あいさつをしない人の数学勘定

みなさまこんばんは。
年が明けたかと思ったら、あっと言う間に1月も中旬です。
本当に、ジョン・レノンがTime flies so quickly.と歌ったようですね。

昨日から今朝にかけて日が替わる頃、累積訪問者数が20万人に達しました。
これもみなさまのご愛顧のおかげと、感謝いたします。
先ほど、ちょうど20万人目に訪問された方に対し、心の中で「ありがとうございます」とお礼を言わせていただきました。
------------------------------
ところで、FC2のカウンターというのはあまり正確ではないようです。
僕のブログでは、訪問者履歴に記録されているその日のFC2会員さんの訪問者数よりも、カウンターの数の方が少ないことが多いです。
FC2会員以外の方も訪問いただいているのですから、これは変です。

もっとも、そもそも訪問者数というのはどのようにカウントすればよいのか、という問いにぶつかります。
僕の場合は、同じ日の中で同じ人が2回以上クリックしても1回と数える、という設定にしています。
日が違えば、同じ人(というかPCのID?)でもカウントを加算します。

いずれにしても、真の意味の「延べ人数」とは違うわけです。
要するに、細かいことはさておいて、大変多くの方にご愛顧いただいていることを心より感謝申し上げなくてはならない、ということです。

今日書きますあいさつの話は、これまで何度か書いてきましたので、既に”耳にタコ”の方もいらっしゃると思い、すみませんが、今日は数学的なタッチで書きますので、ちょっとは新しい雰囲気で書けるかなと思います。

言うまでもなく、あいさつは人間の営みにおいてすごく大事であり、まさに人間の1日は「あいさつに始まり、あいさつに終わる」と言えましょう。
どの人も等しくあいさつをし合えば、何ら問題はないのですが、問題は、この世にはあいさつをする人としない人の二通りがある、ということです。
あるいは、あいさつをする(しない)にしても、そのする(しない)程度には差がある、ということです。

要するに、一言で言えば、「相手があいさつをしない、あるいは返事をしない、あるいは十分でない」という著しく不快な状況を、人間は必ず1日のうちに何度かは経験しなくてはならない、という事実に尽きます。

なぜこの世にはあいさつをしない、返事をしない、あるいは十分でない人がいるのでしょうか。
極悪非道な人たちでしょうか? それとも単に常識を知らないだけ?
あるいは、何らかの計算か企みがあるのでしょうか?
それとも、よい意味での達観なのでしょうか?

僕にとって、そのことを窺い知る大きなきかっけになったのは、30を少し過ぎた頃の「ある出会い」でした。前の会社にいた時のことです。
その会社には、あいさつをほとんどせず、人のあいさつにもほとんど返事をしない、とってもいやな感じの人がいました。
僕が30ちょっと過ぎの時に、なんとその人の部下になってしまったのでした。すごく憂鬱でした。その人は40代後半でした。

でも、いろいろ話をしてみると、とっても魅力的な人なんです。彼から学んだこともとても多かったです。
そんな彼がある時、言いました。「あいつはあいさつをしないんだよ。あの野郎はあいさつを全くしないんだ。」
僕は耳を疑いました。そして心の中でつぶやきました。「あいさつをしないのはあんただろ。あんたが返事しないからみんなあいさつしないんだよ。」と。

彼はあいさつなどには全く無頓着だと思っていたのに、誰よりもあいさつに関心がある人間だったのでした。
ではなぜ、彼自身はあいさつをしないのでしょうか。
僕は、その謎には即答は全くできませんでした。

相手があいさつをしなかったり、返事しなかったりすると、とてもいやなものです。せっかくのこちらのあいさつがドブに捨てられたかの如くです。
朝の初めにあいさつの返事をしない人がいれば、その日はやや不調になるし、帰る時に最も関係の深い人が返事しなかったら、その日を気持ちよく終われません。

あれ以来、あいさつの悩みは人間共通なのだとつくづく思ってきました。
そして、相手があいさつしなかったり返事しない場合に自分が取るパターンとして、大きく2つに分かれることがわかってきました。
一つは、相手があいさつしまいが返事しまいが、自分はあいさつはしようとする人。もう一つは、自分は絶対にあいさつしなく、返事もしない、という人。

そして時は流れ、50代後半になるにつれ、わかってきたことは、あいさつをしないあるいは返事しない人こそ、自分にはあいさつをしてほしい、と思っていることでした。
この不可解な事象の解明に一役買ってくれたのが、数年前のもう一つの出会いです。

その方は僕より2つ上の方です。同僚です。
その方は、僕が30過ぎの上司以上にあいさつをせず、返事しません。
そして、あの上司同様の考えを持っていました。

彼は、とにかく、相手よりも数秒でも先にはあいさつしたくないのです。
朝は始業時間ギリギリに事務所に入ってきて、蚊の鳴くような声でもごもごとつぶやきます。(一応、部屋に入る時には自分で何か言わなければいけないと思っているようです。)
そして、そんな聞こえないような声に対しても「あいつは返事しない」などと僕に言うのです。

一方で僕は、彼にはお世話になっています。
相談に乗ってくれますし、とてもよい考え方を持っています。
でも、清濁併せ飲んで仕事をガーっと進めることができず、人の欠点が見つかるとそこで100%批判に走り、事態を好転できません。

彼なりの「あいさつ道」があり、「あいつはなってない、こいつもなっていない」となるのです。
彼としては、なにも、全ての人にあいさつをしない道を邁進している風ではなく、自分はよい人の見本であるがごとくの正義感であり、他人の不義理に憂いている間に、いつの間にかあんな風になった感じなのです。

最近数年、彼ととても多くの話をするうちに、ようやく最近、僕として掴みかけたものがあります。
そして僕は、彼におけるあいさつの捉え方として次のような考え方があるように感じています。

まず彼は、人があいさつをしなかったり返事をしないことの不快を、あいさつということのなかで帳消しにしようと考えたようです。
あいさつでは不快のままでも、他のことでプラスを得ようとか、自らがあいさつにプラスをもたらせば相手のあいさつもプラス側へ感化される、といった発想がなかったものと思います。

言ってみれば、リスクテイクを全くせずに、あいさつという枠の中で、相手よりも”相対的”にマイナス側(つまり損をしない側)に立とう、という発想です。
例えば、相手が5というあいさつの状態であれば、自分はそれよりも失礼な状態であるの2の状態になれば、自分は不快な思いをしない、という訳です。

そしてその究極は?
自分のあいさつをゼロにすることです。
すると、相手がどんな失礼なあいさつだろうが、0よりは上です。
仮に相手が2の場合、その比率は2÷0=∞(無限大)です。

つまり、自分は全くあいさつもしなく、返事もしないことこそ、完璧に「あいさつの不快」から逃れられる唯一の方法なのです。

やはりこれは不幸ですね。
やはり、あいさつという枠の中でプラスマイナスを追求すべきでないと思います。

あいさつというのはあくまで社会的規範です。
その人なりのよしあしを、社会的規範という”絶対軸”ではなく、その人を丸ごと飲み込むことにより、”相対軸”で理解することを怠ってはならないと思います。

そして、やはり、あいさつは大事です。
基本は快活に、そして自分からあいさつをするのがよいでしょう。

そして最後に。
ジョン・レノンが歌います。
Isn't he a bit like you and me?
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ST Rocker様のあいさつに対する考察はさすがだと感心しました。
私もあいさつは大切だと思っていますしマナーだと思っていますが、あいさつができないか、あいさつをしない人が増えているような気がします。
過去の職場にあいさつをしない後輩がいてストレスを感じていましたが、私があいさつを続けているうちに、あいさつをしてくれるようになりました。
相手があいさつをしてくれないと肩透かしをされたようで、不愉快になりますが、あいさつができない気の毒な人なんだと思って気にしないようにしています。
わんことお散歩していると、わんこもあいさつを交わしているのでほほえましいです。
中にはトラウマがあってあいさつできないわんこもいます。
やはりあいさつは人間関係(犬や猫なども)の潤滑油だと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そら太朗ママさん

こんばんんは。
いつもありがとうございます。
ご丁寧なコメントありがとうございました。

そら太朗ママさんも、いろいろご経験されていますね。
今回の記事では、ある方に登場いただきました。
正義を追求しているつもりが、いつの間にか真逆なことをやっている、というとても不思議な現象ではあるけれど、実は自分にも当てはまることがあるかもしれないという自重の意味でも書きました。
要は、しっかり自我をもって主体的に生きないとだめだと思いました。

ワンちゃんのあいさつというのもとても興味深いです。

鍵コメさん

こんばんは。
いつもありがとうございます。
とてもご丁寧なコメントとお気遣いをありがとうございました。
鍵コメさんもそのようなご体験やお考えがあるのですね。
また、機会があればお聞かせください。
寒くなりますので、ぜひご自愛ください。
また、伺います。

No title

ST Rockerさん、こんばんは!!
ポテ子もfc2のカウントについてはイマイチよくわかりません(^-^;
でも、20万人はスゴイです!!
おめでとうございます!!

ところで、挨拶をこちらがしても返してくれない人、いますね(;'∀')
特に男性に多い気がします。
で、そういう人は大抵ふだん仕事上でもあまり感じのいい人ではなく、
本人自体も人付き合いの悪い人が多い気がします。
ポテ子の偏見か!?( ;∀;)

結局挨拶してくれなくても、「もうこういう人なんだ。。。」と割り切って、
相変わらず挨拶を続けるポテ子です(^-^;

ポテ子さん

こんばんは!!
寒いですね。お変わりありませんか?
今年のお仕事の滑り出し、いかがですか?

20万人の件、ありがとうございます。
これもポテ子さんをはじめ、お世話になっている賜物です。
カウンターとか数え方はあまりこだわらなくて、とにかく、お世話になっていることを痛感しますね。

男性にあいさつをしない人が多い。
おっしゃる通りです。
いろんな人がいると思いますが、今回書いた人のようなパターンが多いですよ。
あいさつはすべきと思っていながら、計算をし過ぎる。
正義と不義理は表裏一体のような気がします。

結局、あいさつは自発的行為だ、と悟らなくてはいけませんね。
ぜひ、あいさつを続けてください!

初めまして。

挨拶は人としての第一条件と日頃感じております。
我が夫婦は毎朝おはようを交わすことから始まります。
時にはけんか?の翌日は挨拶無しのこともありました。
でもその翌々日は主人の方から声をかけてくれます。
又、現在シニアの大所帯のお仲間で楽しんでおります。
確かに男性は挨拶をしない方がままおります。不快と思いながらも諦めず挨拶すると少々時間が経過して返してくれることがあります。そんなときは内心ヤッターと拳をあげます。
友人になんでそこまでして気をつかうの?かまわなければいいじゃないといいます。人間観察楽しんでいます。

ooruriさん

こんばんは。
こちらこそ、はじめまして。
ご訪問ありがとうございます。
また、とてもご丁寧なコメントをいただきまして、どうもありがとうございました。

あいさつについて、含蓄のあるお話をいただき、心温まります。
素敵なご夫婦の間柄ですね。
旦那様も素晴らしいと思います。

男性のあいさつをしない方の特徴はよくありますね。
粘り強くあいさつを続けられ、その方を動かすとはすごいです。
それこそがあいさつの真髄ではないでしょうか。
損得勘定を超越した気持ちのやり取り。
それこそがあいさつの本来のことでしょうね。

No title

初めてコメントいたします。
前より画面が読みやすくなりました。
良かったです。

おはさん会社員さん

おはようございます。
いつもご来訪ありがとうございます。
コメントをいただき、ありがとうございます。
画面が読みやすくなったとのこと、よかったです。
今後ともよろしくお願いいたします。

No title

初めまして こんばんは

挨拶ですか? これってホントに大切ですね。
ところが私、こちらから挨拶をしても無視されて・・・
こんな時には「自分が何か悪い事でもしたのかな?」
と コチラがこそこそする始末。
こんな時には情けないです。

・・・気を取り直して 元気に挨拶いたしましょ。

そらまめさん

こんばんは。
ご訪問ありがとうございます。
そして、コメントありがとうございました。

おっしゃるお気持ち、本当によくわかります。
多分、今の世の中は、あいさつに駆け引きの道具にしようと思っている人が多いのではないでしょうか。

みんなが、心から快活にあいさつをするような世の中にしたいですね。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード