FC2ブログ

嗚呼PC、会社の仕事、今、昔

みなさまこんばんは。
「暑さ寒さも彼岸まで」というのはその通りなんですが、どうも10年くらい前から、酷暑からいきなり寒いくらいの気温に突入してしまう感があります。
「やや暑い」くらいから「ちょうどよい」へ、徐々に移行してほしいものです。

ところで今回の台風。
超超思いっきり進路予想から外れました。
こんなんにとんでもない外れは、おそらくここ30年くらいでは初めてでしょう。

23日に社長(外人)とアポを取っていました。しかも外部の人を招いてです。
ところが台風のため、社長の一時帰国が1日早まり、23日の予定がキャンセルになりました。
結局、台風は飛行機には全然影響がありませんでした。

今朝、私用PCのマウスが突然動かなくなりました。
ブルートゥースで使っています。
ブルートゥースの設定が変になってしまったとか、いろいろ考えました。
ところがなんと、ブルートゥース自体が消えてしまっているではありませんか!
デバイスマネジャーにもないんですよ。

そこで、ネットで調べてみたところ、完全シャットダウンをやってから起動したらブルートゥースが復活したとのこと。
コメント欄に同様体験をした書き込みが多かったので、やってみたところ、復活しました。
本当にネット様様ですね。
最近は、エクセルとかパワポの操作法とかも、ネットだとほぼほぼ解決してくれますね。
変なマニュアルとか、ソフトのヘルプ機能なんかよりも、ネットで検索する方がよほど確実です。

さてさて。
今の時代というのは、ほぼ全世代がPCを使えますし、電子媒体で連絡が可能です。
ところが、僕の世代が若い頃には、年配の人たちは使えませんでした。
職場にPCや電子媒体が導入されても、頑なに紙で書き続ける人もいました。
僕らがワープロを使うと、「おまえらは暇だ、とか、遊んでいる」と言われたことがありました。
あるいは、ワープロというのは、紙に書いた下書きを清書するもの、という認識の人もいました。

前の会社で、僕が40歳ちょっとの頃、間もなく定年になるという僕の上司が、記念のプレゼンをすることになり、パワポで資料を作ることになりました。
その人はPCが苦手であり、ほとんど紙に書いてきた人でした。
たまたまその時、僕はその人の隣に座っていたので、パワポの操作法をさんざん訊かれました。
しかもその人は、基本的なWindowsの操作、例えば、コピペ、ドラッグ、とか、テキストとかの用語もほとんど知らなかったので、もうほんとに手取り足取り教えることになりました。

ひとしきり教えて差し上げると、「ありがとう!」と言ってやり始めるのですが、10分も経たないうちにまた、「ST君、度々悪いんだけど教えてくれない?」と。
そんな感じが1月くらい続き、全く仕事になりませんでした。

また、今の会社に入ってから、僕が56歳くらいの頃でしたが、2つ上の先輩が、これまたパワポをやったことはない状態で発表会で発表することになりました。
エクセルくらいは少しはやったことのある程度でしたが、基本的にPCが苦手な人でしたので、これまた手取り足取りで、数週間が仕事になりませんでした。この方も隣に座っていたので。

前回も書きましたように、僕は、老人とはむしろ実質価値は上がっていくものと考えています。
しかし、もし上で書いたように、努力をしないで、結局人の世話になるような老人である場合は、非難されても仕方ないと思います。

それにしても、若い頃は、PCがなかったので、書類も報告書も全部手書きでしたね。
しかも、書類書きや報告書は仕事ではないと思われていた(製品を開発したり生産したりする行為ではない)ので、サービス残業や休日家で書くものとされていました。
いろんな意味で懐かしいなあ。
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

”老害”を訴えるあなた、ちょっとだけ耳を貸してください

みなさまこんばんは。
今日は暑かったですね。
ただし、フェーン現象(太平洋側では)なので、湿度が低い分だけ、やや楽ではありました。
夏に太平洋側がフェーン現象というのは珍しいです。
長年、40.8℃という国内最高気温を誇ってきた山形は、日本海側のフェーン現象でした。
いずれにしても、今年の猛暑はこれで最後でしょう。
いよいよ明日から本格的な秋ですね。

さて、新内閣のメンバーの年齢が高過ぎる、という批判が多いです。
そこで今日は、私的に老人というものの見方について、ちょっと意見を言ってみようと思います。

ブログなどで、新内閣の”老害”を強烈に批判している方もいます。
私は、こういう方をバッシングしようというのでは全然ありません。
言論の自由は保障されなくてはいけませんし、その方のカラーでもあるからです。
そこで、「参考意見」として少し聞いていただきたい、ということです。

この記事では仮に、「老人」とは大体60歳以上の人のことを指すことにします。

言うまでもなく、人間は、歳を取るにつれ、体力は落ち、脳細胞は次第に死滅して行き、健康上の問題は増していきます
政治の世界だけでなく、会社をはじめ色々な組織では、老人はネガティブな評価をされ、若い人ほど重用されるのが現代の主たる考え方です。
特に、高度成長以降、欧米の考え方がすごい勢いで浸透してきて、重要なポジションはとても若くて潜在能力が高い人材を充てることこそが競争力のように考えられています。

若い人に積極的に機会を与えることや、後進に道を譲る、ということはもちろん大事です。それは全く否定しません。
今日は、そのことは一旦置いておいて、人間は、歳を取るにつれ能力が本当に衰えるのかどうかについて、私なりの見解を述べてみます。

まずですが、歳を取るほど能力が上がると私が考えていることは、次のようなことです。
知識、考える枠組み(その種類の豊富さ、その1つ1つの体系の完成度)、経験、人格、そしてそれらに伴う判断力。
一方で、上で赤字で示した衰える点もあるわけですので、結局のアウトプットは、青字×赤字となると思います。

ここで私の意見ですが、青字が成長していく程度の方が、赤字が衰えていく程度よりもはるかに上回ると思います。
しかしその掛け算は、さすがにどこかの時点では下降に転じるのは明らかです。
それは人にもよりますが、90歳くらいではないでしょうか。
つまり、90歳くらいまでは人間は価値が高まっていくと考えます。(単なる方便とかでなく、客観的な価値判断として)

そして、ここからがさらに大事なのですが、
好奇心とか冒険心とか、リスクを取る力などは、若ければ若いほど優れている、あるいは若者の特権と捉えられているのが一般ですが、私は多いに疑問です。
確かにこうしたことの優れた若い人はいますが、ふつうは若者というのは経験がない分、世の中に不安を感じ、怯える場合の方が多いと思うのです。
むしろ、いろんなことに鍛えられ百戦錬磨だからこそ、こうした力がついてくるのだと思います。

事実、60代、70代で、とても新しい感覚で世の中の改革のために挑戦している人がたくさんいます。
その卓越した考え方を政治にもぜひ利用してみたら、と思う老人も結構いらっしゃいます。
社会的な貢献が期待できるなら、老人も、というか老人こそ積極的に登用すべきではないでしょうか。

しかし、中には、世間からの老人の迫害に打算的になり、努力を忘れ、私利私欲に走ってしまっている老人もいるのかもしれません。
ですから、やはり、個人を見て判断してほしいですね。
閣僚についても、年齢だけで判断するのではなく、一度、個々人の評価を年齢とは関係ないところでしていただくのはどうでしょうか。

最後になりますが、私は、「後進に道を譲る」という考え方は、そんなには好きではありません。
世の中というものは”枠”のようなものがあって、誰かを追い出さないと存続しないような考え方だからです。

そうではなくて、足せばいいではないですか。
若者も老人も足して、共に能力を発揮して助け合いながら頑張る。
老人は老人で、世の中に付加価値を与えるポテンシャルがあるのだから、GDPを上げられますよ。

以上、63歳の老人からでした。

今日のおまけは、ちょうど1年前の多重録音で、森田健作のTVドラマ「俺は男だ!」の主題歌「さらば涙と言おう」です。
1971年、中2の時、このドラマに憧れましたね。あんな青春時代を送るぞ!と。
今や森田さんもすっかり変わってしまいましたが(^^;
さらば涙と言おう(←クリック)

テーマ : その他
ジャンル : その他

季節もようやく移ろうようですね

2020-9-13(日) 20:50、記事最後に「バス通り」録音を載せました。

みなさまこんばんは。
ようやく少しは涼しくなってはきましたが、まだまだ暑いですね。

今日は脈絡もなく、思ったことを書きます。

少し前に63歳になりました。
この歳ともなると、当然、容姿や体力は衰えますし、健康上の問題点は山のように増えます。
しかし、感覚は10代のままです。
達観とか厭世とかが降臨しているわけではありません。

自分の性格上、困難を自ら背負い込むようです。
これまでの努力で自分自身は確実に成長していると思うけど、歳を追うにつれ、背負い込む困難はどんどん大きくなっています。

会社でも大きなバトルです。
派閥争いとかじゃないですよ。是々非々で訴えてるだけです。

そしてつくづく思うことが、大きな困難の中でも必ず強い味方がいてくれる方がいることです。何回か前の記事で書きました。
あなたよ、ありがとう!

前回の記事では、韓国は日本に比べて断然、自然災害が少ないことと、ミリタリーサービスのおかげで逞しい人が多い、と書きました。
ならば、日本の方が不幸なのかと言えば、全然そんなことはないと思います。
日本は自然は厳しい部分があるにせよ、ふんだんな自然の幸に恵まれています。
また、歴史的には、一時的にかなりな試練に見舞われこそしたものの、すぐに復興し、健全な思想のもと、明るく進歩を続けてきています。
(ただし、少し前の記事に書いたような、戦後の欧米化に伴う日本らしさの欠如の問題、現代社会の問題がありますが、ここでは省略します)

それに比べ、韓国は日本に比べ、歴史的に国として、民族としての大きな悲惨に見舞われました。
朝鮮戦争が象徴的な例です。
同じ民族同士で戦うという悲惨、多くの犠牲者とともに民族が分断するという悲劇に見舞われました。
また、対外的には非健全な論法をもって主張しないと生きていけないような部分もあります。

読者様の中には、個人レベルにおいても韓国人や中国人とは仲良くできない、という方もいらっしゃいます。
僕の場合は、国レベルでは構えますが、個人レベルでは仲良くします。

40歳頃のことですが、香港人でアメリカミシガン州に駐在している人が、僕と、韓国人と台湾人を家に招待してくれました。
アオウオのような魚の切り身と中国版小松菜(何て言ったっけ?)をバーベキューで振る舞ってくれました。
それを食べながら、4人は飲みながら英語で談笑します。
それぞれ異なる文化的背景を背負っている4人だけど、箸を使う点においては共通であること。その喜びをかみしめたひと時でした。

国の考え方が合わないとしても、個人レベルでは友情は存在し得る、と僕は考えています。

いよいよ本格的な秋を迎えるような気配ですね。
お元気でお過ごしください。

2020-9-13(日) 20:50追記
やはり、音楽のことを少し書かないと寂しいので、追記します。
甲斐バンドの甲斐よしひろさんは左利きで有名です。
が、甲斐さんが奏でるギターは右利き用に張ってあるってご存知でしたか? びっくりでしょ。
小さい頃、兄弟が多くなかなかギターを買ってもらえず、お兄さんたちの右利き用のギターを弾くしかなかったそうです。
そこで、「バス通り」を甲斐さんのように、1弦から6弦へ向けてストロークしてみました。ただし、4年前のGWの時の録音です。
少しは甲斐サウンドぽく聴こえるでしょうか?
バス通り(←クリック)

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

日本列島はまるで韓国の防波堤

みなさまこんばんは。

九州地方は、台風10号の被害が少しでも少ないことを祈っています。
そして、今年は珍しくも連続して台風が韓国へ向かいます。

僕は、前の会社はアメリカ系のグローバル企業だった。
その韓国支社の人(韓国人)に、ある質問をしたことがある。「韓国で一番の自然災害は何?」
すると彼は答えた、「台風です」。
僕は「ええっ!?」と思った。
だって韓国なんて台風はほとんど行かないし、行ったとしても弱まっているし。
そこで僕はもう一度訊いた、「ほんとにそうなの?」
すると彼は、10秒くらい考えてから、「はい、台風ですね」と。

言われてみればその通りだ。
韓国は地震がない。火山もない。
大した津波も来ない。
大雨は時々あるだろうが、日本のように梅雨前線が居座ることもない。
一つ大変なのは、冬が大変寒い(例えばソウルで-10℃などはザラ)こと。でも雪がほとんど降らないので、それほど不便ではないだろう。
冬季オリンピックが行われた平昌(東海岸)あたりでは少しは雪が降るが。
暑さは日本ほどではない。
頻度といい勢力といい、日本の台風から比べれば段違いに大したことがない韓国の台風が、韓国で一番大変な自然災害とは、なんともうらやましい限りである。

改めて地図を眺めてみると、日本列島というのはまるで韓国の(というか朝鮮半島の)防波堤のような機能をしているのがよくわかる。
それに対し、我が日本というのは、地勢的、気候的、地殻活動的に、何て試練に満ちているのだろう。
我々は、韓国に比してはるかに厳しい自然の試練を乗り越えてきたことは、もっと自負に感じてよいだろう。

余談だが、アメリカでグローバルミーティングをやった時、韓国支社その他各国からの参加者によるチームビルディングとして、アメリカの森の中で戦争ごっこをやった。
白いTシャツを着て、おもちゃの銃から赤い玉を打ち、Tシャツに命中したら撃たれたことになる。
おもちゃとは言え、本物に近い構造の銃だ。
何が言いたいかというと、韓国人たちは、銃の扱いに習熟していた。そして戦争ごっこの作戦についても卓越していた。
韓国人のいるチームは圧勝したのだ。
僕も、森で背後から韓国人に撃たれてしまった。
そう、韓国のミリタリーサービスのお陰だ。
あの時ほど僕は、日本人はひ弱だと思い知らされたことはない。
そして、韓国人の参加者は自信に満ちてて誇らし気だった。

テーマ : 韓国
ジャンル : 海外情報

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード