「負けるが勝ち」の本当の意味

みなさまこんばんは。
いよいよ夏休み(働いている方にとっての)の本番を迎えましたね。
山の日の存在はいいような悪いような。
ただでさえ今年のお盆は難しい曜日なのに、そこへ山の日が拍車をかけて難しくしているようです。
職場でのため息が聞こえてきそうです。
みなさまにおかれましてはどんな計画をされていますか?
----------------------------------
職場に、私よりも少し歳が上の方がいらっしゃいます。
その方は既に定年後の契約社員として働いています。
実質は通常の社員と同じような業務に就いています。

私はその方といろんな話をしますし、時に相談に乗ってもらったり、また時にはその方から相談をされることもあります。

その方は自分の学歴に大変誇りを持っていますし、なかなか目の付け所のよい考え方を持っています。
私としても彼の考え方を多いに参考にさせてもらうことがあります。

しかし、彼は組織に同化してうまく立ち回り実績を上げることが苦手です。
自分の考え方にそぐわない人や考え方をどんどん排除する一方なので、世界が広がっていきませんし、自分の成長も限られてしまいます。

そして、とてもささいなことにも自分が劣勢とか下手になることを嫌います。
例えば、「あいつは挨拶をしない奴だ」ということで人をとても恨みます。
自分はきちんと挨拶をするのに奴は返事もしない、となることは嫌なのです。
そうした劣勢に立たないために彼は自らも挨拶をしなくなっていくのです。

つまり、マイナスをマイナスで制するようなことになってしまいます。

彼は最近、自分の直属上司のことが大変気に入らなく、自分の考えにも合わないので、とても反抗的な態度を示しています。
私もそのことで相談をよく受けます。
一つ一つの彼の言い分は、”微視的”には正しいことが多いのですが、全体としてはあまり賛同できません。

彼の悩みが最大限に達していますので、ついに私は大事なことを言おうと決めました。
歳が上の人ではありますが、迎合してはいられないと強く思ったからです。
そこで私は、自分の体験をもとに私が大事だと考えることを真剣に話しました。

その主旨は「負けるが勝ち」ということ。
負けるが勝ちということは古今東西よく言われていることです。
でもその多くは「諦めの境地」のような慰め的な意味で使っているのではないでしょうか?
私の考える負けるが勝ちはもっとずっとポジティブで戦略的ものです。

以下、私が彼に話したことの一部を紹介します。

相手が挨拶の返事をしなくても、誰に対しても快活に挨拶をし続けましょう。
すると、そんな正直な自分を利用をしようとする人が現れることでしょう。つまり、細かいことに勝って満足したい人たちです。
そういう人が現れても、一旦は負けましょう。
負けたっていいんです。
そうすると、負けてばかりもいやですから、何かで勝たなくてはいけないと思うようになります。
つまり自分が成長するのです。
そして、タイミングを見計らってその「新しい力」をアピールするのです。
その時人々は尊敬し、好意的になることでしょう。

上司に自分の考えを主張することは大事ですが、どうしても変えることができないと判断したのなら、一旦全ての言うことを聞くべきです。
上司の指示に沿ってまずはやることをやって整然と報告しましょう。
ただし、それをやるだけではだめです。自分が正しいと信ずることに基づく検討もしっかりやっておきます。
そして上司の機嫌のよい時を見計らって、その新しい事実と考えを訴えるのです。
そうすれば上司は尊敬し、より大きな仕事を任せることでしょう。

小さなことにも負けたくなくて画策を凝らすのが昨今の職場の風景です。
大きなことにしか負けたくない人ばかりなら、「負けるが勝ち」ということは考えなくてもいいでしょう。
でも、そうではないのですから、一旦誰かが負けなければ、この非生産的かつ精神力浪費の状況は変えられないでしょう。

負けるが勝ち。
一旦マイナスを飲み込み、我が心身の中に「大きなプラス」を醸成させる。
そしてそれを発露する。
結果、自分は勝つ。状況も好転する。相手もプラス思考に転ずるかもしれない。

これこそが真の「負けるが勝ち」であると思うのです。

渾身の思いのたけを話し、その方も何かを感じていただいたようでした。
スポンサーサイト

テーマ : お話
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

普段誠実な重みのある方から話されたことですから身にしみられたのでしょう。
いい年をして恥ずかしいことで職場を乱すのは、見苦しいですものね。
重かったですね。
気界が話すぐらいですもの、長いご辛抱でしたね。

No title

こんにちは!!
お盆休み、ST Rockerさんはいかがお過ごしですか?

ところで、今日のお話しの中でポテ子が感じたことは
まず、その悩みを抱えてる方って、おそらくご本人が人間関係を
うまくやっていけない不器用な方ってこともあると思いますが
職場ではハッキリ言って誰からも相手にされないタイプかなと(^^;
そんな方の相談に乗ってあげるST Rockerさんをまずポテ子は
尊敬します。

職場でのストレスの80%以上の原因が人間関係と言われています。
ポテ子も仕事が忙しくても大変であっても、同僚や上司との
人間関係が良好であれば、やっていけるかなと。
たいていの人間は自分が正しく、相手に非があることにしたがります。

なかなか「負けるが勝ち」の心境に立つことは難しいことだと
思いますが、どっちも引かなければ仕事や物事は進まず、
一旦は引いてみるということも必要かなと改めて感じました。

hippoponさん

こんばんは。
いつもご訪問いただきありがとうございます。
そしてコメントをいただきどうもありがとうございました。
とても深みのあるお言葉、胸に染み入ります。
ことなかれ主義で「はい、はい」と聞いているのが楽ではありますが、
人生観の根幹にかかわることなので、思い切って話した次第なんです。
ただ、これから先どうなるのかわかりません。
本当に日々勉強です。

ポテ子さん

こんばんは!!
いつもありがとうございます。
お盆休みはまあまあ普通に過ごしてますよ。
いや、今年はやらなくてはいけないことがあるので、普通じゃないかもです。
ポテ子さんこそいかがですか?
きっとあまりお休みもないほど忙しいんじゃないですか?

今回の方は確かに職場ではあまりよしと思われていない方なんですけど、
僕自身に関しては結構お世話になったこともあるんです。
人生って、よかれと思ったことだけでは済まないですよね(?)
何度も自分の理想をへし折られて、そこから這い上がって自分を築く。そしてまたへし折られる。

おそらくポテ子さんもそうしたことを繰り返し、現在のステータスがあるのだと思います。
「負けるが勝ち」が全てに有効な考え方かどうかは確かにわかりませんが、小さなことでも勝つために膨大なエネルギーでもって画策している昨今の職場の動力学はいかがなものか、と思いますね。

No title

こんばんは!

>私の考える負けるが勝ちはもっとずっと
 ポジティブで戦略的ものです。

この意味は、良く分かります。
目先のことだけ見ていると
今、負けたように思える自分がみじめなのでしょうね。

たかが 挨拶くらいのことで・・(>_<)

あれだけ努力して 実績も上げて来たのだから
これくらいに扱われて当然 と言う「慢心」ではないでしょうか。

と言う 私自身 日々 反省点があります。
より良い人生を送りたいものですね。

ヨンヨンさん

こんばんは!
ご訪問ありがとうございます。
また、コメントいただきありがとうございました。

小さなことで負けたくない、ということは今回書いた方に限らず、とても多くなっているように思います。
プライドから発することもあるでしょうけど、そうしないと組織内で負け犬になるという風潮があるように思います。
やはりトップが組織を牽引する考え方が大きいでしょうし、ひいては日本全体の課題であるとも思います。

お互いに頑張りましょう。

No title

世間はお盆なのですね~
私は7月の帰省したのでお盆休みは何もなく・・・
山の日も普通に仕事して終わりました(笑)

STさんの懐の大きさを感じさせる今回の記事でした。
こんな人を上司に持ちたいです☆

お楽しみのイベントも近づいてきましたね。行けないのが本当に残念です・・・盛会をお祈りしてます♥

No title

こんばんは
昨日は朦朧として、、へんてこになりました。
2日ほとんど眠ってました。
間がないので土曜日の夕方みたいです。

私はタワシさん

おはようございます。
お仕事は大変ですね。
暑いですので無理されないようにしてください。

まもなく10万人ですね。おめでとうございます。
さきほどあと11人でしたので、残念ながら僕はジャスト賞だめでした。
記事の件ありがとうございます。
しかし僕自身はよい上司ではないようですよ。
イベントの件もありがとうございます。
来年はぜひおいでください。

hippoponさん

お体には気を付けてしっかりお休みください。
無理されないようにしてください。

No title

ST ROCKER様の人間性の素晴らしさに感動しました。
人の性格に関することで意見をするというのは、とても勇気がいることで、たいていは人間関係が壊れることを恐れて見て見ぬふりをすると思います。
私もその一人です。
ST ROCKER様のアドバイスを受け入れることができたら、その方の会社人としての生き方も楽になると思います。
今日は素敵なお話を聞かせていただいて、心が温まりました。
ありがとうございます。

そら太朗ママさん

こんばんは。
いつもありがとうございます。
とてもご丁寧なコメントをいただきありがとうございました。
僕はまだまだ人生勉強の途中ですので、人格的に優れているとは思いませんけど、どうすれば膠着した職場環境をプラス思考に持っていけるかについては真剣に考えています。
今回のことに限らず、人間は負け続けることにより新たなプラス思考になるのだとうことはさんざん体験していますので、今回も思い切って言えたのだと思います。
ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

こんにちは。
ご丁寧にありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いします。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード