毎年この時期に思い出すこと

みなさまこんばんは。
今日は冷たくて強い風が吹きまくっていましたね。
お元気でしょうか?

今日は阪神大震災からちょうど20年です。
記憶が風化しないよう、様々な催しが行われました。

そして毎年この時期に僕が思い出すこととは・・・
--------------------------
僕は餅が好物です。
正月の雑煮はもちろん好きですし、焼いた餅の様々な食べ方も好きです。
味噌汁に入れた餅も好きです。七味をかければ最高です。

そしてこの時期はおしるこですねえ。
若い頃から好きでした。
でも4年前には特別な思い出が。

そう、4年前の1月19日には手術でした。
手術はうまく行き、そして再発防止のため抗がん剤を半年受けました。
その時の抗がん剤の話は、2014年2月20日付の記事「嗚呼、抗がん剤」で詳しく書きましたので、ここでは繰り返しませんけど、とにかく辛かったこと!!

一番辛かったことは味覚がなくなったことです。
何を食べても砂を噛んでいる感じ。
同時期に抗がん剤を受けている女性の方のお話では、つわりと一緒な感じ、とおっしゃっていました。
女の人の大変さを身に沁みてわかったものです。

ステーキなどは粘土を食べているようで、とても食えたもんではありません。
ふつうのごはんもだめです。
だだの水もだめです。
喉が痺れているので刺激が強いのです。
お湯にすれば刺激はなくなりますが、まずいこと!
アルコール類はまるで受け付けません。
あの時は、「もうお酒を楽しく飲む機会なんて二度と来ない」気がしていました。

結局食べられた飲食物は下記のものだけでした。
・ポンジュース
・アセロラのジュース
・みかんの缶詰とその汁
・おしるこ

果実の濃く溶け込んだジュースは冷たくても喉に刺激が少なく、味も受け付けました。(味覚がないのになぜか味の違いは感じるのです。)
おしるこは唯一食べられた「食事」でした。
一時期は、ゼロータという飲み薬の抗がん剤を、おしるこの汁で飲んでいました。
その錠剤は固体なんですが、妙な香りがして、その香りが副作用をもたらすかと思うと、ついにはおしるこでも飲めなくなってきました。
最後のほうは、ゼロータを飲み下すのと吐き気(毒を飲むかと思うと気分が悪くなるためです)との押し問答でしたね(^^)v

ということで、おしるこあっぱれ!
この写真は1週間くらい前のものです。缶入りの小豆に水を少し入れて煮ただけですけど。

おいしかったですよ。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ST Rockerさん、こんばんは!!
随分大変な思いをされたんですね。
食べ物を受け付けないどころか水までダメとは・・・
本当に辛かったことと思います。

お汁粉に対する特別な思いも
その体験があったからなんですね。

お元気になられて本当によかった!!
ポテ子もお汁粉、大好きです(*^_^*)

ポテ子さん

こんばんは。今日は風強かったですね。
いつもありがとうございます。
そうなんですよ、4年前は本当にすごい状況でしたよ~
でもその割にはそのしんどさがあの頃の記事には表れていなかったんです。
不思議ですね。書くことがよっぽど好きだからでしょうかね。

ポテ子さんもお汁粉好きでよかった。
あの感じいいですよね~
4年前に食べられたのは、お汁粉のもつ「優しさ」のようなものが功を奏したのかもしれませんね。

話変わりますが、ポテ子さんの健康を祈ってます。
もし何かあれば何でも聞いてくださいね。(ないことを祈ってますけど。)
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード