塩の摂り過ぎで血圧が上がるのは一部の人だけである

みなさまこんばんは。
今日は飲み曜日です🍶(^^)/
新聞記事につられて「もぎたて」(アサヒ)を買い飲んでいます。
いやあ、これは記事に偽りなしです。
もぎたての果汁の香が本当に生きてますね。
アルコール度数も9%と、僕には不足ありません。

さて今日は多くの方が目を疑う内容だと思います。
------------------------
youtubeが現れてから情報の発信において、質、量ともに飛躍的に増えた。
まさに情報の海となった。
そうした情報はまさに『玉石混合』である。

もしその情報の洪水にただ身を任せれば、『石』に翻弄されて終わるだろうし、
主体性を持って情報の海から『玉』を拾い上げれば、大変な価値をゲットしたことになる。

一方、6社(関東の場合)に独占的に放送を認可されているテレビにおいては、情報の発信はどうだろうか?
歴史的には(といっても60年程度の話)テレビの果たした役割は大きかったのは事実である。
しかし最近は、テレビはどうもぱっとしない。
どこの局をつけても大体同じ論調だ。
政治、経済、労働、地球温暖化、健康、医療、税金、年金....。
それをとっても各局ほぼ同じことを言っている。

最近の例で言えば、小保方さんバッシング、安保法案強行採決、地球温暖化と我々への期待、舛添さんバッシング、原発のバッシング、日本国は借金を背負っていること(本当は政府の借金なのに)と消費税アップの考え方、健康問題と医療の関係、そしていろんな刑事事件における捉え方、などなど。
これらは6局とも大同小異の報道の仕方をしているのである。

本来、物事というのは様々な側面があるので、6局が6通りの報道をしてもいいほどだ。
例えば、小保方さんの問題で言えば、「コピペが確かに好ましくないが、そんなことよりSTAPの兆候を現す現象が少なからず現れたはずだ。我が国は国益を賭けてまずこの点の徹底解明をすべきだ、なんていうことを主張する局があってもよかった。

一方、youtubeはと言うと、こうした重要問題に関してとても価値のある発信をしている場合があるのだ。
前述したように、ものすごく巨大な情報の海からこうした価値ある情報を見出すのは並大抵ではない。
でも「ある」ということに我々は誇りを持っていい。素晴らしい人はいるものである。

既存の寡占テレビ局はおそらく「守るべきもの」があろう。
言いたいことを言っていたらつぶれてしまうかもしれない。
その点、ユーチューバーは失うものが何もない。だから発想自由、発信自由なのである。
逆に言えば、無責任に何でも発信できるので、その真偽の程を確証する責任は読み手(聴き手)にあるだろう。

このようなyoutube事情の中、僕が「価値のある情報だな」と思ったのは一杯ある。
上で挙げた「6局とも大同小異の報道の仕方をしている」と言ったテーマの数々において、素晴らしい情報を得ることができた。

そんな中、「既存6テレビ局」と「価値あるユーチューバー」との間で最も乖離のあるテーマは「健康・医療問題」だと思う。
僕がここ数か月、多くのyoutubeを駆け回って得た情報を総合すると、日本の医療にまつわる行政、医療機関、マスコミは、日本国民を、必ずしも事実と異なる方向に誘導して利権を追求する構図が見て取れるのである。

そんなものの一つが「塩の摂り過ぎは高血圧を招く」ということについて。
このことは日本においては、あまりにも『常識』として捉えられており、日本一丸となって塩分を減らすことを求められている。
しかし、この常識がどうも怪しいようだ。

実はこのことはかなり前から言われていたが、なかなか日の目に浴びなかったようだ。
下記の論文を見ていただきたい。

http://www.geocities.jp/t_hashimotoodawara/salt7/salt7-seawater-health1.html

塩の摂り過ぎで血圧が上がる人は限られており、どんなに多くても日本人の半分以下である、という報告である。
最近のブログでは10%程度と言われている。
いろんなyoutubeやブログでもそのような考え方が発信されているが、勝手に紹介するわけにはいかないので、残念ながら控えさせていただく。

健康・医療の分野で、同様に、これまでの常識が誤りだったというのは、次のようなことが発信されている。
・タバコと肺がんの関係はあまりない。
・太っているより痩せている方が健康には悪い。(ただし程度問題)
・コレステロールは高い方がよい。
・植物油より動物油のほうがよい。
・血圧は低ければよいというものではない。
・休肝日はなくてもいい。
・睡眠時間はむしろ短めがよい。

これらに関しても、論文ベースの裏を取ることを含め、自ら検証していきたいと考えている。

健康・医療問題以外では、地球温暖化問題が重要だと思う。
これについてはとても複雑な問題なので、一度どこかでまとめて書くか、プレゼンをしたいと考えている。
ブログの「科学」カテゴリの過去記事もぜひご覧いただきたい。

日本経済に関する問題も重要だと思う。

今日のおまけは鯛のアクアパッツァ。
と言っても次の日の状態。
鯛は当日食い尽くしており、残り物に野菜を入れて煮込んだら、超おいしかった。
鯛とアサリの旨み成分が煮凝りを作っていたからだ。

スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

塩分摂取と高血圧症

私も塩分と血圧の関係については、少なからぬ疑念を持っています。
私的な話で恐縮ですが、20年前に200-110の健診結果を受けて、いま、お世話になっているクリニックに飛び込みました。
投薬治療の結果、現在では120-70前後まで落ちついてきています。
もちろん、医師の指示どおり、減塩と散歩を心がけてきました。
ただ、私の場合、季節的に夏には安定し、冬場には、いまだに150-90ぐらいまで跳ね上がるときもあるのです。
私が寒さに弱いところから、血管が収縮するので血圧をあげてしまっているのではないかと、自分なりに考えています。
食生活に関しては、夏だから少なく、冬だから塩分たっぷりということはありません。
ということは、塩分に反応するのではなく、気温に影響されることで高血圧症が出てくるのではないかと考えるようになってきています。
クリニックの先生がお手すきなタイミングで、この疑問を投げかけてみようと思っています。

声なき声さん

こんばんは。いつもありがとうございます。
ご自身に関する貴重なお話しをどうもありがとうございました。
いろいろとご努力やご研究をされていらっしゃいますね。
お話しを伺う限りは、塩分よりも気温による影響が大きそうですね。
塩分を敢えて多く摂られた時にどうなるか、はやられたことはありますか?

僕は、かなり前ですけど、塩分を減らしたり増やしたり、あるいはいろんなことを変えて人体実験をしたことがあるんですよ。
その時はあまり塩分には関係ない結果が得られまして、それ以来塩分を抑えることはやめてしまったんです。
1日のうちのどの時間とか、気温は確かに影響大きいでしょうね。

それと、今の血圧の基準に疑問視している人たちもいます。
これについてはもう少し裏を取ってみたいと思っています。

No title

意図的に塩分を多めに摂った経験はありません。
いまだに、「塩分が血圧を上昇させる」との一般的常識に洗脳されている部分がありますので、怖いからです(笑)。

ただ、私が血圧の治療を受け始めたのは約20年前ですが、当初は服薬のみで対処していました。
食生活を見直しにかかったのは、約10年前からです。
といっても、ラーメンやフライものを控えるといった程度です。
その時点で数値が良くなったのには、私自身が驚きました。
3年前から、かなり減塩を意識して、お寿司も醤油をかけないし、味噌汁も昼だけにする、うどんも汁は飲まないなどの自主規制を始めたところ、さらに改善が見られ、夏場などは、健常者と全く変わらない状態になっています。

この体験だけをベースに考えますと、やはり、私の場合は、塩分が高血圧の原因となるタイプでもあるのかなと思います。

本件は私も深い関心を持っている事柄ですので、他の機会にでも情報を頂戴できればありがたいと考えています。

声なき声さん

こんばんは。
再度コメントありがとうございました。
気温が主因のようですが、塩分の影響もあるということですね。
確かに塩分を多く摂るというのは怖いですね。
僕の人体実験の時も普通か減らすかの比較でしたから。

この関係の話でまた何か情報を得ましたら書かせていただきます。
よい週末をお過ごしください。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード