FC2ブログ

Coffee Break Beatles No.77 「Driving Forceは?」

このブログは「理科系」あるいは「技術系」の見方、というのを一つの柱にしています。
これまで理科系・技術系的考えは専門的な場所(企業とか研究機関)に集約されすぎていたので、これを一般社会にも当てはめて、人々の生活をもっと豊かにしよう、ひいては日本を世界を変えられないか、というのが本ブログの狙いです。

理科系・技術系の考え方の本質を短い言葉で言うとすると、「物事の論証をしっかり行う」ことと「定量的に扱う」です。
物事をYesかNoかで扱うだけでなく、その事がどんな条件でどんな確率で起りうるのか、を示すことです。
企業の研究ですとか、大学の研究では当然ながらこうした考えは徹底されているのですが、政治とか社会の仕組み、あるいは最近取りざたされている温暖化問題などでは、この考えは不足です。ましてや、芸術関係でこのことが取り上げられたことはほとんどありません。

理科系・技術系ということで目新しい考えだ、ということで興味を持ってくださる方も多いので、ありがたいですが、私の意見としましては、「奇をてらう」のではなく、「実はこれこそが本来的なものであった」という結論を導こうと考えています。

そして、もう一点お断りしておきたいのは、私は理科系至上主義ではありません。文科系も理科系も合い補うべきと思っています。
また、以前も申しましたように、理科系、文科系という分け方は日本独特のものであって、欧米では理論学と実際学の分け方をします。理科であろうが文科であろうが、理論で考えるものと、それを応用して実際に使うかの違いを重視します。
欧米においても(当然ですが)、理科・技術においては論証と定量を重視します。
日本においては世の中の重要なポストは文科系で占められているためか、一般社会において理科・技術の考えが欧米に比べ軽視されているように思います。

理科系・技術系の考えを一般的にわかりやすく紹介しているのが、大槻義彦先生、武田邦彦先生です。
昨日もTVでやりました毎年年末恒例の超常現象の番組で大槻先生は理科系的考えを強調されます。
大槻先生自身、早稲田でプラズマの研究をされ、人工火の玉を作っていたくらいですから、本来超常現象には興味があられるはずです。
霊の現象とか、超能力に対して科学者は、現代に証明されている理論で論証を行います。
いろいろな実験や検証を行い、それでも現代の科学体系に則らないものを新種の現象としてさらに探求していくのです。
そのプロセスはまさに定量的です。
超常現象を信ずるか信じないか、という入り口から入ると全く科学的ではない。そこを大槻先生は噛み付くわけです。

政治の世界においても、例えば「高速無料化」をよさそうかよくなさそうか、を感覚的に捉えてはだめです。
経済学などの重要な体系を用いて定量的に検証し、その適否を結論付けないといけません。私が提唱する「理科系・技術系的方法」とはこの意味です。

この考え方は、何も固い話ばかりにとどまりません。
もっと気楽な意味で、物事の起こりやすさやその条件を考えることをやってみましょう、という意味です。

一昨日の「リーダーシップとフォロワーシップ」においては、ビートルズにはいろんな種類のリーダーシップがあったことと、それに呼応するフォロワーシップもしっかりしていた、と述べました。
では、なぜそうしたことが起り得たのか、そのdriving forceについて書くのを忘れました。
とにかく、周囲に関わるいろんな人の盛り立てで成功した、と言ってもいいビートルズですが、単なるラッキーでしょうか?
重要に関わった人が仮に10人として、その10人は全員かなりの寄与をします。
単なるラッキーだとしたら、一人が寄与する確率は10%ほどでしょう。
それが10人全員寄与するとなると、10の10乗分の1、すなわち100億分の1となります。
これでは低すぎます。

一人ひとりがビートルズに対しひとかたならぬ注目を示し、大変な努力を行い、寄与率を相当高めた、と考えざるを得ません。
ここから先は文科系的考えですが、おそらく、周囲の人に魅力的なオーラを発信しつづけていたビートルズがいたことでしょう。
それは「継続した心意気」だと思います。「俺たちは必ず自作自演で大成功するんだ」という意気でしょう。
永ちゃんの「オレは必ずビッグになる」というのも然りでしょう。
継続した心意気。全ての成功の原点になると思います。
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
スポンサーサイト



テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード