人生の真の「成人式」は80歳なのかもしれない

みなさまこんばんは。
侍ジャパン残念でしたね。
仕事中、時々Yahooをチラ見してました(^^)/
一時追いついた時は思わず小声を上げたのですが。
ま、よくやりましたね。

今日の話は人間の基本的なことを書きましたので、要約はなしです。
書きながら考え方の軌道修正をしたものですので、書下ろしです。
-----------------------------------
一連の豊洲市場問題では考えさせられることが多いですね。
例えば、元副知事の浜渦さんという方。
すごく政治力のある方ですね。あんな上司はみなさんの回りにいませんでしたか?

浜渦さんの振舞った一連の行動はもしかしたら、問題があるのかもしれません。
でも、浜渦さんが言ったように、「『水面下』という言葉は必ずしも悪い言葉ではありません」、というようなプラスの部分も考えなくてはいけませんね。

さて本題です。

人間というのは一応、全ての生き物の頂点とされています。
しかし、人間が成長するのはすごく遅いです。
多くの生き物は、産み落とされ、あるいは孵化した直後から、ほぼ大人と同じ動きを始めます。

例えば、馬や牛などの哺乳類は、産み落とされたらすぐに歩き始めます。
先日あるTV番組で、ある種のカメが孵化の直後からヘビの餌食になりそうなのをかいくぐって、海まで疾走するシーンが映し出されていました。

こんなこと、人間では全くあり得ません。

人は産まれてからしばらくは、全面的に親に面倒を看られます。
1歳くらいでどうにか歩くことができますが、まだ全然自立していません。
それに対し、他の動物は1歳になれば立派に活動できます。

一応、20歳になれば、体は成熟しますので、成人式を迎えます。飲酒・喫煙も許され、選挙権も得ます(今は18歳)。
しかし、人は20歳になれば十分に成熟するかというと、そうではありません。(稀に20歳でも立派に成熟する人もいますが、今日は平均的な話をします。)

多くの生き物は、見た目が早々に成熟するだけでなく、生き様も早くに成熟すると思います。
何を食べ、何を利用し、何をなし、何をどう子孫に伝えるのか。
そうしたことを惑うこともなく、早い(若い)時期に確立するのだと思います。

そのまさに対極にあるのが人間だと思います。
人は20歳の成人式を過ぎても、まだまだ、自らを、そして世の中をどうすべきかについて、決定することができません。
ありとあらゆる考えを生み出すものの、「これこそが正しいものだ」というものにたどり着くことができません。
個人でも集団でも同じことです。

昔は「四十にして惑わず」という諺がありましたが、今の世の人は40になってもまだまだ得体の知れない不安感に苛まれ、自信を得られず、目の前の困難に翻弄され、そして次の世代への確固たる提言もできません。(もちろん、できる人もいますが、多くの場合においてです。)

時の人、石原さんは80歳を超えるご高齢で、文学的にも社会的にも成功されステータスを築いた方でも、まだまだ戸惑いから脱し切れていないようにも見受けられます。

人は、歳を重ねるにつけ確実に進化します。
しかしその一方、時代が進むにつれ、社会問題は複雑化、困難化する一方であり、そしてそれに伴い、人間が成熟する年齢が遅くなる一方のように感じます。

と、ここまで書いて来まして、タイトルは「人生の真の『成人式』は80歳なのかもしれない」というよりも、「人間は一生成熟なんかしない」の方がいいように思えてきました。
人間の脳は既に、単に個体を維持する以上の能力を獲得してしまったために、一個人が成熟のしようがないのではないか。
だからこそ、80歳になっても成熟したのだかしないのだかわからないようになっているのだ、と。

今日はこんな感じで終わります。このテーマは重要なので、また書いてみたいと思います。

IMG_0966 - コピー
筑波山梅まつり
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは。

「人生の真の『成人式』は80歳なのかもしれない」というよりも、「人間は一生成熟なんかしない」

私もその通りだと思います。
歳を重ねるほど人は老成し物事を達観してみたり考えたりは
できるようになるとは思いますが、この歳になってもまだ
惑いっぱなしの人生です。

若い頃の悩みや惑いとは違い、
「これからどう歳をとったらいいのだろうか」など、
働き方、社会との係わり方だけでなく自分の生き方そのものに
日々このままでいいのかという思いを持ち続けています。

ただ、最終的には「ま、いいか」と、思い詰めない
老人力だけはついてきているので、深く思い悩むこともなく
今のところなんとか過ごせているようです(笑)

ところで、浜渦さんのような上司っていますね。
きっと、交渉の席でも交渉というより相手側にノーと言わせないような
高圧的なやり口だったのではという気がします。
とっても苦手で好きになれないタイプの方ですね。

がじゅまるさん

こんばんは。
いよいよ年度も変わろうとしていますが、まだまだ寒いですね。
いつもありがとうございます。

先日は、歳を取るほど能力は高まるはずだ、と書きました。(ただし努力を続ければ)
また、おっしゃるように、社会的な処し方や人間性においても歳とともに成長するはずだと思います。

しかし、いつまでたっても成熟には至りませんね。
これは人間だからこその現象ではないかと、今回考えたのです。

なぜ人間はそうなのかは、改めて考えますけど、それはそれとして、下手に若い時期に成熟する必要もありませんし、かと言って、いつまでたっても成長しないのも困りものかと。
最終的には「ま、いいか」と、思い詰めない 老人力。いいですね、これ。

浜渦さんのような上司、よくいるはずですよね。
僕にはやりたくてもできないです。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード