FC2ブログ

父親が歯を食いしばって耐える時

みなさまこんばんは。
今日は台風一過で夏のような陽気でしたね。
みなさま被害はありませんでしたでしょうか?
そして連休明け、しんどいですね~
ブルーチューズデイの方はいらっしゃいますか?

今日はワタクシには超珍しい心情的な記事です。
----------------------------------
最近のTVのCMですごく印象的なのがある。
中年の(というか壮年の)男性が年頃の我が娘とキャッチボールをしている。心の中でつぶやきながら。
きっとみなさまもご存じだろう。
(ところでこのCM、いったいどこの社の何の宣伝なんだろう(^^;? 一度も考えたことなかった。)

ボールを投げながら互いに過去の自分の行いや態度を詫び、そして相手に礼を(心の中で)つぶやく。
そして相手はその気持ち(=ボール)をしっかり受け止める。そしてこれからのことを祈る。

僕はこのCMを観るといつもぐっと来そうになるのを必死でこらえる。
特に娘役の人が次のセリフを言った時:「全然口を聞かなかったこともあったよね・・・」。
そして続けて父がこうつぶやく:「いや、父さんこそおまえの気持ちを汲んでやることができなくてごめんね・・・」。

実は僕にも娘がいる。2人いる。
下の娘は、生まれた時からオムツを僕が中心になり替えたりとか遊んだり教えたり、一所懸命だった。
しかし上の娘は、僕が大学に派遣されて家に帰らない日が続くような頃に生まれ、幼時期も研究生活に没頭したこともあってほとんど育児もできなかった。

それが原因かどうかはわからない。
上の娘は中2から中3にかけて1年ほど、僕に全く口を聞かなかった。
それだけではない。あらゆる返事もしなかった。
さらに、目も合わせなかった。

一体何が自分としていけないのか、皆目わからなかった。
娘には何一つ不自由させなかったし、自分ではよい父親を演じていたつもりだった。
また、若い世代には冗談も感覚も通じると思っていた。
なぜ自分はこんなひどい仕打ちに遭わないといけないのか、神を恨みたくなった時もあった。
そして、自分の子ではあるものの、ここまでされると愛情を持つのもしんどくなってきた。

そんな失意の時、なぜか強力に僕に語りかける一つの言葉があった。
「STよ。辛いだろうがここはじっと耐えるしかないんだ。耐えて耐えて乗り切った時、そこには必ず何かがあるのだから。」
それが誰の言葉であるのかわからなかった。しかし僕は強く信じたのだった。
奇しくも僕の好きな曲Let It Beの歌詞にも通じるのだ。

やがて娘は少しづつ口を聞くようになり、だんだんコミュニケーションを取るようになってきた。
しかし、22、3に至るまで上の娘は僕にはそれほど好意的には接しなかったのだ。
一緒に食卓に座っているのに、冷蔵庫からお茶を取ってくれたりとか、そんな好意も僕に示したことはなかった。

そんな上の娘が僕に対して変わり始めたのは、娘が仕事で苦労し始めた頃だろうか。
こんな断腸の思いを毎日しながら金を稼ぐ辛さ。
自分のためではなく子供たちのために、やめたい仕事もやめずに頑張ってきた父。
そんなことを思ったのだろうか。

いつしか、心のこもった誕生日や父の日のプレゼントを僕は上の娘からもらうようになった。
そればかりか、僕の好物の酒や酒の肴なども進んで買ってくれたり、鮨を食べに連れて行ってくれるようにもなった。
普段の何でもない好意も増えてきた。
僕も娘のオーケストラを聴きに行ったりする。

そして先日の僕の誕生日にはぐっと来た。
極上の山崎のウイスキーに手紙が添えられていた。
「こんな歳になっても新しい挑戦をいくつもするパパを私は誇りに思います。」

あのCMのように、今、僕と上の娘はキャッチボールをしている。
僕は娘にこう言っている「あの時、おまえの気持ちをちっとも考えられないでごめんね。」
すると娘がボールを投げる「あの時パパの大変さをわかってあげられなくてごめんね。」
すると僕はまた投げる「そろそろ孫の顔が見たいな・・・」

これを打ちながら涙がとめどもなく流れてくる。

世の父親のみなさん。
娘が口を聞かない時、じっと耐えてほしい。
絶対に娘を責めないでほしい。
ましてや手を上げでもしたらおしまいである。

娘よ、ありがとう。
パパこそおまえのことを誇りに思う。

娘はこの記事を見ているかもしれない。
見ていてもいいと思う。
今なら僕の気持ちは全てわかってくれるだろうから。

お・し・ま・い
スポンサーサイト



テーマ : ♪人生・生き方♪
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

今日のSTさんのブログを泣きながら読みました。
父親、バンザイです。

No title

こんばんは♪

私もそのCMを見るたびに心の中で
亡くなった父に謝っています。
お嬢様の原因が何なのかはわかりませんが
女の子って、思春期特有の難しさがある気がします。
私もそうでしたから・・・
そして、変わり始めたのも社会人になってからかもしれません。
更に子供が産まれて自分も親になって初めて親の苦労や
私達子供に注いでくれた愛情に気が付くという
全く不肖の娘でした。

過去には色々なことがあったかもしれませんが
ST Rockerさんは素晴らしいお嬢様をもって幸せですよ。
私は父が生きている間に「尊敬してるよ」なんて言葉は
言ってあげられませんでしたもの。

今日はとっても心温まる素敵なお話をありがとうございました。

素敵なお話です。

自分にも娘がいて、ろくに口もきかないので、
いつの日か、語り合えるのだろうかと、涙しました。

娘の愚痴を書き出したらば、このコメント欄では、
足りないくらいに、とめどなく出てきそうなので、
それこそ、歯を食いしばって、胸の内におさめます。

素敵なお話をありがとうございます。

そら太朗ママさん

こんばんは。
泣きながら読んでいただいたなんて!
それは僕の方こそ涙でちゃいますね。
とってもうれしいです。

シンディ・バーバーさん

こんばんは。
シンディさん、僕こそ心温まる素敵なお話を聞きました。
まず思ったのは、シンディさんのその感性とお人柄はお父様から確実に受け継がれたことでしょう。
直接感謝の言葉は伝えていないとのことですが、必ず気持ちの何かは通じたのではないかと信じます。
そして これからも天国のお父様とキャッチボールを続けてください。

僕のことと娘のこともありがとうございます。
シンディさんとして女性の側からの娘の見方、とても参考になります。

ただ一つ僕にとって言えるのは、あの時、自分の考えや気持ちを押し通さなくてよかったと思います。
解決に十数年かかったっていいじゃない、どんな順番で解決してもいいじゃない、そんな感じでもあります。

ギターマジシャンさん

こんばんは。

僕もこのような記事を書くのは珍しいですが、
ギターマジシャンさんもそのようなお話をされるのは珍しいですね。

娘さんとは将来必ず語り合えますよ!
僕が保証します。
今のままでいてくださいね。Let It Beですよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

見守る勇気

もう途中からボロボロでした。涙が止まりませんでした(:_;)
私も父と同じような関係でした。思春期になると口もきかず父が帰宅すると自分の部屋へ逃げて顔を合わせるのさえ避けてました。
私の父もSTRockerさんのように辛い思いをさせていたんだと心が痛くなりました。でも、やはり学生を過ぎたころから変化があらわれ父と一緒に飲みに行ったりするようになりました。その時の父の嬉しそうな顔を思いだしました。
今度は自分が親になり息子の反抗期に悩み苦しみました。
何でなんだと私も神に投げかけました。そこには『見守る勇気をもて』と。
これが又苦しい修行のようでした。でも今では息子は帰ってくれば御飯を御馳走してくれたりお小遣いさえ置いていってくれる事もあります。
STRockerさんの長女さんは、きっと繊細で優しい方なんでしょうね。大事な役をかって出てくれた方なんですね。
今、let it beを聴きながら私も亡くなった父と独立した息子と心の中でキャッチボールができました。
STRockerさんの記事の、お陰で又気づかされました。
本当に、ありがとうございました♪
山崎のウイスキー宝物ですね…(^^♪

いいお話

読みながらジンとしました。
素敵なお父さんであり、
素敵な娘さんですね。

その言葉を信じて、耐えて耐えて、
そして今の素晴らしい親子関係があるのですね☆

ウチの娘も最近忙しすぎるせいか(睡眠4~5時間)
ちょっとイライラしています。
反抗期かもしれません^^;
でも時々抱きついてくるので、大丈夫かな?^^

いいお話をありがとうございました☆

鍵コメさん

こんばんは。
またまたご丁寧にありがとうございました。
とんでもないですよ。
覚えているというよりメモしているからです。
お互いに大変ですけど、もう少し頑張りましょうね。

潤さん

こんばんは。
とても素敵なコメントをありがとうございました。
むしろ潤さんのコメントの方が感動します。僕も胸が熱くなりました。
まさに潤さんとお父様こそキャッチボールをされてきて、そして今でもされていると思います。
そしてその結果としてとてもよい思い出も作られましたね。
そして同じように息子さんとのいろいろなことと、その結果としての今の素晴らしい関係。
本当にいいですね。
潤さんもLet It Beを聴かれて書いてくれたのですね。

改めて娘のありがたさを感じました、
山崎のウイスキー、とってもgoodです。
潤さん、本当にありがとうございました。

ももこさん

こんばんは。
ありがとうございます。うれしいです。

そうですね、耐えた甲斐がありましたよ。
ももこさんのところはもともととってもいい関係でしょ?
でも、ちょっとした反抗期はあるかもしれませんね。

ホームステイの効果は表れていますか?
きっと得るものは大きかったでしょうね。

これからいろいろあると思いますけど、応援してますよ。
頑張ってね。

No title

私もこのCMを見たことありますが
ここまでST Rockerさんと重なるものがあったことを
記事を拝見して 深く感銘しちゃいました。
これからも素敵な関係でいてくださいね。

nanami☆さん

こんばんは。
ありがとうございます。うれしいです。
そのように言っていただけると書いた甲斐がありました。
nanami☆さんもお子さんたちと素晴らしい関係であると思います。
僕もこれからも頑張りますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

10/15 23:14の鍵コメさん


おはようございます。
とてもご丁寧にありがとうございました。うれしいです。
そして鍵コメさんのお話、とても胸を打たれます。
また別のご苦労もあるわけですね。
応援しています。

No title

素敵なお話ですね。
すばらしい父娘関係、
お幸せですね。
Rockerさんのようなお父さんって理想だと思います。
理路整然とお話なさるし、
趣味をたくさんお持ちだし、
もちろんお仕事もばりばりだし。

うちの娘も思春期はほとんど父親と口をききませんでした。
今は口をきかないことはないですが、
積極的には話しません。
二人で出かけるってことは考えられないです。

いつかRockerさんのところのように
仲良くなれるかな。

hiroさん

こんばんは。
いつもありがとうございます。
新しい家族の一員になったワンちゃん、かわいいですね。

娘とのことありがとうございます。
でも、こんなことを言えるようになったのも随分最近なんですよ。
結構しんどい時期が長かったからです。

それと、僕のことちょっと褒め過ぎです!
実体はただの飲兵衛のオヤジですからね(笑)
いろんなことに手を出してはヤケドしているしょうもないおじさんです。

hiroさんは息子さんはとてもいい息子さんですね。
娘さんもきっとご主人と仲良く話したり出かけたりするようになりますよ。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード