結局年功序列方式の方が堅いように思う

英文ブログ(←クリック)と同内容で同時更新です。)

みなさまこんにちは。
新年度になりました。
新しい環境でスタートを切った方も多いと思います。
ぜひ頑張っていただきたいです。

桜も満開となりましたが、今日は天気あまりよくないですね。
いかがお過ごしでしょうか?

さて、アメリカから導入した実力主義、成果主義ですが、長い経験上、どうも日本の企業においてはあまりよくない気がします。
そもそも人間の能力はとても多岐に渡りますし、個性的ですので、そう簡単には測れません。
またさらに、人が人を評価するわけですから、その結果が果たして適材適所に結び付くのか。
もちろんよい結果になる場合もありますが、全く逆の結果を招くことも同じくらい多いと思います。

逆に、評価に乗るため(だけ)の画策を凝らす人が増えてしまいます。
そうすると本来「私はこう思います」ということをはつらつと言う人が減り、責任回避の言動が増えます。

こうして実力主義、成果主義の勝者、敗者という結果が生まれ、それが格差社会の原因になる気がします。

結局、確率的には年齢が増すほど能力も人格も成長すると言えるのではないでしょうか。
ならば年功序列方式の方が堅いと言えないでしょうか。
そして、無駄で後ろ向きな画策も減り、自由闊達な意見が増え、企業全体が成長するのではないでしょうか。
そして、多くの人が働ける社会となるのではないでしょうか。

ただし、ベンチャーのような発生後間もない企業においてはやはり年功序列よりも、そのビジネスモデルを実現すべく引っ張る人を選ぶ方が先決と思います。

今日はThe Long and Winding Roadの一人多重録音をやってみました。
前にも何度かやったことがありましたが、今日はピアノとオケに少し工夫を凝らしました。

スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは。
新年度が始まり、いかにも新入社員といった人達が増え、
電車が急に混むようになりました(^-^;
新学期が始まると更に電車が混むので電車通勤族にとっては
結構つらい季節です。そういえば大昔国電(JR)のことを
酷電などといってましたね。(古くてすいません)

ところで、今日のテーマは一理あると思います。
成績至上主義は強者と弱者を作りだしますもんね。
もちろん成績や能力は評価されるべきだとは思いますが、
ST Rockerさんの仰るように評価するうえである程度
年功序列もあっていいように思います。
若くて優秀であっても、仕事の知識、経験や判断力、情勢の味方、
世の中の常識、人間関係の構築の仕方等はやはり歳を
重ねた人の方が総合的に優れているような気がします。
そういう経験を重ねた高齢者を雇用する企業も
出てきているようですし、多くの人が働ける社会を
これから作っていってほしいですね。

No title

The Long and Widing Road は、ピアノでよく弾きます。

確か財津和夫が、この曲に触発され、名曲を残していますね。

年功序列・・・難しい問題です。その前に、同一労働同一賃金という問題があります。

公務員の給与の体系をそのまま引っ張ってきたのが大企業の賃金体系です。

それが維持できなくなりつつあるところで、現政権はより解雇をしやすく、また、同一賃金をむしろ低い方に合わせるために、成果主義を称揚している感は拭えません。

まず、公務員の賃金体系を、多少は変えていくべきかと考えます。

がじゅまるさん

こんにちは。
はい、新年度ですね。
がじゅまるさんはお仕事は新年度から何か変わりましたか?
そうですか、電車混みますか。
こちらは田舎の車通勤なのでよくわかりませんけど、以前は電車通学と電車通勤は嫌というほど経験したので、お気持ちよくわかります。
酷電ですね。いや~古い(笑)
でも僕も一緒です。

年功序列の件、コメントありがとうございます。
同年代のがじゅまるさんから力強いお言葉の数々、心強いです。
がじゅまるさんもかなりのご経験の中、歳が増すほど優れる部分をいろいろ見出していらっしゃるのですね。

年功序列の再考は必要ですね。
でも使い分けも必要そうですね。
まさに考え時でしょうね。
そしておっしゃるような、高齢者の優れたところを積極的に活用すること。
ぜひ一緒に頑張りましょう。

私には私の生き方があるさん

こんばんは。
The Long and Winding Roadの弾き語りやられるとのこと、いいですね。
財津和夫のビートルズに対する捉え方と自らの作風については僕も関心があります。

同一労働同一賃金の問題も深刻ですね。
公務員賃金体系と企業賃金体系の関係、そして政策と成果主義の本来的でない活用の問題も、おっしゃる通りと思います。

この記事では純粋に、年功序列方式よりも実力主義の方が絶対によいのだという慣習的な考えに対し自らの体験をもとに、組織を機能させる上で、本当はどっちが合理的なのかについての独自の意見を述べてみたものです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

こんばんは。
ご丁寧にどうもありがとうございました。
本当によかったですね。
僕もかなりうれしいです。
そしておっしゃる通りですね。
これからも大丈夫ですよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

おはようございます。
とてもご丁寧にありがとうございます。
とても光栄なことと思っております。
鍵コメさんのブログはとても素敵です。
ぜひずっと続けてください。
これからもよろしくお願いします。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード