僕は見てくれよりも実を取る

みなさまこんばんは。
は~い、やってきました飲み曜日(^^)/
待ちに待っていました。

僕みたいな酒好きの人で僕のように週2日だけ飲む(もちろん例外はありますよ!)のは珍しいです。
毎日って人も多いですね。
最近の研究では休肝日は要らないという説が多くなってきました。
だからと言って毎日は絶対に飲みたくないです。飲み曜日のありがたさがないじゃないですか。
-------------------------
さてさてさて。
最近のいろんなお仕事においてプレゼンをするとなると、P/P(パワーポイント)で資料をばっちりまとめて、話の構成や話し方も練りに練って行うことがむちゃむちゃ求められていますね。

ところが、僕が前の会社にいた時、もう20年くらい前ですけど、そんなことをするのはアメリカ人に限られてました。
特に、上役にかわいがられてマネジャーコースまっしぐらの30そこそこのガキどもが、美しいP/P資料を駆使して饒舌にプレゼンしてました。
内容は大したことないのにやらたに美しい発表なんです。
僕ら日本人は心から軽蔑していました。

しばらくは日本人はそうした傾向を無視していたのです。
ところが、日本以外のアジア諸国はアメリカ方式を採り入れました。
そしてドイツを含む欧州もその流れとなりました。
そして、孤軍奮闘していた日本もついにこの流れとなったわけです。

最初は、「大事なのは内容だけど、発表の仕方もなるべくうまくやれよ。」という指導だってけれど、
いつの間にか、主と従が逆転し、まずは発表の仕方ありきになってしまいました。
もはや、「内容はいいんだけど、発表の仕方をもう少し工夫してごらん」さえも言われなくなり、「そんな発表では何の意味もない」になってしまいました。

嗚呼何たることよ!!
P/Pなんてくそくらえ、だ。
文字は最も雄弁に語るのだ。
だから僕はテキストファイルが一番好き。

というわけで、おじさんとしては、若い人に向かっては「P/Pなんてくそくらえ」とは言わないけど、内容第一の路線は強調しているわけです。

では今日の余興を紹介しましょう。
今日帰宅後、シンセサイザーで軽く弾き語りを録音するだけにしようと思っていましたら、思いがけずにフルバンドで多重録音してしまいました。

数か月前に、いいマイクを買ったのですが、PCに直接つなぐとレベルが不適合でノイズが多くなってしまいます。
また、シンセをPCにライン入力しようとするとモニターの問題があります。
これらを一気に解決するのがインターフェース。
余裕できたら買いますけど、それまでは安物のマイクをPCにつないで録音するしかないです。

では今日の曲はシカゴのColor My World。
1970年頃の曲です。
姉が買ってきたシカゴのシングルのB面にあった隠れた名曲です。
すごくおもしろいコード進行で、かつ聴き取りやすいので、高校か大学の頃、耳でコードを取りました。

今日の録音は、楽器は全てシンセの音です。
最初はピアノの音を弾きながら歌いました。
何のボイスウォームアップもせず歌ったのでガラガラ声ですみません。

そこへ、ベース、ドラム、フルートを加えました。
ドラムは2回取り左右に分けました。

いつもながら雑な録音で失礼します。

スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード