嗚呼、ケータイ

みなさまこんばんは。
今週はフルウィークです。
お仕事、家事、忙しい方も多いでしょう。
本当にお疲れさまです。

ケータイのお話です。
-------------------------
「ケータイ」と言えば新しい物の代名詞だったわけですが、もう死語になりつつあります。だってスマホが既に標準の座についたのですから。
ま、それはともかく、ここでは「ケータイ」というものが新しい物として書きます。僕が若い頃と比較してのお話ですから。

僕は一応ケータイは持ってます。2つです。
1つは個人用。2007年暮に買った超ガラケー。
もう1つは会社から支給された業務用。これもnotスマホ型です。
もう、超ガラケーで十分なんです。
スマホなんて全く不要です。

しかし一応、ケータイは駆使してます。いろんな意味の情報獲得または伝達手段として。ハイカラ(死語ですね(笑))な機能は使っていないだけです。

最近会社で、安否確認システムを導入したので、各人がその設定をしないといけないんです。
サービス会社のwebにつないで自分のケータイのアドレスを登録して、送られたIDで指定のサイトにつなぎ登録を完了させ、そのサイトを自分のケータイのブックマークに登録する。
いくらケータイハイカラ奥手の僕でもこの程度のことはカンペキにわかりますよ。
でも職場のオッサンたちは何のこっちゃわからない人が随分いました。
業務連絡とオクサンとの連絡以外にケータイを使ったことがない、という人が結構いました。

「STさん、これってどうやるんでか?」なんてこの僕に聞いてくるんですよ。
「おいおい、オレはケータイに関して人に教えるような達人じゃないぞ」と心では言いながらも、快く旧人のオッサン方に教えていたのでした。

さて、僕が若い頃、すなわち1970年代とか80年代は固定電話しかなかったのです。
今から思うと、よく固定電話だけでやってたなあ、と感慨深くなりますねえ。

とにかく誰かを電話で捕まえるのは職場か自宅でしかないわけですから。
昔は職場にも私用の電話が時々かかってきていました。また職場から私用電話してしまう人もいました。
良識の範囲内であればあまりとがめられなかったのです。
たまに飲みに誘ったり、デートの約束も職場の電話で、ということもあったことでしょう。

昔は友人や恋人に電話をするのも家電。
相手が電話を取るとは限りません。
彼女に電話するのに恐いオヤジを通してなんてことはよくある話だったでしょう。
また、電話が居間においてあたりしたら、家人は電話での話をずっと聞いていることになります。
それを避けるために公衆電話を使ったら、百円玉がボットンボットンどんどん落ちたりして(^^;

嗚呼、今はいいなあ。
今の若い方は昔の苦労を想像できますか?

でも、だからと言って昔はつまらない時代では決してなかったです。
固定電話なりに最大限活用していましたから。
結構「生きた」電話をたくさんできていたのでしょうね。

たまにはケータイを使わない日々を送ったり、電波の届かない山奥で数日過ごすのもいいかもしれませんよ(^^)/
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

懐かしい~

黒電話、思い出しました(^^♪
子機もない時代、友達や彼氏と、たくさん話したい年頃。
家族の前だと恥ずかしいのでコードを引っ張って寒い中
廊下に出て我慢しながら話してたのに
結局、長いと親に怒られたりしてました(;^ω^)
あと駅前の待ち合わせで、友達に会えない時は掲示板に
書き込んだりしてました。懐かしいです。
でも当時は、それが普通でしたからね。
STRockerさんの、おっしゃる通り、たまには電波の届かない
ような所で自然と触れ合う時間をもつといいかもしれないですね★

潤さん

こんばんは。
冷えますね。お元気でしょうか?

潤さんも黒電話?
なんか意外な気もしますよ。
廊下に引っ張って長電話ですね。すごい懐かしいですよ。

そして掲示板!
もう懐かし過ぎます(*^-^*)
昔は相手が現れなくても15分くらいまでなら待ちましたもんね。
不便は不便でも喜びも2倍だった気もしますよ。
もう一度 戻りたいですね。

No title

私はガラケーですし、家にいるのでほぼ時計代わりにしか
使ってない気がします。
昔の家の電話をめぐるドキドキ感、何にしろ考える時間や
待つ時間が必然的にありました。
今は大体の事はすぐに解決できて便利ですけど、昔のまどろ
っこしさを経験しての今なのでありがたいんだと思います。
家の黒電話のカバーがとか、受話器を引っ張ったらコードが
ねじれてて本体が落ちたとかたまにそんな話で盛り上がってます^^

No title

ST Rockerさん、こんばんは!!
ちょっとご無沙汰でした~(^_^;)

黒電話、ポテ子も知ってますよ。
むか~し、むか~し、彼氏と彼氏のお兄さんと間違えて
「あ、〇くん。あのね・・・」と喋り出してから
「あ・・・今、代わります。。。」とやってしまったことありますから(^_^;)

ST Rockerさんは恋しい彼女さんの声が聞きたくて
わざわざ外の公衆電話を使ってたんですね(*^_^*)
なんか、いいなぁ~♪
でも、それってよく考えるとST Rockerさんはおうちの人に聞かれなくて
済むけど、彼女さんはおうちの人に聞かれてたりして(^_^;)

ポテ子はもしかしたらケータイを使わない日があったり
電波の届かないところにいても、数日くらいなら
大丈夫なタイプかもしれないなぁ~(笑)
でも、やっぱり彼氏の声は聞きたくなるかな・・・ナンチャッテ(^_-)-☆

めぐのりあさん

ガラケーにしても家電にしても、人がそれを活用する時の考え方やセンスは必ずしも劣っているのではないと思います。
スマホは高機能ですが、使う人のそれらがどこまで進化しているか、ですね。
意外に昔の方が豊かな文化だったかもしれません。

ポテ子さん

こんばんは!!
よかった、ポテ子さんお元気で。
週明けから残業だとおっしゃっていたので、今頃どうなっているのか、おじさんとしても心配してたんですよ。
黒電話、ポテ子さんもご存じ? ちょっと意外だけど、まだすごく若い頃はあったのですね。
そんな思い出もあるんですね。

公衆電話の件ですが、主語は僕とは書かなかったですよ(^^)/
でも、白状すると、僕自身もやってました。
いいかどうかわかりませんが、なんかスリリングでしたよ。
でも冬は寒かったなあ。風呂の後にこっそり家を抜け出て公衆電話まで行くのも容易ではないですもん。
確かに相手はお家の人の前のこともありますよね。

ポテ子さん、一度山籠もりしてくださいね。
大丈夫かなあ~?
あるいは彼氏さんとの連絡を一度固定電話だけでやってみるとか。
たまにはいいですよ~(^^)/
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード