FC2ブログ

対談本はまず買わない

みなさまおはようございます。
前回の記事では、コメントのお返事や、本文への追記において、失礼な書き方にもなったかもしれず、お詫び申し上げます。
前回の記事の場合、そのことを強調せずには記事を書いた意味がなくなると考え、敢えて書かせていただきました。

さてここ数日、忙しくてみなさまへの訪問ができておらず、失礼しています。
また、今回の記事も超手抜きで失礼します。

仕事上の厳しい状況は続いています。
しかし、基本、自分の考えは誤っていなかったのだと確信しています。
自分をサポートしてくださる方の意見をよく聞いて、物事を進めています。
単に自分の努力だけなら何ら苦労はないのですが、人の行動や考え方を改める(職務上)必要があり、そこが大変ですね。

50代の途中まで読書の虫であった僕ですが、対談本というのを買ったのは1冊か2冊しかありません。
図書館で借りる場合でさえ、対談本はぐっと優先度が下がります。
対談本というのは、AとBという人が会話したことをそのまま本にすること。(もちろん若干の編集はあるのでしょうけど)

理由は至極シンプルです。
会話というのはアドリブですので、行き当たりばったりだから、本当によい議論ができたのか、あるいは本人らが主張をちゃんと言えたのかが不明なこと。(これにしても、若干の脚本はあるのかもしれませんが)

対談と言ってもいろんなタイプがあります。
Aという専門家の話を、Bという単なるインタビュアーが聞く場合。
AもBも専門家であり、意見をぶつけ合う場合。
AとBは専門分野が異なり、異分野であるからこそ、議論により何か新しいものが出るかもしれないのを期待する場合。
などなど。

対談だからこそ、よい本になることはあり得えます。
でも、Aという専門家の主張を正しく、効果的に理解したい場合、確率からすると、Aが単独でまとめた本の方がはるかに期待値は上です。
だから、基本は単独著者の本、そしてもし何等かのコラボが期待できそうな場合は、対談本も読まなくもない、というのが僕のスタンスです。

ユーチューブでも僕は、基本、対談は好きではありません。
誰かの主張に対し、単に相手をしているだけなどは、情報量が半分なってしまいます。話も折れますし。

そんな中、和佐大輔さんと木坂健宣さんの対談は大変価値があると思います。
それぞれが、とても考える力があるところ、対談ではそれが掛け算になるからです。
下手な対談は、単独で話すことの半分の価値にもなりかねませんが、和佐・木坂対談は掛け算になると思います。
「コロナ解体新書」あたりでググってください。
コロナの話題はすでに時期が過ぎたかもしれませんが、物事を考えるというのはこういうことか、ということを与えてくれると思います。
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

和食は本当に体によいのか?

2020-6-24(水) 22:10追記
すみません、おそらく書き方が不十分なため、伝わっていないと思いますので、今回の記事の主旨をそのものズバリで書かせていただきます。
「人間の健康と寿命にとって、欧米食と和食ではどちらに軍配が上がるのか?」というタブー的な質問に対し、「欧米食ですよ!」ときっぱり断言したことが、今回の記事の主旨です。ただし、ここで言う「和食」とは現代風にアレンジされた日本の食事のことを指すのではなく、古来の純粋な和食のことです。そして、だからと言って和食はマイナスばかりということを言いたいのではなく、人間の体とエネルギーを作るには、欧米食による圧倒的な栄養補給を土台にせざるるを得なく、その上で和食のよさがプラスされることこそが最大の健康と寿命だ、と言いたいのです。
(ではファストフードはどうなのかとか、**健康法とか**調理法とかの小規模の流行の話は忘れてください。平均的な欧米食と和食を比較したらどうなのか?という話です。別の言い方をすれば、人間が和食だけ食べ続ければ長寿になるのか?と言えば、平均的な欧米食のみを食べ続けた人よりも短命になる、という主張です。しかも大幅に。)

みなさまこんばんは。

最近、欧米の子供たちのお弁当は何て質素なんだろうという記事をいくつか拝見しました。
それに比して日本のお弁当は何て手がかかっていて、栄養のバランスが取れ、心もこもっているし、食育的には日本に軍配があがる、と。
ほんとにその通りだと思いました。

僕は欧米に住んだことはありませんが、アメリカ系、欧州系と外資系企業を渡り歩いてきているので、海外体験は多いです。
特にアメリカは何度も行ったことがあり、最大1か月くらいの短期の出張はとてもたくさん行きました。

ある時、アメリカの子供たちのお弁当を知る機会がありました。
すると、食パンにジャムを塗ったものとバナナ1本とかですよ。
しかも、そんなのが普通みたいんなんです。
腰が抜けるほどびっくりしました。
その後、いろんな人の話を聞くと大体こんなものらしいのです。

アメリカに赴任していた家族のお母さんの話では、最初、子供にキャラ弁風の凝ったお弁当を持たせたら、みんなから大笑いされたとのことでした。
下手をするといじめに遭うそうです。
アメリカ人の一般的な家庭の朝食もとっても質素です。

僕は、必ずしも欧米の食事が劣っているとは思っていません。
微視的に見れば、お弁当の文化は日本の方が優れていると思いますし、会議中にコーヒーやピザや軽食を用意しておいたり、スポーツバーみたいな娯楽施設で出てくる食事はしっかりしたものであるなどの文化は欧米の方が優れていると思います。
こうした文化的な観点に立った食のことは書き出したらキリがないので、別の機会で書きます。

今日は、和食は本当に体によいのか? という科学的な観点から論じてみます。

今や和食は世界的なブームになり、健康食として欧米のインテリ層を中心に愛好家が増えています。
その理由はたぶん、高カロリー、高脂質といった欧米食は肥満をもたらし、心臓・血管系の病気になるので、魚や野菜中心の和食がもてはやされているためでしょう。

和食は、欧米食に比べれば、たしかにそうした特徴がありますし、発酵食品をはじめとした”スローフーズ”という特徴があります。
それだけ、手をかけて、おそらくは文化的にも優れた和食は、たしかに、健康や寿命によい要素はあります。

みなさまは西丸震哉さんという方をご存知ですか?
元農林省の研究者の方です。
この方は、1990年に「41歳寿命説」という本を書きました。
この本の主旨は、日本人が長生きなのは、明治、大正に生まれた人が子供の頃に質素な和食で育ったために長生きの基礎が形成されたからであり、昭和34年以降に生まれた人は、その基礎がなく欧米食で育ってしまっているので、平均寿命は41歳になるというものでした。

この本は日本人に相当なショックを与え、欧米食は悪だとする風潮、さらには医学界において、コレステロール、血圧といったパラメータのあり方を今のようなものにする影響を与えた著書でした。

昭和30年代までは欧米食礼賛の時代でしたが、40年代に入り、欧米食の問題が言われ始め、バターはこの世からなくなりマーガリンが主役に、ラードがなくなり植物油が主役になりました。

さて、西丸さんの「41歳寿命説」の結果はどうだったでしょうか?
結果は、まったくハズレです!!
ハズレどころか、まるで逆です。
僕は昭和32年生まれですので、もし西丸さんの説が正しいなら、僕の年代も大きな影響を受けるはずですので、平均寿命は45歳とかになるはずでしょう。
僕は今62歳。僕の高校(男子校)の同期は300人ですが、これまで亡くなったのは、正式に数えてはいないものの、多くても20人程度でしょう。
この分で行けば、僕らの同期の平均寿命は軽く80歳以上には行くでしょう。

もし和食の方が断然健康にいいのなら、何故、欧米食を食いまくってきた欧米人の寿命が日本人とそんなに変わらないのでしょうか?
欧米食しか食わない欧米人でも、80歳や90歳まで生きることが珍しくないのです。
(なお、余談ですが、欧米の水にはミネラルが豊富なので、そのことも健康に影響しているかもしれません)

それに対し、純粋な和食した食べていなかった昔の日本人、例えば戦前の日本人、の寿命はとても短かったでした。
戦前の日本人は「人生50年」と自らを称していました。

昔の日本人は平均寿命が短かっただけではなく、とても老けていました。
30を過ぎるともう中年然としていました。
40代は今の50代後半か60代前半の風情でした。
50代ともなるともうすっかり老け込んでいて、55歳の定年の男性などはすっかり老境でした。
60代ともなると、すっかり痩せ細り、元気がなく、老人そのものの風情でした。

それに対し現代の人は、30代なんて若者そのもの、40代、50代なんて肌艶もよく元気、60代は人にもよるけど元気、みたいな。

はっきり言いましょう。
健康や寿命によいのは、基本、欧米食です!

和食は健康によい要素はある、けど、栄養が絶対的に足りないのですよ。
やはり、人間にとって体の組織を作り、栄養を与え、エネルギーを与えるには、たんぱく質や脂質に優れる、欧米食の方が圧倒的に有利なのですよ。
その上で、過度な栄養を抑え、かつ微妙な体の作用を得るには和食の力が必要である。これが真実でしょう。

戦後、欧米食が日本に導入されました。
単に欧米食のスタイルをそのまま採り入れたのではなく、ハンバーグ、とんかつなどのいわゆる”洋食”として、欧米食が日本風にアレンジされ日本に文化として根付きました。
これにより、戦後の日本人は栄養が増し、かつ伝統的な和食も存在しつづける状況になりました。

従って、今こそ、欧米食と和食のよさが両方生きている時代だと思います。
だから、今の日本人が世界一寿命が長いのではないでしょうか。

日本では、西丸さんの著書に誘導されてか、欧米食=悪の風潮が医学界にも席巻されて、血液とか尿のいろんな検査値が極端に制限されてしまいました。

コレステロールや血圧の考えも今や大幅に見直されて始めています。
バターやラードも実は問題がなかった、となり始めています。
僕らの世代は、人生の最も華やかな時代にバターやラードを禁じられました。俺の人生を返せ!と言いたい(笑)

バターやラードを解禁され、そして和食の利点を取り入れたこれからの時代の人は、おそらく100年生きることになるでしょう。

テーマ : その他
ジャンル : その他

Coffee Break Beatles No.203 「解散後のポールとしては出色の歌詞」

みなさまこんにちは。
暑いと思っていたら梅雨に入り大雨ですね。
いつもいつも思うのですが、我が国ニッポンは、ちょうどよいすがすがしい天気の日というのは1年のうちでもわずかです。

うちの会社は、日本全体へ右へ倣え的な風潮に支配されていまして、せっかく緊急事態が解除されたというのに何も変わりません。
我が国として今回のコロナ対策のために緊急的に採っていた在宅勤務ですが、これを機に在宅のあり方を根本から考え直してみるのはいいにしても、なぜ在宅が今後の標準になると決めつけるのですか?
NHKでも、今後在宅の流れが決まったように報道していて、在宅で働く家庭の様子とか、会社社長が今後在宅勤務体制に合わせて会社を改造する様子なんかを、放送しまくっています。
在宅はよくないという対照意見がたくさんあるにもかかわらず、こうした偏向報道しかしないというのは、放送法に問われてもおかしくないでしょう。

さて、前回はシリアスな記事だったので、今日はリラックス記事で行きます。

1970年にビートルズが解散した後、4人のそれぞれのメンバーはソロまたはグループを組んで活躍を続け、さらに成功を収めました。
しかし、音楽そのものはビートルズ時代のものに匹敵するものは現れなかったというのが世間一般の理解です。
特にポール・マッカートニーは、ヒット曲こそたくさん出たものの、曲調としてはポップで甘い印象のもの一辺倒になってしまった感がありました。

あの世紀の大天才ジョン・レノンや、影の立役者のジョージ・マーティン(単にプロデューサーに留まらず音楽にも大きな影響を与えていた)との関りがなくなったのですから、曲の深みが減ってしまったのはやむを得ないところでもあります。
特に、解散直前に出したソロアルバムや、1973年頃までのアルバムは低評価でした。

でも僕的には、この時期のポールの曲の中で、好きなもの、興味深いものが結構あります。
今日紹介するのは、マイナーな曲なのですが、Single Pigeon(「独りぼっちの鳩」の意味)です。
1973年のアルバムRed Rose Speedwayに収められています。
この曲について書かれている何らかの記事はほとんどないでしょう。それくらいマイナーな曲です。

ピアノ弾き語りを趣味とする僕は、最初にアルバムを聴いた時にすぐにこの曲に関心を持ちました。
しかし普通はほとんど気に留めないのではないでしょうか。
今回僕がこの曲を取り上げた理由は、詞のよさからです。

ポールの詞といえば、ビートルズ時代はジョンよりも大分劣っていました。
あの超名作Yesterday(イエスタデイ)でさえ、あの詞はイマイチです。
韻を踏むあまり、不自然な作詞をした感があります。(事実、Yesterdayはメロディーだけが先行してできた曲であることは本人が言っています)
事実、Yesterdayの詞は、曲に比べれば世の中ではほとんど取り上げられてはいません。

ところが、ビートルズ後期に入り、The Fool on the Hillあたりからポールは、ジョンが一目置くほどの詞を書き始めます。(以前の録音でも取り上げました)
そこからはポールの作詞の才能が迸り始めます。
そしてこのSingle Pigeonです。

この曲のストーリー自体は他愛ないものですが、英語の単語のもつ魅力というものが溢れています。
また、英語のもつ音感の素晴らしい感じがよく出されています。
(僕が歌ってしまうと、そのあたりが台無しになりますけど・・・(^^; )
まさに、詞と曲が一体になった名作です。

今回お届けする録音は、実は2018年8月4日のものです。
リンダとのハーモニーやトランペットの音なども再現を試みました。
実は以前の記事でもこの曲を紹介したのですが、詞については今回の記事で初めて書きました。

テーマ : THE BEATLES
ジャンル : 音楽

少しの間失礼しました

2020-6-7(日) 16:00 末尾に青字で追記しました。 悩みの解決法に興味のある方は是非読んでください。

みなさまおはようございます。
蒸し暑い日が続きますね。
昨日初めてクーラーを点けました。

数か月前から会社で失意なことがあるので、精神的にとても大きなダメージを受けています。
正直とても苦しいです。
何度も書きましたが、紺屋の白袴じゃいけないので、かつて書いてきたこと、プレゼンしてきたことを自分に言い聞かせています。
マイナスにはマイナスで処しない。マイナスにはプラスで攻撃をしかける。
休日には心技体のバランスを取る。
考えてみたら仕事なんてしなくてもいい年代ですし、同年の友人でも働いていない人もたくさんいます。
しばらくはそのようなことは無縁の状況が続くことでしょう。

さて、ネットが少しの間つながらず失礼をしました。
結局、機器を交換することで解決しました。
ネットにつながらないことがどんなに不便か、そしてつながることがどんなにありがたいか、を痛切に感じた数日でした。

在宅勤務中の先週水曜午後に突然機器が壊れ、ネットにつながらなくなりました。
特殊な方法を使い、1時間に一度くらいメールチェックをして過ごしました。
考えてみれば、多くの在宅勤務のネット環境が、個人の私用のものに依存しているというのも妙な話です。
って言うか、依存してもいいんですけど、制度とルールが全然整備されていないのです。

ネット契約の業者へ連絡するのが至難の業でした。
このステイホーム・在宅勤務の状況のため、問い合わせが殺到しているからです。
電話もチャットもまるで繋がりませんでした。
電話の場合、10分待っていると、時間切れで切れてしまいます。
最初は「何で切るのか!」とムッとしましたが、実は切る方がいいんです。
もし切らないと、1時間や2時間待たないと繋がらないからです。

最初、5、6回かけても繋がらないので、もう諦めようかとさえ思いました。
でも考えました。
「いやいや、ちょっと待てよ。オペレーターは誰かとは話しているんだ。では、どういう人が繋がるのか?」
かけた順番につなぐのと、10分待つわけだけら、10分経った時点でちょうとタイミングよく誰かの電話が終わったところへ食い込むのだな、と。
ということは、何度かかければ必ず繋がるのだな、と。

この論法に自信を得たので、あとはひたすらかけまくりました。
なお、チャットは「オペレーターがいません」と表示されるばかりで、全然だめでした。
結局、電話を全部で15回くらいかけたところで、つながりました。

思ったのですが、10分以上待ってもつながらないほど混んでいる時は、時間切れで切らざるを得ませんが、切るのであれば、待ち時間なしでつながるか話し中かだけでも同じかな、と。だって、10分待ったところで、つながるかどうかは偶然なのだから。
でも、10分くらい待たせてから切る方式のほうが客には説明しやすいでしょう。

電話につながってからは、機器の交換のための手順はポンポンと進みました。

それにしても、コールセンター方式花盛りですね。
亡き父が生前、コールセンター方式に激怒してしまい、そのメーカーの本社へ電話し「ちゃんと商品について説明できる者を出せ」と言ったそうです。
一種の”クレイマー”と捉えられたかもしれませんけど、結局のそのメーカーは真摯に説明する人から父に電話をくれたそうです。

僕は父ほどではないにしても、コールセンターのオペレーターの人にいらつくことは多いです。
全く応用力が利かなかったり、客に対するひたむきさが足りなかったり・・・
個々のオペレーターの力量の問題もさることながら、オペレーターの人たちはそのメーカーの責任を背負っていない場合が多いのが問題だと思います。
メーカーにとってはコールセンターはクレームのためのクッションの役割もあるのでしょう。
今や、郵便再配達や110番も全国集中コールセンター方式ですからね。
保険会社の契約内容の問い合わせもコールセンターの場合もあります。

2020-6-7(日) 16:00 追記。

みなさまこんばんは。
日曜の午後のひととき、いかがお過ごしですか?

今朝の記事はそっけなかったので、追記します。
今日は心技体のバランスに努めました。
先ほどは、手足に軽5kgの重りをまとって、1時間弱歩きました。

とにかくサラリーマン人生。
嫌なことが山ほどありました。
大きな悩みも小さな悩みも、ありとあらゆる悩みが押し寄せてきました。
もう絶体絶命というピンチも5回や6回はありました。
しかし一方で女神が微笑んでくれたことも5回か6回ありました。

我がサラリーマン人生、これまでかろうじて薄皮1枚分、よいことの方が多かった気がしてます。
だからここまで来られています。
とても嫌な輩(やから)がたくさんいました。でも、その数より1人多い輩(ともがら)がいました。
そして、神様はいつも見てくださっていたのです。
そして、「昨日の敵は明日の友」という場面もありました。外交と同じ側面もサラリーマンにはあるのです。

(以下、「だ、である」調で失礼します)

で、僕は今62、そしてそう遠くない日に63になるじいさんが、年甲斐もなく、サラリーマン人生最大の危機を迎えている。
そして一方では、なんと、自分の力がこれまで最高になることの手応えも感じている。

ああ何という試練を神様は与えてくださったのだ。
ふつう60を越えれば、能力は下り坂の一方で、感情も淡くなり、会社でも目立った発言はしなくなり、ただただ再雇用の条件に甘んじて隅っこでおとなしく微笑んでいる。
でも僕は全く違う。
30や40の人間などには負けてたまるかと思っている。
確かに、単調作業の体力と記憶力は30、40代には負ける。でも、経験と知恵と創造力を掛ければ、僕の方が上だ。

よく「若い者に席を譲りなさい」という人がいる。再雇用なんだから考えなさいという人がいる。
でもそれは、とても浅薄な考えだ。
物事の真の発展とは何かを考えられない人だ。

よくブログに書くが、我が人生は、すごいマイナスとすごいプラスが怒涛のように行き来する人生である。
このように生まれたのだから仕方ない。
他者に-1を貶めて自らは+1を獲得する情けない輩が多くなった今。
僕はいつもそうした輩の攻撃対象となる。
僕はマイナスの攻撃を仕掛けないので、与(くみ)しやすい、とでも思っているのだろう。
でも僕はそういう無能な「マイナス貶め者」には容赦がないのである。

僕の今のサラリーマン生活で最大の悩みとは、上記した背景が基礎にある。
スタンドプレイをして”偽”の成果をアピールする困ったちゃん。そして、自己保身のためにそれを認める無能な上司。
そしてさらに困ったことが、今の状態では会社に未来がなくなること。
そして僕の仕事にもマイナスの影響がもたらされることが容易に想像できる。

従って、僕の今の悩みとは、上記の困ったちゃんと上司の行いをやめさせて会社に未来をもらたすにはどうすべきかということと、毎日の僕のとても大きなストレスをどうするかということ。
おかしなことというのは、あまりに毎日頻繁に起きると、それが当たり前のようなことになってしまい、こっちが逆に落ち込んでしまうこと。
DVなんかと似た感じでる。

僕の悩み解決法というのは、カテゴリ「メンタルヘルス」の記事をご覧になればおわかりだと思うけど、悩みに対してお慰みを言うことではないのである。
マイナスに対してマイナスで処するのではない。
「マイナスで処する」とは、悪いことをする奴を今度はこっちが貶める、とか、悩んでいる人に”よしよし”すること。

マイナスの応酬はさらなるマイナスをもたらす。
そうではなくて、「攻撃は最大の防御なり」である。
ここで言う「攻撃」とは、相手を傷付けることではなくて、自分の新しいプラスの考えを行動に移すことなのである。

問題点や悩みというのは、一種の”低レベル”の「膠着状態」であるから、それを抜本解決する新しいアイデア、しかもそれは上位概念なのである、を打って出るのである。
「くそみそ」の醜い塊をもひっくるめて、嫌な奴をもひっくめて、新しい生産活動に持っていくのである。
そうすれば、自分もハッピー、問題児もハッピーになる。

「悩み」という観点から見れば、悩みをなるべく客観視する。
悩みを絶対視し過ぎてドツボにはまらない。
悩みを無限大にせず、「しょせんあんなもんだ」という、ささいな有限のことだ、と悟る。

僕は若い頃、すごく嫌な上司に付いたことがあった。
土日もそのことが頭から離れない。
当時ランニングをやっていた。京葉コンビートの煙突から出る煙が真横にたなびく強風の冬の日でも、「この5kmを22分以内で駆け抜けないとあの上司に明日負けるぞ」と試練を課した。
この考えはよかった。自分には、自分なりのもっと尊く厳しい目標がある」と。
上司の理不尽な考えなどしょせんこんなものだという客観視と、自分の余裕の精神力でかわせるな、という自信ができた。

よって、今回の会社の悩みに対しては、自分の味方数人とタグを組んで新しいプロジェクトを立ち上げることにしたのだ。
困ったちゃんや上司を貶めるのではなく、困っちゃんがスタンドプレイなどやるのもむなしく、上司もそれを抱擁するのもむなしいほどの価値のあるプロジェクトだ。

そして一方では、困ったちゃんや上司とは極力仲良く楽しく振る舞うこと。
一見矛盾しているようだけど、この人たちだって人間だ。基本は尊重しよう。
今たまたま、ちょっとずるいことをしようとしてしまっているけど、それをなんとか放念してもらおう。

そして、もし無能上司が自己保身を何よりも優先させ、困ったちゃんのスタンドプレイを100%肯定し、しかも人事も社長もそれを認容したなら、いくら愛すべき会社とはいえ、もう未来はないのだから、潔くケツをまくって(これって今や死語だね)会社を辞めるつもりだ。

明日からまた闘いだ。
でも仲良く、仲良く。
一方で、プロジェクトを推進しよう。

そして、いつもこんな僕をサポートしてくれる、偉大な友だち、ありがとう!
では、残り日曜のひととき、充実して過ごそうね。

テーマ : その他
ジャンル : その他

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード