FC2ブログ

柔軟に新しい方式を採り入れるか、頑固ジジイか?

みなさまこんばんは。
いやあ、超蒸し暑いですね!!
みなさま大丈夫ですか?

いよいよ本格記事(?)再開です。
----------------------------
この2週間、実に様々なことを考えました。
また、ある目標に向かってちょっとだけステップを踏んだこともありました。
その話は、後に機が熟せばお話しするかもしれません。

記事を再開するに当たり、まずは身近なテーマにつきソフトに書いていきます。
(っていうか、もう一つのブログを作った時点で、こっちのブログはソフト路線専門で行く、と書きました。でも、少し守られていない気がしますね(^^;)

この世の全ての事柄は時代とともにその方式が変わっていきます。
生活様式、娯楽、機械・・・何でもそうです。
往々にして頑固ジジイといのは新しい方式を頑なに拒否するのは、古今東西同様ですね。

例えば、「オレは携帯なんて絶対持たないぞ」とか「私は絶対に外食なんてしないの」とか。
そしてかなり前にこんな話もしました。
僕が40歳頃の前の会社にいた時の話です。
毎週水曜を必ず定時に帰ることに決め、それを確実に守るための意思統一として、”時短Tシャツ”を作業服の代りに従業員全体が着ることになったのです。
すると少し涼しい日は、僕より上の人はTシャツの下にランニングシャツを着るんです。
でも僕らの世代含めそれ以下は決してそんなことはしなかった。
この意味では、若者の方が頑固でした。

では今日は2つの”方式”の話をしましょう。

まずは音楽の媒体の話です。
はい、日本ではまだCDが主流ですね。
「日本では」と言ったのは、欧米ではUSBが主流になりつつあるからです。

そもそも音楽の媒体は大ざっぱに言うと、レコード→テープ→CDの流れで来ました。
一つの大変革は、アナログで処理された音が、CDからデジタル処理になったことだと思います。
この変化を受け付けない人もたくさんいました。
でも、今やCDしか売っていない(他の媒体はここでは省略します)ので、それを使わざるを得なくなりました。

そしてここへ来てUSB化の流れ。
その流れは既にi-Pod等の記憶媒体でも原型ができていました。

要するに、CDという回転する(=動く)媒体が、USBという動かない媒体へ変化することを受け入れられる人と受け入れられない人がいることでしょう。
レコードに始まった動く音楽の媒体。人々の根っこに植え付けられています。

では僕は? はい、USBを受け入れます。では理由をお話ししましょう。
最大の理由は、デジタル音源は動かす必要がないから。
CDが回転しているのは、レコード方式のイメージを変えたくないからと思われます。意匠的な理由も大きいでしょう。

プレスして作った正式版CDならまだいいですが、CD-Rにコピーする場合、有機薄膜に赤外線で小さな穴を開けてデジタル信号を作るため、外力や熱に非常に弱いんです。
車なんかに積みっぱなしだと何年ももつものは稀です。
だからと言っていちいち車外で持ち出すなんて面倒過ぎます。
車内で円盤がごろごろするのも扱いにくいですしね。

要するに、レコードにイメージを出すためにCDは多くのものを犠牲にしているわけです。
ならばUSBでいいじゃん、というのが僕の好みです。

もう一つの方式の例としてコーヒーカップのフタを取り上げます。
早い話がスタバなんかでコーヒーを買うとついてくるあのプラスチックのフタです。
最近ではコンビニでもあのフタがありますね。
紙カップの上縁にあのフタをカパっとはめて、ちょっと出っ張った吸い口からコーヒーをチュルチュルと飲むわけです。

あれって最初に登場してからもう20年くらい経ちますかね。
昔から若いOLさんのような方を中心にすんなり受け入れられてきたと思います。

そして僕は・・・
あのフタは、絶対に、絶対に・・・いやです!
「絶対に」を100回繰り返してもいいです。
死ぬまでに1回でも試したくもありません。
かつて一度だけそれで飲んだことがあるんです。最悪でした。

僕の親友が言うんです。
「実は自分も全くそうだった。でも慣れは恐ろしい。今では全く違和感は感じず。むしろいいとこだらけ。だからやってごらん」と。
たしかにそうなんでしょう。でも僕は絶対にいやだ。

僕は人が「いい」と言っているものは飛びつく性分なんですが、唯一の例外がこの「コーヒーのフタ」なんです。
では、なぜきらいかの説明をいたしましょう。

まずは、熱いコーヒーは広い口でフーフーしながらすするもの。
これは人間の文化です。
熱い物を狭いとこからチュルチュル吸うなんて!

ま、文化的なものは観念に過ぎないかもしれないので、他の大きな利点があればそっちに替えてもいいんです。
でも、残念ながら、こぼれにくい以外の利点を見つけられないのです。

まずは香り。
コーヒーのうまさは香りが半分以上でしょ。
あんな閉じた狭い口から飲んだのでは香りがしないではないですか。

そしてもう一つの大変大きな理由は、フタはプラスチックであること。
僕の予想では低密度ポリエチレンかな。
ま、何であれ、プラスチックには必ず添加剤が含まれています。
可塑剤、脆化防止剤、黄変防止剤、耐衝撃剤、安定化剤、押出成型助剤、着色料・・・・。そしてポリマーの低分子物。

これらのうち揮発性のものもあります。
だって、プラスチックそのものの臭いってありますでしょ。微量のガスないしは低分子物が揮発しているからです。
コーヒーの香りがしないだけでなく、プラスチックの臭いがするではないですか。

そしてコーヒーの熱で溶出してくる成分もあります。それが胃袋に入っていくわけですから。

あとはヤケドしやすいとか。

以上のように書きましたが、書いているうちになんか自分で決めつけている部分も発見しました。
やはり書いてみるって大事ですね。
意外にこのフタも好きになるかもですね。
スポンサーサイト



テーマ : 思うこと
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ST Rockerさん、お久しぶりです。
うだるような暑さに早くも夏バテ気味ですが
今日の熱の入った記事を拝見する限り
お元気そうで安心しました!!

機械関係に疎いので、CDのお話大変興味深く拝見しました。
回転するのはレコードの名残というかイメージを
変えたくないためとは知りませんでした。
音源がどこからでも手に入る時代、
CDも売れなくなっていると聞きますね。
逆にレコードがまた見直されてきているというようなことも聞きます。
時代は何を求めているんでしょうかね(^_^;)

そして、「コーヒーのフタ」のお話。
よ~くわかります(笑)
本当に美味しいコーヒーを味わいたい時はちゃんと陶器のカップで
香りを楽しみながらゆったりした気分で飲みたいものです。
小生もST Rockerさんの意見に賛成です。
しかし、お友達の言い分も実はわかります。
あのフタになかなか馴染めなかったんですが、
利点としては冷めにくい点とフタがあることで
ホコリ等が入りにくい点があるように思います。
確かに慣れもあると思いますが「飲むときだけフタを外して飲む」
のがいいかもしれないですね(*^_^*)

思い込みや、決めつけることで損することが絶対ないとは
言い切れないので、色々試してご自分にあった音楽の楽しみ方、
コーヒーの楽しみ方を挑戦してみてくださいね。

がじゅまるさん

こちらこそお久しぶりです!
長い間の音信不通、大変失礼しました。
ほんとに暑いですね。
でもこうしてがじゅまるさんの力の入ったコメントに再び接することができ、暑さも吹っ飛びます。

今日はソフトに書いたつもりですが、やはり熱くなってしまってますかね。
やはり性分というのは出てしまうかもですね(笑)

CDがなぜ丸くて回転なのかの記述は僕の仮説の部分もあります。
でも、レコードの発想の流れからそうなってきたのではないかと思ってます。
レコードのよさとしてジャケットもありますよね。
CDはそうしたイメージを引き継いでいるのではないでしょうか。
これからは目的と好みに合わせて使い分ける時代かもしれませんね。

コーヒーのフタの話もありがとうございます。
まさに王道は陶器に熱いコーヒー。
そこを忘れてました。
ということは紙カップは「臨時」なんですよね。
臨時なんだから、あまり本来論を言っても始まらないような気がしてきました。
だとすれば、おっしゃるようなプラのフタの利点がかなり見えてきます。
ならば、僕が挙げたプラの欠点は相対的に低くなりそうですね。
なにしろ市民権を得ているフタですから、素直に受け入れてもいいかもですね。

なんか、大事なことを示唆いただいた気がします。
ブログの醍醐味はこんなところにある気がしてきました。
2週間休むと、こうした発想の転換もしやすくなる気もします。

ありがとうございました。

No title

おはようございます。
音楽がデジタルになってから特に
ライブの楽しさを感じる様になった気がします。
私が年をとったせいかな?「今」が大事です。

コーヒーの蓋は私も好きではありません!
でも出掛け先でコンビニのコーヒーは必要ですので
車に戻るまでは蓋をして、飲むときは外すことにしています。

ぷにゅ2さん

こんばんは。
とても蒸し暑いですね。
ご無沙汰していました。
コメントどうもありがとうございました。
おっしゃることは僕もそう感じます。

No title

こんにちは^^
CDDAのお話、興味深くかつ、個人的には懐かしく拝見させて頂きました。
おいら、以前、某、○芝とE○Iの系列会社に勤めてましたので、アナログレコードからCDDAの移行期は、業界人の一人として強烈に体験しました。

ビジネスとして捉えた場合99%はデジタル肯定派と圧倒的だったのですが、仰るとおり、個人的に好みで、業界の中にも「アナログ派」「CDDA派」が存在していましたね。
よく、朝まで飲んで討論した記憶が甦ってまいりました。(笑)

CDDAの欠点としては、
1)20kHz以上の周波数帯はカットされてしまうので本来の音ではないのではないか
2)音が『硬い』
3)(その当時では)車載用では、音飛びが頻発
4)不法コピーへの対処
5)耐久性の問題
などなど、頑固親父タイプの否定的な意見が大半を占めていたように思います。
あっ! アーチスト側は、上記1)および2)への不満が体勢をしめていてアナログレコードでないと、リリースを拒否するような『超』頑固おやじもいました^^;

少し、補足させて頂きますと、
「CDが回転しているのは、レコード方式のイメージを変えたくない」とのご意見ですが、
当時の技術では、毎秒1.4Mbitもの膨大なデジタルデータを読み込むためには、リニア方式で、且つ、相対速度を上げなければならなかったから円盤が廻っているです。

前出の「朝まで討論会」では、すでに、オンデマンドによるストリーミング再生などの意見もすでに出ていて、その媒体として、某、○芝が開発しつつあったNAND型のDRAMのような媒体に取って代わるのではないかと力説したものです^^>

あと、「日本ではCDDAのパッケージ商品」が、「欧米ではUSBが主流」とありますが、「USBを媒体としたパッケージ商品」は現在のところ存在しません。

おそらく、「ダウンロード販売」もしくは「ストリーミング配信」その他のデジタルデータを、USBの記憶媒体に格納して音楽を楽しむの意味であると推測します。
アップル製品をはじめ、携帯端末がこれだけ普及した現代では、世の趨勢なんでしょうね。

STさんが仰るとおり、特にアメリカは、確か、7割くらいが「有料配信」だったと記憶しています。
その間逆を行くのが日本で、世界一のパッケージ大国なんですよね。(7割がパッケージ販売)

因みに、日本とアメリカの売り上げの合計は、なんと、世界中の音楽市場の7割近くを占めているんですよ~♪

話は飛びますが、近年では、音楽業界における売り上げの減少に歯止めがかかりません。
そればかりか、音楽そのものに興味を示さない人の割合が世界中でどんどん増えていっています。

音質さえ気にしなければ、タダで演奏が聴ける、または、無料の配信サービスの増加など、業界の行く末を案じております。

昔々、レコードはホント高かった! けど、擦り切れるまで聴いて得られる『満足感』! レコード鑑賞ってこ~だよね~♪ って、おいらも『頑固おやじ』なんでしょうかねぇ(笑)またまた、長文で失礼しました^^>

Mr・へぼいさん

こんばんは。
しんどいお天気が続きますが、お元気そうでなによりです。
大変な力作コメント、ありがとうございました。
僕も基本は「長くて濃い」文章書きですんで(^^; (これ自体頑固オヤジかも)

へぼいさんは以前音楽メディアに大きく関わるお仕事だったのですね。
専門家からの大変詳しいお話、大変興味深いですし、勉強になりました。
そして僕の記事にもいくつか誤りがあり、それを正していただき、そして補足いただきました。

おっしゃる通り、僕がここで言うUSBとは、最終的にUSBをプレーヤーに差し込み聴くという意味です。
パッケージ商品としてのUSBはまだゼロだというのは知りませんでした。

CDが回転するのは最初は必然性があったのですね。
それにしても、CDとUSB(より正しくはダウンロード配信)を比較したとしたら、今やCDには勝ち目がないように感じます。
日本でCDが未だ主流というのは、やはり昔のレコードのイメージが離れない派が多いからではないでしょうか?

ところが、比較をレコードまで含めると話は違ってくるように思います。
当ブログで何度も書いていますように、最も堅牢で安定な記憶媒体は岩に刻むこと。
その意味ではレコードはこれに近いのではないでしょうか?

真の音が刻まれ、しかも長持ち。コストもかかる。
でも、いい物を得ようとしたらお金をある程度払う必要がある。
これこそが本当は一番必要なのかもしれませんね。

単に意地を張る頑固オヤジはよくないかもしれませんが、本当によいものを主張する頑固オヤジなら存在価値は高いですね。

それにしてもへぼいさん、デジタル技術に精通されながらも、マインドは「晩酌前の一曲」。頑固オヤジ、ぜひ続けてください(*^-^*)
落ち着いたらまた一発、やりませんか!

説明が下手ですいません^^>

>それにしても、CDとUSB(より正しくはダウンロード配信)を比較したとしたら、今やCDには勝ち目がないように感じます。

何をもって『勝敗』を決するかは、いささか不明ですが、ダウンロード販売は、DATA通信を利用して瞬時に商品を入手できる点は、消費者にとって最大のメリットですね。実は、CDDAもダウンロード販売もすでに、過去のビジネスモデルになりつつあるんですよ^^;
特にアメリカでは、「月々、一定の課金で数十万曲を聴き放題♪」(DLはオプション)いわゆる『ストリーミングサービス』が収益の40%くらいを占めていて、そうなってくると、もう、音源そのものを所持しないので、記録媒体が必用ないんです(笑)

余談ですが、いまから10年くらい前、日本初のストリーミング配信『Napster』(運営会社は米国)に加入していました。
確か、月々、4000円くらいの料金で10万曲聴き放題だったかと思いますが、(DLはオプション)最初の1年くらいは一生懸命聴いてたのですが、10万曲のライブラリーがあると思うとそれだけで満足して、また、いつでも聴けるとか思っちゃって、次第に聴かなくなっちゃうんですよね^^>今後の米国での消費動向も注意しております。

>日本でCDが未だ主流というのは、やはり昔のレコードのイメージが離れない派が多いからではないでしょうか?

CDDAを最も購入する年齢層は15才から30代までですので(CD発売は1980年)アナログレコードのイメージは無いでしょうね。日本が依然としてCDDAパッケージが主流なのは、数々の高い付加価値を付けてCDを販売しているからなんですよ~♪
(AKB48のビジネスモデルが良い例ですね)何故かというと、DL販売とパッケージ販売では利益率が全然違うからなのです。この点は米国をはじめドイツやフランスでも見習って欲しいものです。
あっ! だからといってCDウォークマンのような再生機で音楽を楽しんではいません^^;CDをリッピングしてちゃ~んとアップルをはじめとする携帯端末やスマホで楽しんでいるようです♪

>当ブログで何度も書いていますように、最も堅牢で安定な記憶媒体は岩に刻むこと。

上記ログも拝見しております。記憶媒体の耐久性についての研究はまだ始まったばかりのようですが、日進月歩進展が見られる分野だと推測します。最近話題の「スーパーマン・クリスタル」だったかな??? 1千℃の高温に耐えられ、DVD数万枚分の容量があるCDが開発されたと聞いております。『永遠』とはいかないまでも、価格も含め、そこそこ、実用に耐えうる堅牢なメディアの登場が望まれますね。
ところで、「堅牢で安定な記憶媒体」!  音楽に関して言えば『歌い継がれること』のような気がします。
まだカラオケが普及するずっと昔、桜並木の中、筵広げて円陣に座り、酒を煽りながら揉手すり手で皆んなで唄った『あの唄』忘れられないです♪

> 落ち着いたらまた一発、やりませんか!
いいですよ~♪ いつでもお声がけください。またまた長文で失礼しました。

Mr・へぼいさん

おはようございます。
また暑い日が始まりそうですね。

またまた大変力作コメントありがとうございました。
この分野はへぼいさんは溢れんばかりの思いがあるようですね。
専門門的なこと、そして思いのたけ。
いろいろ参考にさせていただきます。

これからの季節、ぜひ無理はせず、さらにご活躍ください。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード