FC2ブログ

今一度日本の「全体効果」について

みなさまおはようございます。
被災地はなかなか復旧が進みませんね。
本当に大変なことです。
早く進みますよう祈っています。

国の力の基本的なことに関してです。
-----------------------
今朝は時間がありませんので、書下ろしのような感じになります。ご了承ください。

アメリカをはじめとするキリスト教国の是とすることは民主主義、資本主義、自由競争です。
基本的に、民は全て等しく機会を与えられ、自由な競争なもと自由に発展していくことを理想とします。
また原理としての科学を重視し、その解明に力が注がれてきました。
アメリカなどでは事実そのようにして発展してきました。
何かの主義とか民衆の行動特性の基本的なことに関しての全体的な潮流とかバイアスはありませんでした。
(ただし本音としての人種差別とか、そのような問題は存在してきました。)

これに対して国としての全体的な潮流やバイアスが特徴になっている国があると思います。
(民主主義、資本主義、自由競争はあるものの、それだけではない、という意味です。)
例えば次のようです。

イスラエルおよびユダヤ人社会・・・・ユダヤ教の教義により強力な国家存立の行動、戒律および古来からの指導書により能力開発、産業・社会発展の力の発揮。
日本・・・・和の精神、連帯責任、おもてなし、"集団智”(私の造語)、勤勉さ、粘り強さ、助け合い...などによる国力の発揮。
中国・・・・中華思想、華僑の伝統等による果敢な商売活動、最近では共産主義による全体主義。
社会主義各国・・・・社会主義による全体主義。(ごく最近ではあまり奏功していないが。)
イスラム教諸国・・・・キリスト教と同じルーツを持ちながら、キリスト教とは教義に違う部分があり、そのことが国家の行動としてキリスト教諸国とは違う考えを持つ場合がある。

アメリカなど欧米諸国では、働く人はすごく合理性に則り、どうすれば最高の解を得られるか真剣に考えています。
しかし、日本人のようにグループで仕事をしたり、人のために仕事をしたりなどの発想がありません。
「そんなのオレの仕事じゃないさ」というわけです。

アメリカは本当は日本のこうした特徴が国力増大の重要なキーとなることをわかっているに違いありません。
だから、半導体や自動車や労働時間などの点で猛烈に圧力をかけたのでしょう。

私は米系、欧系の企業をわたり歩いてきました。
欧米人は、日本の顧客とサプライヤーの関係を「フェアではない」と言います。
自由競争ではなく個別に入れ込んで行動するからです。
本当は、そのこと自体へのクレームというより、その先に素晴らしい物ができることに対する脅威が主なのかもしれません。

TBSの「夢の扉+」を観ていると、よく主人公が言います、「30年も信じてやってきました。人間大抵30年も信じてやっていれば必ず成就するのです。」
これなどは欧米流から言えば全くナンセンスです。でも日本人にはこうしたパワーと眼力があるのです。

戦後、一時期日本経済がものすごく発展したのに、欧米からの圧力により、上記の日本の特徴をすっかり剥がされた感のわが国ニッポン。
でも、実はまだまだ剥がされ切っていないと思います。

ただし、昭和40年代に戻ることはできません。
使い分けですね。
そして、やれるものなら重要な「特性」は”輸出”してもいいと思うんです。
もちろん知的財産権はしっかり固めた上でのことです。

頑張りましょう。
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは♪

ST Rockerさん
こんばんは♪
ここ数日急に涼しくなりましたね。
この記事は読んだのですが、なかなかコメントのアイデアが湧かなくて遅くなってしまいました。

ポテ子は国のあり方や国民性という意味で日本と他国とを比較したことがないので、あまりわからないけど、日本の強みは伝統的なものであるし、欧米の仕組みを超えた存在である気がします。

職場においてもST Rockerさんの言う「集団智」も発揮されている気がしますよ。

ポテ子も夢の扉+見てますよ。本当に日本人は素晴らしいですね。

ポテ子さん

こんばんは。
ほんとに涼しいですね。
ポテ子さん、この記事にコメントいただけるなんてST的には超うれしいです!
数日考えてくださっていたなんて、感激ものですわ。

ポテ子さん、機会があればぜひイスラエルのこととか、国の特徴のことを見てみてください。
とても興味深いですし日本の強みも見えてきますよ。
職場においてもポテ子さんおっしゃる通りだと思います。

ポテ子さんも夢の扉+ですね。うれしいです。
今度是非そのテーマで語りましょう。

No title

こんばんは♪
このところ、珍しく残業続きでなかなかコメントできなくてすみません。

この記事も一度は読んでいるんですが、
その時は難しい中身だなぁと、ついスルーしてしまいました(^_^;)
でも、今日読み返してみると「なるほど」と思うこと多々あり(笑)

確かに国によって「労働」に対する意識は全く違いますし、
労働に対する意識が違えば生産性も違ってきますね。
日本の国民性の長所はST Rockerさんが書かれているように
集団智(助け合い、協調性等)もありますが、他国の良さも取り入れる柔軟性もありますね♪良いものは何でも取り入れる貪欲さというか(^_^;)だから経済もこれだけ発展したんでしょうね。
欧米からこれ以上、剥ぎ取られないよう、日本人特有の人の良さは
ちょっと封印して、主張すべきところ、譲れないところは
もっと守ってもいいかなと思います。

「夢の扉」は私も毎週観ていますよ(*^_^*)
がんばってるな~!!といつも感動をいただいてます。

シンディ・バーバーさん

こんばんは。
あらま、こちらにもコメントいただけたなんて涙が出そうですわ。しかもこんなにご丁寧に。
それにしてもシンディさんお疲れさまでございます。頭が下がります。

このテーマに関してもご関心をいただきありがとうございます。
シンディさんもお仕事等を通じて日本のことをよく考えられているようですね。

多分ですが、日本人の古来からよいところ+他国のよいところを柔軟に取り入れ発展させている、という二面をシンディさんとしてお考えですね。
おっしゃるとおりと思います。
シンディさんはむしろ、欧米流のディベート的なやりこめる風を日本も積極的に活用したらどうか?というご意見ですか?
僕はどちらかというと日本の本来のよさを戦略的に推し進めるべし、と思ったのですが。

2つのことがもし両立できるなら、それもいいかもしれませんね。
イスラエルなどはそれができていると思います。

シンディさんも夢の扉。心強いなあ。

No title

再登場です(^_^;)

欧米流なディベート的なやりかたは好きではないんです(^_^;)
今こそ、日本の底力というか、欧米人にはない日本人特有の
おもてなしの心を生かした、かゆいところに手が届くといった
サービスがビジネスとして有効に力を発揮できるんじゃないかと
思うんです(^_^;)

こんなのがあったらいいな♪
こんなサービスが受けられたらいいな♪みたいな(*^_^*)
先日もドロドロした流動食しか食べられなかった方に、
柔らかさは流動食なみにでも形は立派なうな丼という食事を考え出した方が
「夢の扉」に登場されてました。
今日のST Rockerさんの記事にもありましたが
器もですが料理も見た目で食欲をそそられます。
本当に病人の方の立場に立ったお仕事に頭が下がりました(*^_^*)
そいうのを考え出す日本人って、本当に凄いと思います。

シンディ・バーバーさん(再び)

再登場いただきとってもうれしいです。

わかりました、欧米的なディベートではなく日本人特有の強さの発揮でビジネス化ですね。
僕が記事で言おうと思ったことと一緒ですね。
「おもてなし」とか「かゆいところに手が届く」ですね。
同感です。

軟らかい食事の夢の扉の番組は僕も観ました。
本当に感動しましたね。
僕もあの病人の方々の心より喜んだ表情を拝見して、真のビジネスとは人の心に応えるべきものだと思いました。
そしてそれはまさに日本人の感性に合ったものだろうと思います。

これからも一緒に考えていきましょうね。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード