珍しくも徒然に思いを綴ります。

みなさまこんばんは。
今日までは暑いとの予報です。
明日は涼しいですけど、雨も降りますのでお気を付けください。

僕にしてはとってもとっても珍しい記事です。
---------------------
今日は珍しくも散文調で書きます。
よくいろんな方からST Rockerさんの記事は論文みたい、と言われます。
僕自身が毎回論文を書くつもりで書いているのですから、そのように捉える方が少なからずいらっしゃることは悪い気はしません。

数か月前に「このブログはこれから癒し系一筋で行き、もう一つの方で提案や解析どの濃い記事を書きます」と宣言したこともありますので、今日は徒然な思いを綴ります。
では今日は「だ、である」調にて失礼します。

まだまだ厭世観はないが、正直もうかなりの長い時間を生きてきた気がする。
2、3歳の頃の記憶もあるけど、それはもう半世紀以上の大昔のできごとだから、そう思うのも無理もない。
まだまだいろんなことに挑戦する意欲は大きいが、若い時のように出たとこ勝負のような感覚はなくなった。
十分に吟味することにより人のため世のためにならない言動はやめておこうと思うようになった。

先日今井雅之さんが亡くなった。
すごく残念だし、本人も無念であったろう。
僕と同じ病気であった。
僕も発見が少し遅れていたら助からなかった。

いや、もっと正確に言うと、僕と同じ状態の人は約30%が助からないという状況だった。
そして腹を開いてみたらもう助からないと判明する可能性もあるので覚悟をしておきなさい、と医師からも言われた。
僕は若い頃から、自分がいつそうした宣告を受けても乗り切れるように自らのトレーニングを課してきたつもりではあったが、実際にそうなったら想像以上の打撃を受けた。
しかし人間は強いものである。
仮に今から半年後に死ぬとして、死ぬ時に後悔しないようなシミュレーションを行ってみた。何をどのように考え、行動していくか、のような。
仕事で言えばプロジェクト・チャーターのような。

それができ上がったら何とも言えない安堵感が湧いてきた。
ベッドで素粒子の本を読んでいたら、人間の個々の生よりももっと尊いものがあるようにも思えてきた。

そして今。
やはり「いつ死んでもいいように」という基本的考えは今でも同じである。

がんにはかからないに越したことはない。
でも、がんの発症を決定的に抑える単純な技など存在しないと思う。
がんの発生を少し助けたり、あるいは抑えたりする因子はいっぱいある。

しかしがんの発症メカニズムは簡単ではない。
もともと健康体においてもがん細胞はできては消えできては消えている。
様々な多くの因子が総合的に作用し合って発症するなり、しないなりする。

ある説によれば、もともと人間は(あるいは動物は)がん細胞からなるはずだった。
でも腕白過ぎて協調できず、今の正常細胞の戦略により押さえつけられて隅に追いやらてしまった。
正常細胞の隙をついてがん細胞は増殖しようとする。

だから、もともと感染症のような世界ではなく、両者は微妙な関係のもとに成り立っているのである。

そう考えるとあまり焦っても仕方ない。
必要以上に体にいいことばかりして(あるいは食べて)ストレスがたまる生活もどうかと思う。
適度に楽しんだ上で、ほどよい自己管理をすればいいではないか。
それでもがんを完全に押さえつけることなんてできない。

発症したら少しでもよい医者を見つけ、最適で納得する治療法を選ぶことに力点を置くべきである。
僕は今、がんに関して総合的な見地からまとめを行っている。

幹細胞を死滅させる新しい技術など、がんの本質的な治療法が進んでいる。
そうすればがんは不治の病では全然なくなるだろう。あと5年もすればそうなってくるかもしれない。
そして、手術後3年以内とかの再発や転移の可能性が高い時期を乗り越えるというものすごい試練も昔の思い出話になることだろう。

以上、書いてみて、やっぱり論文調になってしまった。

では今日のおまけは、ある日の朝食。

なんか最近、気のせいか、上半身のお肌がつるつるしてきたわ・・・
スポンサーサイト

テーマ : 心と身体
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ST Rockerさん、こんばんは!!
ポテ子も「いつ死んでもいいように」と考えることはよくあります。
ただ、ポテ子自身は今現在は健康であるので
ST Rockerさんのように本当にそれを体験してこられた方、
そして今も病気と闘っていらっしゃる方達の思いとは
相当隔たりがあるかもしれませんし、
「健康だからそんなことが言える」と思われる方も
いらっしゃるかもしれません。

でも、
人間は健康であってもいつどこで事故に巻き込まれるかもしれないし、
いつ重篤な病に侵されるかもしれないと思うと
常に「死」を意識して日々を過ごすことも大切なのではと思ったりもします。
今日は改めて身の引き締まる思いで記事を拝見しました。

No title

こんばんは。

大変かつ過酷な人生を送ってこられたST Rockerさんに比べれば、私なんてなんてことない人生かもしれません。
でも、それでも私なりの人生を送っております。
どう自分の人生を全うするかが問題であって、
人それぞれの試練も違ってきます。
その試練を乗り越えてこそが、人生の喜びかもしれませんね。

お互い、20~30年は寿命がまだあるかもしれません。
悔いのないように、毎日を過ぎれば一番良いのでしょう。
無理せず、自分の思いのままに・・・・・

この年になっても、毎日が新しい事の発見ですよ。

ST Rockerさんの人生を陰ながら応援しております。
精いっぱい生き抜きましょう!!!

今日は、ちょっと酔いがございまして、乱文にて失礼いたします。

ポテ子さん

こんばんは!
「いつ死んでもいいように」。
ポテ子さんはいつもいろんなことに真剣に取り組んでいるのを聞きますと、そのお心構えはわかる気がします。

たしかに大きな病気は人生観を変える大きなきかっけですけど、
病気以外にでもさまざまな試練がありますので、人それぞれの考えるきっかけがあるでしょうし、
ポテ子さんもそのようなステップがあったことでしょう。

人生のよしあしは必ずしも時間(=寿命)だけではない気がします。
時間に生きがいとか生きる目的をかけたようなものではないでしょうか?

たしかに、いつ来るとも知れない死を前提に生きるのは大事ですし、
一旦腹を決めたら必要以上にこわばらないイージーな部分も必要でしょうね。
これから素敵な人生を送ってくださいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

とっとちゃんさん

こんばんは!

まず「なんてことなんてない人生」ということは全然ないと思います。
いろいろなご苦労や試練を乗り越えて立派に送られている人生だと思います。
そして今思い描いておられる今後の人生設計をどうか実現していただきたいと思います。

毎日が新しい発見。
素晴らしいですね。
ことらこそ応援させていただきます。
ぜひ精一杯生きてまいりましょう。

今日はお酒が?
それにしては全然乱れていませんよ。

僕は今日はじっとガマンです。おまけにプチ断食。
アルコールは水と日、というように自分に足枷をはめています。
ですので明日は弾けます。

鍵コメさん

こんばんは。
コメントありがとうございました。
鍵コメさんもサバイバーですか!
では、ぜひお互いに頑張ってまいりましょう。
そして承知しました。伺います。

 

今井雅之さん、本当に残念です。。。
実父も同じ病気で、2年前に手術したので
他人事とは思えませんでした~

私も50代に突入したからか、自分の『死』を
今までより現実的に考えるよーになってきましたよ。
『いつ死んでもいいように』の境地は、まだまだ
遠いですけどね~(^^;)

とか言いつつ、本音は。。。
『不要なストレスを可能な限り避けて、のほほんと長生き!』
が目標です~~♪

小藤さん

こんばんは!
お父様、そうでしたね。
最近もお元気でいらっしゃいますか?

50代といえば年齢も重ねている一方、人生で最も充実する年代かもしれませんね。いやほんとは60代かも、いや70代?
ぜひ素晴らしい人生を送っていただきたく思います。

いろんな試練もあるかもしれませんが、ぜひ前向きに捉えてくださいね。

No title

こんにちは
自分のことって分かっているつもりでも実はあまり分かっていなかったりしますよね
病気って、思った以上に弱い自分を思い知るきっかけになります
私も、確かに病気になったことはショックでしたが、それ以上に長年病院で働いて身近で患者さんと接していたのに、いざという時の自分のダメダメ加減がショックでした 笑

先日、プロの料理人の方が長年使い込んだ雪平鍋を修理に出したところ、その鍋を作った職人さんが見事に蘇らせたという番組を見たんです 何年も火にかけて使ったことで手で曲げられるほど柔らかくなった鍋が、職人さんが丁寧に金槌で打つことで再び強度を持つんですよね
それを見ながら、打たれるごとに強くなりたいものだ・・って珍しく真面目に考えました(^-^)

うにトラさん

こんばんは!
いつもありがとうございます。
今日はひときわじ~んと来ました。
うにトラさんは僕とはまた別のご苦労も試練も多かったことでしょう。さらにそれを乗り越え、また多いに成長された今がおありになるのでしょう。
それまで患者さんに接する気持ちがあったからこそ感度も上がっていたのではないでしょうか。

鍋の職人さんのお話、興味深いですね。
蘇ることに加えて新しい機能も付きそうな感じですね。
本当に含蓄のあるお話です。

またうにトラさんのお話、いろいろ聞かせてください。

No title

 え~と、深刻な話題は皆さまにお任せして、豪華な朝食の向かって左の前はなんでしょうか?焼きプリン?うまそです。

 私たち乳ガンサバイバーは、乳製品ご法度の人が多いです。

ひねくれくうみんさん

おはようございます。
これはですね、プリンではなく、パンです。
わかりにくくてすみません。
そういえば焼きプリンも食べてみたくなりました。
乳製品がご法度というのは気分的なものからですか? それとも?
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード