緊急特報・・・軽減税率導入への鋭い論法現る!

みなさまこんばんは。
今朝もまた冷え込み厳しかったものの昼間は暖かくなりました。
みなさまその後もお元気でしょうか?

最近は別のことに注力させていただいているのと、今日は仕事を休み、そして飲み曜日のためのんびりしようと思ったのですが、鋭い新聞記事が現れたので紹介します。
----------------------
今日の私用の出先に愛読紙の日経新聞を携え、時間ができた時に読んでいました。
そして、中でも好きなコーナーである「経済教室」に目をやると・・・

数か月に一度くらいのびっくりが起きました。
今日の経済教室の投稿者は東大の加藤淳子教授。

ではその概要を下記します。
頭にあるもので書きますので、多分に誤りもあると思います。でも概要では合っていると思います。ご容赦ください。

今大方支持され、実行されようとしている、食料品に軽減税率を課そうということに対し、加藤先生の説くのは、低所得者層の保護にはならないばかりか高所得者層を優遇するというもの。
日本の世帯の所得を5段階に分けた場合、最高の層は最低の層の6倍の所得がある。しかし、所得に占める食料品の割合は2、3倍程度である。

もし軽減税率を適用した場合、その優遇配分の3割近くは最高所得層へ行ってしまい、最低所得層への配分は1割強に過ぎない。
全くもって高所得者層への保護の色彩が強くなる、と。

そもそも、西欧諸国で軽減税率が適用されているのは、低所得者層の保護が目的ではなかった、と加藤先生。
消費税から付加価値税への移行時に税を一律にしたかったのだが、一部既得権益者からの強い圧力で軽減税率を設けざるを得なかった、と。
そこで、西欧諸国は世界に向け低減税率は導入しないようにアドバイスした。

そのアドバイスを守ったのがニュージーランド等。
ニュージーランドはご存知のように、優れた税制改革を実現した。
西欧諸国のアドバイスにもかかわらず軽減税率を導入する主な国は日本が初めて、と。

加藤先生はさらに説く。
軽減税率を導入すれば高所得者層への配分のための財源がとっても必要になる。
そこで、低減税率ではなく、「配布」という制度を採ればいい、と加藤先生は言う。
世帯の所得に応じて食料品購入への補助金としての配布を行えば、その財源は低減税率の1/3で済むという。

加藤先生の文章にははっきり書いてはいないが、現政府はそのことを知っているような感じに読み取れる。
もし知っているなら、それはポーズなのであり、実質高所得者層へ回すお金の工面(財源)を今必死に考えていることになる。

いずれにしても、低減税率を導入するとなると、その線引きやコストにかけるものが非常に煩雑だ。

僕はこの分野の専門家ではないので、加藤先生の論が正しいかどうかわからない。
でも論理は完結していると思う。後はデータが正しいかどうか、だ。
もし間違っているなら、直ちにデータベースで反撃しなければならない。

日本の場合、それ以前の問題として、消費税を上げても目的のことに使われるかどうかの構造をまず改めるべきなのだが・・・

僕は日経新聞の経済教室が好きだ。
今日の加藤先生のように、政府の御用学者ではない人が堂々と意見を言う。
しかもとても説得性のあり斬新な論法が多い。

ところで「経済教室」というネーミングは間違いであると思う。
教室というのは定説とか基礎理論を万人に敷衍することだ。
でも経済教室は斬新な学説なのでる。
さしずめ「経済新学説」がよろしいのでは。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ST Rockerさん、こんばんは!!
寒いですね~

ところで、今回の記事の「軽減税率」にはポテ子も
気になるところでありました。
ポテ子も軽減税率は全く低所得者対策ではないと思ってます。
経済の専門家ではないので詳しいことはわかりませんが、
日本人の所得層をみると、300万未満が約4割、300~600万が約4割、
実に600万以下の人が8割を占めています。

更に年収200万以下の人口が増える一方で
2000万以上の人口も増えているといった、
貧困格差が広がっているのが
日本の現状だと思います。
実は6人に1人が貧困の国だということです。

支出に占める食費の割合であるエンゲル係数が高いのは
確かに低所得者ですが、もともと収入が少ないのだから
使える食費にだって限界があります。
高額所得者が食費に使う絶対額の方がはるかに多いに決まっています。
そうなると、低所得者よりも軽減税率の恩恵を多く受けるのは
高額所得者ということになります。

まあ、パート主婦が25万ももらえるなんて庶民感覚のない、
たとえ話をするどこぞの総理はじめ、高額所得者層のおエライ
おじさま達の考えることですからね~
やってらんない!!と怒り心頭のポテ子でありました(._.)

ポテ子さん

おはようございます。
ほんとに寒いですね~
今週もお忙しかったことでしょう。
お疲れの中大変ご丁寧なコメントありがとうございました。

ポテ子さんは労働者の問題についてもいつもよく考え、いろんな動向を追っていらっしゃいます。
軽減税率に関する見方とご意見についてありがとうございました。

まずはおっしゃるところの所得格差と低所得者層の拡大の問題。
とても深刻ですね。
本当はこれに対する抜本的な対策を打つべきですね。

そしてエンゲル係数の点。
おっしゃるように、軽減税率が低所得者の抜本的救済にならないというのは比較的容易に想像できますよね。
1/27の日経の経済教室での加藤先生の論文は、この点についてデータと数字で明快に示されていましたよ。
ポテ子さんも機会があれば読んでみてください。

そしておっしゃるところの実際に法律を考える人達の実態の乖離の問題ですね。
今回の軽減税率がもし本当に意味のないという場合、敢えて知っていてのことなのか、あるいは知らずのことなのか。
そのあたりからチェックしていきましょうか。
遠因としては、おっしゃるような政治家の適性の問題もありますね。

いずれにしても、ポテ子さんから見ての怒りのお気持ち、十分にわかります。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード