部下を思考停止に陥らせる上司の評価は低くすべきだ

みなさまこんばんは。
いつもご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

暑かったGWでしたが、今日は寒いくらいですね。
いかがお過ごしでしょうか?

今日はシビアなタイトルですが、中味はゆるゆるで書きますので、要約は省略させていただきます。
--------------------------------------
レタスのヘソと言いますか、真ん中の切り口の部分に、楊枝を3本くらい刺しますと、レタスがいつまでも長持ちする、ということを半年前位にTVでやっていましたので、実行したところ、これはもうお見事としか言えないほどの効果なのです。
この手のTVのネタは怪しいものが多いのですが(特に健康関係)、たまに超素晴らしく有用なのがあります。
僕にとっては、肩甲骨剥がしによる肩の痛み解消と、レタスがストライクでしたね。あと、強力磁石の上に酒を載せておくと1ランク上の味になる、とか。
このレタス。ぜひやってみてください。効果甚大です!
普通、レタスを冷蔵庫に1週間も置けばクタクタになりますが、楊枝をぶっ刺せば、1週間程度では初期と同じシャキシャキ感でいただけます。楊枝と楊枝の間はなるべく空け、なるべく奥までぶっ刺すのがコツです。
今もそのレタスに粉チーズをかけ、さらにブルーチーズドレシングをかけいただきながら、ビールを飲んでいます。
幸せなひとときであります(^^)/

さて、実は今週1週間、休みを取っているんです。
GWも1週間休んだのにまたか!と怒られそうですが、まあ聞いてください。
休む理由は主に3つです。

一つは、昨年7月から始めています今後のことの準備が今週集中しますので、それを家でやるために休みます。
二つ目は、今年で定年ですので、持っている有休を全部消化する必要があるのですが、年末にまとめて休むより、少しずつ消化していった方がよいと考えたためです。(なお、来年からは再雇用と自分オリジナルの仕事と2本立てで行きたい考えです。)
三つ目は、1週間程度の休暇を計画的かつ率先して取るという職場の方針ができたことです。

ですので、1週間休むこと自体は全く問題はないのですが、問題は、実質上仕事から逃れることはできないことです。
このブログでもう何度も申し上げてますように、電子承認なる稟議システムをはじめ、あらゆる仕事は自宅PC、モバイル機器、スマホその他でやれるようにできているため、いつどこでどんな状況であろうとも仕事を逃れることはできないのです。
電波の届かない場所にいることだけが唯一の例外です。

ましてや、今回のように自宅にいることと、最近とみに緊急案件が増えているので、今回は結局ほとんど仕事をやるはめになることを覚悟していました。
今現在、5日間の休みのうち3日が経過したのですが、仕事半分、やるべきこと半分、と言った感じですかね。
両方ともそれなりにこなしているので、今のところ上出来と言えるでしょう。

そんな中、ショックなことが一つありました。
2日経過した時点で僕が休んでいることに気付かない人が何人かいたのです。

部やグループが違うとは言っても、同じ部門の数十人の部隊が一つの事務所で働いています。
丸々2日経過した時点で「誰々は休んでいいる」と気付かないのは寂しいですね。
さらにショックなのは、僕にメールを出す時点で「メールを出す相手(=僕)は今どんな状態なんだろう」というようなことを少しも確認しないでメールを出したことです。
僕が休んでいることさえ知らずに、ただただメールを出したというわけです。

そのうち一人は、結構重要で難しい案件で僕に相談したいという内容でした。
「起きている現象を述べた後、***についてSTさんに相談いただきたく***」のように文章こそは立派ですが、僕がどんな状態であるかの確認もせず、ただただメールを送ってきたのでした。
そこで僕は至急、その人に電話をしたのでした。
なお、その人は直属の関係ではないので、僕が休むことを事前に知らないのは無理はありませんが、このような相談を持ちかける限りは、メールを送れば済む話ではないと思います。

相手の存在や状況を確認もぜず、メールで重要な相談をしようという考え方がショックでした。
これがもし遠隔の地にいる人への相談ならば、メールでまず第1報というのもわからなくもありません。
しかし、相手が同じ部屋の人間ならば、まず相手の存在や状況を確認し、相手がその場にいるのなら、まずは生身のコミュニケーションです。
そしていないのなら、メールで第1報となりますが、その場合は後で電話なりで確認するようなことが必要でしょう。

要するにですね、メールがいけないと言っているのではなくて、生身のコミュニケーションよりもメールが優先されたことにショックを禁じ得ないのです。

メールの普及が始まったのは多分1990年代の前半だと思います。
メールの歴史は高々二十数年です。
とても人間のコミュニケーションの中枢に坐するものだとは思えません。
あくまで補助手段と捉えるべきです。

ではなぜ職場ではメールによるコミュニケーションが先行してしまうのでしょうか。
ここでようやく今日の記事のタイトルに行き着きます。

生身のコミュニケーションをしたくても寄せ付けない悪い上司がたくさんいるのではないでしょうか。
部下の思考停止に陥らせる上司。0点の評価にすべきです。いや、-10点ですね。

生身のコミュニケーションをしようと思ってもウェルカムでない雰囲気。
これこそがメール偏重の原因と考えます。
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

何処も同じ

出勤したらメールを確認するのが当たり前、メールを見ないあなたが悪い。ったってねぇ。
そんな世の中、メールや電子認証だけで物事が済めば楽なもんですが、そうは問屋が卸しません。
相対でなきゃ片付かない話もあります。
テレビ会議も簡単じゃありません。
その前に段取りを順次取らなきゃモニターに書いた餅。
社内メールを確認したかどうかの作業標準やチェックリストを作らされる身になって欲しいもの。
見えない相手とコミュニケーションを取るのはたいへんなんだから。
在宅勤務もネットワークが機能してナンボの仕事です。
それも今回サイバーテロの事例が発覚後、親会社のサーバーもセキュリティが厳しくなったようで、認証を取るだけでも一苦労。
面倒なご時世です。

MKさん

こんばんは。
おっしゃること、全て同感です。
今、いろんな仕組みの打ち合わせとか承認ができるようになっていますね。
でも、そのどれもが完全とは言えず、穴埋めしないといけない部分が多いですね。
そして、おっしゃるように、相対して話すことが一番ですね。
僕も今週丸々家にいて、そうしたことを痛感しました。
ショックなのは、不便な部分があることよりも、本来のコミュニケーションとは何かを見失っている人が少なからずいたことです。
これはいけないと強く思いました。
明日まで頑張ります。

^^

B型なんですね。ワタシもB型です。
なのに。なぜかC型肝炎を患っている不思議w^^)/

No title

今晩は、St Rockerさん!
メールはメールで良いところがあるツールですよね
何かを知らせてくれたり報告してくれたり・・
でも、重要案件はやはり直接顔を見て言葉を交わしてなんぼのもんだと思います。
相談事も、相手の反応を確認しつつやるべきだと思うので、せめて声が聞ける電話とかね。
しかし、相手が悪い上司だとどれをしようが関係ないですね
そういう人にならないよう気をつけよう!

残り少ない休日、充実して過ごせることを願ってます^^

waravinoさん

おはようございます。
コメントをいただき、ありがとうございました。
はい、B型です(^^)/ よろしくお願いします。
僕の場合は、2011年1月にがんが発覚し、かなり進んでいたのですが、手術とその後の超しんどい抗がん剤治療を経て、今年1月は完治宣言をもらいました。
早く完治されることをお祈りします。

uriboさん

おはようございます。
コメントありがとうございます。
おっしゃるようにメールは便利なところもいっぱいありますね。
そしてコミュニケーションに関するuriboさんのお考えにも僕も同感です。
今回の記事に書かなかったメールの問題点の一つとして、本来人間に備わっている処理力・量を超えるメールが行き交ってしまうことがあると思います。何回か前の記事で書きました。
そんなこともあって、メールを使う今の職場環境というのは、強い教育、指導が必要だと思うんですね。
ですから、上司の責任は重いと思います。
uroboさんのそうしたお考えを周囲の人たちにも影響を与えていただきたいです。

今週のことありがとうございます。
uriboさんもいつもとても忙しいのでお体に気を付けつついろいろご活躍ください。

No title

こんにちは。
休み明けで、お仕事大変なことと思います。

さて、今日のテーマですが、なんでもメールというのは
最近の世の中の風潮なのでしょうか。

メールがかなり普及したとはいえ、仮にも上司という立場の人に
相談したい案件があった場合(相手がどんなにイヤな上司でも)、
直接会って相談するのが常識だと思うんですが。。。

大事な案件ならなおさら、会って話さないと伝わらないことがあると思います。
しかも、よほどの緊急事態じゃない限り、休暇をとっている上司に
メールで相談という発想はがじゅまるには信じられないことです( ;∀;)

ところで、レタスの長持ち方法はがじゅまるもやっています。驚くべき効果ですよね(笑)

がじゅまるさん

こんばんは!
いつもありがとうございます。
がじゅまるさんこそお疲れさまです。

休み明けの週はいろんな意味でしんどいですね。
そして、職場にいるから業務が全て正常にできるかと言えば、そうでもないところがまた悲しいところです。

さてメールの件ですが、まさにおっしゃる通りですね。
多分、がじゅまるさんの所よりもこちらの方が、問題はより顕著だと思います。

今回のくだんの「相談」については、上司部下の関係よりも遠い関係だったので、僕が休んでいることを知らないのもむちゃむちゃ珍しいことでもなかったとは思います。
でも、それにしても、重要案件をまずメールで送るという発想はショックでした。

おっ、がじゅまるさんもレタスを。
ほんとにすごいですよね。

No title

お久しぶりです。ST Rockerさん。
お忙しそうですけどお元気そうで何よりです^^

レタスのお話、初耳でした。(主婦なのに知らなかった〜^^;)
今日レタスを買いましたので早速やってみました!(結果はお楽しみですね〜^^)

小桜さん

おはようございます!
こちらこそご無沙汰しておりましたm(__)m
コメントありがとうございます。
おかげ様で何とかやっております。

レタスの楊枝刺し。
これは結構知られていないと思います。
1週間後楽しみですね。
暑いのでお気を付けくださいませ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

とってもご丁寧にありがとうございました。
先ほどおじゃましました。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード