法律の捉え方・・・年末に興奮する話

みなさまこんにちは。
大掃除はかどってますか?

今回、「重曹電解アルカリ水」というのを買ってきました。
抜群です! 
油汚れといえばこれまではアルコールや有機溶剤で油を溶かすことが主流でした。
これに対し重曹電解アルカリ水は環境にフレンドリーですし手も荒れず気分も悪くなりません。
油汚れは驚くほど落ちます。アルカリといっても苛性ソーダを溶かした水溶液のようにたんぱく質を瞬時に溶かすような強いものではありません。
お掃除界に革命を与えそうなスグレモノです。・・・ちょっとオーバーかな(^^;

年末ですのでちょっと興奮するお話をどうぞ。
---------------------------------
僕のブログにて申し上げたいこと、それはいくつかの表現の仕方があります。
その一つは、「従来文科系の学問あるいは実学」と捉えていたものを理科系的に捉えることです。
(余談ですが、今は「理系」というのが標準のようですが、ここでは敢えて伝統的表現の「理科系」を使います。)

対象は政治、経済、音楽、歴史、メンタル、なことなどです。
これまでは、理科系出身の人が文科系のジャンルを扱うことでいろんな新しい発想が出る、ということはよく言われてきました。
僕が考えているのはそういうことではなく、文科系的な事柄を理科系的な考え方・アプローチで捉え、解析し、提言するということなのです。

理科系的なアプローチとは一言で言えば、「論証」であり「定量」です。
文科系的アプローチとは別の軸で考えていくということです。
このことはこれまでも何度も書きましたので、過去記事を見ていただければうれしいです。
2013-5-5には過去記事のまとめの記事を書きました。

理科系出身の者の責務は、専門分野での研究以外にも、文科系的領域のことを理科系的な捉え方で問題提起ないし解決することも含まれるべき、と考えます。
ところが後者はまだほとんど世の中で体系的に扱われていないと思います。

こうしたアプローチは恋愛についても行えると考えておりまして、いくつか記事にしました。

僕は今、ある法律的なことに少し関わっています。
とてもよい先生について指導を受けながら、仕事にも適用しようとしています。
残念ながらその詳細は申し上げられません。

法律というと完全に文科系的な事柄と捉えられています。
特に、法律の扱い方や事件の裁かれ方は一定の理屈を超越したところがあり、個別の問題に帰着する部分が多そうで、なんかファジー過ぎる印象が一般にはあるのではないでしょうか。

ゆえに、往々にして行きあたりばったりで考えてしまいがちなのが法律の世界だ、とこれまでの僕の印象にありました。

ところが、今の先生についていろいろお話を伺ううちに、この先生の法律の捉まえ方はまさに理科系的なのです。
少し具体的に言うと、数学で出てきた「命題の論証」とか「集合論」とか「確率」とか、そういう論理的な扱い方をされているのです。
そしてそれがすごく斬新であり、しかも(斬新であるがゆえに)強力そうなのです。

そのプロセスは概ね次のようなものです。
1.法律の条文の日本語としての解釈を完全に行う。
2.その条文の明確な部分と不明確な部分をしっかり解析する。
3.その条文がどのように捉えられてきた(凡例とか)のか、あるいはいるのかのデータをしっかり集め、2の結果を突き合わせる。
4.我々の事例を有利に進めるために、上記の結果に基づき戦略を立てる。

以上のプロセスはいずれも数学的な論証と定量的扱いによります。
こうしたアプローチで仕事を進めることはまさに僕が求めてきたことです。
すごくすごく興奮しているところです。
この考えはもっといろんな仕事や趣味にも生かせるはずだと考えています。

民主党の枝野さんはある条文の解釈に関して、上述したこととも関連しそうな発言をしていました。
とても鋭い見方だと思いました。
枝野さんは弁護士でもあります。
彼は法学部の出身です。理科系出身ではないにせよ、法律にはもともと数学的な側面があるのかもしれません。
さらに数学の手法を使って事例を進めること。ぜひ強力に推し進めたいです。

ではおまけはある日の朝食です。
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ST Rockerさん、こんにちは!!
ちゃんと大掃除されてるんですね☆
偉いなぁ!!
実はポテ子も重曹効果は知ってますよ(^_-)-☆
重曹はスーパーでも簡単に買えるし、
何故か油汚れに強い重曹ってエライ!!

あ。。。
肝心な今日のお話ですが(^_^;)
数学も法律も苦手なポテ子です。トホ。。。
でも、仕事柄多少は法律まで遡らないといけないこともあって、
そのたびにもっと平易な言葉で書いて欲しいと思ってオリマス(^_^;)
法律の数学的要素って、あると思いますよ。
条文の組み立てからして論理的(当たり前か。。。)ですもんね。
あ、そうか!!数学的だから法律もやっぱ苦手なんだわ(^^ゞ

ポテ子さん

こんばんは。
あはは、一応形だけでもやらないとね。ポテ子さんはもうやってますか?
ポテ子さん重曹で既にやっておられるのですね。すごいなあ?
ちなみに粉の重曹かな?
僕の買ったのは重曹水を電気分解したお水なんですけど。効果は同じようなものかな?

ポテ子さんも法律に関わるお仕事ですか?
大変ですね。
確かに法律の用語とか文章はこの世のものとも思えないやっかいな場合が多いですね。
僕も苦労すること多いです。

でも法律を数学で捉えることはとても強みを発揮しそうですよ。
どうなるかわかりませんけど、もっと進めてみようと思います。
では年末頑張ってくださいね。何を?(笑)
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード