やっぱりブログがいい!

みなさまこんばんは。
気が付けばあっと言う間に10月も5日過ぎました。
職場では早くも今年の年賀状の必要枚数を訊いています。
ああ、今年も実績を形にすべき時期になってきたんだなあ、とため息。

<今日の記事の要約>
・「つぶやき」というものを理解するために、1か月ほどmixiのつぶやきを体験留学した。
・つぶやきはブログに比べ費用対効果が断然優れていることがわかった。
・でもmixiのつぶやきは全然魅力がなかった。メンバー間の友好を満たすためであり、新しい発想が歓迎されたり育まれるような場ではない。
・だから僕はブログを見直した。皆さまに改めて「よろしく!」という気分である。
・mixiのつぶやきが魅力がないのはクローズドシステムだからだろう。Twitterには魅力があるかもしれない。
・それにしても僕は人と違うことを主張するのが好きだ。
--------------------------
前回の記事にも若干関連するのですけど、自分の主張したいことを発信するには、どうしてもある程度の長文を書く必要があります。
でも、長文を広くPRすることは簡単ではないし、たとえPRできたとしても読んでいただくには読者の方々に労力を要します。

長文と対極にあるのが今流行りの「つぶやき」。
ブログからつぶやきへ移行する人も最近とみに増えています。

まずは何事も経験!ということで、あれこれ考える前につぶやきを体験することにしました。
僕はあるサークルに入っていまして、そこでの連絡にmixiを使う関係上、mixiで友人登録している人も結構いました。
mixiはご存知のようにSNSの一つであり、つぶやき、日記、連絡、コミュニティーなどを便利に行えるサービスです。
よくできたサービスではあります。ただし、登録したメンバー間のみでやりとりする「クローズドシステム」です。

mixi上ではつぶやきがとにかく盛んに行われているので、まずはものは試しで1か月ほど集中してやってみました。
その結果を書きます。

まずは、つぶやきというものは、ブログなどで長文で記事を書くよりも圧倒的に費用対効果が優れている、と感じました。
つぶやきというのは高々数十字の文字数です。
既に頭にあるもの、あるいはぱっと思い浮かんだもの、あるいは今体験していること、などを綴ればよいのです。
これに対し、ブログで記事を書くには、十人十色ではあるものの、基本的にはテーマや題材を収集し、あるいは取りまとめ、形にしないといけません。準備には時間もコストもかかります。

そして、つぶやきは長文の記事よりも圧倒的に認知されやすいし、理解されやすいのです。
そして、さらに、それにより交流を起こし、さらにはそれが発展します。
ブログは、その記事が有意的に読者を感化し、それが何らかの実を結ぶことは多くはないでしょう。

また、つぶやきは言いたいことが凝縮されているので勢いがあります。
また、つぶやきは字数制限がある(少なくともmixiの場合)ので、短くて内容の濃い文章を書く訓練になります。

しかし、mixiでのつぶやきを1か月続けた結果、僕はつぶやきを止めました。
その理由は、新しいものや珍しいものに対する関心がすごく薄いのです。
何かを発信したことにより食いつてくるなどという経験が一度もできませんでした。

mixiでのつぶやきは、そのほぼ100%はメンバー間の友人関係を確かめ合うものであることがわかりました。
何かを発信したらそれについて考えるなどではなく、フィーリングを共有するだけでした。

そうであれば、たとえブログは費用対効果がつぶやきより劣るとしても、ブログのほうがずっといいです。
ブログの記事の内容そのものはつぶやきと似ていることも多いですけど、少なくとも決まりきったメンバーの歓心を買うために書くのではなく、不特定多数に対し真剣に発信しているわけですから。

mixiのつぶやきが魅力がないのは、多分にクローズドシステムだからだと思います。
Twitterのようなオープンシステム、Facebookのようなオープンとクローズドのあいの子のようなシステムではきっと違うだろうと思います

また、前回の記事でメールの弊害を書きましたが、mixiだってクローズドでなければ、本来よいコミュニケーションツールであるかもしれないと思っています。

ちょっと放浪の旅をしましたが、僕はまたブログにしっかり戻ってきました。
ブロガーさんたちに改めて尊敬するとともに、これからもよろしく、という感じです。
そして、つぶやきはつぶやきでよいものがあるはずですので、全ておさらばというわけではなく、今後もTwitterの探検など行うつもりです。

また、言うまでもないですが、僕の意見はあくまで僕の意見です。
mixiのつぶやきだって、友人交流をしたい人には便利なツールです。

・・・しかし、今回の実験を通じてはっきりわかったのは、僕は同じサークル的なところで「ああ一緒だね」ということを共感するよりも、「オレはこんな違うこと考えているよ」「ああ君はこんなこと考えているんだね」という交流のほうが何倍も好きだということに気付きました。
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは♪
元々、mixiもTwitterもやってないし、あまり興味もなく
いわゆるブログ派?の私です(^-^;
確かに最近はメールでのやりとりよりもラインが主流ですし
mixiもTwitterの方が手軽というのはあるかもしれないですね。
ただmixiやTwitterによって、人はどんな感想を多く持っているのか、
または批判も単刀直入なのでわかりやすい面はあるかと思いますが、
真意を伝えたかったり、意見を交換するにはやはりブログだと思います。
ST Rockerさんはこれからもブログで色々なことを発信し続けてくださいね。

ところで、昨日の記事の中の「Till There Was You」
私も大好きな曲です。
今日10月9日は色んなことがあった日なんですね。
そういえば、私の大好きな真田幸村も今日、九度山を
脱出し、大阪城に向かった日でもあるんですよ(*^-^*)

シンデイ・バーバーさん

こんばんは♪
こちらにコメントをいただいているのを気付くのが遅れ、すみませんでした。
そして、コメントありがとうございました。
日頃激務のシンディさんはこのお休みで少しだけ回復されていることと思います。

つぶやきといろんな通信との関係はおっしゃる通りだと思います。
つぶやきはそのよさを多いに活用すれば当然存在価値のあるものだと思います。
しかし最近ではつぶやきの方へ一方的に移行する流れなのが気になりますね。
また、感覚だけを重視して、内容はどうでもよい傾向にもなってきている気がします。
このあたりをしっかり見据えて、今後も発信を続けてまいりましょうね。

ビートルズ記事の件もありがとうございました。
そうですか、幸村の脱出の日でもありましたか。
では、真田丸が楽しみですね。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード