「車は停まるべきである」・・・原則を変えてみる

みなさまおはようございます。
みなさまのところは大雨は大丈夫でしょうか?
お気を付けください。

180度違う方向から物事を考える効用についてです。
------------------
3回前の記事で「欧米人は傘を持たない」というテーマを書きました。
日本人の「傘は持つべきである」という原則に対し欧米人は「傘は持たないべきである」、という全く180度違う両極端な原則です。
一見まるで相容れない発想のようにも見えますけど、試みに逆の原則で考え行動してみると、今まで見えなかったものが見えてきます。
新しい価値観を得、新しい対策を打てることにもなりえます。

このことを別の事柄にも当てはめられないか、考えてみました。
すると様々なことであり得ることがわかりました。

例えば車の運転について。
今や車は日常の移動手段として欠かせません。
忙しい身にとっては、1分でも早く目的地に到着し、1回でも信号待ちを少なくしたいと思います。
前にとても遅い車がいたりするとイライラしてしまいます。

この考えでやっていきますと「無駄な動きの車を何とか減らせないか」のような発想になります。
ストレスもたまります。
その結果、事故も起きるかもしれません。

そこでです。
この際、真逆の原則にしてみます。
即ち、「車は停まるべきである」と。
とにかく停まることを基本とするのです。そして「走ってもいい」と。
こうすれば全然違う世界が見えてくるでしょう。
交通システムは何か斬新な発明があるでしょう。
人々の暮らしそのものも変わってくるかもしれません。

全自動運転で完全無衝突のシステムを開発した、ある外国のメーカーのキャッチフレーズには「車は運転すべきではない」というのがあります。
なるほど、と思います。

あるいは、資本主義。
資本主義はもはや成長しない、という説を唱える人もいます。
もはや人の犠牲のもとでしか自分を儲けることができないとしたら、「自分だけ儲けてはいけない」という原則に立つことも必要かもしれませんね。

おまけは、あるレストランの牛タンワイン煮込み。

かなりおいしかったでした。
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ST Rockerさん、こんばんは!!
今日のお話も今まで考えてもみなかったことなので
とっても新鮮です。

そして、今日のお話で思い出したのがポテ子の甥っ子。
保育園に行っているせいか、道を歩いていて自動車が来ると
必ず「くるまで~す!!」と言って道端に下がって
車が通り過ぎるまで止まっています(^_^;)
人ではなく車が止まってくれたらいいのにね(笑)

「車は運転すべきではない」いいですね。
運転手がシートベルトをしないと警告音を出す車。
きっと近い将来、運転手の酒気を感知したら
エンジンがかからない車というのも登場するかもしれないですね。
原則を変えることで色々なアイデアが浮かびますね(^_-)-☆

ポテ子さん

こんばんは!
今週もお疲れさまです。

新しい考えを述べさせていただくといつもポテ子さんがすぐにコメントをくださり、とてもうれしいです。
真逆からがさっと考えを変える。
いいですよ~

それにしても利発な甥御さんですね。
すばらしいことです。
でも、おっしゃるように、車が止まるべきという発想も大事ですね。

ポテ子さんの抜本的な安全装置の提案。まさに逆の原則として素晴らしいと思います。事実、それに近いことに取り組んでいるメーカーもあるようですよ。

そして、見る目線をもっと広げて逆の原則をもつ、すなわち「走る車」という発想から逸脱することも可能ではないかと思うんです。「車はあるべきではない」というふうに。

これまでは「車」という1台の独立した動く単位を与えるので、人や物との衝突、あるいは車同士の衝突が起こるのです。また、車の所有のための面倒なことがいっぱい生まれるのです。
ならば、車は作らない。道路が動けばいいんです。
動く歩道をもっとずっと発展させたものです。
エスカレータ程度の速さの「支流」もあれば、高速の「本流」もあります。

お年寄りや障害のある方々が問題なく利用できる仕組みが必要ですが、それは技術が解決するでしょう。
発想を逆にして不便になっては意味がないので、全く新しいものが生まれるのがよいと思いますね。

ちなみに、動く歩道は検討していけば実現は無理という結論になる可能性も大きいかもしれません。けど、最初から「動く歩道は無理」という原則で行ってしまうと、従来の常識にとらわれた発想しかできなくなり、「無理なものは無理」という結論しか出ないと思います。

さらには、僕がずっと言っております、「病気になって得られるもの」などもそうした逆の原則を持つことで生まれる発想だと思っています。

No title

おはようございます。
「全自動運転で完全無衝突のシステム」
交通事故がなくなるってことですね?

今の私はだいぶ年寄りになってきたので
とっても有難いシステムですが

自分で運転するのはどこぞの遊園地の
アトラクションだけになっちゃう…

なんだろ?楽しくない…

ぷにゅ2さん

こんばんは。
コメントありがとうございました。

全自動システムは普通とは逆の発想から生まれたことで興味深いので取り上げました。それがほんとに誰にとっても一番よい方法かどうかは別問題だと思います。
おっしゃるように、運転の楽しさを奪うことになりますね。
その楽しみが別で得られるのかどうかですね。
もし運転でしか得られないなら、何か別の安全方法を考えた方がよいということになると思います。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード