やっぱり入場行進は64年東京スタイルがいい!

みなさまこんにちは。
とても寒いですね。お元気ですか?
今回の雪はかなり積もった所もあったようでしたが、南関東ではあまり大したことはありませんでした。

今日はオリンピックの入場行進のお話です。
------------------------
数年前に書いた記事で、1964年の東京オリンピックの選手団の入場行進のyoutube動画を載せたことがありました。
その時の音声は実録ではなく、オリンピックマーチの別の音源によるきれいな音がかぶさっていました。
映像もテレビのものではなく、映画用か何かのために撮ったと思われるきれいな映像でした。
要するに、よい絵とよい音がマッチングして、素晴らしい動画でありました。

僕は古関裕而作曲のオリンピックマーチが音楽として大好きですし、その音楽に合わせて行進する選手たちの凛々しい姿も好きです。

1964年10月10日。
僕は小学校1年でした。
家族でテレビの前に座りこの行進を食い入るように観ていました。
「ああ日本もこんなに戦後から復興したんだな」と感慨深く感じていました。(なんてマセたガキなんだろう(^^;)

ですから、数年前にあのyoutube動画を見つけた時はすごくうれしくて、みなさまにもその感動を共有いただきたくて記事にしたのでした。
64年東京オリンピックには生まれていなかった人も、入場行進の録画も全然見たことがなかった人たちから感動のコメントの数々をいただきました。
意外だったのは、40代くらいの方でも当時の行進が整然としたものだったことにびっくりした、と言っておられたことでした。

どの国の選手もきちんとしたジャケットを着て、足並みを揃えて整然として歩く。
そして天皇皇后両陛下の前を通過する時は敬礼をし、プラカードは横を向く。
僕はとっても好きです。

死語には敏感だったり、若い人の考えを積極的に採り入れる僕ですが、ことオリンピック入場行進に関しては、絶対に64年東京方式がいいです!
くだけた行進もおもしろいですが、僕は整然方式がいいなあ。
20年東京でもできれば・・・

残念なことに、数年前の記事に載せたyoutube動画は1年前くらいから削除されてしまいました。

今、いくつか調べましたら、次の動画が僕としてはいいなあと思います。
アナウンスは多分当時の生放送をやられたNHKの鈴木アナでしょう。
画像は多分テレビ映像だと思います。



オリンピックマーチを純粋に音楽として楽しむには次のyoutubeあたりがよいと思います。



さて、小保方さんの手記が発表されました。
僕はまだ読んでいません。
でも、最近思うところがいろいろ出てきました。
小保方さんは本当はあの時点で大大的に発表なんてしたくなかったのではないでしょうか。
しばらくは理研の無給の研究員だったこともありますし、まだまだ駆け出しの研究者が心に温めていたことの段階ではなかったのでしょうか。
同じ理系に携わる人間としてはSTAPの発想は未だにとても魅力的です。
このことはまた機会をみて書いてみたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

昭和39年の東京オリンピックは、当時小学校6年生の私にもエキサイティングなイベントでした。
土曜日で午前で学校が終わり、早くテレビを見たい一心で、走って家に帰ったことを覚えています。
前日は悪天候で、開会式も危ぶまれていたのですが、その日を迎えると、雲ひとつない晴天でした。
アナウンサーが「世界中の青空を集めたような・・・」と話したことは、今でも語り草になっています。
もっとも、私の家は白黒テレビでしたので、青いと言われてもわかりませんでしたが。
あまりの好天で、後年、「晴れる確率が高いから、10月10日を開会式に選んだ」との都市伝説が流布したほどです。

ところで、私も、入場行進は整然とした隊列で行うほうが好ましいと考えています。
お遊びではなく、高レベルのスポーツの戦いなのですから、統制のとれた行進のほうがふさわしいです。
見ている側としても、血沸き肉躍る思いがこみ上げてきます。

声なき声さん

おはようございます。
大変ご丁寧なコメントありがとうございました。
先輩である声なき声さんに東京オリンピック開会式の感動と整然とした入場行進のよさを語っていただきうれしいです。

「世界中の青空を集めたような・・・」
僕も覚えていますよ。
アナウンスも何もかもとても感動的でしたね。
後であるテレビ番組で知ったのですが、こんなことがあったそうです。
あの五輪の飛行機雲を描いたチームは、それまでの練習で一度も成功したことがなかったそうです。
前日大雨だったのと、予報でも当日雨だったので、パイロット達は宿舎で「やった~」とばかりに大宴会となったとのことです。
そころが朝起きてびっくり。二日酔いでフラフラになりながら任務に向かったそうです。むしろ雑念を振り払って無心で臨めたのが成功につながったのだろうと言っていました。

整然とした入場行進いいですよね。
「高レベルのスポーツの戦い」「血沸き肉躍る」
まさに僕もそれを覚えます。
若い人たちにもぜひその感覚が伝わればいいですね。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード