歳を取るにつれ獲得する能力

みなさまおはようございます。
今年もあと3日となりました。
お元気でしょうか?

今日の要約
・巷では「歳を取ったので嫌だなあ」という話が多い。社会的にも歳を取ることを冷遇している。
・歳を取れば身体能力、記憶力、容姿は衰えるのは事実である。
・逆に「歳を取るほどこんなに優れたものを獲得した」などという話は聞いたことがない。また、そのような研究も少ない。
・でも僕は、歳を取るほど優れるものが確実にあると考える。世間で言う「年の功」的なものでなく、ちゃんと生物学的に。
・一例として、バラバラの事象を体系化する能力は歳を取った方が優れるという仮説を主張したい。
・歳を取ることで獲得する能力をもっと積極的に活かし、日本を成長させるべきだ。
-----------------------------
やることがたくさんあります関係で、今回は短文で失礼します。
昨日は都内で飲んでおりましたので、記事の更新が今日になりました。
飲んでる最中に地震を感じたのですが、せいぜい震度2くらいにしか感じませんでした。 最大6弱だったことを後から知り驚きました。
震源の深さが11kmという浅い所だったので、大きな揺れは局所になったものと思います。

年賀状を書いています。
今年の正月にいただいた年賀状を見ながら書くわけですが、この年代になりますと「歳を取った」ことを嘆く文章が多いですね。
これも一種の挨拶であり、日本人独特の謙譲の美徳でもあり、また、人間関係をユーモラスにするための潤滑油的なものでもありましょう。

人間は歳を取ると当然ながら老化します。
容姿、身体能力、記憶力などが衰えます。病気にも罹りやすくなります。
「だから歳を取るのは嫌なこと」と考える人が大半ですね。
企業では60歳以降は非戦力扱いにされるなど、社会の仕組みからも「劣ったもの」という扱いを受けます。

逆に、「歳を取ったのでこんな能力を獲得した」とか「歳を取ったのでこんな楽しい世界が拓けた」などという話は、ほとんど聞いたことがありません。
よく聞くところの、晴耕雨読で気楽に、とか、古い仲間との談笑が楽しい、とかの控え目な意味ではなくて、若い時よりも優れたものを獲得した、という積極的な意味においてです。

歳を取ると人徳ができるので話に深みが出る、とか、経験を積んでいるので年の功が出る、のような意味よりもっと積極的なものです。
生物学的、医学的、あるいは心理学的に言うところの歳を取るにつれて獲得する能力のことを考えよう、というのが僕の主張です。

このことを真剣に説いている人を僕はまだほとんど見たことがなく、僕の尊敬する糸川英夫先生がその研究をされていたくらいでしょうか。

昨日、ある方と飲んでいました。今年出会った方であり、僕にとって新しい世界を切り拓ける可能性を感じるきっかけにもなった方です。
とても熱い議論になり、若い人と歳を取った人との差異についての話になりました。
そして僕は言いました。
若い人の方が記憶力はいいのは確かです。でも、バラバラに見える事象を体系化する能力は歳を取った人の方が優れているでしょう。
ごっちゃに存在する事象に対し、様々な軸を与え、ぴったりする軸を当てはめ体系化していく能力。
それは、歳を取るにつれ脳が獲得する能力でしょう。
脳細胞そのものは加齢によりどんどん死滅していきますが、脳内の連携やネットワークの形成は加齢によりむしろ向上してくと思います。
そんなことを昨日、僕は飲みながら話ました。

要するに、歳を取るにつれ全ての能力が落ちるのではないと思います。
歳を取るにつれ能力が上がるものも必ずあると信じます。上で述べたのは一例であり仮説です。

多少身体能力が衰え容姿が衰えたとしても、向上する能力を起動させれば、歳を取る方が競争力のある活動はいくらでもでき得る、と僕は考えます。
日本の成長を行うには、この隠された老人力を活用すべきです。もちろん、若い人への世代交代を妨げない限りにおいて。
スポンサーサイト

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

今年一年(いえ、数ヶ月くらい・・・)、他愛もない事ばかり書いているブログにクリックしてくれてありがと様でした。

また新しい年が始まります。
今年を振り返り、充実した、楽しい一年だったら来年も、そうでなかったら来年こそはと気持ちをウキウキさせながら生活しましょう。
来年もよろしくお願いしま~す。

ミカンでした。

バラバラの事象を体系化する能力は歳を取った方が

>一例として、バラバラの事象を体系化する能力は歳を取った方が優れるという仮説を主張したい。

〇なるほど、そのとおりだと思います。そして、興味深い記事でした。
 一方、昔の記事ですが、アンケート結果では、若いときより、今の方が良いと思う老人は多いようです。若いときは、未熟のため恥ずかしいことばかり(笑)。
 草々
 

ミカンさん

こんにちは。
こちらこそ、拙ブログにいつもご訪問いただき、ありがとうございます。
そして、コメントどうもありがとうございました。

ミカンさんのブログは素晴らしいですよ。
毎日更新されているのもすごいですね。
僕も富士山は大好きでして、登山のみならず、富士山がらみでいろいろやり、記事にもしました。
来年のカレンダーも富士山のものを買いました。

来年もよろしくお願いします。
よいお年をお迎えください。

ささげくんさん

こんにちは。
コメントどうもありがとうございます。
今回の記事にご興味もっていただき、うれしいです。
また、体系化の件もご賛同いただき、励みになります。

そのアンケート記事は興味深いですね。
今の方がよいと思う人が多い理由もまた知りたいところです。
僕自身も若い時は未熟もいいところでして、書けないことも一杯です。

来年もよろしくお願いします。
よいお年をお迎えください。

No title

こんばんは。
小生も歳をとったことを嘆いて・・・というか
多少自虐的に年賀状を書いてしまうことの
多い一人です(笑)

今年退職を迎え、引き続き今の職場で働いています。
戦力外通告をされたわけではありませんが
自分の中での色々な葛藤の多い一年でした。

ST Rockerさんの仰るように、劣る部分も出てきますが
小生よりも先輩で元気に職場や社会で活躍されている方を
見るにつけ、一概に「劣ったもの」というレッテルの貼り方に
疑問も感じています。
若い人、そして高齢者それぞれの長所を生かした
働き方のできる社会にしないといけないですね。

本年もお世話になりました。
どうか良いお年をお迎えください。

がじゅまるさん

こんばんは。
いよいよ今年もあと数時間になりましたね。
今年もお世話になりました。

がじゅまるさんに励まされて今年も気を吐いて頑張ることができました。
がじゅまるさんもひと際がじゅまるさんらしくご活躍を続けておられること、僕もとても励みになってきました。
ぜひ、来年もご活躍くださるよう、応援させていただきます。

おっしゃるように、素晴らしい先輩もたくさんおられます。
そうした方々を見習って、ぜひ、若い人たちの見本になるように頑張りたいですね。

60歳パワー。
来年も全開で行きましょう。
来年もよろしくお願いします!

No title

明けましておめでとうございます。
今年も、ST Rocker さんの発想豊かな記事を楽しみにしております。

歳を取るにつれ獲得する能力というのは、当然ありそうですよね。
体系化する能力というのも、そうでしょうね。
もしかしたら、いろんな知識や経験が血肉になっていないと、ピッタリする軸を当てはめて体系化することは難しいかもしれませんね。
そして、それには年月がかかるものなのかもしれないなぁ、と思いました。
それにしても、ST Rocker さんはいつも前向きで素晴らしいですね!

ところで、貴ブログ、リンクさせて頂きました。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

Arianeさん

明けましておめでとうございます。
いつもご訪問いただき、どうもありがとうございます。
Arianeさんのブログこそ感性豊かで素晴らしいといつも思っています。
そろそろコメントを書かせていただこうと思っていたところでした。

歳を取れば体系化が強くなっていくことについて、「いろんな知識や経験が血肉になっていないと、ピッタリする軸を当てはめられないし、年月もかかる」という点に関しては、そうかもしれませんね。
しかし、誰でもあってもその人としての体系化の力は、若い時よりも向上する方向ではないでしょうか?

他にも歳を取るほどに能力が上がることは必ずあると思います。
またいろいろご指摘いただければ、と思います。

リンクの件、ありがとうございます。
僕もぜひリンクさせてください。
今年もよろしくお願いいたします。

相対性理論

突然失礼します。あなたの事は、夢の扉を見た事のブログで知りました。私にとって、わたしの「夢の扉」の内容は、番組始まって以来の駄作と感じ、これを良いと感じる人の気がしれないと思っていましたので、気にかけていなかったのですが、あなたの相対性理論への興味とロックンローラーである事に、鳥肌が立ちました。なぜかといいますと、私の教育理論に相対性理論から量子力学への関連があり、子どもの脳は、自由でロックンローラー(訳の分からない)のようなものというイメージがあったからです。そこで、素和美小学校という学校を設立し認可を得ました。教科書もテストも時間割りもない自由な学校です。
入学資格は、好奇心にあふれ、孤立していない事、自分で学ぶことが出来る事です。毎日、いたずらやふざけ、バカな遊びを奨励します。きまりは、他人に迷惑をかけない事、合い言葉は”one for all,all for one”です。
英語はどうでも良いのです。どうせ、時間が解決してくれる事なのですから、しかし、子どもの脳の進化は、計り知れない。大人の教育理論は、ほとんど進化していないのに、子どもの脳は、急激に進化している。その進化を促しているのが、何ものにも束縛される事のないニューロンの量子力学的反応パターンであり、ロックンロラーなのです。これは、あまりにばかばかしい程の事実で、ワクワクする楽しい事であるのですが、反面恐ろしい事でもある事に混乱しています。この混乱は、教育者では、解決不可能である事は確かです。あなたなら良いアイディアが浮かぶかもしれません。興味がありましたらご返事ください。ちなみに、素和美小学校の5年生の興味は、宇宙の成り立ち、素粒子、生命の誕生、万有引力は、なぜ解明されないかです。普通の子ども達がこのような事を何気なく話すのを見ると、自分の無知とそれに関わっている事に恐怖を感じるのです。

庄司日出夫様

こんばんは。
弊ブログをご覧いただき、また、記事にご興味を持っていただき、ありがとうございます。
また、大変ご丁寧なコメントをいただき、ありがとうございました。
庄司様の教育に対するご熱意と学校の設立という大変なことを実行されていることは、大変素晴らしいことと思います。
相対性理論・量子力学といった学問と、ロックンローラーという事柄は私にはどちらも関心のあることですし、私なりにその関連付けも興味があります。
私自身もこうしたことに常にこだわりを持っていますし、これからも、より意味のある考えを築き上げようと思っています。
今のところ、まだまだおぼろげな考えしか申すことができないのですが、それなりに考えていることを少し書かせていただきます。
先端的な科学に対する取り組みも、ロックへの取り組みも、分野は違いこそすれ、宇宙とは何だ、人間とはなんだ、というとても基本的な問いに近付くための行いであると思います。
少し前の記事に「一般化をする努力はとてもおもしろい」と書きましたように、上記の行為は、より一般化させる行為、もっと言うと、神に近付く行為と考えています。
ロックそのものは俗世間の行いですけど、そこに根付く人間の根本的精神は脳内に何らかの高揚感があります。そうしたことがベクトルの引き金となって、先端科学への解明のきっかけになるのかもしれません。
庄司様におかれましては、お子様方の考え方をベースに研究されているので、大きな成果が出てくるのではないでしょうか。
現在、あることで忙殺されております関係で、個別のメール発信はできませんことをお許しください。
ありがとうございました。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード