若い年代で少し気になること

みなさまこんばんは。
連休明け2週目の出だしもまたしんどいですね。
ま、基本的には今の世はいつもしんどいと思います。
なんとかしなくっちゃ、です。

庶民派きってのリーダー。
出てきませんかね。
----------------------
電磁波を全て切って寝るのを続けてますよ。
快調です。
昨夜は電磁波を切る前に急に寝てしまったので、やはり睡眠の質が少し変わったようでした。
途中で起きて電磁波を切ったら、調子よくなりました。

さて本題です。

「近頃(最近)の若いもんは!」というのは古今東西、年長者がこぼす愚痴として共通である。
僕自身もしばらく使ってしまっていた。
でも、最近は卒業したつもりだ。
若い人から学ぶことにも熱心だと自分では思っている。

若いからいろんなことが身についていないのは仕方がない部分もある。
そんな場合は年長者として見本を示さないといけないし、時に指導しなければいけない。
さらには、若い世代が安心して暮らせる世の中の道筋を作っておかなければいけない。

そんな中、客観的に見て、近頃(最近)の若い人たちのことで気になることがある。
それは一般教養がやや足りないのではないか?ということだ。

例えば、日本語の基礎や日本の歴史、世界との関係、地理、自然科学の基礎、などである。

よくテレビ番組で、街頭の若い人に「日本地図をざっと描いてみてください」とか「アメリカ合衆国はどこですか?」のような質問をすると、とんでもない答えが返ってくることがある。
あれは極端な例を取り上げているのだろうけど、あれに準じたことはよく目にする。

日本人の社会人としては、日本の全ての都道府県の県庁所在地くらいは当然知っていなければならないと思ってきた。
というか、普通に勉強してくればそんなこと知らなくなりようがない、と思ってきた。
でも現実は、わからない県庁所在地があるほうが普通になってきている。

日本語も然りである。
自分のことなのに「お」や「ご」を付けたり、二重敬語を使ったり、正しい変換をできない場合などが多い。
今日、みんなに注意点を話す機会があったので、日本語のことにも触れた。「特に社外に文章を出す場合には、変換ミスは気を付けたほうがいい。例えば『かえる』の漢字は「変える」「替える」「代える」「換える」がある。それとか「作成」と「作製」の違いがある。変換キーを押すと右の方に意味が出るので、勉強するように。」

あるいは政治の問題や社会の問題に関する基礎が足りない場合が多い。
また、理系の人であっても気象学は全然知らないとか、広く理系全般の理解があるというケースが珍しくなっている。

どんな仕事をするにしても、一般教養はしっかり身に付けておくのがよい。その仕事を土台から支えると思うからだ。
それが欠けているとよい仕事ができないと思う。

僕のこの見方がもし間違いであれば幸いである。
でも残念ながら正しいとしたら、その原因は何か。

ゆとり教育はその一つだろう。
あの頃の中学や高校の教科書は驚くほどペラペラで、しかも密度も低かった。

しかし、若い人の名誉のために言っておくが、近頃(最近)の若い人が劣っているとは全然思わない。
一般教養の部分は全体的に不十分と思うが、それぞれの専門においてはよく鍛えられている。
また、厳しい世情で育ったせいか、現実をしっかり見据えて、人間関係もよく勉強しているし、足元をしっかり見つめている。
見習うことも多い。

よって、だからこそ一般教養は勉強してもらいたい。
一度学校を卒業してしまったら、自覚しない限り一般教養は誰も教えてくれないのである。
先ほどの変換キーの説明ではないが、PCやネット上の利用できることはどんどん利用して、貪欲に一般教養を高めてもらいたい。

科学の優れた研究があっても、一般教養が足りないおかげで研究が台無しになってはもったいない。

若い人に一般教養を高めることを望むからには、僕らの世代も残る期間、死ぬ気で世の中の改革をすべきだろう。
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは♪
ご無沙汰してしまい、ごめんなさい。

私も若い人のことをとやかく言えるほど教養はありませんが、
それにしてもテレビを見ていて唖然とすること多いですね。
職場のゆとり世代の若い子にも、時々ビックリさせられてます(^-^;

ゆとり世代の教科書、見たことありませんが
そんなに薄っぺらいものなんですか?
私たちの時代は教科書が重くて重くて通学が大変でしたよね!?

一般教養を伸ばすのが難しい、例えば障害があったり社会とかかわることが
苦手でも突出した才能を伸ばすことに力を入れている研究もありますが、
今の世の中、私たち一般人はある程度の教養は身に着けておかないと
生活していくうえでも支障が出ることもありますもんね。

ところで、前立腺がんの結果、何事もなく本当によかったです。
そして、久しぶりにギターを聴けて音楽っていいな♪と
改めて思いました(*^-^*)

シンディ・バーバーさん

こんばんは♪
こちらこそご無沙汰してすみませんでしたm(__)m
シンディさんはステキなところ旅行されたりよいお写真撮られたり、と充実していますよね。
でも一方でかなりお忙しいご様子。

僕もかなりばたばたしてますが、なんとかやってますよ。

音楽のこともありがとうございます。
やはり音楽愛好家のシンディさんからそうおっしゃっていただくとうれしいです。

シンディさんの職場にも若い世代でびっくりの人いるんですね。
そうですね、僕らは教科書はすごく重かったですね。
いろんなノートやドリルもいっぱいだったし。

シンディさんもお仕事をずっとやってこられて、仕事も生活も一般教養が土台になっていると感じられていることでしょう。
若い世代をじっくり指導お願いしますね。

前立腺のことありがとうございます!
ちょっと変な書きようで申し訳なかったですけど、
リアルに感触が伝わればと思い書きました。

シンディさんもぜひお体にはお気を付けくださいね(^^)/
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード