マネジャーへの苦言

みなさまこんばんは。
トップ記事を投稿したついでに一言です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
少し前に英語のブログの方で「マネジャーとは」のような記事を書きました。
その内容は繰り返しませんが、最近あったちょっとしたことを書きます。

ある組織がどんどん忙しくなって、「組織としてやるべきこと」が「組織がやれること」を上回るようになると、その組織の長であるマネジャーの判断基準が変ってくることが多い。
余裕のある時期はそのマネジャーの「是」とする考える枠組みがあり、優先順位や目標設定を「自分の考え」でできていた。
しかしやるべきことがオーバーフローするようになると、その枠組みは崩れ、「当面やらなくても困らないもの」あるいは「やらなくても文句の言われないもの」を後回しにするようになってしまう。しかも、本来やるべきことかどうかは度外視して「怒られないように」を優先するようになってしまう。

顧客からのクレームとか要望、あるいはトップからの指示を優先するのはある程度やむを得ない。
でも、自分の本来考えるべき枠を失っては元も子もない。

人間は弱い生き物だ。
だから自分の保身が脅かされると自分の保護に一目散になってしまう。

そして、そうなったマネジャーと利害を共にする者もやはり弱い人間だ。
「事なかれ主義」に徹し、問題のあることにも蓋をし、マネジャーにも合わせてしまう。

でもこれはダメだ。
何とかして打破しなければならない。

自浄作用がなければ側近か、あるいは少し離れている人間が苦言を呈さないといけない。

数か月前、私にその機会が訪れた。
上下関係はないが、業務を共にするある組織のマネジャーが上述の問題の状況に陥っていた。
私も弱い人間だから、苦言なんか呈したくない。
苦言なんか呈したら人間関係がぎくしゃくし、足を引っ張られ我が身の存続さえ危ういかもしれない。

でも私はズバっと言った。
言ってしまった。
そしたら案の上マネジャーから「大変心外だ」と言われた。
どうにか仕事は共に続けられたが、いろんなことで徹底して避けられた。

しかしである!
考えるきっかけを与えることができたようだ。
ごく最近何かをつかんでくれたようだ。

人に苦言を呈するのは実は自らへの戒めだ。
人のことは批判して自分は楽に生きようなんてことはあり得ない。

苦しいがそれが生きる道なのである。
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード