FC2ブログ

翻訳家という職業は間もなく存在しなくなるかもしれない

みなさまこんばんは。
千葉県がまた大きな災害に遭ってしまいました。
被害に遭われた方々に心よりお見舞いを申し上げます。

しかし、だからと言って、千葉が危険な地域であるとか、この異常気象は地球温暖化のせいだとか、そんなことはありませんので、ご安心ください。

では今日は早速本題へ。

最近世の中では、「AIに取って代わられる職業は・・」なんていう話題が増えている。
正直、僕はこの話題は好きではない。
ネットが人間の交流を改革している、という話題などと似ている。
本質を語ることが少なく、興味本位が先行するからだ。

ところが、そうも言っていられない事態に最近遭遇した。

僕は仕事上、日本語を英語にすることが多い。その目的や内容は様々だ。
先日、ある日本の特許を英語に訳す必要があった。
僕は比較的その手の仕事に自信を持っているのだが、難しい内容のものはやや時間がかかる。
その特許の英訳もそれなりに時間がかかることが予想された。

すると、それを見ていた後輩の一人が僕に言うのだ。
「STさん、Google翻訳(無料)なんか使ってみたらどうですか? AIを採り入れたことで質がすごく上がっていますよ。一応それで先方に出してみて、先方がもし不明点があれば答えるというのはどうでしょう? 時間もめちゃめちゃ短縮できますし。」

それを聞いて僕は「そんな訳ないじゃん」と咄嗟に思った。
何年か前にサービスが終了したYahooの機械翻訳のひどさを思い出したからだ。
あれは本当にひどかった。
英語を覚えたての中学生か高校生が、一語一語、和英辞典を引きながら無理やり作文したみたいな文章だったからだ。
要するに前後関係を全く読み取れない、幼稚もいいところの英語だった。

でも、後輩があまりに勧めるので、騙されたと思ってやってみた。
そしたら、そしたら。
何と、めちゃめちゃめちゃ、すごい出来だったのだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

これはいくら強調しても足りない。
地球上のあらゆる形容詞を持ってきても足りないくらいの素晴らしい出来。

はっきり言って、点数で言えば90点。
前後関係の解読も85点。
特許とかの高度な文章も、ほぼ完ぺきな英語となった。それを専らとする人に対しても十分に通じる。
単語の誤訳はほとんどなし。しかもほとんど適訳。

その関係の翻訳家の専門の人よりは多少落ちる程度であり、ふつうの翻訳がうまい人よりは確実に上手だ。
はっきり言って、全く使える。

ただし、問題点がない訳ではなかった。
でもそれは簡単に修正ができる程度。
仮にそのまま出したとしても、後輩の言う通り、不明点だけ質問を受けることでも全然問題がないだろう。

これが翻訳におけるAIというものか!
こりゃ仕方ないわい。

このGoogle翻訳が登場する前から既に翻訳業は汲々としていた。
仕事上で英語翻訳を時々やってもらう翻訳業者さんがいる。
全て気鋭の日本人スタッフであり、英訳の質は極めて高い。
でも、その女性社長さんがよく言うのは、日本では既に価格破壊が進んでしまって、東南アジアや中国の日本語→英語翻訳業者に太刀打ちできないそうだ。
そこへ来て無料のGoogle翻訳が登場したのだから、苦しさに拍車がかかってしまっているだろう。

特許に携わる人しかご存知ない話題で恐縮だが、外国メーカーが日本に出願した特許の明細書の日本語ほどひどいものも珍しい。
出願代行を請け負った日本の特許事務所がもっとちゃんと日本語への翻訳を、なぜ頑張らないのか、不思議に思っていた。

すると最近、その手の事情通の人が言うには、特許事務所はまず機械翻訳で日本語化したものをそのまま特許明細書として出してしまうそうだ。
そして特許庁からもし拒絶理由通知(何らかの補正をしないと特許を与えませんよ、という通知)が来たら、そこで初めてちゃんとした訳(問題箇所のみ)に補正し、内容も補正するそうだ。
だから、あんな恥さらしの明細書の日本語も、ひたすらコストダウンと時間短縮のため。

でも、Google翻訳が登場したのだから、あのひどい日本語もこれからはお目にかからなくなるだろう。

翻訳業の方々にとっては誠に厳しい時代になった。
ではどうするのか。
僕は言いたい、人間よAIに負けるな。
AIにできないことがあるはずだ。
それを提供できる翻訳家になれ!

ということは、それができる人間にとっては、むしろビジネスチャンスだ。
スポンサーサイト



テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

ゴーストライター業(マジなお話)

みなさまこんばんは。
今日のおごそかな儀式、冷雨の中でしたけど、無事執り行われました。

今日は、内容が内容だけに要約なしで失礼します。

続きを読む

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

台風19号総括

みなさまこんばんは。
台風19号は大変大きい水害をもたらしました。
被害を遭われた方に対し、心よりお見舞いを申し上げます。

前回の記事で僕が予想した台風19号に関してのことと、結果とのギャップについて考察してみます。
要点だけを下記します。

・正直、雨については考えが及ばなかった。勢力と風のことばかり予想していた。
・南海上遠くにある時から、中心気圧に比して最大風速が弱いことに注目しており、それほど風の被害はないであろう予想は的中した。
・上陸時には970hPa程度まで弱まる予想だったが、結果は955hPaだった。僕の予想より弱まらなかった何らかの理由が存在する。もっと勉強せねば。
・元々目のはっきりしない台風であったうえに、上陸前に目が消えた(実際には目はあっただろうが、気象庁の衛星写真では目は消えたの意味)ことから、15号のような「小さくて切れ込んだ」構造ではなく、「大きくてなだらかな」構造だったと思われる。この意味でも予想はあたり。だから、中心付近で特別風が強いこともなかった。
・南海上で915hPaまで気圧が下がっただけで、「歴史上例を見ない台風」とか「狩野川台風並みの被害を予想」とかのマスコミの予想や、「命を守る行動を取ってください」などのマスコミの呼びかけが目立った。大きな水害が起こったのだから、これらのマスコミの発言が正当化されるのではいけない。これらの発言は、今回の雨のパターンを予測しての発言ではなかったからだ。これらのマスコミの発言で、実際に被害を受けた人が効果的に行動ができたわけでもなく、そして、全然被害を受けなかった人が余計な心労と動きをしたことにもなった。そんな訳のわからぬ誘導ではなく、台風の特徴をいち早く正確に伝え、視聴者とともに考える体制を作らないといけない。
・僕は南海上にいる時に「雨台風」だと気付いた。でもテレビではあまりこのことを強調していなかった。「風は大したことはない。雨台風なので雨に集中して備えろ」と言えばよかったのだ。

千葉に関していえば、今回は風はあまり大したことはなかったのと、東京湾よりは西のコースを通ったので、ほとんど問題はなかった。

話は変り、先日の弾き語り録音のThe Fool on the Hillの音の処理とバランスを再調整しました。
1967年のポールの”早すぎるピアノ弾き語りの完成”にどれだけ迫れるかにトライしたものです。
(今回も声への注目はかんべんしてね(^^)/)



それと、2番目の位置にアップした記事というのは、いかにしてもなかなか読まれませんね
なんかいい方法はないのかな。

テーマ : その他
ジャンル : その他

今度の台風を全知全霊をかけて予想する

10/12(土)午後1時追記

11時現在、台風19号の中心気圧は945hPaまで弱まりました。
気象庁の雲の画像のHP(←クリック)を見ると、先ほど台風の目がはっきりしなくなりました。
今後衰えてくると予想します。そうだとすると風はそんなには大したことはないでしょう。(とはいえ、これまで強い勢力できているので、もちろんそれなりの強風は吹きます。進路の右側に当たる神奈川の東端や東京都心や千葉では風の警戒は必要です)

それより、雨の方を気を付けるべきでしょう。
なぜなら、雨は中心気圧が高くなる(=台風の勢力が弱くなる)こととあまり関係ないからです。
昨日夕方の時点では、雨雲のすごい発達はあまり観測されていませんでした。昨日の夜半ごろから台風の北西側に非常に強い雨雲が発達し始めました。
特に静岡県、神奈川県の河川に近い方は早めの避難がよいかもしれません。


みなさまこんばんは。
台風19号が明日上陸ないしかすめる見込みだ。

僕の千葉の家は、前回15号では損壊しなかったと思ったら、後で業者に見てもらったら、結構屋根がやられていたことがわかり、現在応急処置を施してある。ブルーシートを張るような大規模な損壊は免れた。
しかしまた19号。
またしても予想進路は東京湾ないしは房総半島直撃か、かすめる。
ここ数年の台風の進路予想はものすごく正確になった。だから、今回も間違いなく最大の風が吹くのは千葉だ。
台風の進路の右側の方が左側よりも風が強い。そして中心に近いほど強い。でも中心そのものは目なので無風だ。
だから、、中心より数十km右側あたりが最も風が強い。
よって、今回も千葉だけ特別な風が吹き、ほとんどの陸地は左側なので、それほど大したことはないだろう。
 
嗚呼、なんて神様は無常なのだろう。
被災地が今回も最も風が強いなんて。

今現在、19号の中心の気圧は925hPa。
TVなどでは、経験したことのないような風が吹くと言っている。

ではではでは。
小学生の時から台風をとても個人的に研究しているこの僕が、全知全能で予測してみる。
もし間違った結果だったら、このブログで謝罪することにする。
そして、今回の記事では細かい所には誤りがあるかもしれないが、そこは追及しないでほしい。大枠の話として聞いてほしい。細かいデータなどを確認しているヒマなどないからだ。

進路予想=気象庁、各予報士が予想している通りだろう。つまり千葉が最も強い風が吹く。(残念だが、受け入れるしかない)
上陸時の強さ=970hPa程度
被害の程度=普通の台風程度(風的には大したことないが、雨はたくさん降るだろう)

風は大したことないとは言っても、もちろん普通の台風並みの被害は出るので軽んじてはいけない。

今回、昨日まで915hPaというかなり低い気圧を示していたので、大騒ぎしているが、実はそれほど珍しくはない。
たいていの台風は北上し、そして陸地に近づくと衰えるのが普通だ。

台風が勢力を発達または維持するためには、主に水蒸気の活発な供給がないとだめ。
水蒸気が活発に供給されるには、台風の下が海でないといけないし、周囲も海の方がいい。つまり大海原である必要がある。
それと海水温。

南海上でいくら900hPa近い勢力があっても、日本列島に近づくにつれどんどん弱まるのが普通だ。
しかも10月だから日本近海の海水は9月よりは低くなっている。

前回15号では、とても普通じゃないことが起こった。
日本近海に近づく頃には965hPaまで弱まったが、上陸直前に相模湾あたりで955hPaまで発達してしまったのだ。
この955という数字が千葉にあの強風をもたらした。

なぜ陸地の間近で発達したのか?
僕はその理由として、海水温の急な上昇と台風のサイズが小さかったことだったと推定している。

気象庁の海水温のHP(←クリック)を見てほしい。
15号が上陸せんとしていた9月8日は日本南岸沿いの海水温が30℃近く、しかも、その前の数日よりも急に上がったことが見て取れる。
しかも台風のサイズが小さかったので、台風の雲が陸にかかっていた割合も少なかったのであろう。
ピンポイントで発達してしまったと考える。
さらに、推測だが、まだ幼年期の台風だったために、発達する素性があったのかもしれない。

それに対し、今日現在の日本沿岸の海水温は25℃くらいである。
今現在、まだ北緯30度よりも少し南にいるので、海水温は28℃くらいだろうから、勢力は維持しているけど、もう少し進むとどんどん弱ってくるものと思う。
しかも今回はサイズが大きいので、陸に近づいて衰え方の程度も大きいだろう。

マスコミは責任回避のために、やたらに大げさな発言をしており、誠意がない。

以上である。
どうか予想が当たってくれ。そうでないと困る。

テーマ : 天気
ジャンル : ニュース

地球温暖化について僕の意見

みなさまこんばんは。
今回は記事を2つ同時に上げました。
次の記事もぜひよろしくお願いします。
なお、この記事の要約は省略させていただきます。

続きを読む

テーマ : 地球温暖化
ジャンル : その他

Coffee Break Beatles No.196 「知られざるピアノ弾き語りの名曲 The Fool on the Hill」

みなさまこんばんは。
かなり久しぶりの1日2記事です。そして久しぶりのCBBです。

ポール・マッカートニーと言えば、あの独特のピアノ弾き語りのスタイルを確立した人です。
有名なのが、Let It Be、Hey Jude、Lady Madonnaあたりですね。

ビートルズ、特にジョンやポールはは意外に早くピアノを採り入れていました。
ロックの隠し味としてピアノを結構使いました。
そんな中でも結構粋なのが、初期のShe's a Woman、中期のGood Day Sunshineあたりでしょうか。

しかし、本格的にピアノ中心の曲というと、やはり1968年からと見るのが一般的です。
ところがです。なんと、1967年にもピアノ弾き語りのポールの名曲があったのです。
結構気付いていない人が多いと思います。僕も割と最近まで気付きませんでした。
はい、今日のテーマのThe Fool on the Hillです。(日本語には訳さないように)

なぜかというと、フルート、リコーダー、ハーモニカといった楽器を使った素晴らしい編曲が目立つので、ピアノが奥に引っ込んだ感じだからです。
そんな僕の脳天を直撃したのが、アルバム「ビートルズ・アンソロジー」。
ピアノだけのポールの弾き語りのテイクがフィーチャーされていました。

あれれ、この曲、ピアノだけでこんなに行けるんだ、と。
そして何よりポールの弾き語りが絶品なんですわ。
アクセント、間の取り方、表情豊かなタッチ、ボーカルとのコンビネーション。
もしかして、ポールのピアノ弾き語りの中でもナンバーワンかもしれません。
しかも、こんなに早く(1967年)にこのスタイルを完成させていたとは。
ポールあっぱれ。

この曲、コード進行も絶品です。
一見、のっぺらした曲にも聴こえがちですが、ジャズっぽいコード(減5度とか)も結構使います。
そして、詞がまた絶品ですね。
あのジョンをして、「ポールもついに一流の作詞家であることが証明された」と言わしめたこと。

今日は、あのすごく粋なピアノと、それを弾きながらの素晴らしいボーカルにどれだけ迫れるか、頑張ってみました。

ピアノと詞に着目してください。
(声は注目しないでね(^^)/)

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード