今年最後にまとめてみます

みなさまこんばんは。
今年も間もなく終わろうとしています。

数か月前から他のやることを優先しブログは大幅に更新頻度を下げさせていただいています。
にもかかわらず、毎日多くの方に訪問いただいていることは大変ありがたく思っています。

今年最後ということで、今日本にとって(あるいは世界にとって)一番重要なことは何であろうか、ということを考えてみました。
--------------------------
今年も我が国はさまざまな国際問題に直面しました。
領土、国防、経済、難民、テロ対策などの国際問題です。
時の政権は一定の成果を上げ、また同時に大きな問題も残しています。

そんな中、今我々が考えなければならないことで、考察が不足している点は何だろうかと、ここ数日真剣に考えてみました。
すると、やはり行きつくのは「エネルギーと資源の問題」です。
そしてこの問題は私自身が以前から考えてきたことでもあります。ブログでも何度も書きました。

今、多くの日本人は次の図式を信じて疑わないと思います。
いやそれどころか、検証の対象にすら挙げないで、完全に確立した正しいものとして捉えているでしょう。

1.工業化および文明が進みCO2の排出量は年々増加している。→ 2.そのために大気中のCO2濃度は年々増加している。→ 3.そのために地球は温暖化している。→4.温暖化が進んでいるので北極の氷は年々減少し続け、異常気象が年々増えている。そして様々な環境問題が生じている。→5.よってCO2の排出を減らすようなエネルギーの使用や生活様式へ転換していかなくてはならない。

今年の世界の平均気温は、過去最高だった昨年を上回った、とか、最近起こった様々な自然災害とか、今年の酷暑なども相まって、地球温暖化対策をさらに緊急に進めるべきである、というのが大半の人の一致した考えと言えるでしょう。

一方で、地球温暖化に異議を唱える人、あるいはもっと上位概念から正しく考察すべしという人も少なからずいます。
そんな懐疑的な意見を持つ人へ非難を浴びせる人、あるいはその逆とか、いろんな論争も起きています。
場合によっては、十分な論証もないまま相手を強く非難することも見られます。

私は「肯定派」とか「懐疑派」とかに属したりとかバトルそのものを好むような立場ではありません。
極めて大事な問題なので、何が不足しているのだろう、という立場から考えています。

上記した1から5までのステップは、「風が吹けば桶屋が儲かる」ではないですが、事実関係と因果関係をしっかり検証すべしという意味では同様の問題だと思います。
すなわち、1から5までのステップの事実は本当に正しいのか、およびそのステップは前のステップが本当に原因であるのか、というような検証を全て要します。
もしそのどれかが否定されたり、あるいは揺らぐようであれば、現在の「地球温暖化」という図式は再考しなければならなくなるでしょう。

地球温暖化の問題は各国のエネルギーおよび資源のあり方の戦略を大きく左右します。もちろん地球全体の戦略としてもです。
もし仮に地球温暖化は全然起きていないのであれば、戦略は全く変わりますし、ましてや事実が逆であれば、とんでもない違う戦略を持つべきことになります。

少なくとも我々が正しいと断言できるのはステップ1の事実が正しいということぐらいでしょう。
ステップ2以降の事実関係と因果関係は、上記した事実は有力な図式ではあっても、まだまだ脆弱な図式だと思いますし、少なくとも再検証を要する点、補検証を要する点が多数ある、と私は考えています。
その全部を書くには本が何冊も書けると思います。

大事な検証点の例を2つ挙げてみます。(大事な検証点の数はは本当はこの何十倍もあるのですが)
一つは世界の平均気温は本当に上がっているのか。
もう一つは北極の氷は本当に減り続けているのか。

世界の平均気温については単調な上昇傾向という人もいれば、2000年以降は全然変化していないという人もいます。
しかも、陸地のしかも都市部がほとんどのサンプルを平均することにどれほど意味があるか、などの点も指摘されています。
データの採り方とその統計の方法の問題がまだ十分解決できていないと思いますし、最近100年程度の気温の動向だけ見て地球温暖化というのも無理がある気がします。
また、因果関係としてCO2濃度は一様に上昇傾向にあるのになぜ世界平均気温は下がり傾向の時もあるのかが不明です。CO2による温室効果以外にも世界平均気温を上下する因子がありそうです。
また、そもそも生き物にとって最適なCO2の濃度はもっとずっと高く、最適な気温ももっと高いべきである、という論調もあります。

北極の氷についても世界平均気温と同様の側面があるようです。
まずは、いろんな人の説く論の引用しているデータがまちまちだということです。
そして、データがまだまだ数十年ほどしかありません。さらに、氷の面積は小さくても厚さが厚い場合もあるようです。

この記事の限られたスペースではとても書ききれません。
要するに、地球温暖化(あるいは寒冷化)はとても複雑な因子により成り立つものであり、そしてすごい長いスパン(数万年とか)で捉えるべきものでもあり、そして人間はじめ生き物が生きる上での最適な環境とは何かという問題は近視眼的なものを見ているだけではいけないだろう、という点です。

そして、地球温暖化を捉える上でもう一つ重要な側面は、各国には「ホンネとタテマエ」がある、ということです。
例えば、次のようなアルゴリズムにおいてホンネとタテマエがあると思います。

A.地球温暖化は正しいか?
A-1 100%正しいと思っている。
A-2 正しいだろうが、再検証、補検証を要する。
A-3 正しくないと思っている。

B.地球温暖化が正しい場合、それはCO2排出増加が原因と思うか?
B-1 100%正しいと思っている。
B-2 正しいだろうが、再検証、補検証を要する。
B-3 正しくないと思っている。

C.地球温暖化がCO2排出増加による原因が正しい場合、次のどの方策を採るか?
C-1 極力CO2低排出のエネルギーに切り替える方向に進む。
C-2 なるべくCO2低排出のエネルギーに切り替えるが、従来のエネルギー(化石燃料の燃焼)の使用を無理に落さない。
C-3 地球温暖化が進んでも実は問題ないので、従来のエネルギー(化石燃料の燃焼)の使用を減らす気はない。
C-4 本当はCO2低排出のエネルギーに切り替えるのがよいが、それは他国に押し付け、自国は従来のエネルギー(化石燃料の燃焼)の使用を減らす気はない。あるいは新しい化石燃料または炭素資源の開発に注力する。

D.もしAまたはBのどちらかの前提が間違っているとしたらどのような方策を採るか?

D-1 地球温暖化が将来起きないことに備え、CO2低排出のエネルギーに切り替える方向に進む。
D-2 従来のエネルギー(化石燃料の燃焼)の使用を減らさず、かつ新しい化石燃料または炭素資源の開発を行う。
D-3 その他

ホンネとタテマエといっても、利己的な意味のそれと、真に必要な場合のそれの2通りがあると思います。
どうみてもCO2低排出エネルギーの即刻の転換を図らなければ地球の運命はあとわずかなのに、自国はやりたくないようなものが利己的と言えるでしょう。
でもそうではなくて、上述の1→5までのステップ以外の図式があり得るなら、その検証と、その図式に則った戦略をオプションとして準備しておくという意味での「ホンネとタテマエ」があると思います。そしてそれは利己ではなく当然国として必要なことではないでしょうか。

今現在、国際協力としてCO2削減の目標を掲げ協力し合い、かつCO2低排出エネルギーへの転換努力をしなければいけないことは必須です。
それをやりつつ、別の図式も含めた研究をしっかり行い、どの図式にころんでもよいようにオプションとしての「ホンネ」を準備しておくことは決していけないことではないと思いますし、むしろしなくてはいけないと思います。

今日本の政府の考えとか主たる論調は、A-1、B-1、C-1という単調なオプションしかなく、そしてそれはホンネ=タテマエになっています。
これに反駁するのは一部の人たち、という構図になっています。

これですと極めて脆弱な体制になっていますので、セカンド、サードオプションを確立し準備し、そして新しいエネルギーの開発を早期に行う必要があると考えます。 (12/31 9:15AM追記: ここで言う「新しいエネルギー」というのは再生可能エネルギーのことではなく、シェールガス・オイルのような新しい化石燃料型のエネルギーのことです。「化石燃料を今後も燃やすことは実は全然問題ない」というセカンド、サードオプションに備えての戦略として、という意味です。)

以上、年末に考えてみました。

最後に僕の好きな曲の一つThe Long and Winding Road。
オリジナル風のピアノはできますが、最近のポールの演奏のような大人の恋のような洒落た装飾音をマスターしてみたいです。
中でも一番好きなポールのピアノが、次の2009ニューヨーク・シャアスタジアムでの演奏です。



今年も大変お世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。

2015年12月30日 ST Rocker
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

今年も大変お世話になりました。

残すところあと一日になってしまいましたが
今年最後の大論文ですね。
そして未来へ向けての宿題でもありますね。

人口が増え続け、更に必要になるエネルギーの確保をどうするか。
地球温暖化(実は間氷期とも言われてたり!?)やCO2問題。
ポテ子に難しいことはわかりませんが、早急になんとか
しないといけないということだけはわかります。
テレビで色々な立場から研究されている方たちの話を聞いても、
どっちが正しいのかはポテ子にはわかりません。

代替エネルギーといえば、今日のニュースで
風力発電のことを取り上げてましたね。
世界の風力発電施設の発電能力が今年原発を上回ったとのこと。
風力発電ももちろん低周波音による健康被害等デメリットはありますが、
科学の力をもっともっとエネルギー問題に注いでもらいたいですね。
以上、ド素人ポテ子のひとり言でした(^-^;

どうか良いお年をお迎えくださいね♪

ポテ子さん

こんばんは。
こちらこそ今年も大変お世話になりました。
ポテ子さんにいろんなお言葉をいただいたおかげで随分励みになりました。
暮れのいろんなことは順調でしょうか?

さて、今回の内容についてありがとうございます。
方向を誤るととんでもないことになりますので、結局この問題が一番大事だと考えました。

本当は宇宙のことの方がより大事だし興味深いと思うのですけど、まずは足元の地球からですよね。
おっしゃるように、まず問題の捉え方が相反する複数のものがありますね。
問題の捉え方を検証することがまず大事だと思いますし、また研究すること自体興味深いことでもあると思います。

国際協調と本質的な考えの2本立てはどうしても必要なのではないかと思います。
おっしゃる問題も大事ですね。

では明日の大晦日どうか有意義に過ごし、とってもよいお正月をお迎えください。
来年もどうぞよろしくお願いします。

こんばんは(^^)

このところまた温暖化問題が、
ニュースやテレビ番組でも取り上げられることが多いですね。
パリでCOP21が開催されたばかりですし、
先日NHKでも特集番組をやっていました。

私自身は地球温暖化に懐疑的…というか、
温暖化することがそんなに問題なのか?という疑問があります。
例えば異常気象なども、殆ど温暖化が原因みたいに云われているけれど、
本当にそうなのでしょうか?
仮に温暖化しているとしても、元々地球は周期的に
温暖化と寒冷化を繰り返すものではないのか?
…などなど、色々と疑問は尽きません。

ただエネルギー問題として考えれば、
このままずっと化石燃料に頼ってもいられない、ということは確かですね。
地球を汚さない新たなクリーンエネルギーの開発を待ち望みます。

ではST Rockerさん、良いお年を。(^^)v

文伽さん

おはようございます(^^♪
とても遅い時間にコメントありがとうございました。
最近は23時には眠くなってしまいます。

温暖化の問題を文伽さんもよく考えていらっしゃいますね。
おっしゃる疑問点はもっともなことと思います。

温暖化の問題点の一つは、すごく近視眼的なことで判断しがちなことと、政治的な力も大きいこと(かつそれが見えにくいこと)だと思います。

エネルギーの件について記事の中でちょっと書き方が足りない部分があったので、先ほど青字で追加しました。
実は、化石燃料は思っているよりはるかに多く、しかも化石燃料を燃やすことは全く問題ないという仮説も成り立ちますので、国際協力とは並行して、セカンドあるいはサードオプションとして新しい化石燃料の開発も必要ではないか、と思っています。
こうしたことを全体的にきちんと考え総合的な戦略をもつにはかなりしっかりした政治のリーダーが必要ですね。

では、文伽さんもよいお年をお迎えください。

No title

今年もお世話になりました。
ずっと放置していたブログの再開と共に、
またこうしてやり取りして下さり感謝しております。
本当にありがとうございました!
来年もまた色々な事を教えてください(^^)
良いお年をお迎えください!

No title

この問題は国を超えて考えていかなきゃいけない問題だと思うんですが
やっぱり、自国の経済発展も無視できないので、各国なかなか足並みが揃わないですね

今年一年ありがとうございました
来年もよろしくお願いします

良いお年をお迎えください♪



No title

今年は練習会でSTRockerさんにお会いできて楽しいひと時を過ごす事ができました。
そしてブログでもやりとりさせていただきビートルズの曲をご紹介下さったり、演奏をおきかせいただいてありがとうございました♪
ブログの内容も様々な経験を通してのとても奥深い内容で楽しみに読ませていただいています。
次なる企画を思案されていらっしゃるとの事、こちらも楽しみですね!
来年早々にはSTRockerさんの演奏&歌声を生で聴けそうですね(^^)楽しみにしています。

それでは、お身体に気をつけてよいお年をお迎えくださいね♪
来年もどうぞよろしくお願いします。

花音さん

こんばんは。
いよいよ今年も終わりですね。
こちらこそ今年もお世話になりました。

ブログ再開もそうですし、いろんなことがよい方向に向かっているようで、よかったですね。
来年はさらによくなりますよ。
お互いに頑張りましょう。

花音さんもよいお年をお迎えください。

honey*caramelさん

こんばんは。あと数時間になりました。
こちらこそ今年もお世話になりました。

honey*caramelさんも技術系としての切り口でいろんな問題への考え方、これからも期待しています。
こちらこそ来年もよろしくお願いします。

よいお年をお迎えください。

ね~み♪さん

こんばんは。
今年もあと4時間となりました。
どのようにして年を越されますか?

こちらこそ今年はありがとうございました。
クラシックピアノの愛好家の方々は何となく壁を感じるのですが(ここだけの話ですよ(^^;)、ね~み♪さんは全然違いますね。
ご紹介いただいたクラシック曲はずっと気になっていまして、何とか制覇したいと思っています。
そしてね~み♪さんご自身ももともとロック野郎、いえ、ロック姉御でいらっしゃったとのことですので、そっち方面のお話もぜひお聞かせください。
また、これから新しいことも起こす気概でやってますので、ぜひまたコメントいただければと思います。

ね~み♪さんもお体ご自愛のうえ、よいお年をお迎えください。演奏会、イベントではぜひよろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

あけましておめでとうございます。
とてもご丁寧なコメントをありがとうございました。
こちらこそご無沙汰しています。
鍵コメさんの今年のご発展を祈っております。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード