FC2ブログ

言葉の移り変わりというもの

みなさまこんにちは。
昨日は夏日。今日は雪。
すごい変化ですね。
お元気でしょうか?

今日は言葉について語ります。
なお、今回の記事には既出の内容を含みますが、最近新しい読者様も多いことからご了承ください。

言葉というものは常に時代と共に少しずつ変わっていくものです。
古い世代の人たちは、こうした変化を苦々しく思うことが多いです。「若い奴らはなってない」とか言って。

「ら抜き言葉」が最初に出現してからもう久しいです。
最初はすごくおかしいと思っていましたが、もうすっかり定着しました。
もう15年くらい前でしょうか、国語学者の金田一春彦先生が、「こうした言葉の変化は時代の要請によることが多いので、必ずしも否定しない」と言っていました。
そのうち「ら抜き言葉」も正式な文法の一態様として認知されるのでしょうか。
僕はこの金田一さんの意見を聞いた時は到底受け入れがたかったのですが、その後だんだん言葉の変化に寛容になってきまして、一部は自らも使うようになってきています。ただし、一つ一つよく考えて自分なりに判断してから使うようにしています。
単に言葉の文化を劣化させるような安易な流行には乗らないようにしています。

呼応の副詞の使い方も時代と共に変わりやすいと思います。
例えば、「全然」。
正しくは、「全然****でない」という風に、否定を伴います。
でも今は、若い人を中心に「全然OKだよ」のように肯定でも使います。というか肯定の場合の方が多いくらいかもしれません。
僕が学生時代から既に使われ始めていましたので、もはや世間には受け入れられたように感じます。
実は今では、僕も「全然元気ですよ」のように使うことがあります。ただし相手を選んでですけど。

僕が中学の時(つまり50年前)、当時かなり年配の古文の先生が、ある授業の時、余談の中で次のようなことを言いました。
「君らねえ、『絶対に****だ』というように肯定で当たり前に使ってるけど、本当は『絶対に****ではない』と否定で使うのが正しいんだぞ」
当時の先生にとって、「絶対に」の使い方のおかしさが、僕の感じた「全然」のおかしさと似たようなものだったのでしょう。

昔であれば、「ありがとうございました」、「お疲れ様でした」と言ったのを、今では若い人を中心に、「ありがとうございます」、「お疲れ様です」と言います。
これも最初はかなり違和感がありましたが、僕はだんだん受け入れてきています。
例えば、仕事を終えて誰かが帰宅するのに「お先に失礼します」と言ったのに対し、「お疲れ様です」のように。
40代後半以降の頭の固い人たち(失礼)は、この時代の変化がわからず、「お疲れ様でした」と自分だけ言い続けています。
僕はいろいろ考えましたが、どうも「お疲れ様です」のほうがしっくりくるんですよ。少なくとも毎日のお決まりの挨拶においては。
何か具体的なことに対しての労いには「お疲れ様でした」と言うかもしれません。
「ありがとうございました」と「ありがとうございます」の差はもう少し複雑な気がします。
例えば、コメントの返事として「ありがとうございます」としか書かない若い人が多いのですが、僕は今でもコメントのお返事には「ありがとうございました」が多いですね。
「お疲れ様です」「ありがとうございます」という現在形は、定常的な慰労や感謝の気持ちを表す場合に使い、「ありがとうございました」は具体的な事柄に感謝を示す場合に使う、という僕なりの切り分けを考えています。
そうでないと、「ありがとうございます」という現在形だけにすると、漫然過ぎて微妙なニュアンスを出せなくなる気がするからです。
よって、「いつもご訪問ありがとうございます」「今回の記事に対してコメントありがとうございました」のように使っています。
まあこれとて柔軟に考えていきますけどね。

「こんにちわ」「こんばんわ」という書き方が一時流行りました。
一時は大の大人も書いていましたが、今はほとんど見かけなくなってきています。
多分、これらは言葉の劣化であると社会が考えたからでしょう。
「こんにちは」「こんばんは」のように、「は」である所以があるから、単に発音さえ合えばよいというものではないからでしょう。

最近、「違く・・」という言い方が一部の30代以下の人たちに流行り始めています。
例えば、「違わない」の代りに「違くない」、「違っていて」の代りに「違くて」のように言います。
これも最初はすごくおかしいというか、単に言葉を知らない人の話し方かと思っていたら、どうも広まりを見せているようなのです。
しかも不思議なのは、いい意味でインパクトを感じるのですよ。
考えてみたら、「よい(良い)」という言葉も、「よくない」「よくて」のように「く」を伴うことから、「違く」も定着してくるのでしょうか。

以上は、使う言葉の変化についてでした。
次は、同じ言葉でも解釈が時代と共に変わってきたと感じる言葉を2つ挙げてみます。

「確信犯」という言葉。
よくこんな使い方をしませんか。
ある職場での話。遅刻常習者のAという社員がいるとします。
Aはある日、友人と飲み会で深酒をしました。案の定(そういえばこれって今の若い人はほとんど言わないなあ)、Aは二日酔いになり、翌朝大遅刻しました。
一緒に飲み会に参加していたBが翌朝言うには、「Aは飲み会の途中から、『いいよいいよ明日遅刻するからさ』と言ってましたよ。全くAは確信犯ですよね」。
つまり確信犯というのは、自分が悪いことを十二分に承知の上、敢えて悪いことを犯すことを意味するのが、今の標準だと思います。

しかし、「確信犯」の意味するところは昔は違っていました。
例えば、国家とか軍部が国民を支配し縛っていることよりも、自分の考え方の方が上位にあるので、その考えに則って行動したことは必ず正しいのだ、のような意味だったと思います。
戦前とか戦後直後の活動家に多かったような気がします。
数十年前のカルト教団の教祖が、殺人をすることを自らの考えにより正当化しているのも似ているかもしれませんが、少しでも「本当はだめなんだけど」という考えがある場合は確信犯とは言わず、全く正しいと信じ切っている人を確信犯と呼んでいた気がします。

もう一つは「禅問答」という言葉。
元々は仏教的には悪い意味はなかったのでしょう。
文字通り禅的な問答。
それが転じて、高尚なやり取りではあるけど、要領を得なくて、不毛なやり取り、のような意味で、やや嘲笑を込めたコメントとして「あれは禅問答のようだ」という使い方が、何十年くらい前から出てきました。
しかし今では、ほぼ悪い意味でしか使わなくなったように思います。しかも、内容的に禅的かどうかは問わず、とにかく抽象的で不毛な議論のことなら何でも指すようになった気がします。

こうした解釈が変化してくるのは何によるものなのでしょう。
時代の要請ということもあるかもしれませんが、そもそも言葉というものは何世代も続いて同じ解釈が伝承されるのは難しいのかもしれませんね。
新しい世代の人が考えることがだんだん定着していくのでしょうね。
ただ、単に言葉の文化が劣化する一方の変化はよろしくないと思います。
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

新しいビジネスアイデア

(本題の部分は英文ブログと同内容で同時投稿です)

みなさまこんにちは。
連休はよいお天気に恵まれていますね。
いかがお過ごしでしょうか?

昨日はいろんな所で渋滞したのではないでしょうか?
僕も埼玉県の県道19号線(通称越谷野田線)で、江戸川を渡る橋の手前の1kmを通過するのに1時間以上かかりました。
橋の手前側の麓の信号では、横方向から橋に進入する車が橋の頂上の信号で堰き止められ、麓の信号まで列をなします。すると、直進の車は信号が青になっても2、3台しか通過できません。
つまり、横から来る車はほとんど渋滞せず、直進の車は恐ろしいほどの渋滞というわけですね。まさに信号の切り替えタイミングの設定ミスというわけです。
欠陥交差点という意味では、千葉県の国道16号(高速の側道)と国道126号が交差する加曾利交差点が問題大きいですね。
車がガラガラの126号の方向に著しく信号が有利に設定されており、16号側(特に上り)は信号を5回くらい待たないと通過できないことがよくあります。こんな状態が何十年も続いています。
それから、16号の千葉運動公園のあたりとか、埼玉の298号の草加市内のとんでもなくたくさんの平面交差点(おそらく政治的理由で作られたのでしょう)とか、いつか関東の最悪交差点のランク付けをやってみたいと思います。

最近のGoogle翻訳の能力はすごいですね。AIが導入されたと言われています。
前後関係を解析などして目的に応じて自然な言い回しを見出したりしているのでしょうね。
かつてタイピストとか、和文タイピスト(若い方知っていますか?)という花形の職業がありましたが、PCの登場により絶滅してしまいました。
翻訳家もそのようになるのでしょうか。
そのうちに、「翻訳家なんていう職業があったんだ!」という会話がされるかもしれません。
でも僕は今のところ、仕事でもプライベートでもGoogle翻訳は使いません。
なぜなら、言葉そのものには文化があるからです。文化の伝搬という部分を重視しています。
しかしこれとて、AIはそのうちにやってのけるかもしれません。

新型コロナウイルスを封じ込めるために、もちろん対策は必要です。
しかしながら、我々個々は大人としての尊厳を保ちたいですね。
僕の会社でも、あたかも強制収容所のような感じです。

何事も発信する場合は、自分の思いと受け手の評価が一致しないのは世の常であります。それはもう十分過ぎるほどわかっています。
しかしごくたまに本音を言いたくなる時もあります。(タブーではあるでしょうけど)
正直、前回の記事はかなりセンセーショナルである自信がありました。
自分の結論が正しいということよりも、着眼として世に広めるという意味においてです。
驚きの反響があると思っていました。あるいは炎上が起きるかもしれないとも思いました。
友人はいち早く「興味深い」と言ってくれました。
しかしそれ以外は全く関心が得られないようでした。
これまで書いた記事の中でも最も価値の低い記事と取られても仕方ない。そんなことを自らに言い聞かせつつ失意の中、次の記事を挙げる準備をしていました。
するとお一方からコメントをいただきました。ほんとにありがたかったです。

さて本題です。

この度、新しいビジネスプランをまとめました。
僕が長年、材料開発の業務として、大手メーカーに紹介し評価を仰ぎ採用されるに至るまでのプロセスにおいて、非常に多くの失敗経験とわずかな成功経験を元に、何をすれば成功に近づくのかを指南するものです。
多くの材料開発の現場では、基本的に大事なことを考えずに開発作業を始めてしまい深入りしてしまいます。
それなりによい材料を開発できて、客の担当者が喜んだとしても、土壇場で不採用になるケースが非常に多いです。開発のための貴重な時間、費用(人、モノ、その他)が一瞬にして無に帰してしまいます。
大手メーカーにとって新しい材料を採用するということは一体何なのか、その決定に至るプロセスとは何なのか。それを解明せずして材料の開発は難しいです。
いや、それどころか、そのことが最大のキーであると言っても過言ではありません。しかも、そのことの重要性も方法論もほとんどの場合、認識されていません。

それを体系付けてまとめていきます。
イベントの中の「ビジネス部会」で扱っていきたいと思います。
必要な方にコンサルしていきたいと思います。
ご興味のある方はぜひお知らせください。

では引き続きよい連休をお過ごしください。

テーマ : 経営コンサルタント
ジャンル : ビジネス

真の感染者数は厚労省発表よりもかなり少ないかもしれない(私の計算結果から)

みなさまこんばんは。
本当は今日は別の記事(ドライバーとしてのコメント)を書こうと思っていたのですが、昨日ふと観た、あるお医者さんの動画がとんでもなく興味深かったので、今日、試みに私自身が計算してみたところ、タイトルの結果になりました。
私は専門家ではないので、あくまでご参考までにお願いします。

私はかねがね、コロナの感染者数として累積者数を発表するのはおかしいと思っていました。
単にこのグラフを見て「感染拡大」と呼ぶのはおかしいと思っていました。
新たに発生する感染者数は毎日増えているのか、それとも一定期間横ばいなのか、回復した患者を差し引いた現在の発症者数はどうなのか、が重要と考えます。
そのあたりのグラフを書こうと思っていたのですが、昨日観た動画でぶっ飛んだのでそれどころではなくなりました。
その動画のURLは下記です。

https://youtu.be/cmI_6UGHXRI

そもそもウイルスに感染しているかどうかの検査というものは、精度を考慮しないと正しい感染者数は出てこない、という趣旨でした。医師国家試験に出た内容とのことで医者は皆知っていると言っていました。
あるウイルス検査の精度の評価するには、真の感染者が陽性と出る確率と、真の非感染者が陽性と出る確率を見ます。(分かりやすくするために動画とは言葉を変えています)
最もよい部類の検査で前者が90%くらい、後者が20%くらいとのこと。
えええ~、そんなに精度が低いんだ!と驚きました。
なので、その医者曰く、ウイルスにかかってもいない人が大挙して検査を受けたら、感染者数がべらぼうに増えてしまう。だから、検査する対象をかなり絞ってから検査しないと意味がない、と。
腫瘍マーカーなどでも同じことだとのこと。

今回の新型コロナウイルスの検査はどの程度の精度なのかはわかりませんが、本当は黒なのに陰性、本当は白なのに陽性、という人が一定の割合存在すると考えられます。
では実際どのくらいなのだろう。
簡単な計算なので今日計算してみました。

陽性だった人の数 =(真の感染者の数 X 真の感染者が陽性と出る確率(%))+(真の非感染者の数 X 真の非感染者が陽性と出る確率(%))

ここで、感染者数と検査の関係について、厚労省の以下のページを見てみます。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10032.html

3月8日の12:00の時点で、検査を実施した累積人数が7,347人。そのうち陽性だった人が439人。
そして、この439人を厚労省は3/8の時点の累積感染者数として発表しているのです。
検査で陽性を直ちに感染者としてしまっているのですよ。
検査の精度が100%白と黒を分けられるならいいですけどね。そんな訳ないのですから。

そこで、計算してみました。

2020-03-14 感染者数解析

厚労省の言う通り439人全員が真の感染者だと仮定すれば、検査を受けた人の数のうち感染者の割合439/7,349であり、6%となります。
表の一番左上です。
検査の精度をいろいろ振って、どんな場合が439人が真の感染者になるのかを見ていきます。黄色く塗られた部分がそれです。
1つの表において、左下に行くに従い、検査の精度が高い方向です。
まずは、100%白黒を分けられる場合が挙げられます。しかしこれは現実上不可能。
次の可能性は、真の感染者が陽性と出る確率が70%で、真の非感染者が陽性と出る確率が2%の場合です。
2%というのはいくらなんでも低すぎないでしょうか。
次は、それぞれ50%、3%の場合。
白が黒と出る確率はかなり低いので、黒が出れば多分黒だなとは言えそうですが、50%だと半分の真の感染者を見抜けず世の中に放置することになるので、事実上そんなに低いはずはないでしょう。
従って、439人(6%)が真の感染者と仮定すると帳尻が合わなくなります。

6%の設定を10%、15%に上げると、黄色い部分が上へシフトします。つまり、黒が黒と出る確率がどんどん低くなります。
さらに帳尻が合わない方向です。

逆に6%よりも下げてみます。下の段の表です。
6%を3%に、つまり真の感染者数を439人の半分である220人とします。
黄色い部分は右へシフトします。すなわち、白が黒と出てしまう確率が、より現実的な方向へ増えていきます。
それでも70%と4%の組み合わせです。
4%はなお低い過ぎでしょう。

さらに%を下げると黄色はさらに右へシフトします。
真の感染者数が、7,347人の0.5%の場合、37人です。
この場合、白が黒と出る確率は5.6%前後です。
まだ低いですね。

これ以上%を下げるとあまり意味をなさない計算となるので、ここまでとします。
白が黒と出る確率が10%以上になる場合はどうもなさそうです。
本当にこの確率は小さいのかもしれません。

白を白として正しく判断する能力が高いか、感度が低いかのどちらかでしょう。
もしその確率が仮に5%のような低い数字だとしても、7,000人もの真の非感染者が検査を受ければ、350人もの人が陽性が出るということです。
日本は検査する人を絞っていると非難されることもありますが、実はまだまだ絞れていないのかもしれません。(だからと言って、なかなか検査しないのも問題ですが)

まとめると次のようです。

1.厚労省の感染者数の発表は、検査が陽性になった人の数である。真の感染者かどうかは分からない。
2.今回の計算結果からは、真の感染者数を絶対的に導き出すことはできなかったが、439人よりも少なければ少ないほど計算結果は現実的にリーズナブルである。

以上です。
また何か進展しましたら記事に上げます。

PS
先日気付かぬうちに、累積ご訪問者数が45万人を超えました。
本当にいつもありがとうございます。

テーマ : その他
ジャンル : その他

Coffee Break Beatles No.198 「名曲過ぎてなかなかヒットしなかったストロベリー・フィールズ・フォーエバー」

みなさまこんにちは。

数週間前の池上さんの番組で、「マスクの表裏を知らない人が多い」とのことでした。
池上さん曰く、「紐が外側にして装着しないとだめだ。そうでないと脇が盛り上がってしまい飛沫を吸い込んでしまうから」。
その後、いろいろ調べてみたところ、メーカーの考えは必ずしもそうとは限らないようです。
表側に「おもて」とか「OUT」とか書いてあるマスクがあります。紐が内側にあるマスクもありました。
メーカーの指示に従えば、表側の襞(ひだ)は必ず下向きになります。ホコリや花粉が溜まらからのようです。
数年前にドイツ人から言われました。「日本人はなんでどいつもこいつもマスクしてるんだ。あんなのスカスカの紙だろ(?) ウイルスなんて全然防げないではないか」
確かにウイルスそのものの通過は防げませんが、飛沫は防げるでしょう。一定の効果はあるはずです。

人間は歳を取るに従い、脳細胞や肉体そのものは次第に衰えてきます。
しかし努力をして知識や考える枠組みとか経験に基づく物事の対処とか、そういうものは脳細胞や肉体の衰えにもかかわらずむしろ進化する、と僕は考えます。
何も努力せずのほほんと過ごせば確かに60以上は役に立たなくなるので、お払い箱でもいいですが、逆に努力した人間はむしろ60代こそ最も活躍できる年代です。
丙午生まれの9歳下の保身型上司とこのあたり数年前からやり合っていますが、一般論しか返ってきませんね。
そんな上司も、コロナ対策により”社内営業”(欧州親会社も含め)に行けず、来る日も来る日も隣の机に座っています。
僕をお払い箱にしたい割には、60前の仕事以上の難しくかつ責任のある仕事をさせかつ若手の教育と指導までさせるので、昨年の春には上司にかなり強い意見を言いかつ人事にも協力してもらって少しだけ改善を勝ちとりました。
しかし今また問題が起きており、もう一度意見を言わなくてはいけない状況になっています。もう背水の陣で臨まないといけないのではないか、と。
平日はいろんな意味で闘いが続きます。
土日はできる限りリラックスし、心技体のバランスを図ります。

さて本題です。

ビートルズの名曲と言えば普通はメガヒットしたものが挙げられます。
メガヒットというのはあらゆる人に共通に受け入れられた名曲と言えましょう。
しかし、真の名曲というのはなかなか評価されないものではないでしょうか。
アインシュタインの相対性理論がしばらく評価されなかったように。

そんな名曲として一番芸術的に優れているのではないだろうかと思うは、ストロベリー・フィールズ・フォーエバーだと思います。
普通のポップな曲を聴いた時の快感ではなく、神秘性、創造性を掻き立てるコード進行のようであり、楽器の演奏であり、ジョンのボーカルであると思います。
また、リンゴのドラムはとても奥深くてこの曲を多いに盛り立てています。
この曲は最初はバンドの録音とオケの録音が別々に録られていました。
ジョンの強い希望により、これらを融合しようということになりました。
2つの録音はテンポもピッチも違っていたのですが、何とかうまく合わせたのです。
今でこそ、CPソフトによりテンポもピッチも一瞬で合わせられますが、当時はテープの速度とかを変えるのに機器へ与える電圧を変えるなどして合わせたそうです。
プロデューサーのジョージ・マーティンや録音技師たち、あっぱれです。
そして、このアイデアを思いついたジョンの感性もすごいです。
ストロベリー・フィールズ・フォーエバーはの音の解析をできればしてみたいと思います。

ストロベリー・フィールズ・フォーエバーは、初めてプロモ(プロモーションビデオ)を発表した曲と言われています。
初めてにしてはとてもよくできていると思います。
今でも十分に通用するのではないでしょうか。
画面の縦横比さえ変えれば昔の映像とは気づかないでしょう。



もう一つ動画を紹介します。
昨日見つけました。
ヨーコさんのサイトのようです。
これを観るとジョンとヨーコは素晴らしい芸術家だと感じます。
でも現実から乖離しているのではなく、現実で生きていなかがら芸術性を醸し出す。そのあたりが永遠に人々を惹きつけるのだと思います。

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード