改めてGHQ + 今日の夜飯

みなさまおはようございます。
ほんとに涼しいですね。
秋本番?
いえいえ、また来週は夏みたいですよ。

みなさまGHQに関心ありますか?
---------------------
読売新聞の「昭和時代」というシリーズはとても素晴らしいですよ。
これまで断片的にしか学んで来なかった昭和の歴史のポイントとなる部分を総力を挙げて特集しています。
現在、第4部 敗戦・占領・独立(1945~54年)の部分をやっています。
今は憲法制定の件を取り上げています。

とにかくGHQが極秘で明治憲法の改正案を作成し日本側に手交したわけですから。
憲法第9条の生みの親は? 象徴天皇の起源は? などのことを詳細に調査し書いています。

さてみなさまはGHQをどのくらいご存じですか?

連合国軍最高司令官総司令部
General Headquarters, the Supreme Commander for the Allied Powers
です。
GHQは「総司令部」の部分だけを指す略なんですね。
正しくは、「連合国軍最高司令官」の「総司令部」なんですね。
連合国軍最高司令官はおなじみのダグラス・マッカーサーです。

要は、GHQとは連合国軍のトップ組織であり、ポツダム宣言を実行するために日本政府を指揮する組織であるのです。
一国の政府が敵の連合の傘下に入るという大変なことなわけですね。
でも、日本が全面降伏したのだから仕方ないとも言えます。

逆に言うと、日本の底力を恐れていたから、このような徹底した策を取ったのでしょうね。
8/24付の記事「今一度日本の「全体効果」について」もうなずけますでしょ?

さて、GHQというとアメリカの組織と思われる方もいるでしょう。
でも実際はアメリカだけでなく連合国の組織です。
ただしメンバーのほとんどはアメリカ人でしたが。

GHQはいわば占領軍ではあったものの、日本人そのものには尊重していた部分もあるので、日本人にはマッカーサーを慕っている人も多いのだと思います。

GHQによる現憲法の発案の意図、そしてそれを受けた当時の日本政府の考え方、さらにはその後それを受け継ぎ実施し、さらには改憲を唱える自民党はじめ戦後の政党の数々。
そうしたことをこれからもこの「昭和時代」シリーズで読み取っていきたいと思います。

今日のおまけは、今日の夜ごはん。そうめんです。

添え物は三杯酢のもずくですよ。

薬味を入れます。


そして天ぷらも。


旨かったですよ(*^_^*)
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

おはようございます。
そのようにおっしゃっていただけてうれしいです。
また頑張りますよ。

No title

ST Rockerさん、こんにちは♪

読売新聞の「昭和時代」というシリーズは知りませんでしたが
数年前NスペでGHQと憲法を取り上げていたのはご覧になりましたか?
大変素晴らしい番組で、今まで「押し付け憲法」と言われてきた
憲法が実はそうではなく修正に修正を重ねられできたものである
ということが証明され、驚いた記憶があります。

番組ではマッカーサーと天皇との会見時の様子も知ることができ
「戦争の全責任を負う」と言われた天皇にマッカーサーが
感激したということも放送されていました。

何はともあれ、草案はGHQが主導で作ったものの、
戦後の混乱期を乗り切り、日本を復興させ、義務教育を定着させ
今の平和な日本の礎を築いた現憲法の役割は非常に大きいと思います。
はっきりいって護憲派ポテ子でありました(^_-)-☆

No title

こんにちは。

私もポテ子さんと同じ意見です。
Nスペも見ましたが、目からうろこ状態でしたね(^_^;)
天皇制にはかなり慎重だったんでしょうね。
相当、日本の国民感情等も研究してたんだと思います。
女性の権利問題についても、削除しようとした日本側の修正が
受け入れられずよかったと思っている一人です(笑)

以前の勤務先が日比谷だったのでGHQが入っていた
重厚な第一生命ビルもよく知っています。懐かしいなぁ!!

   ↑
今日の記事も拝見しました。
昨日は銀座からウォーターフロントにまで行かれたんですね♪
なんだぁ!!
今の職場はそっち方向ですよ。
声をかけていただけたら飛んで行ったのに(笑)
それにしても、ST Rockerさんでも大ボケすることってあるんですね。
凄く意外ですよ(笑)

No title

こんばんは^^

こ~ゆ~重たいテーマのコメントはスルーしておりましたが、
発言させて頂きます。


>日本人そのものには尊重していた部分もあるので、
>日本人にはマッカーサーを慕っている人も多いのだと思います。

これは有名な「War Guilt Information Program」の産物なんでしょうね。
キャンペーン実施から、かれこれ70年! 
そろそろこの洗脳から目覚めようではありませんか。

尊敬するSTさんはエンジニアとのこと、先入観を排除した、
冷静で多面的な『解析』を期待しております。




PS:どなたかのコメントで「押し付け憲法ではない」との発言、非常に正しいです。
マッカーサーは暗に、憲法改正の『示唆』をしただけなのです。
明治憲法を元に、日本の草案(松本案)を提出しました。
ところが、マッカーサーは、「天皇を処刑すべし」との考えを持つソ連やオーストラリアとで戦争をさせる気か!
と恫喝、1週間で作った連合国の草案(草案作成にあたっては、通訳のネ~チャンも混じってたから驚き@@;)
をベースにどうか私の立場も理解して考え直してちょ~だい♪って一応、お願いした形なんだけど・・・
これって、他に選択肢が無いということですよね^^;
あっ、因みに、文明国において進駐軍が憲法を制定するのは、『国際法違反』です。

ところで、GHQが『国際法』守ったことがあるのでしょうか。
こちらも“解析”してみてください。
長文で失礼しました。

ポテ子さん

おはようございます。今日も涼しいですね。
昨日は1日中バタバタしていましたので、返事遅れまして失礼しました。

NスペでのGHQの番組は多分観たと思います。
ただしなぜかあまり記憶に残っていないんですよ。
忙しくて他のことをやりながら観ていたからかもしれません。
もし今再放送をやるのなら是非観てみたいですね。

Nスペは僕もとても関心を持っている番組です。
あの結論が全て真実かどうかは別として、必ず独自のデータや資料を公開しますから。
惰性に流されない発現もしますので。
僕のブログでも原発やSTAPのNスペで取り上げた件も書きました。

ポテ子さんのおっしゃる憲法の制定のいきさつと、天皇に対する接し方、そして戦後の日本を支えた憲法の意義、その通りだと思います。
そういう面は是非考慮しないといけませんね。
「昭和時代」も機会あれば見てみてくださいね。

シンディ・バーバー さん

おはようございます。先週もお疲れさまでした。
昨日バタバタしてましたので返信遅れすみません。

シンディさんもポテ子さん同様、GHQと憲法の件で研究されていらっしゃるのですね。
その経緯とか、現在の女性の権利に関する事柄も関係しているわけですね。
日比谷のビルですか。それは感慨深いものがありますね。

そしてウォーターフロントですね。
あらま、では次回は是非ご案内くださいね(*^_^*)
ところで僕は大ボケの連続ですよ。
意外どころか基本はボケです(笑)

Mr・へぼいさん

おはようございます。
涼しい日が続いていますね。最近は体調はいかがですか?

さて、GHQのことや憲法制定のことで、大変ご丁寧なコメントをいただき、ありがとうございました。
War Guilt Information Programは聞いたことはありますが、僕は中身をほとんど知りません。
今度機会があればよく見て、考えてみたいと思います。

たしかに、東京裁判などが当たり前の現象として教科書に載っていたことなどは不思議ですね。
GHQやマッカーサーに日本や天皇を尊重する部分と恣意的に日本国民をコントロールしていた部分を、これからしっかり解析して切り分けていきたいと思います。

へぼいさんは憲法制定のいきさつにも詳しいですね。
また、おっしゃるように、国際法違反という考え方も大事ですね。
これからも考えていきたいと思います。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード