どんな苦境でも主体的信念を失わないでください

みなさまこんばんは。
今夜は涼しいですね。
冷房が要りません。
超蒸し暑い夜に冷房のガンガン効いた部屋でトウモロコシつまみながら冷たいビールをグイもいいもんですけどね(笑)
涼しい夜もいいもんです。

仕事ではしんどいことも多いですね。
---------------------------
以前会社員をしていた姉がよく言っていました。
「会社の給料ってのはサ、人間関係に耐えたご褒美だと考えるといいよ。」と。

僕もサラリーマン生活32年。
いやな奴と随分付き合ってきたなあ。
と同時に、僕といういやな奴とお付き合いいただいた上司のみなさま、部下のみなさま、同僚のみなさま、業者のみなさま、お客様...本当に大変でした。すみませんでした

これまでいろんな人に助けられ、いろんな人からアドヴァイスをいただき、いろんな苦境を乗り越えてきました。
今ではそうしたことを随分達観できるようになったけど、まだまだしんどいことも多いですよ。
仕事上いやないやな立場やシチュエーションに置かれること。これ日常茶飯事です。
お仕事をやっている方、ご家庭の主婦、お勉強をされている方...みないずれも多くのお悩みがあることでしょう。
ましてやご自分で事業を興されている方は、そのご苦労も並々のものではないでしょう。

若い人からたまに相談を受けます。
「STさん、僕の上司は僕を押しつぶすことばかり言って僕の斬新な発想を取り上げようという発想なんてないんです。配置転換を希望すべきですかね。転職も念頭に入れた方がいいのでしょうか?」
「そもそも君はこの会社をどうしたいと思ってる? どうすれば伸びると思ってる? もし会社の経営者目線に立つのが難しいなら部長の目線でも課長の目線でもいいから、自分がそうなったつもりで考えてごらん。そして自分がこうしたいということを半期ごとの面接で上司に真剣に訴えてごらん。そして上司の考えを聞いてごらん。もし上司の考えが自分に沿うと考えるならもう少し我慢して上司の期待に添うように努力してごらん。もし上司の考えが納得できないのなら自分の考えをぶつけてごらん。そこまで真剣に相対したらその先のことは自ずと見えてくるよ。」と。

要は、どんなにしんどい場面でも決して投げやりにならないことです。いやな上司に決して魂を売らないことです。
主体的信念を必ず持ってください。
「私はこの会社をどう活用して自己を実現するか」なのです。
主語は「私」です。
自分の軸というものを見失わないためにも、仕事の枠を外れた自分の信念をブログに綴るのも一方法でしょうね。

応援していますよ!

では今日のおまけは春の筑波山。
2012-05-13 筑波山 016
女体山山頂からつくばの北条の田園地帯を眺め下ろしたところ。
スポンサーサイト

テーマ : 心の持ち方
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ST Rockerさん、こんばんは♪

今日のお話、ポテ子の心の琴線に響いちゃいました。
「いやな上司に決して魂を売らない」
「主体的信念を必ず持つ」
本当にその通りなんだけど、無能な上司ほど「出る杭」を打ちたがる。
どれだけ若くて有能な人材が潰されてきたかわかりませんね。
企業にとっても、大きな損失だったかもしれない。

そして、信念を曲げず、貫き通すことがどれだけ大変で
難しいことか、ST Rockerさんも体験されてきたんでしょうね。
いやな上司の顔色を伺い、「間違ってんじゃないの?」と
思いながらも言いなりに動く事なかれ主義の風潮が
蔓延してるような会社に発展はないでしょうね。

そんな組織の中でも投げやりにならず、周りや上司を説得し
変えさせていくというのは、相当精神的にもタフじゃないと
厳しい気がします。

でも、それをやり遂げた時は山頂からの
ご褒美が待っているのかもしれないですね(^_-)-☆

鍵コメさん

こんばんは。
あっ、これ予約投稿だったんです。だから朝6:30の投稿なのに「こんばんは」になっちゃっていたんですね。
でも確かに全般的に睡眠時間は少な目ですかね。
ありがとうございます。でもそんなに大したこともありませんよ。笑顔で勝負ですかね。

ポテ子さん

こんばんは。
いつもありがとうございます。
いつも心に響くコメントをいただいておりますが、今日のコメントはひときわ響きます。

ますは「琴線に響く」。
もはや死語になりかけているこの言葉。
なんて美しいのでしょう。
ポテ子さんのお人柄と聡明さを表す象徴的なお言葉ですね。
決して絶やしてはいけない日本語の美しさの一つだと思います。

次にポテ子さんはお仕事にも並々ならず励まれている方だと思っています。
魂を売る、出る杭を打つ...。
きっとポテ子さんも実戦としてこうしたことに身近に触れ、改革を試みてこられたことでしょう。

信念を曲げず、上司や関係する人に訴えかける。
自己を決して見失わない。
確かに難しいかもしれませんね。

こうしてブログの場でも同行の士を励まし合い、自信を深めていくのも大事ですね。
これからも共に頑張っていきましょう。

「山頂からのご褒美」。
これまた素敵な言葉ですね。
共にその喜びを分かち合いましょう。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード