世の中に現れる数字には何が多い?

(この記事は書きかけです。)

みなさまおはようございます。
むちゃ寒いですね。お元気でしょうか?

経済であり、数学であり、統計学であり・・・のお話です。
--------------------------
3年前に「二千円札が消えた謎」という記事を書きました。
2000年に現れた二千円札でしたが、あっという間に消えてしまった。
しかし、私の経験では欧米では20ドルや20ユーロ札はかなり使うし便利、と書きました。
なぜなら、物の値段というのは比例的(線形)に上がっていくのでなく、対数的に上がっていくからだろう、と推定しました。
要するに、物の値段を含めた世の中の種々現象は線形よりも対数的なことに支配されるであろう、という基本的な考えからです。

この問題をもう一度真剣に考えてみたくなりました。
そこで解析しようと思った対象が「株価」です。
比較しやすいものですし、なにしろデータが豊富です。

そこでまずは12/6付けの東証一部の株価の最終値をプロットしてみました。
まずは食品関係の株価をプロットしてみました。

縦軸(株価)を線形に取ると、ご覧のように直線ではなく、桁が上がるにつれ、どんどん上がって行きます。
食品株価分布(線形)
そこで対数で取ると、ご覧のようにほぼ直線となりました。
食品株価分布(対数)

株価の値の数字として1、2、3・・・、0までの数字のどれが何回登場するか解析しましたところ、1や2が圧倒的に多くなり、0に行くに従い少なくなりました。
ただ、1の位の数字はランダムでした。

結論は慎重に出さないといけません。
さらにデータを厚くし、解析法も工夫して、最終的には二千円札の是非まで結論付けられたらいいな、と思っています。
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ST Rockerさん、おはようございます!!
寒いですね~

今日は2千円札の謎に絡んだ統計学のお話なんですね。
数字に弱く、株とも縁のない生活をしているポテ子には
イマイチ、ピンと来なくてごめんなさい!!

ただ、2千円札が消えたのにはポテ子なりの解釈があって、
もっと単純に千円、5千円、1万円といったお札の金種に
あまりにも慣れてしまった日本人になじめなかったという点、
そして、スーパーのレジスター(今どうなっているのかわからないけど^^;)が2千円札を入れる構造に対応してなかったのでは?という点、
そして、金種が違っても形状がかなり異なり判別しやすい硬貨に比べ、
お札は判別しづらくお金を渡す際、間違えやすいという問題、
あとは10刻みの方が日本人には合ってるような気がします(^_^;)
ポテ子的には2千円札がもっと目立つ色やデザインだったら
復活全然OKなんだけどな(^_-)-☆

ポテ子さん

こんにちは。
よい天気ですけど真冬のように寒いですね。
この週末はいかがお過ごしですか?

お札に関するポテ子さんのお話、なるほどごもっともな点が多いです。
実は僕も好みから言えば5千円札が好きです。
そしてポテ子さんもおっしゃるように、10進法に慣れ5で折り返す文化の強い国では二千円札はなかなか感覚に合わないかもしれませんね。
レジの適応も鋭いご指摘です。

そこで、それらを改良した二千円札を導入し、その合理性を知れば普及するかもしれませんね。

引き続きよい日曜をお過ごしください。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード