文系の学問とは、一言で言うと、そもそも何を目的としているのだろう?

みなさまこんばんは。
梅雨の中休みで、よい天気でしたね。
お元気でしょうか?

あなたは文系ですか?
---------------------
以前の記事で、「文科系、理科系」というのは完全に死語になってしまって、本来略語であるはずの「文系、理系」が正式用語になってしまったことを書いた。
僕は死語には敏感なつもりだったが、文系・理系についてはある人から言われるまでは全く気付かなかった。
その人から言われただけでは到底信じられず、いろんなメディアを確認したり、多くの人に聞いて、ようやくそれが真実だと理解したのだ。

僕よりも年配の方々はこの変化に全く気付かれていない方が多い。
「文科系、理科系」という言い方は、概ね40台前半以下の世代には全く通じないのである。

「高等学校」と「高校」の関係に似ているが、「高等学校」は今でも正式用語だし、甲子園でも使われるので、知らない人はそれほど多くないだろう。
でも、「文科系、理科系」は、ある時を境に完全に闇に葬られたので、全くの死語となった。

ま、そのことはさておいて。
僕は15歳から58歳の今の瞬間まで、人生の主体を理系の海の中で過ごしてきた。
よくいろんなブロガーさんに「STさんのような理系の考え方をする人ってすごく珍しい」と言われる。
でも僕にとっては理系の人に囲まれて、理系の考えを巡らすのがデフォルトになっている。
だから、僕にとっては文系の方が多数であるブロガーさん方と交流することの方が非主流なのである。

僕の人生の中で、4年間、比較的多くの文系の人たちに囲まれた時期があった。
大学での専門は理系だったので、やはり主流は理系生活だったが、文系中心のサークルに入った。しかもそこで取りまとめ的な役割をした。
文系の学生から多くの勉強をしたが、今思うと、消化不良の部分が大きかったと思う。

また、30歳を過ぎて、地域の人に交わり、ランニングや山の仲間と交わり、音楽仲間と交わったりしてきた。
しかし仕事は理系であり続けたし、私生活でも理系的な立ち振る舞いが多かったように思う。

また、47歳から数年間は営業をやったこともあった。
しかし、技術ベースの営業だった。

要するに、これまでの人生において、身も心も文系の海にどっぷり浸って文系の発想になりきったことがない。

そして、ブログというものに相対する時。それは、文系の海に首をつっこむ時間でもある。
そもそも、文系の人というのは、いつも何をどのように考えているのだろう?
何をどうしたいのだろう?
というような純粋な疑問がいつも湧く。

そこでまずは、文系の学問、理系の学問とは、一言で言うと、そもそも何を目的としているのだろう?
というようなことから考え始めるのがよいだろう。

ではまず理系から。
理系の学問とは、自然界の物事の仕組みを解明し、それを理論的にかつ定量的に体系立て、それを人々の暮らしに役立てること。
だいたいこんなところか。
学問の種類によっては「自然界の」ということろとか「役立てること」というのがあったりなかったりする差は出てくるだろう。

もっと別の言い方をすると、理系の考え方には点の情報は点の情報でしかないのだ。
もちろん点の情報も重要だ。でもその点一つだけなら、単なる「例」に過ぎない。
点が集まり線となり、それが面となり、さらにそれが立体になって、ある体系が完成したなら、その体系を捉えるのである。

また、「こうなればああなる」のような定性的な情報よりも量と確率を込みで評価するところの定量手法が理解のベースになる。

だから、交流とか、以心伝心とか、愛情とか、腹芸とか、説得とか、共感とかの多くの人が重要視している事柄というのは、それ自体は理系の学問の扱うところではない。
しかし文系の学問ではこうしたことを取り込んではいないか?
それとも文系の学問はそうしたことを切り離した別の純粋な目的があるのか?

なので、「文系の学問学問とは、一言で言うと、そもそも何を目的としているのだろう?」という疑問に落ち着く。

そしてさらなる興味は、従来文系の学問の対象とされてきた事柄は、実は理系の視点で行うと新しい世界が切り拓けないか? そこが僕のブログでこれまで訴え続けてきたことに他ならない。
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

9:30の鍵コメさん

こんばんは。
いつもありがとうございます。
とてもご丁寧なコメントをいただき、ありがとうございました。
先ほど鍵コメさんのブログにコメントさせていただきました。

13:23の鍵コメさん

こんばんは。
コメントどうもありがとうございました。
理系ご出身で文系的なことも少しされたご経験からの貴重なご意見ですね。

鍵コメさんの切り口の一つである「理系は答えが一つ、文系(法律など)は答えが何通りもある」ということは、なるほど、と思いますね。
理系は客観性が重視されていて、誰がいつどのようにやっても同様な結果になるような体系を与えることでしょうか。
それに対し文系は、客観性ももちろん大事だけど、関係する人や社会に合わせて考えていく部分もあるということでしょうか。
そうだとすると、理系は物や数字が主人公、文系は人が主人公だからでしょうか?
文系は別名「人文学」とも言うように、人がよい暮らしをしよい社会を作ることを目的としているのかもしれませんね。

でも・・・我々理系人間にはわからないこともいっぱいありますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

6/17 0:11の鍵コメさん

おはようございます。
再度素晴らしいコメントをいただき、どうもありがとうございました。
本当に、このようなコメントをいただくと記事を書いた甲斐があるとつくづく思います。

こうしてお話しさせていただくうちに、文系、理系の特徴の差はおぼろげながらに見えて来ましたね。
でも、おっしゃるように文系の学問は何を目的にしているのか、これは永遠の謎かもしれませんね。
これを機に学問のあり方を見直してみるのもいいかもしれませんね。

そしておっしゃるように、理系の学問のいくつかは世の中に一定の成果を上げて来たのは事実だと思います。
しかし、一方ではマイナスの所産をもたらすような理系の成果もあるかと思います。
であれば、文系の学問は、人間として、あるいは生き物としてよい方向に導くためのものかもしれませんね。

そしてさらに、おっしゃるように、これからの時代は旧来の文・理の分け方に拘泥するのではなく、互いに必要とする部分を補完し合って、真に世の中に必要な学問(というか考え方)を提唱していくことは多いに意味がありそうですね。

では、また伺います。

No title

ST Rockerさん、こんばんは!!
はい、ポテ子は思いっきり文系です。
でも、理系の人が昔からとっても羨ましく、
理系の人の頭の中ってどうなってるんだろう・・・と
これまた昔から疑問でした。
大雑把な分け方すると文系=人、理系=モノに
なってしまうのかなあ・・・(^-^;

でも、ST Rockerさんがよく記事に書かれる宇宙や気候の話題も
実は好きなんです。(変な文系^^;)
先日の気候変動の記事もとっても興味深く拝見しましたよ。
確かにたかだか10年のデータで気温が上がった原因を
追及できるものではないですよね。
そして、都心と郊外を比較したデータも意外でした。
郊外も上がってるのなら、二酸化炭素問題はナニ!?って
なりますよね(^-^;
郊外よりもっと外れた、いっそのこと富士山の山頂の
気温なんかはどうなんでしょう?
やっぱり上がっているのかなあ・・・

気候変動の問題はもっと地球や太陽や宇宙にも
かかわっていたりして・・・
そんなこと考え始めたらまた寝不足になりそうなポテ子です( ;∀;)

ポテ子さん

おはようございます。
蒸し暑い時期ですけど、体調など壊されていませんか?

さて、コメントありがとうございます。
ポテ子さんは文系のことは存じておりますし、以前から僕の記事にご関心いただいていて、とてもありがたく思っています。
文系の学問そのものの目的は理系ほど明確ではないようですけど、人の道を追求することと言って大方間違いはないでしょうね。

気象の件もありがとうございます。
そして宇宙などの話の件もうれしいです。

地球温暖化の話は簡単ではなく、大変広い観点から見ないといけません。
そんな中今回の解析は一石を投じたのではないかと自負しているんです。

富士山の気温?
実は上がっているんですよ。ここ80年で約1℃。
かなりいろんな所のデータを拾いましたけど、大体どこも上昇しています。
まだほとんどのメディアも伝えていない事実だと思います。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード