうか。
要するに「仕組み」ですかね。

鉄道関係で嫌いなものは一つもありませんけど、特に好きなシーンは、線路脇で電車が通過する光景を見ることです。
実家が与野駅のすぐ近くなので、2歳の頃から祖母におんぶされて、鉄道を見に行ったことが原体験です。

そんな「システム鉄」が大興奮するテーマの一つが、直流か交流か、ということです。
本当はこのあたりの基礎的な話もじっくりしたいのですが、軽く徹夜になりますので、今回は割愛します。

電車に対し付与する電力が直流であろうと交流であろうと、架線、パンタグラフ、電車は同じように見えます。
しかし、電気の性質は全く違います。
直流とはプラスとマイナスの方向が常に一定なものであり、電池がその例です。
交流とはプラスとマイナスの方向が1秒間に50回とかの周期で行ったり来たり振動するものであり、家庭用の電力がその例です。

電車を動かすに当たっては、直流、交流それぞれの一長一短があり、使い分けられています。
概ね、大都市区間は直流、地方区間は交流、というすみ分けが通常です。
電車には、直流専用車、交流専用車、交直両用車、の3種類があります。

ある鉄道のある路線区間は、基本的には直流か、交流のどちらかだけである方が、コスト的にも運用的にも有利です。
ところが、どうしても、直流区間と交流区間をまたいで交直両用車を運行しないといけない路線が存在するのです。理由はいくつかありますが。

茨城県の場合、石岡に地磁気観測所があるために、常磐線では取手より北の部分は交流にする必要があったとのことです。
同じ理由で、TX(つくばエクスプレス)も、守谷より北では交流にする必要がありました。
TXとしては、当然、全線(秋葉原-つくば)直流でやりたかったでしょうが、仕方なく、守谷より北は交流とし、秋葉原-つくば間を運行する用に交直両用車を製造したのです。

このことは、7/27の記事「TXについて思い切り語る」でも書きました。

そこで、「システム鉄」の興味としては、直流、交流という全く性質の違う送電システムの間を、どうやって電車が通過するのだろう? と。
性質の違う電気の線をまさかつなぐわけにはいきませんので、切り替えの所は、通常、「無電区間」(デッドゾーン)と言って全く電圧がかかっていない区間があるのです。
その間は、電車は惰性走行します。そして、その間に電車内の回路を切り替えるはずです。

こんなワクワクする仕組みはどのようになっているのだろう? と、鉄っちゃんでなくてもヨダレが垂れます。

そこで、8/16(金)に守谷-みらい平間の無電区間に行って来ました。
事前にネットで調べたら、車内の運転席の後ろから撮った動画はいくつかありました。
でも、外から撮ったものはなかったので、記事にしようと思いました。
車内からの動画を参考に、「大体この辺りだろう」と目星を付けて、車で向かいました。

少し迷いましたが、割とすぐに現場に着くことができました。
都合よく、田んぼの脇道のような細い道があり、線路のすぐそばだったので、そこに車を停めました。

では、下記に無電区間を通過する電車の動画を紹介します。
当日は台風の強風域にまだかかっており、風の音がうるさくなってしまいました。
実はこれが僕にとって初のyoutubeへの動画のアップ(音と静止画のアップはもう何度もやりましたけど)なのに、何ともお粗末なものになりました(^^;



向かって右が守谷方面、すなわち直流区間です。左がみらい平方面、すなわち交流区間です。
電車が目の前を通り過ぎる少し手前の架線の下側の線(トロリー線と呼ばれます)をご覧ください。
見にくいですが、丸っこい物がいくつか挿入されています。
これはおそらく碍子でしょう。すなわち電気絶縁物です。
この碍子がいくつかある状態で、直流の電気をシャットアウトするものと思われます。
要するに、この左側が無電区間です。

そして、電車が左側に行った時に見えているのが、交流の架線の一番端っこです。電信柱にかかっていますね。
そして電車は、何か網のようなものや太い柱のようなもので枠になったゾーンを通過します。
そこの下の一画は「変電所」と書かれていました。
変電所の意味が分かりませんでした。
想像ですが、直流区間の絶縁がもし破れた場合とか、電車に直流のチャージが残っていた場合に、完全にアースをするためかなぁ、などと考えました。

ほんとは、もっと写真などを駆使して、技術的に詳細な解説を加えたかったですが、時間がないためこれにておしまいです。

とてもおもしろい探検でした。

テーマ : その他
ジャンル : その他

運転に慣れない人は軽自動車を運転しない方がよい

みなさまこんにちは。

今回の記事の要約
・軽自動車の特徴をまとめ、運転者の目線で、現状の問題点と提案を書いた。

続きを読む

テーマ : その他
ジャンル : その他

日本と韓国の違い(僕なりの体験談)(補足)

2019-8-17 06:42追記
お盆休み終盤のごあいさつとして、2年前のお盆休みにアップした、即興的なLet It Beの録音を再貼りします。
ピアノ弾き語りに加え、コーラスを初めて付けてみました。

Use head phones.
みなさまこんにちは。
お盆はいかがお過ごしでしょうか?

僕にとって2人目の孫ですが、予定日を過ぎましたが、まだ生まれません。
初産のため少し時間がかかると思われます。

前回の記事で、「このような高品質の材料や製品を作る力は、やはり日本が長けていると言わざるを得ない。日本人はそのことを誇りに思ってよい。」と書きました。
このことで少し補足します。

確かに誇りに思ってよいとは思いますが、では、日本人の民族としてその能力が優れているかというと、そうではないと思います。
日本人が一丸となって、そのような風土のもと、一致団結した結果によるものと考えます。
ですから、能力というよりも、”魂”的なことと、団結力、勤勉さによるものだと考えます。
もっと言うと、他国でもやろうと思えばできた、とも言えましょう。

実は、日本以外の国は、日本が高品質で安い製品を作ってきたことを、日本人が思うほど尊敬していません。
それどころか、「フェアでない」と思っている人が少なからずいるのです。

どういうことかと言うと、そうした製品を作り出せた理由は、単に優れた技術力だけではなく、長時間のサービス残業とか、個人の自由よりも全体思考とか、顧客の言われるがままに妄信してしまう、といったことが挙げられます。
日本人はこれらを美徳と考える向きもありますが、実はこれらのことは、今の日本のデフレの原因になっているばかりではなく、他国の自由競争をも阻害するようなことにもなってしまっている、という現状があります。
(簡単に補足すると、コストを度外視した高品質製品を作ってしまったことにより、国内外の健全な経済活動に悪影響を与えてしまったと言えます)

要は、高品質で安い製品を作ればいい、というものでもないこと。
前回の記事で書いた、韓国人は、性能はそこそこにし、リスクはあるけど、世界的にマーケティングがうまく行きそうな材料を選択したわけですが、そうしたことをもっと評価すべきと考えます。

これからの日本は、普通の人が自由な考えを持ち、無理しない範囲で、競争力をもつ製品なりを作っていくことが一つでしょう。

テーマ : 韓国
ジャンル : 海外情報

日本と韓国の違い(僕なりの体験談)

みなさまこんにちは。
お盆休みに突入しました。
西日本の方は台風が心配ですね。
お元気にお過ごしでしょうか?

今回の記事は英文ブログ(←クリック)でも同内容で同時公開です。
(ちなみに、英文ブログは現在トップに固定記事を掲載していまして、通常記事は2番目に更新していますので、ご注意ください。英文ブログでは、どうもみなさま2番目に通常記事を更新していることに気付いておられないようですので、ぜひよろしくお願いします!!

今回は、僕が前の会社で半導体高集積回路用の材料の開発と技術サービスに従事していた時期、1991~2003年、に感じた日本と韓国の違いについて書いてみる。
あくまで僕なりの体験談である。

当時は、日本の半導体王国としての時代が終わり、バブルも弾け、サムソンをはじめとする韓国の企業が台頭を始めかけていた。
僕は、アメリカ系の企業にいたこともあり、アメリカ人、韓国人、その他の外国人との付き合いが多く、彼らの考え方を直接的に知る機会が多かった。

韓国は日本に似た文化や風習があるため、企業人としての考え方が似ていることも多い。
しかし、僕が半導体業界にいた時代は、まさに日本と韓国の差が如実に出て、そしてそれがその後の両国の運命にもつながって行ったと考える。

日本が半導体王国であった時代には、日本の半導体製造企業は、まさに日本人のよさを100%開花して優れた品質の半導体製品を作った。
その機動力となったのが、「お客様は神様です」という風土と、集団で連携してよい仕事をするスタイル(僕はこれを”集団智”と呼ぶ)、だったと考える。
半導体製品を作る会社も、その会社へ原料の材料を納める会社も、一様にこの日本人の特性を生かして、高品質のものを作ったのである。
最近、韓国への輸出をストップしている高純度のフッ化水素などもその一例である。

このような高品質の材料や製品を作る力は、やはり日本が長けていると言わざるを得ない。
日本人はそのことを誇りに思ってよい。

しかし、日本のバブルが弾けるころ、この構図が変化を見せ始める。
韓国人は日本人と似た特性を持っているとはいえ、日本人ほどの「お客様は神様です」の精神はない。
韓国の人口は日本の半分もないので、国内市場は限られている。
従って、製品を輸出することに主眼を置かなければならなかった。
そこで、高品質一辺倒の日本とは異なり、外国へ目を向けマーケティングを強化し、リーダーシップやグローバリズムを強化した。
アメリカの強いところを徹底的に学んだのだ。

僕はその頃、アメリカサイドが開発した半導体層間絶縁材料を国内外に売り込む仕事もしていた。
そのアメリカの材料は新しいコンセプトであり興味深いが、半導体製品に組み込んだ場合の歩留まりが今一歩だったのと、半導体工場にとって新しいプロセスの導入になるので、日本の半導体製造企業からはなかなか受け入れられなかった。

そこで、アメリカが目をつけたのがサムソンを筆頭とする韓国企業。
韓国企業は、多少歩留まりが悪くても、リスクがあっても、新しいコンセプトのこの材料を積極的に導入した。
これをきっかけに、韓国企業の破竹の勢いが始まるのである。

韓国企業の強みは、高品質というよりも、グローバル思考であり、マーケティングであり、リーダーシップであり、リスクテイクであると言える。
日本人は、このことを冷静に評価しないといけない。

そして蛇足だが、1990年代には日本の多くの半導体技術者が小遣い稼ぎのために、韓国企業のために内緒で技術を教えていた事実がある。
週末ともなると行き帰りの飛行機の中は、知った顔でいっぱいだったと言う。(これは実際に聞いた話)

我々日本人は、過去の反省すべきところは反省し、韓国のよいところは冷静に評価し、過去の強みに固執せず、そして、今後我々は何ができるかを真剣に考えなければならない。

テーマ : 韓国
ジャンル : 海外情報

孫について

みなさまおはようございます。
とても暑い日が続きますね。
お元気でしょうか?

孫というか、人間の誕生についてはなかなか自らは言いにくいので、これまでほんの少ししか書いてこなかったのですが、
さすがに一度はちゃんと書いておこうと思い、今日記事にしました。

実は、4月に初孫が生まれ、そして間もなく2人目の孫が生まれる予定です。

もちろん可愛いですよ。

STまもなく62歳。
体力と知力をさらに鍛錬して、この世に捧げてまいります。

今後ともよろしくお願いします。

PS
さて全くの蛇足ですが、
誰かの芸術を「下手」だとは思う必要はないと思います。
例えば、とても小さい子の奏でる音楽や歌の中にも、いいなあと思える芸術性を見出すこともあります。

自分の子や自分の部下を「だめだなやつだな」などと言わなくてもいいのと似ています。
技量の劣るのを無理やり目をつぶるとかのことを言っているのではありません。
それを指摘する必要があれば指摘すればいいのです。
そうではなくて、「下手」とか「だめ」というフォーカスを結ぶ必要はないと考えます。

テーマ : その他
ジャンル : その他

僕のロールモデル2人

みなさまこんばんは。
暑い日が続きますね。
お元気でしょうか?

今日の記事の要約
・珍しくも私的なお話を書いた。

続きを読む

テーマ : その他
ジャンル : その他

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード