FC2ブログ

恋愛を科学する(その3)

みなさまおはようございます。
今週もいよいよあと1日になりましたね。
今週は盆休み明けの一番コンセントレートする週の感じですよね。
みなさま本当にお疲れさまでございます!

さて、「恋愛を科学する」のシリーズの3回目です。
今回で一応、まとめますね。
----------------------
恋愛というのはある意味、非定常状態。
この「ちょっと違う状態」を経験するのがよいのか、しなくてもよいのか、はたまたする必要などないのか。
永遠の問ですね。
でもおそらくは、経験した方がいいでしょう。多分ね。
特に若い方々、どんどん恋愛してください。
そして熟年の方々、機会ある方、環境の許す方は是非さらに経験してください。
恋愛はおそらく死ぬまで可能なはずです。

さて、これまでの2回を簡単におさらいしましょう。

「その1」では、恋愛状態とは、あたかもSTAP細胞のように、我が身が若返り、幼児期のような状態にまで遡るがごとくの状態であると仮定しました。
恋愛という普段は決して得られない刺激の数々が惹起して我が身を若返らせる。
幼児期に戻った我が身は様々な原体験をし、時に喜び時に苦しみ時に悶え時に勉強し、そしてまた元の細胞へ分化していく。
「恋愛は人を成長させる」と言いますが、単に経験を積んだというのではなく、人間の原点まで戻って感性のタタキ直しをしてまた戻るような側面があるのです。

「その2」では、恋愛の発展とは相手の「ダム」の状態を見極め、カップルとしてのダムの連なりをいかに発展させるかである、と説きました。
もともと僕は人はダムに喩えられると考えています。
恋愛とは取りも直さずダムとダムの連合の産物であり、その連合はいかに発展するのか。そのパターンとやり方を見極めることこそ恋愛の成就である、と考えました。
キーポイントの一つは、人のタイプとしての「微分型」か「積分型」かの類型により恋愛がどうデザインされるか、でした。

ではいよいよ今回の「その3」に参りましょう。
それは「ビッグバン直後のカオス」です。
ご存じのように、この世は突然のビッグバンにより生まれました。
ビッグバン直後は「カオス」、すなわち混沌としていて秩序がありませんでした。
物の理屈や定理もありませんし、素粒子の基本的性質さえ確定していなかったのです。
いきなり「無」の状態から迸った「素粒子の素」なのですから無理もありませんね。
やがて、素粒子の多くは重さを持つに至り、宇宙も晴れ上がって、基本的な定理も生まれ、この世の原型ができたのです。

で、恋愛はビッグバン直後のカオス。
なぜかというと、それは本当に混沌とした世界。

一応、人間の出会いですので、人間世界の「常識」や「基本ルール」は生きますが、
恋愛がもたらす世界は、そうしたことをはるかに超越した世界です。
見えるものも発するものも受けるものも、一般常識以外のことばかりです。
あるいは、一般常識そうに見えてもそうではないようなこともいっぱいあります。

恋愛のさ中にあるカップルはお互いにこのカオスの中、前例のない物質と状態にただただエネルギーを燃焼するのです。
それは喜びも感動も苦しみも感じながらも、もっと大きな得体の知れない奔流に流されながら、ただただもがくのです。
もしかしたら流されてしまうかもしれない。
でもこれを乗り越えたら新しく素晴らしい世界があるはずだ、という第六感による先導を唯一信じて。

やがてそのカオスは少しずつ実体を伴い始める。そしてその実体間には秩序をもたらし始める。さらには原理、公理を生じ始める。
そしてそれらはさらに進化し、やがて安寧と落ち着き、さらにはどっしりと堅固な世界が築かれることでしょう。

恋愛の種類は恋愛の数だけあります。
カオスが公理になる時、その経路はその恋愛の数だけパターンが違うでしょう。
それは二人だけが二人の考えだけによってもたらされる経路と方法です。
何の既存の常識もほとんど役に立たないでしょう。

要するに、恋愛とは創生(=クリエイティビティー)の究極の姿ではないかと思うのです。

喩えは悪いですが、ある国がクーデターを起こし、新たな仕組みも法律も決まっていないカオスの中で、新しいものを築いていくことにも似ていますね。

いかがでしたでしょうか、恋愛を科学する。
また、そのうち別の考え方のシリーズで迫るかもしれません。

あるいは、これまでその1、2、3と、別の取り組みをしてきたのを、あたかも物理学での統一場理論のように、「神の数式」により一つにまとめる、とか。

その節は乞うご期待。
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

こんばんは。
今日も、本当にお疲れさまでした。
コメント、超うれしいです。
書いてよかったです。
先ほどお邪魔して申し上げた通りです。
本当によろしくお願いしますね。

No title

こんばんは♪

恋愛論1,2も面白かったですが今回の総集編ともいうべき
その3は最高ですね(*^_^*)

とにかく、恋愛を科学的に解析するという発想が凄いし、
しかも、最終的には「神の数式」にまとめられるか!?という
とてつもなくスケールの大きい誰も挑戦したことのないような
発想にワクワクしちゃいました(^_-)-☆

あらゆる自然現象が(恋愛も自然現象かな?)一つの数式で
照明できたら驚きですよね。
恋愛って、それこそ色々な数えきれないパターンがあるだろうし、
それが本当は一つの数式でまとめられるなんて
想像するだけでも楽しいです。
異次元の世界がないと証明できないですね(*^_^*)

本当に恋愛って宇宙の始まりのようなものかもしれないなぁ♡

シンディ・バーバーさん

こんばんは。
今週もお仕事お忙しかったことでしょう。
本当にお疲れさまでした。

恋愛の科学についてこれほど感嘆いただき、超うれしいです。
なんか、僕の言いたいことを代弁してくださっていますよ。
っていうか、僕以上に表現しておられます。
今度はシンディさんが書いてくれないかなあ(^^♪

今回の提言の一つが神の数式化。
今まで科学のメスが入れてこられなかった恋愛の世界。
まだまだ個々の現象も解明されていない中、神の数式化の発想はすごいでしょ。

これから一緒に考えていきませんか。

私の話、聞いていただけますか?

ST Rockerさん、こんにちは♪
昨夜はコメントへのご返信、ご丁寧にありがとうございました。

さて、こちらの記事、タイトルからして引き込まれてしまいました。
そして、今回の「その3」だけでなく、「その1」、「その2」しっかり読ませていただいちゃいました。
ポテ子的にまだ少しわからない部分もあるんですけど、大体ST Rockerさんのおっしゃりたいことわかりましたよ。
まずは、シンディ・バーバーさんもおっしゃるように、恋愛を科学するなどという発想自体聞いたこともなく、斬新な取り組みだと思いました。
そしてその切り口がまたすごい発想ですね。ただただ驚いています。

3部作をじっくり読むうちに、ある人のことが重なってきたんです。
実は私、とても真剣に交際している人がいるんです。その彼との恋愛を客観的に見てみると、ST Rockerさんの説かれる恋愛の科学が本当によくわかる気がして、びっくりしてしまったんです。
あまりにびっくりしたので、私事で恥ずかしいのですけど、どうしてもその感動を書きたくなりまして、こうしてコメントとして書かせていただくことにしました。

彼は精悍で優しく、何でも知っていて、そしてポテ子のことをとっても愛してくれる人です。
その反面、すごく弱虫なところがあって、例えば、1週間も会えないと幼児のようなダダをこねたりします。
夜に一人でいると寝られずに、赤ちゃんのように大泣きしていることもあるようですよ(;´Д`)

でもそんな時、1日過ぎると「俺はポテ子のおかげで生まれ替った『星の子』だ」なんて言いながら、すごいことを発案したりするんです。
しかもそれが膝をポンと打つようなすごい考え方なんです。
そんな彼が愛おしくてたまらないんです。惚れ直してしまうんです。
ST Rockerさんが説かれる「その1」での幼児期の原体験のようだ、というのとホントにピッタリですよ。

「その2」でSTさんおっしゃるダムの連なりも彼との間でよく当てはまります。
彼は多分微分型、私は積分型だと思います。
すごく愛し合っている一方、その表現の仕方や対応の仕方には違いもあります。
そんな時も、彼はもがきながらも最終的には優しくリードしてくれますよ。

そして「その3」。
もうまさにピッタリですね、ビッグバン直後のカオス。
まさにポテ子と彼との間はカオスです。
もう無我夢中。
悶え苦しみながらも、何かに先導され、確実に進歩していく私たち。
ビートルズのザ・ロング・アンド・ワインディング・ロードにも似ていますね。
幾多の障壁を乗り越えながら、いつも行った先には「最高の愛」があります。
二人の愛には二人の間で物理法則を決めていく、いや、創っていくのですね。

ST Rockerさんのおかげで、彼との愛をどこまでも発展していくことに自信を持てました。
本当にありがとうございました。

ポテ子さん

ポテ子さん
こんにちは。
今日は少し蒸し暑いですね。でもポテ子さんお元気そうでよかった。

さてさて、ポテ子さん、大感激です!
大感激の理由は3つ。
1つは僕の言いたいことを100%汲み取っていただいたこと。(さらにはもっと踏み込んで考えていただいたこと)
1つはポテ子さんの素敵な恋愛を知ったこと。
もう1つは僕の書いたことが微力ながらポテ子さんの恋愛にとって役に立ちそうな気がしたこと。

ポテ子さんは本当に素敵な彼氏さんがいらっしゃいますね。
彼氏さんそのものの魅力もさることながら、ポテ子さんとの間の二人三脚が、もがきながらも確実に進展していること。
それが一番大切なことですね。

愛は静的な人間と人間の関係ではないと思います。二人の間で能動的に築く動力学的なものだと思うんです。
そのベクトルが確実に築かれている。本当に素晴らしいことです。

是非これからも頑張ってくださいね。
僕はポテ子さんたちをとっても応援していますよ!

P.S. ポテ子さんの彼氏さんの性格は僕に似てるかも、ですよ(*^_^*)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

9/8 18:17の鍵コメさん

こんばんは。
ありがとうございます。
それはかなりうれしいです。
はい、恋はいくつになっても。
その方も素敵ですね。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード