私の最も古い記憶

みなさまこんばんは。
もうすぐ4月ですが、まだまだ寒いですね。
新年度、新学期をまもなく迎えますが、いかがお過ごしでしょうか?

「そして誰もいなくなった」2夜連続ドラマ、よかったですね。
渡瀬恒彦さんの最後の渾身の演技に惹かれました。
渡瀬さんのご冥福をお祈りします。

今日は大幅な前置きに加え、子供の頃の古~い記憶のお話です。
込み入った話ではないので、要約はなしです。

おまけは、Ob-La-Di, Ob-La-Daの一人多重録音。
2017-3-31 23:50 メインボーカルにのみエコーを入れてみました。少しはマシになりました。
-------------------------------
先週土曜(25日)の日経新聞を読んでいたら、目の玉が飛び出るほど驚いたことがあった。
なんと、CO2濃度がここ数年横ばいであり、最近2年は減少だった、と。
出所がIEAだというグラフが載っており、2011年頃から横ばいとなり、2014年をピークにその後減っている状況が描かれている。そして、一部の国のCO2削減努力が功を奏したからだろう、という解説が載っていた。
こんなデータを見たのは初めてだ。むしろ、昨年まで増え続けているというグラフも見たことがある。
この関係の最新のデータの信ぴょう性についてはいろいろと調べてみようと思う。

1980年代までは地球寒冷化が騒がれていたのに、1990年代に突如現れたCO2地球温暖化説。
もはや常識とされ、いやというほど聞かされてきた。
以前の某首相はCOPで日本のCO2排出削減-15%を公約した。

そう言えば、地球の年間平均気温が昨年もまた更新したというニュースは流れるものの、CO2についてやいのやいの報道されなくなったのが奇異に感じていたところだった。
京都会議の頃からそもそもアメリカや中国はCO2排出の削減なんて重要視していなかったし、現にそうしてきた。最近のトランプ大統領の発言も然りである。
ほぼ日本だけがまじめに取り組んで来ており、そのためか、GDPが最近低迷していると言ってもいいだろう。

実は私はずっと、CO2地球温暖化説は性急過ぎるだろうと懸念してきた。
大気中のCO2濃度は20世紀に入ってから単調に増加してきた。
もしこれが人間の活動により排出されたものによるというならば、そして最近の一部の国の排出削減努力により濃度が減ったと言うなら、第二次世界大戦の時などは一時期減ってもよいではないか。でも事実は単調に増えてきた。
そして、CO2濃度に比例して地球平均気温が上がるというのなら、20世紀の気温は単調に上がり続けないといけない。しかし事実は上がり下がりしてきたのである。単調な上昇はここ20年程度に限った話だ。

そもそも、地球が温暖化しているか寒冷化しているかの検証は、数十年のスパンで判断してはならないと思う。これまでの46億年の地球の歴史においては、今よりも桁違いにCO2濃度が高くても生物が繁栄していた時期もあったし、地球平均気温が今よりずっと高くても繁栄していた時期もあった。
大気中のCO2濃度は炭素を燃やすことによる人為的な発生だけでなく、海水がどの位吸収するかなどのファクターをきちんと定量的に検証すべき問題だろう。

私の意見としては、環境問題は地球規模で考えるより局所的に考えるべきだ。
地球は思ったよりキャパが広く、人間の所産程度ではあまり影響を受けないであろうことが分かりつつある。
日本人の得意とする倹約家精神は局所に限るほうがよいように思う。例えば、山間部でどうエネルギーを自立するとか。

おっと、前置きのつもりが記事一つ分の分量になってしまった(^^;
さて本題。

自分が子供の頃の記憶として、一番古い記憶は何であるかというのは誰しも興味深いテーマだろう。
中には、お母さんのお胎(なか)の中の記憶があるという人、あるいは誕生の瞬間の記憶があるという人がいる。
私はとてもそこまでの古い記憶はない。
でも、多分、2歳の時の記憶はある。
昼間に寝ていて天井を見ている時と、祖母にねんねこ(死語!)でおんぶさんれて、自宅前の道を行き来したこと。

私は1957年(昭和32年)の9月の生まれなのだが、現皇太子様(浩宮徳仁親王)がお生まれになった1960年2月23日のニュースを覚えている。
ただし、そのニュースは後に観たものかもしれないという疑問が残る。

その後、坂本九さんの「上を向いて歩こう」がヒットしたことや、吉展ちゃん事件、ケネディ大統領による初めての衛星中継そして暗殺などのことはライブで覚えている。

そして、1964年の東京オリンピックはライブで完全に覚えている。
開会式をはじめ、いろんな競技を家族で茶の間で観たこと。はっきり覚えている。

中でも大好きなのは、開会式のオリンピックマーチ。

数年前にこのブログで紹介したところ、40代くらいの方のコメントで「全然知りませんでした。でもこういう整然とした行進は感動しますね」と。

正直、その後のオリンピック開会式のラフな感じはイマイチである。
2020年の東京オリンピックでも、もう一度このオリンピックマーチでやってくれないかな、と。

今日のおまけはOb-La-Di, Ob-La-Daの一人多重録音。
一昨年の5月に録音したものに対し、今日、メインボーカルのみ入れ替えて編集していました。
セクシーなボーカルを心掛けたつもりです。
今日は超高音のラがしっかり出ました。結構余裕で出たのですが、わざとセクシーに苦しめで発音しました(^^)/
2017-3-31 23:50 メインボーカルにのみエコーを入れてみました。少しはマシになりました。

スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

整然とした行進、晴れ渡る秋空に響くファンファーレ。
中学生の頃だったかな。観てましたよ。感動しまくりでした。
いいものを有難うございました。

2020年の東京オリンピックでも「このマーチを」との提案にもろ手を挙げて賛成します。

ミドリノマッキーさん

こんばんは。
いつもご訪問ありがとうございます。
そしてコメントをいただきありがとうございました。

先輩でいらっしゃるので、中学の時にご覧になったのですね。
それはうらやましいです。
小学1年の身ではかろうじて覚えていますが、もっと感動したかったですね。

本当に2020年もこの行進曲で行ってくれればうれしいですね。

時節柄ご自愛ください。

昔は・・・

立場上、真向から二酸化炭素地球温暖化説に異を唱えられないのですが、私が子供の頃の定説では、寒冷化説が本筋だったと思います。
二酸化炭素地球温暖化説で潤っている企業も多いようです。
あくまで個人的にですが、地球温暖化には大賛成。
寒いのきらいですもの。
一年中猛暑日なら快適に生活できるのですが・・・(笑)。

MKさん

こんばんは。
いつもありがとうございます。
MKさんには以前、活動されている内容をお話しいただいたことがありましたね。
僕も記事に書いたのですが、80年代までは寒冷化がすごく言われましたね。
炭酸ガス温暖化説も怪しい部分が多いと思いますが、それ以上に、おっしゃるように、温暖化そのものも悪くはないという見方もできると思います。
猛暑日ですか。
そうですね、寒冷化よりはいいでしょうね。
でも、もう少しだけ涼しい方が・・・

No title

こんにちは。
はっきりとした記憶は私は2歳10ヶ月からです。
弟が生まれ、父に連れられ母の入院している病院に
行ったときの記憶は鮮明に覚えています。
初めて遭遇する「弟」の存在をどう受け止めていいのか
わからなかったんでしょう。
父の後ろに隠れて恐る恐る病室に入ったとき
病室の白いカーテンが真っ先に目に飛び込んできました(^-^;

がじゅまるさん

こんばんは。
新年度お忙しいことと思います。
なるほど、がじゅまるさんは弟さんのことですね。
僕には弟妹がいないので、その感覚全くわからないです。というか、これまで考えたことがありませんでした。
それってとても不思議な感覚であることは容易に想像が付きます。
でもきっと、弟さんのかわいらしい姿に、すぐにほんわかとした感情が生まれたことでしょうね。
僕ら元祖オリンピック世代、ますます頑張っていきましょうね。
仕事はしんどいですね。

No title

オリンピックマーチ YOUTUBEで演奏のみのフルバージョンでじっくり聴いてみました♪マーチ王と呼ばれるスーザを思わせるような堂々とした正統派の行進曲ですね!作曲者は古関 裕而氏、あの甲子園の曲「栄冠は君に輝く」も書いた人ですね~
いずれも背筋がぴんと伸びるような硬派な曲ですよね!

Ob-La-Di, Ob-La-Daの演奏も楽しませていただきました!
これ子供のころから好きな曲だったので嬉しいです♪
余裕で出る高音を、わざと苦しげに歌う・・・なるほど~そんなテクニックもアリなんですね。勉強になりました!!

私はタワシさん

こんばんは。
新年度になりましたが、お変わりありませんか?
コメントありがとうございます。

実は僕もオリンピックマーチのフルバンドのyoutubeを載せようとも思ったのです。
でも、若い世代の人たちに向けて、1964年東京オリンピック全体のことを知ってもらいたくて、今回の動画にしました。
フルバンドの演奏も本当にいいですよね。

古関裕而氏は「栄冠は君に輝く」の作者もあったのですか。初めて知りました。
「栄冠は君に輝く」は僕も好きなのですけど、古関裕而作だということになるとちょっと複雑です。
実はちょっとショックです。なぜなら、オリンピックマーチとは全く別物に捉えてきたからです。
でもきっと時間が解決しますね。

Ob-La-Di, Ob-La-Daも楽しんでいただけて、すごくうれしいです!
でも、「勉強になる」というほどでも・・・(^^;
正直とてもうれしいですけどね。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード