自分の世界を広げるには

みなさまおはようございます。
熊本の地震は本当に大変ですね。
1回の本震とその余震だけでなく、地震が活発化し発展化しているようです。
被災地の方々ぜひ頑張っていただきたいです。

みなさまは自分の世界を広げたいと思っていらっしゃいますか?
-------------------------------
僕は子供の頃は人付き合いというものが得意ではなかった。
自分としてはおもしろいことを考えていると思っていたし、結構勉強はしていたので、人からは面白いと思ってもらえると思っていた。
しかしそれをわかってくれる友人は限られていた。
人と交流し世間と交わるのが得意ではなかった。
それが大きな劣等感になっていた。

しかし幸いなことに、劣等感をバネに自分の苦手なことを改革したいという欲望が大きく、新たなことに挑戦するのが好きで、努力することも好きだった。
例えば、運動は苦手だったのに中学に入ると敢えて運動部に入ったり、大学では大きなサークルの運営役に立候補したり、と。

こうした努力で人付き合いはずいぶん発展してはきたのだけど、どうもイマイチであった。
というのは、自分は随分限られた世界で生きてきたことを痛感していたからだ。
大学を卒業し企業に入り、研究や製品開発を行い、事業計画を練る。
外資系なので外国人と多く接し、いろんな趣味や行動はしたものの、「限られた世界」からは抜け出せなかった。

そのことを痛感したのは例えば次のような時だった。
自分の住んでいる地域の人の集まりなどに出ると話が噛み合わない。
一応日本語のやり取りが進むのだが、全然心が行き来しない。
その理由は自分の生きている世界の話しかできなかったからだ。
相手は研究者や技術者ではないのだから。
30代後半だった。

その頃マラソンを始めており、地域のトレーニングジムに出入りし、同好の仲間と付き合い始めていたところだった。
世界の違う人との付き合いはなんて難しいのかと思った。

しかしそれでくじけないのがよかった。
地域の仲間との付き合いにおいては自分の専門や知識や経験や境遇の話はできない。
通用するのは唯一「人間力」だけだ、と悟った。
ならばとことんやってみるしかない。

例えば、仲間が演歌のカラオケが好きならとことん付き合う。
仲間が気持ちよく歌えたなら同じ気持ちになって喜ぶ。
スナックのママさんとも人生の機微を語る。
やってみたらできた。
それ以来、人間力は少しは増したようだ。まだまだだけど。

そしてそのことは自分の世界でもプラスに働くようになったようだ。

そして、敢えて自分のこれまでやってきたことがない世界に身に置くことも、自分の世界を広げるにはよいと思う。
僕の場合は、ロッククライミングをやってみたり、クラシックは好きでないのにクラシックピアノをやる方の多いサークルに入ったり、イベントを企画したり。

そしてもちろんブログもそうである。
ブログはもっと大きい世界を見ることができる。
ブログをやっている方々が日本人の平均的姿とは思わない。
でも多くの日本人の集合であることには違いないので、その世界を窺い知ることができる。
そしてその世界は僕がこれまで知っていた世界よりもはるかに広い気がする。

スポンサーサイト

テーマ : お話
ジャンル : その他

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード